管理職のためのコラム

【聞きづらい?】部下の結婚のご祝儀はいくらが良い?相場をチェック

「部下の結婚式に招待された!でもご祝儀はいくら包めばいいんだろう?」

結婚式に招待されると困るのがご祝儀ですよね。いくら包めば良いのか、包んだ金額に部下から変に思われないか、など気にしますよね。

この記事では、部下へご祝儀を送るときの相場や注意点も紹介します。部下から結婚を報告されたときに参考に読んでみてください。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3131145?title=%E7%B5%90%E5%A9%9A%E7%A5%9D%E5%84%80%E8%A2%8B)

部下が結婚することになった!ご祝儀はどうしよう?

職場の上司
職場の上司

自分の部下が結婚することになった!めでたいな~。結婚式にも招待された!ご祝儀はどうしよう?

自分の部下が結婚するのは大変めでたいことです。さらに、結婚式に招待されたらうれしいですよね。

ただ、結婚式に招待されたら悩むのがご祝儀です。祝儀は一般的にどれくらい金額を包んだ方が良いのか迷いますよね。部下の結婚式ですから、上司として多めに包んだ方が良いのか判断が難しいところです。

ここからは、部下にご祝儀を贈るときの一般的な相場の金額と、主賓で招待された場合はどのくらい包んだ方が良いのか、地域ごとの相場なども併せて紹介しますね。

部下にご祝儀を送るときの目安

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3382397?title=3%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%AE%E7%8F%BE%E9%87%91)

部下にご祝儀を送るときの目安は、3万円~5万円になります。職場の上司で招待されても、主賓で招待されなければ、一般的な相場の金額を包めば問題ありません。

基本は3万円で問題ありませんが、あなたと部下の年齢が離れている場合は少し多めに包んだ方が良いでしょう。この場合は5万円を包むのがベストですね。

どのくらい包んだ方が良いか迷った場合は、自分と部下の関係で判断すると良いでしょう。長年上司と部下の関係で付き合ってきた場合は、お祝いの気持ちを込めた方が、部下も気を遣ってくれてうれしいですよね。

上司だけど部下と年齢が近い場合はどうする?

職場の上司だけど、部下と同じ年齢だったり、年齢が1歳~2歳差ということがありますよね。この場合は、同僚や友人に包む金額(3万円程)で問題ないでしょう。

不安なら自分の上司に事前に金額を確認しておいた方が安全ですね。自分の上司も一緒に参加する場合は、お互いに包む金額を確認しておきましょう。

自分の方が上司より多く包んでしまうと、部下の新郎新婦がお祝いのお返しに困り、トラブルの元になります。部下に気を遣わせないように、あらかじめ話し合っておくことが大事です。

主賓で招待された場合のご祝儀は?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/212787?title=%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%8A%B1%E6%9D%9F)

部下から結婚式に主賓で招待されることがあるでしょう。主賓の場合、ご祝儀は相場よりも多く包むのが良いです。一般的には5万円~10万円が良いでしょう。

主賓は招待客の代表になるので、1番格式が高い人です。例えば部下から見て支店長や取締役、社長など地位が高い人にお願いすることになるでしょう。

主賓は披露宴のスピーチや乾杯のあいさつなど重要な役割をします。部下から見れば、忙しい中結婚式に来てもらって、さらにスピーチなども引き受けてもらうので、ありがたいですよね。

新郎新婦は、引き出物を他の招待客と別にしたり、スピーチなどのお礼を包んだりします。相場のご祝儀を包んでしまうと、申し訳なくなりますよね。そのために主賓は相場よりも多めに包むのが良いとされているのです。

社内で祝儀のルールがある場合は?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3229179?title=%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%80%80CHECK%E3%80%80%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%80%80%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E7%B4%A0%E6%9D%90%E3%80%80%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88)

会社でご祝儀のルールが決まっているところもあります。この場合、原則は自分の役職などに関係なく会社のルールに従ったご祝儀を送りましょう。

ご祝儀のルールが決まっているか不明の場合は、会社にどのようにすれば良いか事前に確認しておきましょう。あとで、ご祝儀の金額でトラブルになるのを防ぐためにも必要になります。

役職ごとにご祝儀の金額が決まっているところもあるので、自分よりも上の役職(役員や支店長など)が一緒に出席する場合、金額をお互いに確認しておきましょう。

地域で相場が決まっているので事前に確認を

ご祝儀は地域によっては、一般的に言われている相場と違う場合があります。地域ごとの相場は次のように言われています。

地域ごとのご祝儀の相場
地   域 ご祝儀の相場
北海道 1万円~2万円(会費制)
関東・近畿・九州 3万円~10万円
東北・中部・四国 3万円~5万円
沖縄 1万円(上下関係なし)

結婚式は、新郎新婦が準備をして招待客を迎えるイメージがありますよね。しかし、北海道は新郎新婦の友人などが結婚を祝うために会費制が多いようです。

沖縄では新郎新婦との関係に関わらず、ご祝儀は1万円と決まっています。これは沖縄の風習で、招待客が多かったり、頻繁に結婚式が開催されたりするために少なくなったようです。

結婚式が開催される地域によって相場が異なるので、事前に確認しておきましょう。

部下をお祝いしたいので相場より多く送りたい場合は?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/944746?title=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%AB%E6%B3%A8%E3%81%8C%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3)

「新人の頃から指導してきた部下だから盛大にお祝いしたい!」「自分が初めて持った部下が立派になったので、多めに送りたい」など考えている人もいるでしょう。

ご祝儀は相場より多く包むのは、お祝いしたい気持ちがこめられているので問題ありません。しかし、会社内でルールが決まっていたり、自分より上の役職が参加する場合は、必要以上にご祝儀を包むのはマナー違反です。

この場合は、結婚式では相場の金額または会社のルールに従って贈ります。上乗せしたい金額の分は、プレゼントを個人的に贈るようにしましょう。

プレゼントは日常生活で使えるものにすれば、部下も気を遣わずに済みますね。

部下の結婚式に出席できない場合はどうする?

部下から結婚式に招待されたけど、どうしても出席できない場合があります。この場合のご祝儀は、欠席になったタイミングによって変わるので注意しましょう。

招待状に欠席で返信した場合

招待状に欠席で返信した場合は、出席する場合のご祝儀の3分の1~2分の1の金額を包みましょう。披露宴では、食事代やお酒、引き出物などのお金がかかります。

元々欠席であれば、これらの費用はかかっていないので、お祝いの気持ちを包めば問題ありません。

出席で返信したが、あとで欠席になった場合

最初は出席できる予定だったが、あとから欠席になってしまうことはありますよね。

欠席の連絡が結婚式から1ヶ月以上前であれば、食事代やお酒、引き出物の数の調整が間に合うので、欠席で返信した場合と同じ相場の3分の1~2分の1の金額で良いでしょう。

もし、欠席の連絡が結婚式から1ヶ月以内の場合は、食事代などのキャンセル料がかかります。この場合は、出席した場合と同様の金額を包んで新郎新婦に渡しましょう。

結婚は伝えられたが、結婚式に招待されない場合のご祝儀は?

(画像出典:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/C824_shirobaratoribon_TP_V.jpg)

部下から結婚の報告を受けても、本人達の意思で結婚式をやらなかったり、親族だけで結婚式をあげることがありますよね。

その場合は、お祝いの気持ちで1万円程度贈ると良いでしょう。職場で親しい関係の部下には、少し多めに包んでも問題ありません。

もし、あなたが役職(支店長や部長など)に就いている場合でも、仕事にも家庭にも精一杯頑張ってほしいという意思を込めて多めに包んだ方が良いです。

部下のご祝儀はいくら出せばいいの? まとめ

今回は部下へご祝儀を贈るときの相場やマナーについて紹介しました。部下のめでたいことなので、気持ちよくお祝いしたいですよね。

大切なのはお祝いしたい気持ちですが、マナー違反をしてしまうと、部下の新郎新婦に気を遣わせてしまうことになります。事前準備を怠らないようにしましょう。

さらに、結婚式での振る舞いが今後の部下との仕事にも影響するので、失礼のないようにしたいですね。

ABOUT ME
シドニー
都内の会社で事務員してます。 ペンギンがいる水族館にいくことが趣味。イワトビペンギンがいれば興奮。キックボクシング修行中。スイーツは何でも食べてしまう。 資産運用大好きな変人。投資はFX、ロボアド、投資信託、株式、海外銀行など何でもします。
【お得情報!】成功する人は知っている。転職を考える「前」から転職エージェントを使うべき理由

なぜ、転職を考える「前」から転職エージェントを使うべきなのか?

もしあなたが今以上のキャリアアップを考えているのであれば、たとえ今すぐに転職をする気がなくても、転職エージェントに登録しておくことをお勧めします。

なぜなら、転職を考え始めてから転職エージェントに登録しても、スタートダッシュが遅れて転職活動が長引いてしまう可能性が高いからです。

多くの場合、転職を考え始めるきっかけは以下の2つのタイミングです。

転職を考え始めるタイミング
  • 今の職場ではこれ以上成長できないと感じた時
  • 今の職場の雇用条件に不満を感じた時

ちなみに、一般的に、転職活動を始めてから実際に転職するまでの平均期間は「3ヶ月〜6ヶ月」と言われています。

転職を考え始めてから慌てて行動するのは手遅れ

つまり、このように「転職を考え始めたタイミング」で、あわてて転職活動を始めてもすぐに転職できるとは限らないのです。

せっかくキャリアアップを考えても、転職の準備をしていないと3ヶ月〜6ヶ月は、不満のある職場で仕事を続けなければならなかったり、成長のない仕事を延々とこなさなければなりません。

これって、かなり「キャリアアップにとって無駄な時間」だと思いませんか?

だからこそ、転職を考え始めるよりも『前』のタイミングから、コツコツと転職活動の準備をしておくことが大切なのです。

「今すぐに」転職エージェントを利用するメリット

早い段階で転職エージェントを利用することで、自分のキャリアの棚卸しができたり、挑戦してみたい業種の転職先リストを作ったりすることができます。

こうして事前に転職の準備をしておけば、いざその時が来たタイミングでスムーズに転職することができるのです。

また、いつでも転職できる準備をしておけば、精神的にも余裕を持てるようになり、今の職場でも今以上に大きな成果を出せるようになるでしょう。

転職の予定がないのに転職エージェントに登録していいの?

中には「転職する予定がないのに転職エージェントに登録するのって迷惑なのでは?」と心配になる方もいることでしょう。

ですが結論から言うと、全く問題ありません。実際、転職エージェントの方でも「今すぐの転職を考えていない方も利用OKですよ」と謳っているところも多いです。

転職エージェント側としても、長く付き合いのある人ほどその人の望むキャリアを把握できるので、高確率で転職活動を成功させられるというメリットもあります。

また、転職エージェントを「情報収集先の一つ」として利用している方も多いです。決して今すぐ転職する人しか利用できないというわけではないのです。

転職エージェントは『無料』で利用できる

ここまで、早めに転職エージェントを利用するべき理由についてご紹介してきました。

そして、転職エージェントは基本的に「全て無料」で利用することができます。なぜなら、転職に成功すると、採用した企業から転職エージェントに紹介料が支払われる仕組みだからです。

転職エージェントは企業からもらえる紹介料で売上を立てているため、転職をする側は「無料」でサポートを受けられる仕組みなのです。

ノーリスクで利用することができる上に、いざ転職を考え始めた時にスピーディーに転職を成功させるためにも、ぜひ今のうちから転職エージェントを利用しましょう。

数ある転職エージェントの中でも特におすすめのサービスを以下に紹介するので、ピンときた転職エージェントにさっそく登録してみてはいかがでしょうか?

※転職成功者は一人当たり2.5社の転職サイト、エージェントを利用しています。
※複数の転職エージェントを利用することで、より多角的なサポート、アドバイスを受けることができます。

絶対に登録しておくべき「必須」転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職者の8割が利用している「必須級」の転職エージェントです。

求人数は数ある転職エージェントの中でも断トツのNo.1だから、あなたにぴったりの転職先が必ず見つかりますよ!

採用決定率No.1の実績もあり。本気で転職を考えるなら、必ず利用すべき転職エージェントです。

おすすめ度
特徴 ・求人数No.1
・採用決定数No.1
・転職者の8割が利用!
求人数(概算) 公開求人数:13万件
非公開求人数:18万件
対応地域 全国
こんな人におすすめ 転職を考えたら、必ず登録すべき転職エージェント

詳細・口コミを見る公式ページを見る

doda(ドゥーダ)

dodaは、求人数10万件以上を誇る国内最大級の転職エージェントです。

求人数、採用決定数こそ、上記のリクルートエージェントに劣るNo.2ですが、転職者の顧客満足度はNo.1となっています。

応募書類のアドバイスから、面接前後のフォローなど、安心して転職活動に取り組みメルサポートも充実しているので、初めて転職をする方は絶対に利用すべきエージェントです。

おすすめ度
特徴 ・転職者の顧客満足度No.1
・求人数、採用決定率No.2
・転職サイトとしてもエージェントとしても利用可能
求人数 10万件以上
対応地域 全国
こんな人におすすめ 初めて転職をする方
実績のある転職エージェントを利用したい方

ビズリーチ

ビズリーチは、年収1,000万円以上の求人が1/3を占める、ハイクラス向けの転職エージェントです。

また、転職エージェントの他に、転職サイト・スカウトサービスとしての側面もあり、自分にあった転職方法が選べるのもポイント!

転職エージェントサービスとしては珍しく、一部有料のサービスがある分、求人の質は担保されていると言えますね。

ハイクラスの年収、キャリアを目指す人に特におすすめの転職エージェントとなっています。

おすすめ度
特徴 ・求人の1/3が年収1,000万円以上案件
・ハイクラス向けの求人数No.1
・ハイクラス系だが、20代から登録可能
求人数(概算) 公開求人数:12万件
対応地域 全国
こんな人におすすめ ハイクラスの求人を探している方
質の高いサポートを求めている方

詳細・口コミを見る公式ページを見る

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラスの求人に特化した転職エージェントです。

特に、外資系や海外進出企業の求人といったグローバル系に強く、英文レジュメのサポートなどにも対応しています。

ハイクラス向けということもあり、30代〜40代層。年収500万円以上の人におすすめの転職サービスと言えますね。

「自分の市場価値の向上を目指している」「現時点でスキルやキャリアがある」といった方にぴったりの転職エージェントです。

おすすめ度
特徴 ・キャリアアップや高年収を狙える求人が多い
・グローバル系の求人案件多数
・キャリアの棚卸し、内定後の条件交渉サポート等もあり
求人数(概算) 公開求人数:12,000件以上
対応地域 全国、海外
こんな人におすすめ ハイクラスを目指している方
外資系、グローバルの求人をお探しの方

詳細・口コミを見る公式ページを見る

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手求人に強みを持つ人気の転職エージェントです。

特に20代〜30代の転職者の利用が多く、「20代に信頼されている転職エージェント1位」にも選ばれています。

求人数こそ、他の転職エージェントに一歩劣るものの、各業界に特化したエージェントのサポートに強みがあるので、職種を絞っている方におすすめのエージェントと言えます。

また、女性の転職サポートにも積極的なため、女性の方にもお勧めのサービスですよ!

おすすめ度
特徴 ・大手の求人が豊富
・20代〜30代に人気の転職エージェント
・女性の転職サポートにも積極的に取り組んでいる
求人数(概算) 公開求人数:3万件以上
対応地域 全国
こんな人におすすめ 20代〜30代で転職を考えている方
希望職種がある程度決まっている人