ヘッドハンティングされたい人にオススメの転職サイト8選!

今回はヘッドハンティングされたい人にオススメの、転職サイトを8つ紹介します!

せっかく転職するなら、現在勤めている会社よりも良い待遇の会社で働きたいですよね。しかし通常の募集型の転職だと、良い待遇の会社は少ないため、希望通りの転職は難しいです。

より良い待遇の会社に転職したいなら、ヘッドハンティングされる転職サイトで転職活動をするのがオススメですよ。この記事では、特徴を説明しながら8つの転職サイトを紹介しています。是非参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF-%E6%89%8B-%E4%B8%8E%E3%81%88%E3%82%8B-2056023/)

スポンサーリンク

ヘッドハンティングとは

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4-%E8%AA%BF%E6%95%B4-%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%94%B7-690084/

ヘッドハンティングとは、会社に勤めている人に、その能力を欲しいと考える別の会社が引き抜くことです。近年ではヘッドハンティングを行う会社が増えているため、転職方法の1つとして注目されているのです。

ヘッドハンティングには、スカウト型登録型の2種類あります。スカウト型は、会社が求める能力を持つ人を見つけ、アプローチする方法です。

登録型は、ヘッドハンティングされたい人がサイトに登録して、登録者と会社がマッチングする方法です。今回は登録型のヘッドハンティングでの転職の際に利用する、オススメの転職サイトを8つ紹介します。

ヘッドハンティングされる転職サイト① MRINetwork

グローバルに展開する会社への転職を希望する人にオススメの転職サイトが、MRINetwork

グローバルな会社の国内拠点だけではなく、海外拠点への紹介など、国内外のグローバルな会社の求人が充実しているのです。

登録するとコンサルタントが、最新の転職市場の動向を教えてくれたり、履歴書・英文レジュメの添削をしてくれたり、ヘッドハンティングを受けてから、幅広くサポートしてくれます。

MRINetwork

ヘッドハンティングされる転職サイト② ビズリーチ

より多くの会社・ヘッドハンターに見てもらいたい人にオススメの転職サイトが、ビズリーチ

ヘッドハンティングの仕組みを日本で初めて導入した、国内最大級の有料制転職サイトです。11万件を超える求人数、登録ヘッドハンター数3700名超と、圧倒的な規模を誇ります。

ビズリーチはただ数が多いだけではありません。有料登録制なので、登録者の質の高さを保つことができ、有能な人材を求めるヘッドハンターだけを集められているのです。

ヘッドハンティングされる転職サイト③ キャリアカーバー

https://pixabay.com/ja/photos/オフィス-弁護士-読書-2820890/

信頼のあるヘッドハンターが多く登録している転職サイトを希望する人にオススメな転職サイトが、キャリアカーバー

人材サービス最大手・リクルートが運営しており、ヘッドハンターは登録するために、厳しい基準をクリアする必要があるのです。

ヘッドハンターの質が高いだけではなく、約1400名と登録者数も多いです。信頼のあるヘッドハンターにより多くのアプローチを受けたい人は、是非登録しておきましょう。

ヘッドハンティングされる転職サイト④ リクナビNEXT

様々な会社への転職の可能性を高めたい人にオススメな転職サイトが、リクナビNEXT

多くのヘッドハンティング型転職サイトはハイクラス向けに特化していますが、リクナビNEXTは全世代向けの求人を幅広く扱っているのです。若い方向けのものや、未経験OKの求人まであります。

ただしヘッドハンターに注目してもらうには、「レジュメ登録」をしっかりと入力する必要があります。内容が雑であったり、スペックが低かったりすると、オファーは来ないので注意しましょう。

リクナビNEXT

ヘッドハンティングされる転職サイト⑤ DODAエグゼクティブ

自分で通常の転職活動をしつつ、ヘッドハンティングの可能性もほしいという人にオススメな転職サイトが、dodaエグゼクティブ

dodaエグゼクティブは、あくまで転職エージェントです。しかし、管理職経験がある・管理職の素養が十分にあるという条件を満たすと、ヘッドハンティングを受けることが可能になるというスタンスです。

HPには、ヘッドハンターとの付き合い方や、実際の事例を交えながらの転職成功例など、転職活動で役に立つ情報が充実しています。是非参考にしてみてください。

dodaエグゼクティブ

ヘッドハンティングされる転職サイト⑥ ランスタッド

https://www.pakutaso.com/20160130020post-6642.html

年収800万円以上の会社への転職を希望する人にオススメな転職サイトが、ランスタッド

取り扱う求人の8割が年収800万円以上、5割が年収1000万円以上と、ハイクラス向けの求人に限定しているのです。特に外資系・日系グローバルな会社の求人が多いのが特徴です。

登録すると、キャリアコンサルタントのサポートを受けることができます。英文レジュメの添削や、面接のサポートなどを実施しています。

ヘッドハンティングされる転職サイト⑦ レイノス

転職を決めた会社に入社した後に、自分と会社との意識の違いが起こりにくくしたい人にオススメな転職サイトが、レイノス

レイノスでは、人事部経由ではなく社長と面談・会食を行うことができるからです。入社前に、社長の人柄や会社の経営方針などを、社長に直接確認することができます。

レイノスに登録すると、担当のスカウトエージェントが面談をしてくれます。面談をすることにより、自分に合った会社・ポジションを見つけやすくなりますよ。

レイノス

ヘッドハンティングされる転職サイト⑧ クライス&カンパニー

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/288477/

転職を考えている30~40代マネージャークラスの人にオススメな転職サイトが、クライス&カンパニー

キャリア形成で大切な時期である30~40代向けのサービスに力を入れています。サポートを行うキャリアコンサルタントのほとんどが、国家資格であるGCDF資格を取得しており、質の高いサポートが期待できます。

また、会社の担当と転職者の担当が同じキャリアコンサルタントなので、採用のミスマッチが起こりにくいです。安心して転職活動を行うことができますよ。

おわりに

以上が、ヘッドハンティングされたい人にオススメの、8つの転職サイトの紹介でした。

専門的な技術・知識・経験を持っているなら、通常の募集型の転職方法ではなく、ヘッドハンティング型の転職方法を選びましょう。転職先で良い待遇を受けられる可能性が高いですよ。

もし転職を考えていなくても、サイトに登録してみるのがオススメです。自分のスペックに見合った待遇を把握することができますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

中村ありす

大学を卒業後2年間ほど動物看護師として働き、現在は別の会社で事務員として働きながら、フリーのイラストレーターを目指しています。依頼者に寄り添い、お互いが満足のいくイラストを描く事をモットーに活動しています。ブログやSNSで、オリジナルイラスト・漫画を公開中。