市場価値

電気通信主任技術者の需要は?転職での有利性や試験概要を徹底解説!

電気通信設備の工事をはじめ、維持や運用などの監督を担う「電気通信主任技術者」。これから転職活動を始めるにあたり、実際の需要や資格を活かせる転職先が気になるのではないでしょうか。

確かに電気通信主任技術者は、転職において価値のある資格の1つになります。ただ全ての人にメリットがある資格ではないので、自分にとって必要な資格であるのかどうかを見極めることが重要です。

そこで今回は、転職市場における電気通信主任技術者の需要をはじめ、資格を取得するメリットを3つ紹介します。更に電気通信主任技術者の試験についても詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://accounts.ac-illust.com/login?serviceURL=https%3A%2F%2Fwww.photo-ac.com%2Fauth%2Fsso_login%3Fredirect_to%3D%252Fmain%252Fdetail%252F4714165)

電気通信主任技術者の転職市場での需要について

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ヘルメット-安全帽子-工事-4274430/#content

電気通信主任技術者は、事業用の電気通信設備の工事をはじめ、維持や運用における「監督」になります。

尚、事業用の電気通信設備を工事・維持・運用するには、監督に電気通信主任技術者を選任しなければなりません。

つまり、電気通信主任技術者は“設備の運用に欠かせない存在”であるため、転職市場において「一定の需要がある」と言えます。

ただ1つの事業者に対して、事業所がある都道府県に選任者がいる場合、全ての事業所での兼任が可能になっています。そのため、一定の需要はあるものの、求人数が少ないのも現状です。

電気通信主任技術者の将来性について

電気通信主任技術者への転職を考えたとき、現在の需要だけでなく、将来性についても気になるところかと思います。

結論から言うと、電気通信主任技術者は「将来性がある」と言えるでしょう。その理由の1つとして、電気通信工事業界の規模の拡大が挙げられます。

業界の動向について発信している『業界動向サーチ』を見てみると、過去11年間の業界規模の推移が“ほぼ一貫して伸び続けている”ことが分かります。

また、電気通信工事業界の業界規模は「4兆9,708億円(2020年〜2021年)」となっており、他の業界と比べても“業界規模は大きめ”です。

(参考:https://gyokai-search.com/3-koji.html)

上記のように、業界規模の推移や大きさを見る限り、電気通信主任技術者は将来性が見込めるでしょう。

電気通信主任技術者の資格は転職で有利になる?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4379813?title=%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%81%91%E3%81%A8%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3&searchId=1715267601

ここまでの内容で、電気通信主任技術者のニーズについて理解できたかと思います。では、実際に資格を取得することで、転職が有利になるのでしょうか。

電気通信主任技術者の資格は、言わば“電気通信のスペシャリスト”として幅広い知識を持つ証明になります。更に国家資格でもあるため、転職が有利になる可能性は十分にあるでしょう。

但し、有資格者をターゲットにした求人が少ないため、資格を活かせる転職先を把握しておくことが重要です。次の章では、電気通信主任技術者の資格が活かせる、主な転職先を紹介します。

電気通信主任技術者の資格が活かせる転職先

電気通信主任技術者を求める企業は、大きく2種類に分けられます。以下の2つの企業であれば、資格を武器に転職を有利にできるでしょう。

電気通信主任技術者の資格が活かせる転職先
  • 電気通信事業者
  • 電気通信に詳しい人材を求めている企業

電気通信事業者

電気通信事業者は、固定電話や携帯電話などの通信サービスを提供する事業者のことです。具体的には、NTTやソフトバンクなどが該当します。

電気通信事業者は、電気通信設備を工事・維持・運用するため、監督として電気通信主任技術者を選任しなければなりません。

つまり、有資格者が必要とされる環境であるため、最も資格を活かしやすい転職先と言うことができます。

電気通信に詳しい人材を求めている企業

電気通信に詳しい人材を求めている企業の中には、有資格者を募集しているケースがあります。

例えば、通信設備の工事や設計をしている会社が挙げられます。このような会社は、工事や設計の発注が電気通信事業者であることもあり、監督の電気通信主任技術者と打ち合わせをする場合があります。

そのため、同じレベルで打ち合わせができる有資格者を求めることがあるのです。このように、電気通信に関する知識が求められる企業では、資格が大きな武器になる可能性があります。

転職に向けて資格を取得する3つのメリット

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4764903

この章では、電気通信主任技術者の資格を取得することで、得られる3つのメリットについて解説します。

電気通信主任技術者の転職における3つのメリット
  • 幅広い知見を持つ証明になる
  • 年収アップが期待できる
  • 市場価値が高まる

幅広い知見を持つ証明になる

電気通信主任技術者の試験に合格するには、電気通信システムや設備管理など、多くの知識を習得する必要があります。

つまり、資格の取得が幅広い知見を持つ証明になり、企業に対して有能な人材であることをアピールできるのです。更に国家資格ということもあり、企業から一目置かれやすいメリットもあります。

年収アップが期待できる

電気通信主任技術者の資格を取得した場合、企業によっては年収アップが期待できます。と言うのも、資格を取得したことで「資格手当」が貰える可能性があるからです。

尚、資格手当は企業により金額が異なります。また、資格手当を採用していないケースもあるので、しっかりと求人内容を確認しておきましょう。

市場価値が高まる

情報化が進む日本において、電気通信設備は重要なインフラの1つです。今後も設備の増加が予想されるため、電気通信主任技術者の需要は高まるでしょう。

そのため、資格を取得しておけば、自分の市場価値を高めることができるのです。市場価値が高まれば、採用される確率が高まりますし、転職先の選択肢を増やすことができます。

転職に向けて資格の取得をおすすめしたい人

前述したように、電気通信主任技術者は一定の需要がある反面、求人数が少ない傾向にあります。では、どのような人が資格を取得して、転職を進めるべきなのでしょうか。

以下のような考えがある方は、転職に向けて資格を取得することをおすすめします。

転職に向けて資格の取得をおすすめしたい人
  • 電気通信事業者への転職を検討している人
  • 通信設備に関連する企業を目指している人
  • スキルアップをして安定した職に就きたい人

電気通信事業者への転職を検討している人

電気通信主任技術者は、電気通信設備の工事・維持・運用を監督できる唯一の存在です。

ですので、電気通信事業者に転職して設備管理を行うなら、必ず資格を取得する必要があります。

通信設備に関連する企業を目指している人

通信設備に関連する企業に転職する場合、資格によって選考が有利になる可能性があります。

もし選考に影響しなくても、業務の中で役立てられる知識を習得できるので、スキルアップをしたい方にも資格の取得はおすすめです。

スキルアップをして安定した職に就きたい人

電気通信主任技術者は、電気通信設備の工事・維持・運用において不可欠な存在です。更に業界規模の拡大により、今後も需要が高まることが予想されます。

また、電気通信設備は必要なインフラであるため、有資格者は安定した職に就けるチャンスがあります。

「今からスキルや知識を身に付けて、将来的に安定した職に就きたい」と考えている方も、資格の取得を検討してみると良いでしょう。

電気通信主任技術者の資格の種類と試験内容について

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3771097/

電気通信主任技術者の資格は「伝送交換主任技術者」と「線路主任技術者」の2種類に区分されます。

資格に応じて担当できる業務内容が異なるため、試験で問われる知識や技術にも違いがあります。それぞれの資格の試験内容は以下の通りです。

伝送交換主任技術者の試験科目と内容

伝送交換主任技術者の資格を取得すると、電気通信事業に必要な“伝送交換設備”に加え、付属する設備の工事・維持・運用を監督できます。

試験では、伝送・交換・無線設備など伝送交換設備の概要や、ソフトウェア管理の知識が問われます。試験科目と内容は以下の通りです。

試験科目 試験内容
1.電気通信システム (1)電気通信工学の基礎
(2)電気通信システムの大要
2.伝送交換設備及び設備管理 伝送交換設備の概要並びに当該設備の設備管理、セキュリティ管理及びソフトウェア管理
3.法規 (1)電気通信事業法及びこれに基づく命令
(2)有線電気通信法及びこれに基づく命令
(3)電波法及びこれに基づく命令
(4)不正アクセス行為の禁止等に関する法律及びこれに基づく命令
(5)電子署名及び認証業務に関する法律及びこれに基づく命令
(6)国際電気通信連合憲章及び国際電気通信連合条約の大

(参考:https://www.shiken.dekyo.or.jp/chief/about_chief.html)

線路主任技術者の試験科目と内容

線路主任技術者の資格を取得すると、電気通信事業に必要な“線路設備”に加え、付属する設備の工事・維持・運用を監督できます。

試験では、通信線路・水底線路・通信土木設備など線路設備の概要や、設備管理に必要な知識が問われます。試験科目と内容は以下の通りです。

試験科目 試験内容
1.電気通信システム (1)電気通信工学の基礎
(2)電気通信システムの大要
2.線路設備及び設備管理 線路設備の概要、当該設備の設備管理及びセキュリティ管理
3.法規 (1)電気通信事業法及びこれに基づく命令
(2)有線電気通信法及びこれに基づく命令
(3)電波法及びこれに基づく命令
(4)不正アクセス行為の禁止等に関する法律及びこれに基づく命令
(5)電子署名及び認証業務に関する法律及びこれに基づく命令
(6)国際電気通信連合憲章及び国際電気通信連合条約の大

(参考:https://www.shiken.dekyo.or.jp/chief/about_chief.html)

電気通信主任技術者の試験の難易度は高い?

これから資格の取得を目指すにあたり、試験の難易度も気になるところでしょう。

実際に合格率を見てみると、令和3年度(第2回)の試験では、伝送交換主任技術者の試験が「32.8%」、線路主任技術者の試験が「45.1%」という結果になっていました。

また、令和元年度からの平均合格率は、伝送交換主任技術者の試験で「32.2%」、線路主任技術者の試験で「37.8%」となっています。

(参考:https://www.shiken.dekyo.or.jp/file_downloader6.php?id=shiken_statistics_file&f=statisticsFile2_1tfgzqrvci.pdf&src=%5b%25shiken_statistics%5d&rep=28&t=1646448764)

上記の合格率に加えて、必要な知識レベルなどを考慮すると、試験の難易度は「やや高い」と言えるでしょう。

尚、試験科目は1つずつ受験することが可能です。試験が行われた翌月から「3年間」も合格科目が免除されるので、「一発合格は難しそう」という方は1つずつ合格を積み重ねていきましょう。

また、一定の資格・学歴・実務経験を持っている方は“一部試験科目の免除”が受けられます。具体的な条件や免除科目については「電気通信国家試験センター」の方から確認してみてください。

電気通信主任技術者の試験に合格するための勉強方法

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/23180646

電気通信主任技術者の試験に合格するには、どのように勉強するのが効果的なのでしょうか。

以下の3つのポイントを押さえておけば、着実に必要な知識を身に付けられるでしょう。

勉強方法のポイント
  • 過去問を繰り返しこなす
  • 分からない用語・定義への理解を深める
  • Webサイトを活用する

過去問を繰り返しこなす

電気通信主任技術者の試験対策として、繰り返し過去問を解く勉強方法がおすすめです。過去問をひたすら解くことで、出題傾向を予測でき、効率良く学習できるようになります。

尚、電気通信主任技術者試験では、過去の内容と類似した問題が多く出題される傾向にあります。つまり、過去問を解くことが、本番を意識したシミュレーションになるのです。

分からない用語・定義への理解を深める

電気通信主任技術者の試験では、専門用語が多く使われるため、分からない用語に対して理解を深める必要があります。

また、前提知識がないと問題の意味を理解できないため、定義や公式なども着実に覚える必要があります。

ですので、分からない用語や定義を見つけたら、参考書やネットを活用して丁寧に理解していきましょう。しっかりと基礎知識を身に付けておけば、問題の意味をすぐに理解でき、高得点に繋がりやすくなります。

「法規」に関しては暗記がメインになるので、特に「電気通信システム」と「設備及び設備管理」への理解と知識が必要になります。

Webサイトを活用する

試験勉強を進めていく際に、Webサイトを活用するのも有効です。Webサイトを利用することで、試験のポイントや必要な知識を効率良く学べます。

例えば、「電気通信国家資格センター」のサイトでは、電気通信主任技術者の試験情報を得ることができます。過去の問題と回答が記載されているので、より本番に対するイメージを確立できるしょう。

まとめ:電気通信主任技術者は通信関連の転職に有利

今回は、電気通信主任技術者の需要や、資格の詳細について解説しました。改めて記事の内容を簡単にまとめてみます。

記事の内容まとめ
  • 電気通信主任技術者は一定の需要はあるが求人数は少ない
  • 業界規模の成長により、今後も需要の拡大が見込まれる
  • 電気通信事業者などの転職において資格は有利になる
  • 1発合格が難しそうなら1科目ずつの受験がおすすめ(免除制度あり)

電気通信主任技術者は、特に「電気通信事業者」や「通信設備に関連する企業」において、強みとなる資格です。

資格を取得しておけば、転職が有利になりますし、昇給やキャリアアップも見込めます。

試験の難易度がやや高いので、しっかり準備をして資格の取得を目指していきましょう。

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。