【部下同士のトラブルどう解決する?】人間関係を修復する方法を紹介

この記事は「部下同士の人間関係トラブルを解決したいが、どう解決したらいいかわからず悩んでいる方」に向けて書かれた記事です。

職場で起こる人間関係のトラブルはストレスにも大きく影響し、関係が悪化すると仕事に支障をきたす原因にもなります。

部下同士のトラブルで関係が悪化して悩んでいるあなたも、この記事を読めばきっと悩みは解決するでしょう!

部下同士の人間関係を修復する方法を紹介しますので、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

部下同士のトラブルを放置すると離職の原因に繋がる!?

出典:https://unsplash.com/photos/12yvdCiLaVE

職場には様々なタイプの人間が存在します。なのでトラブルが起こることは珍しいことではありません。

エン・ジャパンが行ったアンケート調査で、今までの職場で人間関係に難しさを感じたことはありますか?という問いに対し「ある」と答えた人は84%もいました。(データ参考:マイナビニュース

部下同士が揉めて上司に相談をしてきた場合、上司は自分が巻き込まれたくないため、「二人で解決してくれ」と現場に丸投げするケースが多く挙げられています。

そのようにトラブルを放置しておくと状況は更に悪化し、部下同士の溝が深まります。職場で人間関係がこじれると、最悪の場合、離職の原因にも繋がりかねます。

部下同士の人間関係トラブルを修復する為の解決方法についてこれから順番に紹介していきますので、是非参考にしてください。

部下の人間関係トラブルが起きた時最初にするべき対応方法3つ

部下同士の人間関係トラブルを修復するための、最初にするべき対応方法として以下の3つが挙げられます。

部下の人間関係トラブルを解決する対応方法
  1. 双方の話を聞く
  2. 話し合いの場を持つ
  3. 当事者を冷静にさせる

流れとしては、まず双方の話を聞くことから始めます。次に、話をよく聞いた上で話し合いの場を持つこと。

話し合いの場では、双方が感情的になる可能性があるのでその場合は当事者を冷静にさせる、といった流れです。

では次の章から具体的な解決方法について丁寧に紹介していきたいと思います。是非最後までご覧ください。

部下の人間関係トラブルを解決する対応法①双方の話を聞く

出典:https://unsplash.com/photos/W3Jl3jREpDY

部下の人間関係トラブルを解決する対応法1つ目は、双方の話を丁寧に聞くことです。話を聞くと言い分はそれぞれ違うでしょう。

相手の仕事に対する取り組み方や、勤務態度など。まずは、それぞれの言い分を全て聞き、聞いた上でトラブルを解決していきます。

双方の話を聞かないと、どちらも言っていることが違う、という事態になりかねないので平等に話を聞きましょう。

話を聞く際は、相手の言っていることを受け入れること、共感することが大切です。まずは相手の気持ちを存分に吐き出してもらいましょう。

次に、話の内容を要約することです。「つまり、あなたはこういう部分でAさんに対してこう思っているんですね?」という感じで相手の言いたいことを正確にまとめましょう。

話を聞く→受け入れる、共感する→話をまとめる。この順番で行うと話を聞いてもらっている部下は、非常に安心するでしょう。

部下の人間関係トラブルを解決する対応法②話し合いの場を持つ

部下の人間関係トラブルを解決する対応法2つ目は、話し合いの場を持つことです。

部下同士のトラブルが起きている状況で、当事者同士だけで話し合いをさせるのはNGです。

当事者同士が話し合いをすると、お互い譲れない主張が出てきて収集がつかない状態になるからです。なので仲裁人として上司の自分が立ち会いましょう。

仲裁者はとりあえず最後まで双方の言い分を聞くことに専念しましょう。理屈としておかしい部分が合ってもひとまず、最後まで聞くことです!

部下の人間関係トラブルを解決する対応法③当事者を冷静にさせる

出典:https://unsplash.com/photos/Lks7vei-eAg

部下の人間関係トラブルを解決する対応法3つ目は、当事者を冷静にさせることです。もめごとの仲裁人がすべきこととしては、話を聞く、相手にしゃべらせることです。

部下が感情的になってしまった場合は、仲裁人が当事者を冷静にさせる必要があります。

「まあまあ落ち着いて。」で済む話なら良いですが大人同士の喧嘩なので、そうはいかないでしょう。しっかりと双方の言い分を理解し、問題点を解決していくことです。

どうしたらお互いが納得いく仕事のやり方で進められるか、などと感情を切り離して問題の解決を行うことです。

あくまで仲裁人、仕事上の問題のみに介入すること!

ここまでは、トラブル解決方法について紹介しました。ただし、自分はあくまで会社の上司なので、仕事上の問題を解決することのみを目的としましょう。

例えば問題の部分が「Aさんは愛嬌がない」「Bさんの性格は冷たい」など、個人的な部分で揉めているのなら深く介入する必要はありません。

仕事上の問題点のみにフォーカスして仲裁人になることです。問題点をどうすれば改善していけるかということを部下と話し合っていきましょう。

以上、部下の人間関係トラブルを解決する対応法について紹介しました。次からは、人間関係を修復させるのがどうしても難しい場合の具体的な改善策について紹介していきます。

人間関係の修復がどうしても難しい場合の具体的な改善策

出典:https://pixabay.com/ja/photos/593333/

これまで紹介した対応方法を試してみたが、人間関係を修復させるのがどうしても難しい場合の具体的な改善策について紹介していきます。改善策は以下の2つです。

部下の人間関係トラブルを解決させる改善策
  1. 仕事の割り振りを見直す
  2. 部署を変える

話し合いや注意喚起のみで問題が解決がしない場合は、仕事上での担当業務を変える、部署を異動させるなどの見直し方が最善でしょう。

次の章からトラブルを解決する具体的な改善策について、丁寧に紹介していきます。是非最後までご覧ください。

部下の人間関係トラブル解決改善策①仕事の担当業務を変える

部下の人間関係トラブル解決改善策、ひとつめは仕事の担当業務を変えることです。

部下同士が揉めた場合、仕事に対しての取り組み方に不満を持っているケースが原因として多く挙げられます。

「私はこんなにやっているのに」とか「これはこうしたやり方のが効率良い」など、仕事に対しての価値観はそれぞれ違います。

同じ職場で同じ業務をしていると同僚に対して不満を感じてくることもあるでしょう。なので、話し合いで収集がつかない場合は仕事の割り振りを見直したり、業務担当を変えることが有効です。

部下の人間関係トラブル解決改善策②部署を変える

出典:https://unsplash.com/photos/WMdtbsQ5ouA

部下の人間関係トラブル解決改善策、2つ目は部署を変えることです。

同じ環境にいることによってトラブルが起きているようなら、毎日顔を合わせるのも嫌なはずです。

これ以上関係の修復が難しく、手の施しようがないようであれば物理的に当事者たちを切り離してしまいましょう。

職場での人間関係のストレスは離職の原因に繋がってしまう可能性もあるので、部署を異動させて同じ環境で働くという状況を回避しましょう。

部下同士の人間関係トラブル修復方法:まとめ

以上、部下同士の人間関係トラブル修復方法について紹介しました。要点をまとめると下記の通りです。

部下の人間関係トラブルを修復する対応法
  1. 双方の話をきく
  2. 話し合いの場を持つ
  3. 当事者を冷静にさせる
部下の人間関係トラブル解決改善策
  • 仕事の割り振りを見直す
  • 部署を変える
部下同士に仲良くしてもらうのではなく、あくまで部下にはきちんと仕事をしてもらうという風に考えることです。

今回の記事を参考にすれば、部下同士が働きやすい環境を作ってあげることができるかもしれません。是非お試しくださいね。