転職ノウハウ

30代から大手企業へ転職できる?成功率を高めるポイントを4つ紹介!

人生の分岐点とも言える30代。ある程度キャリアを積んできたあなたは、大手企業への転職を考えているのではないでしょうか。

しかし、30代の転職は“難しい”というイメージがあるため、「さすがに大手企業に入るのは厳しいかな…」と不安になるかと思います。

そこで今回は、30代の転職事情をはじめ、転職の成功率を上げる4つのポイントを紹介します。この記事を読めば、大手企業から内定を貰える確率が高まるので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/photos/suit-clothes-man-fashion-4165752/)

大手企業へ転職できる?30代の転職事情

出典:https://pixabay.com/photos/businessman-suit-button-up-classy-4914044/#content

結論から言うと、30代から大手企業へ転職することは可能です。但し、大手企業の求人は20代の募集が多いため、30代での転職は自然とハードルが高くなります。

また、30代の転職は“ポテンシャルより実力が重視される”ので、アピールできる実績がないと大手企業に入るのは難しいでしょう。

特に30代後半は、よりレベルの高い「専門スキル」や「マネジメント能力」が求められるので、30代前半よりも難易度は上がります。

30代での転職を成功させるためには、人材募集の背景や企業が求める条件を理解した上で、転職活動を進めていくことが重要です。

大手企業が30代の人材を募集する意図とは?

採用数は少ないものの、30代をターゲットにしている大手企業は存在します。

あえて30代の人材を募集するのには、以下のようなニーズがあるからです。

大手企業が30代の人材を募集する意図
  • 組織の年齢構成を整えたい
  • 既存社員に刺激を与えたい
  • 新たな事業を展開したい

組織の年齢構成を整えたい

多くの社員を抱える大手企業ですが、業績の悪化による影響で採用を控えた時期があると、年齢構成のバランスが悪い状態になります。

年齢構成が崩れると、組織としての指揮系統が混乱する場合があるため、層が薄い年代を採用するケースが見られます。

特に30代は“上層部と若手層を繋ぐ重要な存在”なので、積極的に募集をかける企業も少なくありません。

既存社員に刺激を与えたい

歴史の長い大手企業は、社内に新たな風を吹き込むため、30代の人材を募集するケースがあります。

昨今はビジネス環境が急速に変化していることもあり、「何か変革をしなければ生き残れない」と危機感を抱く企業も多いです。

そこで次世代の経営を担う中堅社員に刺激を与えるため、同世代である30代を募集にかけることもあります。

新たな事業を展開したい

近年は国内マーケットの縮小やIT技術の進化もあり、新規事業の展開を検討している企業が多いです。

そこで事業展開に必要なノウハウを持つ人材を求め、中途採用を実施するケースもあります。

この場合、特定分野の知識・経験が重視されるので、キャリアが浅い20代ではなく30代以上の人材が求められます。

また、新規事業の責任を担う立場になることから、マネジメント経験がある30代以上がターゲットになりやすいです。

大手企業が30代の転職者に求めるスキル・能力

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/トレーニング-実業家-2874597/

ここまで大手企業の募集背景を紹介してきましたが、具体的にはどのような人材を求めているのでしょうか。

多くの企業が30代に求めるものとして、以下の3つのポイントが挙げられます。

企業が30代の転職者に求めるスキル・能力
  • 専門的なスキル(または経験)
  • 柔軟な適応力
  • マネジメント能力

30代は「即戦力」としての活躍が期待されるため、業務に活かせるスキルや経験、すぐに環境に溶け込める適応力が求められます。

特に大手企業の場合、転職者に求める職務レベルが高いので、より高度なスキルや能力が必要になるでしょう。

また、ある程度キャリアを積んでいる30代となれば、プレイヤーとしてだけでなくチーム管理や後輩の育成も期待されます。

長期的に貢献してもらうためにも、企業はマネジメント能力に注目しているのです。

マネジメント経験者は“進捗管理・危機管理・問題解決能力がある人”と認識されやすいです。

企業からの評価が高くなるので、マネジメント経験がある方は選考でしっかりアピールしましょう。

30代から未経験職種に転職するのは難しい

前述したように、多くの企業は30代の転職者を“即戦力”として見ています。そのため、30代から未経験職種に転職するのは「難しい」と言わざるを得ません。

特に大手企業への転職は、専門スキルや経験が求められるので、他の業界・職種からの転職はハードルが高いと言えるでしょう。

また、年齢だけで判断する企業は少なくなっていますが、未経験職種への転職は「20代」が1つの目安とされています。

ですので、他の業界・職種への挑戦を検討している方は、長期化することも覚悟して転職活動に臨みましょう。

未経験職種に挑戦する場合は、別の職種で培ったスキルや経験を転職先の仕事に関連づけてアピールすると良いでしょう。

大手企業への転職成功率を高める4つのポイント

https://www.photo-ac.com/main/detail/4715047?title=%E3%81%B2%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8D%E3%82%92%E5%A4%A7%E4%BA%8B%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88&searchId=303973421

この章では、ここまでの内容も踏まえながら、転職を成功させるためのポイントを4つ紹介していきます。

大手企業への転職を成功させるためのポイント
  • 企業が求める人材像にマッチしているかを確認する
  • 自分の強みを活かしやすい業種・職種を狙う
  • スキルや経験がいかに役立つかを論理的に説明する
  • 会社に適応できる柔軟性をアピールする

企業が求める人材像にマッチしているか確認する

一口に大手企業と言っても、企業によって募集を行う理由や目的は異なります。

いくら高い専門性を持っていても、大手企業が求める人材像とマッチしていなければ、選考を通過するのは厳しいです。

大手企業は競争率が高いので、いかに企業が求める条件に合致するのかも、転職の成功率を高めるポイントになります。

自分の強みを活かしやすい業種・職種を狙う

前述したように、30代で未経験職種に転職するのは容易ではありません。

企業からすると、他の業種・職種からの転職者は“即戦力”として考えにくいため、採用を見送る場合が多いです。

逆に自分の強みが活かせる職種への転職なら、即戦力としてアピールしやすくなるため、大手企業でも内定を貰える確率が高まります。

スキルや経験がいかに役立つのかを論理的に説明する

30代の転職者は“即戦力”として期待されるので、いかに強みをアピールできるかが重要になります。

企業にアピールする際は、自身のスキルや経験がいかに役立つのかを、論理的に説明することが重要です。

そうすることで企業は、入社後の活躍する姿をイメージしやすくなり、積極的に採用を検討してくれます。

実際に大手企業の面接では「この事業をどのように成長させていきたいですか?」など、将来のビジョンについて質問されることが多いです。

まずはキャリアの棚卸しを行い、どのように企業へ貢献できるのかを整理しておくと良いでしょう。

会社に適応できる柔軟性をアピールする

自身のスキルや経験はもちろん、会社に適応できる柔軟性もアピールポイントの1つになります。

と言うのも、30代はある程度のキャリアを積んでいるため、企業側から「うちのやり方に馴染めるだろうか」と懸念されることが多いからです。

ちなみに柔軟性がある人は「臨機応変な判断・行動ができる」「自分の考えに捉われず、新しい発想を生み出せる」などの特徴があります。

具体的なエピソードを踏まえつつ、対応力や発想力があることをアピールできれば、柔軟性がある人と判断されやすいです。

大手企業を狙うなら転職エージェントの利用がおすすめ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/実業家-コンサルティング-仕事-3087395/#content

30代での大手企業への転職を成功させいた方は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントに登録すると、以下のような多くのメリットを得られるので、より有利に転職活動を進められます。

転職エージェントをおすすめする理由
  • 30代向け・大手企業の求人が多い
  • 条件にマッチする企業を紹介してくれる
  • 転職のプロが求職者の強みを教えてくれる
  • 書類添削や面接対策を受けられる
  • 応募書類と一緒に「推薦状」を送ってくれる
  • 求人票では分からない企業の内情を教えてくれる

転職エージェントでは、あなたと企業の条件が合致する企業のみを提案してくれます。

条件がマッチしていれば、選考通過率が高くなり、入社後のミスマッチを防ぎやすくなります。

また、プロによるキャリアの棚卸しや選考対策を受ければ、より自分の強みをアピールすることが可能です。

「少しでも転職の成功率を上げたい」という方は、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントのサービスは、基本的に無料で利用できます。

次の章からは、おすすめの転職エージェントを3つ紹介するので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

①大手企業の求人が豊富:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職者の約8割が利用している国内最大手の転職エージェントです。

約35万件の求人を保有しており、その数は転職エージェントの中でNo.1となります。大手企業の求人が豊富なので、あなたにぴったりの転職先を見つけられるでしょう。

更に採用決定数No.1の実績もあり、転職決定者の約4割が30代となっているのもポイント。

本気で大手企業への転職を目指すなら、絶対に登録しておきたい転職エージェントです。

②30代の転職に強い人気エージェントサービス:doda

dodaは、求人数10万件以上を誇る業界最大級の転職エージェントです。

求人数・採用決定数は、リクルートエージェントに次ぐNo.2となりますが、転職者の顧客満足度ではNo.1を獲得しています。

dodaは、30代向け・大手企業の求人を多く保有し、各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

転職成功者の平均年齢が32歳となっているので、特に30代の転職者におすすめしたいサービスです。

③高年収を狙う30代におすすめ:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラスの求人に特化した転職エージェントです。

上記の2社よりも求人数は少ないですが、高年収層がターゲットということもあり、大手企業の求人を多く保有しています。

特に管理職や専門職、外資系企業の求人に強みがあるので、キャリアアップや市場価値の向上を目指している方におすすめです。

また、JACリクルートメントは、これまでに約43万人を支援してきた実績があります。転職決定者の約4割が30代となっているので、あなたの転職活動にも強い味方となってくれるでしょう。

まとめ:30代から大手企業への転職を成功させよう

今回は、30代の大手企業への転職について解説しました。改めて記事のポイントを簡単にまとめてみます。

記事の内容まとめ
  • 大手企業に入るには高い専門スキルや実績が必要
  • 未経験職種への転職はハードルがかなり高い
  • 30代の転職は“即戦力アピール”が成功の鍵
  • 大手企業を目指すなら転職エージェントの利用がおすすめ

繰り返しになりますが、30代の転職は“即戦力”になれるかどうかが鍵になります。

まずは企業が求める人材像を理解し、選考では自分の強みや将来のビジョンをしっかりとアピールしましょう。

尚、転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが徹底的にサポートしてくれます。

1人で転職活動するよりも成功率が高まるので、ぜひ転職エージェントを利用して大手企業への転職を成功させましょう。

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。