管理職

いきなり管理職に転職できる?【成功させるコツやおすすめサイトも紹介】

「管理職として働きたいけど、いきなり転職してなれるものなの?」
「管理職の経験が薄くても転職できるコツや注意点を知っておきたい。」

上記のような悩みや考えを持っている人のために、本記事では以下のような内容を紹介しています。

本記事の内容
  • 管理職にいきなり転職できるか
  • 管理職への転職を成功させるコツ
  • 管理職への転職に使えるおすすめサービス

管理職への転職を考えている人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

管理職とは?

出典:https://unsplash.com/photos/GzumspFznSE

管理職とは、「部下を育てたり作業を分担させたりする役割」を持つ役職のことです。

具体例を紹介すると、一般的には部長や課長クラス、学校で例えるなら校長先生や教頭先生が管理職に該当します。

そんな管理職の仕事内容は様々ありますが、基本的な役割は以下の3つです。

管理職の仕事内容
  • 会社の情報伝達
  • 部下の教育
  • 事務作業の処理

このように、仕事の振り分けなどをする管理職は、会社にとって必要不可欠な役職なのです。

いきなり管理職に転職できる?

管理職の経験のない人がいきなり転職するのは、一応可能ではありますが正直難しいのが現状です。

いきなり管理職への転職が難しい理由として、主に以下の3つが挙げられます。

転職が難しい理由
  • 面接でアピールできる実績がないから
  • 会社にとってコストがかかってしまうから
  • そもそも管理職の募集自体が少ないから

管理職は会社の課題を見つけたり解決したりするのが仕事で、営業職や接客業と違ってかなり難易度が高いです。

しかも転職する人の中には管理職の経験がある人もいるはずなので、未経験からの転職は難しいでしょう。

管理職への転職を成功させるコツ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4-%E8%AA%BF%E6%95%B4-%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%94%B7-690084/

管理職への転職は難しいものの、成功させるコツとしては主に以下の3つが挙げられます。

転職を成功させるコツ
  1. 譲れない条件を決める
  2. 志望動機を考える
  3. 管理職に合ったスキルや実績をまとめる

いきなり管理職へ転職するのは難しいものの、コツを押さえれば、未経験であっても自分に合った会社の管理職に転職できる可能性が高くなりますよ。

それでは、管理職への転職を成功させるコツについて、次の章で詳しく紹介していきます。

【転職のコツ①】譲れない条件を決める

「管理職になれればどこでもいい」と思って転職してしまうと、ブラック企業へ転職してしまうケースがあります。

それを防ぐためにも、管理職に転職するときは、以下のような譲れない条件を決めておきましょう。

譲れない条件の例
  • 会社の職種
  • 給与や休暇数
  • 勤務地

譲れない条件を決めるコツとしては、「条件を1~2個程度に押さえること」です。

条件を増やしすぎてしまうと、自分に合った会社の絶対数が少なくなり、結果として転職できなくなり可能性が高くなります。

【転職のコツ②】志望動機を考える

転職するときは、相手に「なぜこの会社を選んだのか」という志望動機を伝えることが大事です。

管理職は会社の中枢ポジションということもあり、すぐに辞められると会社側が困ります。

そのため、会社はすぐに辞めないような志望動機がより深い人を採用するのです。

管理職への転職で最低限押さえておきたい志望動機は、主に以下の3つです。

志望動機の例
  • 管理職になりたい理由
  • この会社を選んだ理由
  • この業界を選んだ理由

志望動機を相手に伝えるうえで大切なことは、「相手に如何に共感されるか」です。

共感されれば、相手は「この人となら働いてみたい!」と感じ、採用される可能性が高くなります。

自分の気持ちや企業理念・事業内容などをまとめて、自分なりの志望動機を作りましょう。

【転職のコツ③】管理職に合ったスキルや実績をまとめる

面接時や履歴書などで自分の価値をアピールできる要素は、「スキルや実績」です。

管理職へ転職する場合は、管理職に合ったスキルや実績をまとめておきましょう。

ちなみに、管理職に求められている最低限のスキルは、主に以下の3つです。

内容
ヒューマンスキル コミュニケーション能力のこと
テクニカルスキル 業務をこなすために必要な知識や技術のこと
コンセプチャルスキル 問題解決能力のこと

アピール方法としては、ヒューマンスキルを例に挙げると「人それぞれに合ったコミュニケーションで、仕事を円滑に回した」みたいな感じです。

これらのスキルを、前職で培った経験と紐づけて相手にアピールできれば、管理職未経験でも採用される可能性は十分ありますよ。

管理職に転職するデメリットも押さえておこう

管理職は給与の多さや裁量権の獲得などメリットが多い役職ですが、デメリットもあります。

管理職に転職するデメリット
  • 責任が重くなってプレッシャーがかかる
  • 各部署の板挟み状態になってストレスが溜まる

デメリットを押さえておけば、転職後に「思っていた仕事と違う」というギャップをあまり感じることなく、転職に失敗しにくくなります。

デメリットも理解したうえで管理職になりたい人は、迷わず管理職への転職に挑戦してみましょう。

管理職になりたい場合は転職エージェントに相談を

出典:https://pixabay.com/photos/thumb-feedback-confirming-3150404/#content

転職エージェントとは、転職のサポートをしてくる人材紹介サービスのことです。

転職エージェントを利用することで、以下のようなメリットがありますよ。

転職エージェントを利用するメリット
  • 自分の悩みを解決してくれる
  • 自分に合った会社を紹介してくれる
  • 面接対策や履歴書の添削をしてくれる

これだけの転職に関するサポートを受けられて料金は基本無料なので、利用しない手はありません。

行動しなければ何も始まらないので、管理職への転職を目指している人は、ひとまず転職エージェントに相談してみましょう。

おすすめの転職エージェント一覧

ここでは、管理職への転職で利用できるおすすめの転職エージェントを紹介しています。

これらの転職エージェントを活用して、管理職への転職に挑戦してみましょう。

①JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30代以上の転職に強い特徴を持つ管理職に特化した転職サービスです。

「薦めたい転職エージェントNo.1」に選ばれたり年間6万人以上利用していたりと、信頼性もバッチリあります。

転職エージェントの知識も管理職向けなので、管理職になりたい人にぜひ利用してほしいサービスです。

JACリクルートメントに無料で登録してみる

②パソナキャリア

パソナキャリアは、管理職に特化している珍しい転職サービスです。

管理職に特化したサービスということもあり、管理職の求人数は他のサービスより多く募集されています。

顧客満足度1位を3年連続獲得していることもあり、信頼性も抜群ですよ。

パソナキャリアに無料で登録してみる

③マイナビ転職エージェントサーチ

一般的なサービスは転職エージェントの変更はできませんが、マイナビ転職エージェントサーチでは転職エージェントの変更が可能です。

自分に合った転職エージェントを見つけて、二人三脚で管理職への転職先を探してくれます。

履歴書を掲載しておけば企業側からスカウトされることもあるので、時間が取れない人におすすめのサービスです。

マイナビ転職エージェントサーチに無料で登録してみる

まとめ

今回は、管理職に転職するためのコツやおすすめの転職エージェントを紹介しました。

本記事で紹介した管理職の転職に関する内容を、こちらでおさらいしましょう。

  • 未経験で管理職に転職するのは難しい
  • 管理職への転職を成功させるコツは主に3つある
  • 管理職に転職するのはデメリットもある
  • 管理職になりたい場合は転職エージェントを活用すべき

本記事の内容で「管理職への転職を頑張りたい!」と思った人は、紹介したおすすめ転職エージェントを活用して、管理職への転職に挑戦してみましょう。を参考にして、

ABOUT ME
ゆりかご
どうも、ゆりかごです! 【4年制大卒→営業マン→広告営業】 ライターとして自由に働くことを目標に活動中。 ゲームとアニメと服が好き。残業が嫌い。 友達からは、「器用貧乏」「八方美人」と言われ続けている人生。 『人あってこその自分』をモットーに人との繋がりの大切さを忘れずに、頑張っていきます!