転職ノウハウ

転職を早く決めたい人がやるべき6つのこと!注意点も併せて解説

転職活動をしていると、毎日大きなプレッシャーがかかるものです。そのため、早く転職を決めたいと考えるのは当然のことと言えます。

しかし、急いで転職を決めようとすると、上手く転職活動が進まなかったり、入社後にミスマッチが起きたりする可能性があります。

そこで今回は、転職を早く決めたい人がやるべきことを6つ紹介します。この記事を読めば、早く理想の企業に転職できる可能性が高まるので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/信頼-配置-握手-3031679/#content)

転職を早く決めたい人がやるべき6つのこと

https://www.photo-ac.com/main/detail/4715047?title=%E3%81%B2%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8D%E3%82%92%E5%A4%A7%E4%BA%8B%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88&searchId=303973421

転職活動の長期化は、精神的な負担やモチベーションの低下に繋がるので、出来るだけ早く転職を決めたいところです。

以下の6つのことを実行すれば、よりスムーズに転職活動を進められます。

転職を早く決めたい人がやるべきこと
  1. 行動目標を立てる
  2. 転職の軸を決める
  3. 面接が少ない企業を選ぶ
  4. 複数者に同時応募する
  5. 転職サービスを利用する
  6. 複数サイトに登録する

6つとなると少し多いようにも思えますが、特別難しいことをする訳ではありません。

必要な準備を行い、効率良く転職活動を進めていけば、転職するまでにかかる期間を短縮できます。

次の章からは、6つのやるべきことについて詳しく解説していきます。

①転職を早く決めたいなら「行動目標を立てる」

転職を早く決めるには、行動目標を立てることが重要です。ゴールを見据えたスケジュール作りを行えば、より効率的に転職活動を進められます。

尚、転職活動の目安は「3ヶ月程度」と言われており、早い人であれば「1ヶ月程」で転職を成功させています。

ですので、転職活動のゴールを1〜3ヶ月後に設定し、短期的な行動目標を立ててみると良いでしょう。

ちなみに転職サイトの「リクナビNEXT」では、1ヶ月で転職を決める方法として、以下のようなスケジュールが提案されていました。

行動目標の立て方の一例
  • 1週目:情報収集
  • 2週目:応募
  • 3週目:一次・二次面接
  • 4週目:内定獲得:比較検討して入社承諾

(参考:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/24405/)

上記のように、週ごとのやるべきことを整理しておけば、スピーディーに転職活動を進められるでしょう。

②円滑に企業選びを進めるため「転職の軸を決める」

転職の軸とは、あなたが転職先を選ぶときに重視する条件のことです。具体的には「業種・職種」「年収」「福利厚生」などが挙げられます。

転職の軸を決めておけば、本当に応募すべき企業なのか判断しやすくなるので、企業選びをスムーズに進めることができます。

逆に転職の軸がない場合、希望の企業を探すのに多大な時間がかかるため、早く転職するのは難しいと言えるでしょう。

時間のロスを少なくし、入社後のミスマッチを防ぐためにも、転職の軸は明確に定めておきたいところです。

③早く転職を決めたい人は「面接が少ない企業を選ぶ」

企業により選考プロセスは異なりますが、早く転職を決めたい人は面接回数が少ない企業を選ぶと良いでしょう。

転職活動を続けていると、予想以上に面接に時間を取られてしまうことがあります。特に在職中の場合、面接に行ける日が限られてしまうため、面接日の調整に時間がかかることも考えられます。

また、企業によっては面接の結果を出すまでに、長い時間を要することも少なくありません。(一般的に面接結果が届くまでの期間は「1週間〜10日程度」と言われています。)

絶対条件ではないですが、短期的な転職を目指すなら面談回数も意識しておきたいところです。尚、面接回数の平均は「2〜3回」と言われており、近年は「1回」の面接で終わらせる企業も多くなっています。

④効率良く転職活動を進めるため「複数社に応募する」

効率良く転職活動を進めるには、出来るだけ多くの候補をリストアップし、複数の企業に応募するのがベストです。

1社ずつ応募してしまうと、もし採用してもらえなかったとき、次の選考を受けるまでに時間のロスが生まれます。必ず内定が貰える保証もないので“一社入魂”はリスキーと言えるでしょう。

また、1社ずつの応募では他社との比較ができないため、効率良く転職活動を進められません。転職は“最適な1社を見つけることが最も重要”なので、比較検討できるよう複数社に応募するのが賢明です。

あまりにも多くの企業に応募すると、1社あたりに十分な対策が取れなくなってしまうので、無理のないペースで複数の企業に応募してみましょう。

⑤選考通過率を上げるため「転職サービスを利用する」

「出来る限り早く転職を決めたい」という人は、転職サポートを受けられる「転職エージェント」を利用するのがおすすめです。

転職エージェントでは、専任のキャリアアドバイザーが担当となり、マンツーマンでサポートを受けることができます。

応募書類の添削や面接対策、更に気になる企業の情報も教えてくれるので、1人で転職活動をするよりも選考通過率を高められます。

また、求人紹介や面接日の日程調整なども行ってくれるので、効率良く転職活動を進めることが可能です。転職を早く決めるポイントも知っていますから、活用しない手はありません。

転職エージェントのサービスは、基本的に無料で利用できます。

もしサイト選びに迷ったときは、転職支援実績No.1の「リクルートエージェント」や、転職者満足度No.1の「doda」などを検討してみると良いでしょう。

⑥転職を早く決めたいなら「複数サイトに登録する」

転職を早く決めたい人は、複数の転職サービスに登録することをおすすめします。と言うのも、複数利用すれば紹介される求人数が増え、希望に合った企業を見つけやすくなるからです。

更に複数の転職サービスに登録すると、多角的なアドバイスを受けられるので、転職活動を有利に進められます。

ちなみに「リクナビNEXT」の情報によると、転職を成功させている人は「平均4.2社」の転職エージェントを利用しているようです。

また、全体の利用社数が「平均2.1社」となっていたので、「2〜4社」を目安に併用してみると良いでしょう。

(参考:https://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s00912.jsp?html_nm=agentnetwork%2Fguide_agentnetwork.html)

様々な転職サポートを受けられる「転職エージェント」と、自ら求人を探して応募できる「転職サイト」を併用すれば、より効率良く転職活動を進められます。

早く転職したいなら引き継ぎの準備もしておこう

出典:https://pixabay.com/photos/writing-pen-man-ink-paper-pencils-1149962/

順調に転職活動が進んでも、業務の引き継ぎで時間を取られてしまうことも多いです。

後任が決まらないなどのトラブルが起きると、退職日の先延ばしを依頼され、すぐに転職できない状況に追い込まれてしまう可能性もあります。

ですので、転職活動を進めながら、出来る範囲で引き継ぎの準備をしておくと安心です。

担当業務のマニュアルを作成しておくなど、事前に引き継ぎの準備をしておけば、スムーズに次の会社へと転職できるでしょう。

転職を早く決めたい人がやってはいけない2つのこと

https://www.photo-ac.com/main/detail/2034085?title=NOの男性

最後に、転職を早く決めたい人がやってはいけない2つのことを紹介します。

転職を早く決めたい人がやってはいけないこと
  • 転職先を適当に選ぶ
  • 希望条件を妥協する

転職先を適当に選ぶ

早く転職したいからといって、何となく転職先を選ぶのはやめましょう。

適当に転職先を選んでしまうと、入社後のミスマッチが発生し、また転職活動をするはめになりかねません。

しっかりと自己分析を行い、条件に合致する企業を選択すれば、より満足できるキャリアを送ることができるでしょう。

希望条件を妥協する

早く転職をしたいがために、希望条件を妥協するのも避けましょう。

条件を妥協してしまうと、もし早く転職ができたとしても、高いモチベーションを保ったまま働くことは難しくなります。

とは言え、転職先を探す上で、条件の変更が求められることもあるでしょう。

ですので、希望条件を考える際は「絶対に譲れない条件」と「譲歩できる条件」に分けておくのが賢明です。

まとめ:転職を早く決めたい人は効率良く行動するべし

今回は、転職を早く決めたい人がやるべきことを6つ紹介しました。改めてやるべきことを簡単にまとめてみます。

転職を早く決めたい人がやるべきこと
  • 転職活動のゴールや行動目標を設定する
  • 自己分析を行い、転職の軸を決める
  • なるべく面接回数が少ない企業を選ぶ
  • 一社入魂は避け、複数社に応募する
  • 転職エージェントを活用する
  • 2〜4社の転職サービスを併用する

転職を早く決めたい方は、いかに“転職活動を効率良く進められるか”が鍵になります。

紹介した6つのことを意識すれば、より早く理想の企業へ転職できるでしょう。

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。