ヘッドハンティングされた時にトラブルを回避して転職先を決める方法

「ヘッドハンティングされたので、転職先の企業へ就職しようか考えている。トラブルに遭いたくないから、事前に回避する方法を知りたい。」

ヘッドハンティングは、企業があなたの能力を評価して自社への就職を提案する時に使われる採用方法です。

ヘッドハンティングを受けると、自分の能力が評価されたと感じてつい嬉しくなってしまいがちですが、油断していると思わぬ落とし穴にハマってしまいます。

そこでこの記事では、ヘッドハンティングされた時にトラブルを回避するための方法などを解説していきます。

エグゼクティブナビ編集部

この記事を読んで、ヘッドハンティングされた時にトラブルを回避して、後悔のないように転職先を決めていきましょう。

スポンサーリンク

ヘッドハンティングによる転職は合法

https://www.pakutaso.com/20170900262post-13281.html

ヘッドハンティングされて転職した場合、法律に違反してトラブルになるのではないのか、と心配になる人もいるかと思います。

日本では、日本国憲法22条1項で「職業選択の自由」が保障されているので、法律違反になるようなことはありません。

仮に、あなたが勤めている会社で、引き抜きによる転職が禁止されてる就業規則があったとしても、憲法が法的に優先されるので転職は可能です。

違法になるヘッドハンティング転職の例

https://www.pakutaso.com/20180515149post-16268.html

前述した通り、ヘッドハンティングを受けて転職しても法的に問題はありません。しかし、例外として、法的に問題がある場合もあるのです。それは企業が定める「競業禁止規定」に違反した場合です。

「競業禁止規定」に触れてしまうと、ヘッドハンティングで転職する時に、あなたが勤めていた会社とトラブルになってしまう可能性もあります。

「競業禁止規定」に触れてしまう事例とは、勤めていた会社の業績を左右するほどの役員が自分だけでなく、会社の部下を誘って、その部下も一緒に転職先へ連れて行く場合が想定されます(出典:ラクソン事件)。

この場合、前の会社への背信行為と見なされ、退職金の減額といった罰則を受ける可能性があるのです。

会社によっては、「競業禁止規定」としてライバル会社への転職禁止の期間を、1年に設けている場合があります。

ヘッドハンティングでよくあるトラブル①給料交渉

https://pixabay.com/ja/photos/人-大人-女性-男-医学-3192204/

ヘッドハンティングされて転職する場合、給料のことを気にする人が多いかと思います。

一般の転職活動では、企業があなたを採用する立場にあるため、交渉がしにくいです。一方で、ヘッドハンティングでは一般の転職活動とは違い、ヘッドハンティング会社とあなたで、対等な立場で給料の交渉ができます。

なぜなら、ヘッドハンティング会社があなたに対して、「我が社に来てもらえないか」といった形で転職を勧めているからです。

ヘッドハンティングされて転職した後に、給料が思っていた額と違うといったトラブルを避けるためにも、給料交渉は必ず行いましょう。

ヘッドハンティングでよくあるトラブル②給料基準

https://pixabay.com/ja/photos/手-スーツ-ユーロ-コイン-462298/

ヘッドハンティング会社が、あなたが勤めている会社よりも高い給料額の転職先を提案してきた場合、注意が必要です。

会社によって、給料がもらえる仕組みや基準といったものが違うことがあり、結果的に前にいた会社よりも給料が減ってしまったというトラブルもあるのです。特に、以下の点に注意してください。

  • 提示された金額が、残業代込みになっている
  • 賞与の金額が高く、基本給といった月額の給料が少ない
  • 厳しいノルマを達成した前提の給料となっている

ヘッドハンティング会社が提示してきた高い金額だけに惑わされず、給料の基準がどうなっているのかを確認することが重要です。

ヘッドハンティングでよくあるトラブル③社風

https://pixabay.com/ja/photos/ワークプ-レース-チーム-1245776/

ヘッドハンティングをされて転職する場合、転職先の社風などの情報を、ヘッドハンティング会社に聞いてみましょう。

転職先によって、ライフワークバランスを大切にする企業や、成果主義で仕事にやりがいがある急成長中のベンチャー企業など、社風は様々です。

もし、あなたが社風を知らずに転職した場合、転職先の企業と価値観が合わず、同僚や先輩社員たちと衝突するといったトラブルに発展することも考えられます。

そのため、給料額が納得のいくものであったとしても、転職先の社風はどのような雰囲気なのかをヘッドハンティング会社に聞くようにしましょう。

ヘッドハンティングでよくあるトラブル④悪質な会社

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%BD-1725340/

あなたに声をかけたヘッドハンティング会社が、本当に信用できるのかも確認しておきましょう。なぜなら、ヘッドハンティング会社が架空のものだったというゲースもあるからです。

ヘッドハンティング会社の中には、相手の個人情報を流出させたり、お金を騙し取ろうとする悪質なものもあります。

詐欺などのトラブルに遭わないためには、ヘッドハンティング会社から社名を聞き、ネットで検索しましょう。もし、社名がなかったり、会社名を教えてくれない場合は、詐欺の可能性が高いです。

 

ヘッドハンティングでよくあるトラブル④ヘッドハンターの人間性

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A5%91%E7%B4%84-%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0-2548138/

ヘッドハンティングの際に、あなたに声をかけてくる人物をヘッドハンターと呼びます。ヘッドハンティングされて転職する場合は、ヘッドハンターが信頼できる人物かどうかの見極めが大切です。

信頼できないヘッドハンターから転職先を提案されて承諾した場合、話していた内容と違うといったトラブルになってしまう可能性もあります。

ヘッドハンターが信頼できる人物かを確認するためには、以下の質問を相手にしてみましょう。

質問
  • 自分のことをどこで知ったのか
  • 自分をヘッドハンティングした理由は何なのか
  • クライアント企業の待遭や業績はどのぐらいなのか

もし、ヘッドハンターに上記の質問をした時に、相手をはぐらかすような答え方をしたり、抽象的な説明しかしない場合は、あまり信頼できる相手ではないので注意しましょう。

ヘッドハンティングされても、すぐに退職しない

https://www.pakutaso.com/20171224338post-14353.html

ヘッドハンティングされた時に、給料面や労働条件などが納得のいくものであれば、すぐに今の会社を退職したいと思いますよね。

ですが、すぐに退職するのはやめましょう。なぜなら、ヘッドハンティングされた時点では、転職先への内定は確定していないからです。

ヘッドハンティングされた場合でも面接などの採用試験を経て、はじめて正式に内定が確定するパターンがほとんどです。

ヘッドハンティングされて転職する場合でも、一般の転職活動と同じように、今の会社を退職するかどうか慎重に決めましょう。

ヘッドハンティングを断る時は、丁寧に対応してトラブルを防ぐ

https://pixabay.com/ja/illustrations/いいえ-負-指-手-維持-1532826/

ヘッドハンティングされた場合、今いる会社に満足しているため、提案を断りたいこともあるでしょう。

ヘッドハンティングを断る時には、丁寧に対応するようにしましょう。ヘッドハンティング会社が紹介してくれた企業が、あなたの重要な取引先になる可能性もゼロではありません。

そのため、断り方としては「とても良い提案ですが、今の会社でがんばりたいです。」や、「家族の意向がり、今は転職できません。」というような、角を立てないやり方が好ましいです。

まとめ

ここまで、ヘッドハンティングされて転職する場合のトラブルについて解説していきました。内容をまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • ヘッドハンティングされて転職する場合は、原則として法的には問題はない。ただし、例外として「競業禁止規定」に触れることもある。
  • ヘッドハンティングされて転職する時には、給料交渉をしたり、企業の社風などの情報を相手に確認する。
  • 悪質なヘッドハンティング会社もあり、トラブルに遭わないために会社の情報を確認したり、ヘッドハンターが信頼できるかどうかを見極める必要がある
  • ヘッドハンティングされても、今いる会社をすぐに退職しない。
  • ヘッドハンティングを断る時は、丁寧な対応を心がける。

ヘッドハンティングされるということは、自分の能力が評価された証拠でもあるので、つい嬉しくなってしまう気持ちも分かります。

ですが、安易に転職先を決めてしまうと、トラブルに発展してしまうこともあるので、注意が必要です。

エグゼクティブナビ編集部

ヘッドハンティングされた時、トラブルに遭わないためにも、この記事で紹介した内容を参考にして慎重に転職先を決めましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ふぉむ

介護職員兼、個人事業主として活動中です。 出勤前、帰宅後、休日の時間に月10記事から20記事をメドに(1記事あたり文字数平均3,000~4,000字)納品しています。得意なことは①SEOライティング②納期厳守③ジャンルに合わせた記事執筆です。以下は記事を掲載しているメディアです。 ①Cuterest(芸能) ②やすたび(観光) ③DEBIT INSIDER(金融) ④ルアナ占い(占い) ⑤高級家具.com(インテリア) ⑥エグゼクティブナビ(転職) 水族館の情報サイト「ふぉむすい」を運営中です。 Google検索上位表示の記事多数。 水族館とwebライティングをこよなく愛するお魚さん。