【上司必見】部下の自己評価が低い原因とその対応策を紹介

「部下の評価で、上司である私と部下の自己評価の間に大きな差があり困っている」という悩みを抱えていませんか?

自己評価の低い部下が、最近、多くなっています。そのため業務の割り振りが困難です。

今回は、部下の自己評価が低い原因と自己評価が低い部下に対しての対応について紹介します。

今回紹介する記事を理解することで、自己評価が低い部下への対応を知ることができます。対応を知ることで、自己評価の低い部下に適切なアドバイスができるようになりましょう。

スポンサーリンク

仕事に対する自己評価が低いと業務にどのような影響を与えるか?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/716365?title=%E8%AA%AC%E6%95%99%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3

部下の自己評価が低いことは一見すると、本人の問題と思うかもしれません。しかし、部下の自己評価が低いことで、仕事全体に様々な悪影響が出る場合もあるのです。

そこでまずは、自己評価が低いと業務にどのような支障をきたしてしまうのか説明します。

自己評価が低いと起きてしまうこと
  • 人間関係がうまくいかない
  • 自信がもてなくなる
  • 行動を起こさなくなってしまう

自己評価が低すぎてしまうと、どのような物事でもマイナスに考えてしまい、なにもできなくなってしまうので注意が必要です。このような状態では業務にも支障をきたしてしまいます。

そのためあなたは、部下がなぜ自己評価を低く見積もるのか把握し、対策をすることが必要です。次の見出しからは、部下の自己評価が低い原因について紹介します。

部下の自己評価が低い原因の全体像

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3394435?title=%E5%8F%AF%E8%83%BD

部下が自己評価を低く見積もってしまう原因として以下の3つが挙げられます。

部下が自己評価を低く見積もってしまう原因
  • 高すぎる目標を持っている
  • 完璧にこなすことにこだわっている
  • 失敗を引きずってしまう

高すぎる目標を持っていたり、完璧を求めたりする人ほど自己評価が低い傾向にあります。

また、自己評価を低く見積もってしまう原因として、一度の失敗によって自信をなくしてしまうというケースもあります。

その結果として、理想の自分と現実の自分を比べてしまい、「自分はなにもできない」と錯覚してしまいます。

自己評価を低く考えてしまう原因の詳細は次の見出しで紹介していきます。

部下の自己評価が低い原因①高すぎる目標を持っている

部下の自己評価が低い原因の1つ目は、「高すぎる目標を持っている」ということです。高すぎる目標をもっている人は自己評価を低く見積もってしまう傾向があります。

高い目標を持つこと自体はとても素晴らしいことですが、高すぎる目標はおすすめはしません。

高すぎる目標を持っていると、目標を達成するまでに長い時間がかかります。また、目標が高すぎるため、難易度も高くなってしまいます。

そのため、目標を到達せずに終わってしまった場合、何もできない自分に対して劣等感を抱き、自分はなにもできないと錯覚してしまいます。その結果、部下の自己評価が下がってしまうのです。

部下の自己評価が低い原因②完璧にこなすことにこだわっている

部下の自己評価が低い原因の2つ目は、「完璧にこなすことにこだわりすぎていること」です。この原因はあなたの周りでも見かけることがありませんか?

完璧主義な方は、他人からの評価を気にしてしまう傾向があります。そのため他人の評価で自分の価値を確認してしまいます。

結果、他者からの評価が悪いものだと、自分の評価も低いものだと結論づけてしまいます。

だからこそ、完璧を目指そうとしている部下に対しては、完璧主義にならないようにアドバイスをすることが必要です。

部下の自己評価が低い原因③失敗を引きずってしまう

部下の自己評価が低い原因の3つ目は、「失敗を引きずってしまう」ことです。

仕事での失敗を引きずったまま、業務をしてしまうと、ケアレスミスが度々おきてしまいます。

ケアレスミスが頻繁に発生していると、あなたの部下も「なぜ同じミスを繰り返してしまうのだろう」と自分を責めてしまい、自分の評価を低く見積もってしまいます。

そのため、部下が業務や企画のプレゼンなどで失敗してしまったときには、ケアしてあげる必要があります。

自己評価が低い部下に対する対応の全体像

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3073720?title=%E4%B8%8A%E5%8F%B8%E3%81%A8%E9%83%A8%E4%B8%8B21

ここからは前述した原因を踏まえて、自己評価が低い部下に対しての対応について紹介します。具体的な対応策としては以下の3点です。

部下が正しい自己評価をできるようにする上司の対応
  • ちゃんと褒める
  • 毎日の目標を設定させる
  • どのような評価基準なのか知ってもらう

これらの3つの対応方法を知っているだけでも、部下に対する対応が大きく変わってきます。部下に何をしてあげれば良いか考えていきましょう。

自己評価が低くなってしまう原因によって、あなたの対応も大きく変わってくるので、それぞれ詳細に説明していきます。

自己評価が低い部下に対する対応①部下を褒めること

1つ目が「ちゃんと褒めること」です。失敗をひきずったままの部下を叱ったり、放置したりしていませんか?

失敗したときには、優しくアドバイスしたり、成功したらよかったところを褒めたりしてあげましょう。そうすることで、部下は失敗してもすぐに立ち上がり、次の行動に移りやすくなります。

また、些細なところでもどんどん褒めてあげるようにして、部下が自信を持てるようにしてあげることで正当な自己評価をできるようになります。

自己評価が低い部下に対する対応②毎日の目標を設定させる

2つ目が「毎日の目標を設定させる」ことです。高すぎる目標を持っている人ほど、毎日の目標を怠りがちです。

だからこそ、朝礼の時間などを活用して、部下に目標を設定させたり、業務を割り当てたりすることで、日々の目標を与えるようにしましょう。

小さな成績かも知れませんが、それが部下の実績となり、充実感を部下に与えます。

仕事にやりがいを感じると、仕事に対するモチベーションが上がるので、自己評価が低い頃と比べ、積極的に仕事に取り組むようになります。

自己評価が低い部下に対する対応③部下に評価基準を知ってもらう

3つ目が「部下に評価基準を知ってもらう」ことです。部下は基本的に、自分がどのような評価基準で評価をされているのかを知らないため、不安になりがちです。

そのため、自身の実力以上に自己評価を下げてしまいます。そこで、上司であるあなたがどのような評価基準で判断しているかを部下に伝える必要があります。

しかし、気づかせるときもストレートにいうのではなく、さりげなく伝えることが重要です。あなたがストレートに評価基準を伝えても部下はあまり信用しません。

なぜなら、自己評価が低い部下は上司から直接伝えられた評価基準以上に目標を勝手に設定してしまうからです。そのため、普段の部下との会話を活用して評価基準を伝えてみましょう。

部下が自己評価を低く見積もる原因を知って対応していこう

今回は、部下が自己評価を低く見積もってしまう原因とその対応について紹介しました。また、部下の自己評価が低くなってしまう原因と改善方法についてまとめます。

部下が自己評価を低く見積もってしまう原因
  • 高い目標をもっている
  • 完璧を目指していている
  • 失敗を引きずっている
部下が正しい自己評価をできるようにする上司の対応
  • ちゃんと褒める
  • 毎日の目標を設定させる
  • どのような評価基準なのか知ってもらう

今回、紹介した原因をしっかり理解した上で改善方法を実践してみて、部下とコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

しらす

カフェ巡りと筋トレにはまっています。現在は筋トレダイエットで7kg痩せて、休日はカフェ巡りをしている新卒プログラマーです。