市場価値

プロジェクトマネージャーの転職事情を解説!必須スキルや資格も紹介

プログラマーやシステムエンジニアのキャリアパスとして、人気を集めるプロジェクトマネージャー。転職市場価値が高いこともあり、あなたもプロジェクトマネージャーへの転職を検討しているのではないでしょうか。

結論から言うと、現場全体を管理するプロジェクトマネージャーへの転職は「難度が高い」と言えます。そのため、転職を成功させるには、プロジェクトマネージャーの転職事情を把握しておく必要があるのです。

そこで今回は、プロジェクトマネージャーの転職事情をはじめ、必要なスキルや転職に活かせる資格などを解説します。この記事を読めば、より転職を有利にできるので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/2173508/)

プロジェクトマネージャーの転職事情について

出典:https://pixabay.com/ja/photos/握手-ハンドシェイク-手-3091906/#content

プロジェクト全体の管理を行うプロジェクトマネージャーは、転職市場においてニーズが高い職種です。求人ニーズが高い理由として、以下の3つの点が挙げられます。

プロジェクトマネージャーのニーズが高い理由
  • ITプロジェクトの対象となる分野が拡大しているから
  • IT人材が不足しているから
  • 即戦力として期待できるから

現代では、どの業界においてもITの活用が当たり前となっており、ITプロジェクトの対象となる分野が拡大しています。しかし、需要が拡大している一方で、IT人材の不足が懸念されている背景があります。

IT人材を確保したい企業が多いことから、プロジェクト全体を管理できるプロジェクトマネージャーは、市場価値が高い人材と言えるでしょう。

また、プロジェクトマネージャーとなれる人材は、ITに関する知識の他、マネジメントスキルなど複数のスキルを持っていることが前提にあります。

企業からすれば“即戦力”として期待できるため、求人ニーズが高いと言えます。ただ企業の採用基準が高く、求められるスキルが多いことから、転職のハードルは高いです。

プロジェクトマネージャーの将来性

プロジェクトマネージャーを目指すにあたり、将来性についても気になるところでしょう。結論から言うと、今後もプロジェクトマネージャーの市場価値は高まることが予想されます。

と言うのも、今後もIT人材の不足が加速していく可能性があるからです。経済産業省が発表した『IT人材育成の状況等について』によると、2030年にはIT人材が「約79万人」も不足すると予測されています。

(参考:https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/daiyoji_sangyo_skill/pdf/001_s03_00.pdf)

人材不足が懸念される反面、テクノロジーの発達やグローバル化の加速により、今後もITプロジェクトの対象分野は拡大していくでしょう。

そのため、ITプロジェクトにおいて現場全体を管理できるプロジェクトマネージャーは、多くの企業から必要とされると考えられます。

プロジェクトマネージャーの平均年収はどれくらい?

ここまでの内容で、プロジェクトマネージャーの市場価値の高さを理解できたかと思います、では、実際にプロジェクトマネージャーに転職すると、どれくらいの年収が貰えるのでしょうか。

Web・IT業界専門の転職エージェント「マイナビクリエイター」の情報によると、プロジェクトマネージャーの平均年収は「625万円」と報告されています。

(参考:https://mynavi-creator.jp/blog/article/the-role-of-project-manager)

尚、優秀なプロジェクトマネージャーである場合、年収が「1,000万円」を超えることも少なくありません。他の職種と比べると、プロジェクトマネージャーの年収は「高い傾向にある」と言えるでしょう。

ただ高年収になればなるほど、求められる能力のレベルが高まること、多くの責任が伴うことも頭に入れておきたいところです。

未経験でもプロジェクトマネージャーに転職できる?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/オンにする-スイッチをオフにします-2925962/

プロジェクトマネージャーは、企画からの計画立案やプロジェクトの進捗管理など、様々なタスクをこなせる能力が求められます。

そのため、プロジェクトマネージャーに必要なスキルや経験がない場合、転職できる可能性は極めて低いでしょう。

また、プロジェクト全体を管理する重要なポジションであることから、同業界での実務経験を条件にしている企業が多いです。

基本的に企業は“即戦力”を求めているので、プロジェクトマネージャーに転職するには、然るべきスキルや経験を積む必要があると言えます。

プロジェクトマネージャーに求められるスキル

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/トレーニング-実業家-2874597/

実際にプロジェクトマネージャーになるためには、どのようなスキルが必要になるのでしょうか。特に企業から求められるスキルとして、以下の5つが挙げられます。

プロジェクトマネージャーに求められるスキル
  • リーダーシップ
  • コミュニケーションスキル
  • マネジメントスキル
  • アーキテクトスキル
  • 問題解決能力

リーダーシップ

どのプロジェクトにおいても、チームを統率できるリーダーが必要になります。メンバーの管理を担うのはプロジェクトマネージャーの役割であるため、リーダーシップは必要不可欠です。

期日までに成果物を完成させるためには、メンバーの士気を高めつつ、的確な指示を与える必要があります。

将来的にプロジェクトマネージャーを目指すのなら、現在の仕事からリーダーシップを意識した取り組みを心掛けましょう。

コミュニケーションスキル

円滑にプロジェクトを遂行していくためには、クライアントのニーズを汲み取ること、そしてチームの連携を高める必要があります。

そのため、プロジェクトマネージャーには顧客と交渉する力や、チームを団結させるためのコミュニケーションスキルが求められます。

また、プロジェクトを推進・管理するためにも、コミュニケーションスキルは必須と言えるでしょう。現職でも積極的にコミュニケーションを図り、転職するまでにスキルのレベルを上げておくのが賢明です。

マネジメントスキル

“プロジェクトマネージャー”という職名からも分かるように、仕事内容の多くは「マネジメント」になります。

例えば、適切な人材を配置して進行管理を行ったり、必要になるコストや契約書を管理したりするのもプロジェクトマネージャーの仕事です。

端的に言えば、プロジェクト全体を管理するポジションにあるため、マネジメントスキルは必須と言えます。今のうちからマネジメント経験を積んでおけば、転職において大きな強みとなるでしょう。

アーキテクトスキル

アーキテクトとは、IT分野で大規模なシステムや全体的な設計を行う「技術者」を指します。

プロジェクトマネージャーは、クライアントの要望に応えられるよう、システムを適切に構築するスキル(アーキテクトスキル)が求められます。

また、プログラマーやシステムエンジニアなどの指揮も担うため、IT全般への幅広い知見を持つことも重要です。そのため、IT分野での実務経験がある方は、転職を有利に進めやすいでしょう。

問題解決能力

プロジェクト全体の舵取りをするプロジェクトマネージャーは、問題が発生したときに的確に対処できる能力も求められます。

問題を解決するには、冷静に物事を判断できる論理的思考や、原因を突き止めるための分析力が必要です。

また、リーダーとして最終的な判断を下す決断力も、プロジェクトマネージャーに欠かせない能力と言えるでしょう。

プロジェクトマネージャーへの転職で有利になる資格

プロジェクトマネージャーを目指す上で、必要な資格を取得して「転職を有利にしたい」と考えている方もいるでしょう。では、どのような資格を取得すれば、転職が有利になるのでしょうか。

特に有利に働く資格として、IPA(情報処理推進機構)が実施している「プロジェクトマネージャ試験(PM)」が挙げられます。

当資格は、情報処理技術者試験の区分の1つで、情報系の国家資格となります。プロジェクトマネージャーに必要なスキルや知識を有している証明になるため、転職において有効的な資格と言えるのです。

ただ国家資格ということもあり、試験の難易度が非常に高いです。情報処理技術者試験の中でも“最高難易度”とされていて、その合格率は「13%程度」となっています。

(参考:https://www.itec.co.jp/wp-content/uploads/shiken/2018s/2018s_pm_comment.pdf)

難関資格ではありますが、その分「企業から高い評価を受けられる」「年中増加を見込める」「仕事の幅が広がる」など、多くのメリットを得られることも確かです。

プロジェクトマネージャーになるためのキャリアプラン

https://www.photo-ac.com/main/detail/3207260?title=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E2%80%95%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97&searchId=3411031188

プロジェクトマネージャーになるためには、大きく分けて以下の2つの方法があります。

プロジェクトマネージャーになるための一般的な方法
  • 技術者からのキャリアアップによる転職
  • IT系職種での経験を活かした転職

技術者からのキャリアアップによる転職

プロジェクトマネージャーになる方は、プログラマーやシステムエンジニアからキャリアアプしている人がほとんどです。

と言うのも、プロジェクトを推進・管理するためには、技術者としての視点や経験が重要になるからです。そのため、プロジェクトマネージャーへの転職は、技術者からキャリアアップするのが一般的とされています。

現場での経験を積み、マネジメントスキルなど必要なスキルを習得すれば、十分にプロジェクトマネージャーのポジションを狙うことができるでしょう。

IT系職種での経験を活かした転職

プロジェクトマネージャーになるためには、技術者からのキャリアアップが慣例でしたが、他のIT系職種からの転職も注目されています。

例えば、ITコンサルタントで培った経験と知識を活かし、プロジェクトマネージャーを目指す方法があります。

もちろん技術への理解は必要ですが、プロジェクトに活かせる能力やIT業界に関する知識があれば、プロジェクトマネージャーに転職できる可能性はあるでしょう。

尚、プロジェクトマネージャーの求人はピンキリなことが多いです。ですので、自分の経験や能力が活かしやすい転職先を見つけることも、転職活動をする上で重要なポイントになるでしょう。

プロジェクトマネージャーは、高い専門性が求められるため、異業種・業界からの転職は極めて難しいです。

「チームのマネジメント経験がある」「顧客企業の領域に精通している」という場合、採用される可能性はありますが、確率としては低いでしょう。

ですので、IT業界の未経験者は、転職先でキャリアアップをしてプロジェクトマネージャーを目指すことをおすすめします。

プロジェクトマネージャーへの転職を成功させるコツ

https://www.photo-ac.com/main/detail/4715047?title=%E3%81%B2%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8D%E3%82%92%E5%A4%A7%E4%BA%8B%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88&searchId=303973421

ここまでの内容を見て、プロジェクトマネージャーになる難しさを理解できたかと思います。では、どうすれば転職の成功率を上げられるのでしょうか。

特に押さえておきたいポイントとして、以下の3つの点が挙げられます。

プロジェクトマネージャーへの転職を成功させるポイント
  • 十分なスキルや知識を積んでから転職活動を始める
  • 選考で自身のスキルやキャリアを明確に伝える
  • 転職エージェントを活用する

十分なスキルや知識を積んでから転職活動を始める

既に紹介したように、プロジェクトマネージャーになるには、高度なスキルや専門的な知識が必要になります。

そのため、プロジェクトを推進・管理できる能力がない場合、転職活動を進めても採用される可能性は極めて低いでしょう。

例えば、自社内のシステムを開発するプロジェクトを指揮する場合、技術に対する専門知識が必要です。また、技術者に的確な指示ができるよう、システム開発の経験も求められるでしょう。

まずは自分が持つスキルや知識の棚卸しを行い、プロジェクトマネージャーに必要な能力を身に付けることが“転職成功の近道”と言えます。

選考で自身のスキルやキャリアを明確に伝える

プロジェクトマネージャーに転職するときは、応募企業に自身が持つスキルや、これまでのキャリアを明確に伝えることが重要です。

基本的にプロジェクトマネージャーは、企業から即戦力として期待されます。そのため、プロジェクトに活かせるスキルや経験は、高く評価される傾向にあります。

特にシステムエンジニアの経験や、リーダーとしてプロジェクトを担当した経験がある方は、転職を有利に進めやすいでしょう。スキルや経験を活かせる求人に応募することも、転職成功のポイントと言えます。

尚、面接官に好印象を与えるには、スキルや経験を活かして“どのように貢献できるのか”をアピールすることが大切です。

転職エージェントを活用する

プロジェクトマネージャーを目指すなら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントには、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、あなたに適した企業や転職ルートを提案してくれます。

更に書類添削や面接対策を受けられ、企業の内情についても教えてくれるので、より有利に転職活動を進められます。

尚、多くの転職エージェントは“無料”で利用できるので、積極的に活用してみると良いでしょう。次の章では、プロジェクトマネージャーの求人に強い転職サービスを3つ紹介します。

プロジェクトマネージャーの求人に強い転職サービス

プロジェクトマネージャーの転職には、IT分野に強い転職エージェントを活用するのがおすすめです。

IT業界に強みを持つ転職エージェントの場合、プロジェクトや開発環境の内情を把握しているケースが多いです。

そのため、自身の能力が活かせる企業や、スキルアップが望める環境を見つけやすいと言えます。

以下の3つのサービスは、IT分野の求人に強い特徴があるので、ぜひあなたの転職活動に役立ててみてください。

レバテック
  • IT・Web業界に特化
  • 約8割の求人が年収600万円以上
  • プロジェクトマネージャーを含む多様なIT職種に対応
  • 大手企業や優良企業の非公開求人を多数保有
マイナビITエージェント
  • IT業界特化型エージェント
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を保有
  • IT業界未経験でも挑戦できる求人を保有
  • 応募書類の添削や模擬面接などサポートが充実
リクルートエージェント
  • 転職者の約8割が利用する人気サービス
  • 求人数&転職支援実績が業界NO.1
  • プログラマーやシステムエンジニアなど優良求人を多数保有
  • 選考対策や企業情報の提供などサポートが充実

転職エージェントの利用者は、一般的に「2〜3社」を併用しているケースが多いです。

同時登録することで「求人の紹介が増える」「複数のアドバイザーから助言を受けられる」など、様々なメリットを得られるからです。

ですので、効率良く転職活動を進めたい方は、転職エージェントの併用も検討してみましょう。

まとめ:スキル・経験を積み上げて転職を成功させよう

今回は、プロジェクトマネージャーの転職事情について紹介しました。改めて記事の内容を簡単にまとめてみます。

記事の内容まとめ
  • プロジェクトマネージャーは転職市場価値が高い
  • 高い専門性が必要になるため、転職のハードルは高い
  • 未経験からいきなりプロジェクトマネージャーになるのは厳しい
  • 転職を成功させるにはスキルアップ・専門知識の習得が必須
  • 転職を有利にするなら「転職エージェント」の活用がおすすめ

プロジェクトマネージャーに転職するには、専門的なスキルや知識の習得が必要です。また、実務経験を条件にしている企業が多いため、これまでのキャリアも重要になります。

この記事を読み、プロジェクトマネージャーへの理解を深めたあなたなら、理想のポジションで働くことができるでしょう。

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。