市場価値 PR

転職で宅建は取得するべき!未経験でも有利になる4つの理由

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

転職活動をするにあたって宅建士の資格を取得するべきかどうか迷ってしまいますよね。

宅建を持っていることは転職活動で有利ですが、企業選びでは注意しなければなりません。

この記事では宅建が転職で有利になる理由や転職する際のポイントを解説しており、失敗せずに宅建士の転職ができるようになりますので、是非最後までご覧下さい。

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E4%BB%95%E4%BA%8B-%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%AE%B6-2284501/

宅建が転職活動で有利になる4つの理由

転職活動において宅建士の資格を取得していることは有利に働きますので、取得を考えている方は是非勉強することをお勧めします。

宅建が転職活動に有利な理由は下記の4つに分類することが出来ます。

宅建士の取得が転職に有利な4つの理由
  • 転職すると宅建を活かせる業界が多い
  • 宅建士の独占業務がある
  • 不動産業界ならどの会社も宅建士が必要
  • 取得の努力がアピールできる

次の章から転職活動が有利になる4つの理由について、それぞれ詳しく解説していきます。

①転職すると宅建を活かせる業界が多い

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9-%e4%bb%95%e4%ba%8b-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc-2009693/

まず1つ目に挙げられるのが、宅建士の資格を活かせる業界が多いということです。

宅建士というと不動産業界をイメージしがちですが、金融業界や建築業界においてもこの資格は重宝されます。

金融業界は不動産の担保の価値を正しく見極められる人材が必要であり、建築業界では自社が建築した物件を販売する際に宅建士がいなければなりません。

宅建士の資格を取得することで様々な業界のキャリアを検討できるようになるのです。

②宅建士の独占業務がある

2つ目に挙げられるのが、宅建士にしかできない独占業務があるということです。

宅建士の独占業務は重要事項説明、重要事項説明書の記名と捺印、契約書への記名と捺印の3つに分類することが出来ます。

宅建士は、不動産売買契約や賃貸借契約を行う時に作成する重要事項説明書や契約書に対して責任をもって記名・捺印を行うのです。

宅建士しかできない業務があるからこそ、転職活動を有利に進めることができます。

③不動産業界なら転職するどの会社も宅建士が必要

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e9%9a%8e%e6%ae%b5-%e5%bb%ba%e7%89%a9-%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b3-%e7%99%bb-6133971/

3つ目に挙げられる理由が不動産業界ならどの会社も宅建士が必要だということです。

宅建業法においては「宅地建物取引業者の事務所は従業員の5人に1人が宅建士でなければならない」と定められています。

もし宅建士が従業員の5分の1以下になってしまうと、会社は新たに宅建士を雇わなければいけません。

不動産会社にとって常勤してくれる宅建士は重宝する存在であり、宅建士を少しでも多くとっておきたいと考えるのです。

④取得の努力をアピールできる

最後に挙げられるのが宅建士を取得するにあたって努力したことをアピールできるという点です。

宅建士の資格は国家資格であり、かなりの時間を費やして勉強しなければ合格することはできません。

そのため、宅建士の資格を持っているだけで勤勉であることをアピールすることが出来ます。

宅建士の資格は企業の需要から転職活動で有利に働くだけでなく、その資格取得の困難さからも転職活動で有利に働くのです。

宅建士は未経験でも転職できる?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e8%b5%b7%e5%8b%95-%e4%ba%ba-%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%bc-593344/

結論から申し上げますと、未経験の宅建士が転職しやすいかどうかは年齢によって変わります。

20代であれば全体から見た宅建士の割合が低く希少性が高いため、未経験でも転職しやすいです。

しかしながら30代、40代となってくると宅建士の割合も多くなってくるため、営業経験や営業実績がより求められるようになります。

可能であれば宅建士の資格で転職する前に営業経験を積んでおきましょう。

宅建士で転職した場合の年収について

残念ながら、宅建士の平均年収を調査した公的なデータは存在しておりません。

しかしながら、ユーキャンの記事を参照すると、宅建士の平均年収は470万から626万円と記載されています。

つまり、宅建士の資格を取得して転職すると、日本の平均月収よりも高い水準の給与を得ることが出来るのです。

宅建士の平均年収は大企業ほど高くなる傾向にあり、年代でも50代までをピークに平均年収が高くなります。

宅建士の資格は難しい?どのくらいの期間勉強が必要?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%89%8b-%e6%9b%b8%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%99-%e3%83%9a%e3%83%b3-%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88-1868015/

宅建士は国家資格であり、合格率は15%とやや高めの難易度ですが、短期間での合格も不可能ではありません。

元々の経験や知識によって必要な期間は異なりますが、目安として半年ほどで合格することを目標として設定しましょう。

注意しなければいけないのは、宅建試験は毎年1回10月に行われるということです。

スケジュールから逆算して4月くらいから勉強すると十分な時間を確保することが出来るでしょう。

宅建士の資格は独学で取得できる?

結論からお伝えすると、宅建士は独学で取得することが可能です。

その場合は、参考書などで試験の全体像を把握し、過去問や予想問題集などを活用して実践形式に慣れていきましょう。

しかし独学だとわからない時に聞けなかったり、長期間の勉強が続かない方にはあまり向かないという部分があります。

独学が不安な場合は通信講座や通学講座を受講して宅建士の勉強を進めることがお勧めです。

宅建を取得して転職を有利に進めよう!

宅建士の資格は下記の4つの理由から転職活動を有利に進めることが出来ます。

宅建士の取得が転職に有利な4つの理由
  • 転職すると宅建を活かせる業界が多い
  • 宅建士の独占業務がある
  • 不動産業界ならどの会社も宅建士が必要
  • 取得の努力がアピールできる

資格を取得することは非常に難しいですが、その分得られるメリットは多いため、検討されている方は是非勉強することをお勧めします。

宅建士の資格を取得して希望の会社に転職し、新たなキャリアをスタートさせましょう。

ABOUT ME
ゆうま
社会人1年目のWEBライターです。 転職やペット、通信など幅広いジャンル記事を執筆。 音楽が大好きで暇さえあれば歌ってます。