市場価値

CCNAは転職に有利?取得メリットや活かせる職種まで解説!

CCNAの資格を取得することで、転職時に有利に働くと最近良く聞きませんか?

なので、この記事では、CCNAの資格を取得するメリットからどんな職種への転職に活かせるのかまでを解説致します。

あなたにCCNAの資格が必要かどうか、ぜひ最後まで読んで判断してみてください!

トップ画像出典:https://pixabay.com/photos/code-html-digital-coding-web-1076536/#content

話題の資格「CCNA」とは?

CCNAとは、シスコシステムズ社による技術者認定資格の一種です。シスコ技術者認定には、6つのランクがあり、その中でも最も一般的なのがアソシエイトというランクにある「CCNA」です。

CCNAの試験では、ネットワークの構築から管理、運営の基礎的な内容や、ルータや周辺機器の設定方法からトラブルシューティング等の知識が必要になります。

そのため、CCNAの取得にはネットワーク技術の基礎的な内容を習得する必要があり、近年IT分野での転職時に取得する人が増えている資格です。

CCNAの資格を転職前に取得するメリット2選

前述したとおり、近年取得する人が増えているCCNAの資格ですが、なぜ多くの人が取得を目指すのでしょうか。

なので、ここからはCCNAの資格を転職する前に取得しておくメリットについてご説明致します。

まず、CCNAの資格を転職前に取得するメリットですが、大きく分けて下記の2つになります。

  • ネットワークに関する知識の証明
  • あなた自身の市場評価が高まる

次の項目からは、それぞれのメリットについてより具体的にご説明致します。

転職前に取得するメリット①「ネットワーク知識の証明」

1つ目のメリットは、CCNAの資格を取得することで、企業にあなたがネットワークに関する知識を持っているとアピールが出来るということです。

このネットワークに関する知識は、IT業界で働く人材の多くに求められる知識です。そのため、CCNAはIT業界への転職を考える際には非常に役立つ資格であると言えるでしょう。

また、CCNAの資格は3年で失効します。つまり、資格を持っているということは、あなたが少なくとも直近3年以内の知識を持っていることです。

そのため、CCNAの資格を持っていると、あなたが比較的新しい情報を持っていることが企業に証明できます。

転職前に取得するメリット②「市場で評価される」

https://www.photo-ac.com/main/detail/4029885

2つ目のメリットは、この資格を持っていることで、あなた自身の市場価値が向上するというものです。

CCNAを取得するためには、ネットワークの構築から管理、運営に関する知識やルータ等の周辺機器の取り扱いについても学ぶ必要があります。

そのため、こちらの資格を持っていることで、市場で評価されやすくなり、例えばエンジニアなどに転職する場合は、上流工程に関わる転職もしやすくなります。

CCNAが活かせる転職先2選

ここからは、CCNAの資格を取得することで転職しやすくなる職種を2つご紹介致します。

CCNAの資格を取得することで、ネットワーク知識をつけることができるため、下記の2つの職種に転職をしやすくなります。

CCNAが活かせる転職先2選
  • ネットワークエンジニア
  • システム会社の営業

次の項目からは、それぞれの職種についてより具体的になぜCCNAの資格を取得していると転職しやすくなるのかをご紹介致します。

CCNAが活かせる転職先①「ネットワークエンジニア」

https://pixabay.com/photos/coding-programming-css-1853305/#content

CCNAは、ネットワークエンジニアに転職するのであれば、必須と言っても良いほどの資格です。

ネットワークエンジニアとして未経験であっても、CCNAを取得しておくことで、ネットワークに関する知識があると企業にアピールすることが出来ます。

また、すでに経験があり、より上流工程に転職でキャリアアップをする際にもCCNAの資格を持っていることで、企業からの評価は良くなります。

CCNAが活かせる転職先②「システム会社の営業職」

CCNAの資格は、システム会社の営業職への転職でも取得していることで有利に働きます。

理由としては、システム会社の営業を行う際にネットワーク構築などの知識を持っておくことで、インフラ構築や事後サポートなども行うことが出来るためです。

そのため、システム会社の営業職の求人には、CCNAの取得が条件になっているものや資格を持っていることで年収が上がる求人などが近年増えてきております。

CCNAの資格が条件の平均的な求人例2選

こちらの項目では、実際にCCNAの資格取得が条件になっている求人の平均的な例を2つご紹介します!

  • ポジション:ネットワークエンジニア
  • 仕事内容:ネットワークの運用保守
  • 給与:400万円〜550万円
  • 勤務地:都内
  • 条件:CCNAの資格保有
  • ポジション:システム営業
  • 仕事内容:インフラ構築、ITサービスの導入提案
  • 給与:450万円〜550万円
  • 勤務地:都内
  • 条件:CCNAの資格保有

より多くの求人を見てみたいという場合は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」といった転職エージェントのサイトを見てみるのがおすすめです!

CCNA資格の取得にかかる費用や勉強時間

https://unsplash.com/photos/s9CC2SKySJM

CCNAの資格取得にかかる費用は、大体4万円前後です。内訳として、CCNAの受験料が税込36,960円、教材費が約3,000円ほどです。

また、全くのエンジニア未経験の方がCCNAの取得をするのにかかる時間は、約160時間と言われており、毎日2時間勉強して3ヶ月弱かかります。

CCNA取得用のスクールなどもありますが、下記のおすすめ教材を使えば独学でも対策は可能ですよ!

created by Rinker
¥2,356
(2022/05/20 07:57:36時点 Amazon調べ-詳細)

上記の教材は、未経験の方に合わせた教材で、名前の通り超基礎から学ぶことが出来ます。

教材内容としては、まずはネットワーク知識の全体像に触れてから、更にそれぞれの細かな知識を学んでいける教材となっています。

【まとめ】CCNAの資格を取得して転職を成功させよう!

CCNAの資格を取得することで、下記の2つの職種に特に転職がしやすくなります!

CCNAが活かせる転職先2選
  • ネットワークエンジニア
  • システム会社の営業

これらの職種は、もちろん資格がなくても転職することが出来ますが、より多くの選択肢を持ったり、上流工程に関わるには、CCNAの資格を取得しておいたほうが良いです。

CCNAの適切な教材を使えば、独学でも十分取得することが出来る資格です。

ぜひ、今回の記事を参考にあなたの転職活動を成功させていきましょう!

ABOUT ME
まつきー
私の理想は、自身のビジネスを持つことです。 何事にもスピード感を持って、取り組むことを意識しています。 筋トレや語学学習が趣味です!どちらもまだまだですが(笑) 好きなことは、旅行や写真、人と飲みに行くことです! よろしくお願いします。