転職ノウハウ

転職の面接で将来のビジョンを答えるときに意識すべき3つのポイント!

転職の面接では、必ずと言うほど“将来のビジョン”について聞かれます。「キャリアプランを教えてください」「5年後はどうなっていたいですか」と聞かれたとき、あなたはどのように答えますか?

単に将来のビジョンを述べるだけでは、面接官に対して好印象を与えることはできません。企業からの評価を高めるためには、質問の意図を理解し、ポイントを押さえて答えることが必要です。

そこで今回は、企業側の質問の意図をはじめ、将来のビジョンを答える際の3つのポイントを解説します。この記事を読めば、面接を突破できる可能性が高まるので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/403286?title=ビジネスのポイントを指し示す男性-青背景)

企業が転職の面接で将来のビジョンを尋ねる意図とは?

https://www.photo-ac.com/main/detail/1247725?title=面接イメージ

転職の面接で好印象を与えるためには、質問の意図を理解しておく必要があります。

では「将来のビジョン(キャリアプラン)」の質問には、どのような意図があるのでしょうか。

企業によって質問の意図は異なりますが、基本的に以下の3つに当てはまるケースが多いです。

将来のビジョンに関する質問の意図
  • 企業と応募者の相性を確認するため
  • 具体的な目標設定ができるのかを確かめるため
  • 目標に対する実行力が伴っているのかを見極めるため

質問の意図を理解した上で、将来のビジョンを伝えることができれば、面接官により強くあなたの存在をアピールできます。

次の章からは、それぞれの意図について詳しく解説していくので、面接で好印象を残すためにもしっかりと頭に入れておきましょう。

①企業と応募者の相性を確認するため

企業によって経営方針が異なるように、応募者によって描くキャリアが異なります。そのため、企業は応募者の将来のビジョンを確認し、目指す方向性が一致しているのかどうかを確認するのです。

例えば、「地域密着型の企業」と「グローバルな活躍を目指す応募者」では、目指す方向性が違うと言えます。方向性の違いは、ミスマッチによる早期退職のリスクが高めるため、企業は採用を見送る可能性が高いです。

また、企業によって人材育成プランも異なります。「将来的にはオールマイティーな活躍をしてほしい」と考えている企業と「1つの専門性を高めたい」と考えている応募者では、双方の希望が合致しません。

このようなミスマッチを防ぐため、企業側は将来のビジョンを質問して、応募者との相性を確認するのです。ですので、転職の面接では企業の方針を踏まえた上で、自分が目指すキャリアを伝えましょう。

②具体的な目標設定ができるのかを確かめるため

企業は応募者に目標設定ができるどうかを確認するため、将来のビジョンを質問する場合があります。と言うのも、個人で目標設定をする力がある人は、入社後の成長・活躍に期待できるからです。

仕事にしてもスポーツにしても成長していくためには、具体的な目標が欠かせません。企業は長期的な成長が見込める人材を求めているので、応募者は目標設定をする力があることをアピールする必要があります。

尚、面接で将来のビジョンを聞かれたとき、企業側は“その目標が現実的なものであるのかどうか”も確認しています。ですから、将来の目標だけでなく“実現するまでのプロセス”も説明することが大切です。

③目標に対する実行力が伴っているのかを見極めるため

どのような目標を立てたとしても、実行力がなければ達成することは不可能です。そのため、転職の面接では目標設定をする力に加え、実行力があるのかどうかもチェックされます。

例えば、応募者が回答したキャリアプランと経歴の一貫性を確認し、目標に対する実行力の有無をチェックしている場合があります。

もしキャリアプランとこれまでの仕事の関連性が薄い場合、どのような意図で仕事をしていたのかを説明すると、面接官に納得してもらいやすいでしょう。

また、目標に向けて勉強していたり、資格を取得していたりする場合、企業から“実行力がある”と評価されやすいです。ですので、キャリアプランを聞かれた際は、現在の活動状況も併せて伝えましょう。

転職の面接で将来のビジョンを答える際のポイント

https://www.photo-ac.com/main/detail/4715047?title=%E3%81%B2%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8D%E3%82%92%E5%A4%A7%E4%BA%8B%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88&searchId=303973421

ここからは、転職の面接で将来のビジョンを答えるときに、意識しておくべきポイントを3つ紹介していきます。

面接の定番とも言える将来のビジョンの質問ですが、単にキャリアプランを伝えるだけでは、面接官に好印象を与えられません。

以下の3つのポイントを押さえておけば、魅力的な人材と判断されやすくなるので、面接を突破できる可能性が高まるでしょう。

将来のビジョンを答える際のポイント
  • 転職したい企業の方針・条件に合うプランを示す
  • 具体性のある将来のビジョンを伝える
  • 将来の目標に向けて取り組んでいることを説明する

上記の3つのポイントは、面接で好印象を与えるための重要な部分になるので、次の章から詳しく解説していきます。

①転職したい企業の方針・条件に合うプランを示す

転職の面接で将来のビジョンを聞かれたときは、企業の方針や条件に合うプランを示すことが重要です。前述したように、企業が将来のビジョンを尋ねるのには、応募者との相性を確かめる意図があります。

面接官が見ているのは、応募者が“自社で活躍してくれる人材なのかどうか”です。いくら優秀な人材だとしても、目指す方向性が合致していなければ、採用される確率は極めて低いでしょう。

ですので、まずは徹底的に企業研究を行い、会社の方向性や求めている人材像を理解しておくことが必要です。

その上で“その企業だからこそ実現できるキャリアプラン”を伝えれば、あなたがより相応しい人材であることをアピールできるでしょう。

②具体性のある将来のビジョンを伝える

将来のビジョンを伝える際は、内容に具体性を持たせることが大切です。と言うのも、具体的なビジョンを提示することで、面接官があなたの活躍する姿をイメージしやすくなるからです。

では実際に、どのようにして将来のビジョンを伝えれば良いのでしょうか。この記事では、参考として「マイナビ転職」の回答例を紹介します。

将来は営業部門のリーダーを目指したいと考えています。まずは貴社の商品、商材に精通したうえで、2年間は行動量にこだわり、経験をイチ早く積み上げていきます。提案を重ねる中でデータを蓄積、分析し問題解決能力を鍛え、顧客ごとに最適な提案を行える営業になりたいと思います。また数年後は、提案のノウハウを後輩に伝え、会社の発展に貢献する新人指導にも携わりたいと考えています。個人の売上構築はもちろんですが、部門としての実績を作れるリーダーになれるよう、努力していきます。

出典:https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/caripedia/107

上記の回答例を見てみると、応募企業のキャリアパスへの理解があり、短期・中期・長期の目標がしっかりと述べられています。

目標に向けてのプロセスが明確になっているので、面接官も応募者の活躍する姿が想像しやすく、積極的に採用を検討してくれるでしょう。

転職の面接で「企業に貢献したい」と伝えるのは誰にでもできます。大切なのは、目標を達成するまでのプロセスを説明し、そして自分の将来像に対する根拠をしっかり持たせることです。

③将来の目標に向けて取り組んでいることを説明する

転職の面接でキャリアプランを聞かれたときは、目標に向けて取り組んでいることも伝えましょう。どの企業においても、目標に向けて行動できる人材は重宝されるので、積極的にアピールしたいところです。

具体的なアピール材料として「キャリアプランのために勉強していること」や「目標達成のために取得した資格」などが挙げられます。

実際に行動していることを説明すれば、面接官も”実行力がある人材”と高く評価してくれるので、面接を有利に進められます。

もしアピールできるものがなければ、今から勉強を始めてみると良いでしょう。業界によって有利になるスキルや資格は異なるので、あなたのキャリアプランに役立つものを検討してみてください。

転職の面接で将来のビジョンを答える際の注意点

https://www.photo-ac.com/main/detail/4700071?title=%E4%BB%95%E4%BA%8B%E6%8E%A2%E3%81%97%EF%BC%91&searchId=1238483168

転職の面接で将来のビジョンを聞かれた際は、あくまで応募企業に合ったキャリアプランを提示しましょう。

本来、キャリアプランは“自分自身の目標”であるため、どの企業に対しても同じ内容を伝えてしまう方がいます。

ですが、企業ごとに経営方針や求めている人材が異なるため、回答の使い回しは得策と言えないでしょう。

必ず企業のホームページや社長のインタビューなどを確認し、企業の方針・条件を確認した上で、自分のキャリアプランを伝えるようにしてください。

転職の面接で聞かれる将来のビジョンの質問パターン

転職の面接では、将来のビジョンを聞かれることが多いですが、企業によって質問の仕方が異なります。

この章では、将来のビジョンに関する質問パターンをいくつか紹介するので、本番で戸惑うことがないようにチェックしておきましょう。

将来のビジョンに関する質問パターン
  • 将来の夢は何ですか?
  • ◯年後はどうなっていたいですか?
  • 入社後にしたいことは何ですか?

将来の夢は何ですか?

「将来の夢は何ですか?」と聞かれると、一般的には“個人的な夢”を想像するかと思います。

しかし、転職の面接で聞かれる将来の夢は、基本的に“応募企業で実現したいこと”を指しています。

ですので、将来の夢を聞かれた際は、仕事を通じて成し遂げたいことを答えるようにしてください。

◯年後はどうなっていたいですか?

企業によっては、将来のビジョンを聞くときに「◯年後はどうなっていたいですか?」と質問する場合があります。

「5年後」「10年後」など年数は様々ですが、要は「将来的にどのような人材になっていたいのか?」を聞いています。

応募企業のキャリアパスを確認し、短期・中期・長期的なプランを考えておけば、年数の指定があったとしても問題なく回答できるでしょう。

入社後にしたいことは何ですか?

「入社後にしたいことは何ですか?」という質問は、「将来のビジョン(キャリアプラン)を教えてください」という質問と“ほぼ同じ意味”になります。

ただ“応募者がしてみたいこと”にフォーカスした質問なので、「その企業で何を成し遂げたいのか」「どのようなキャリアを築きたいのか」を具体的に説明する必要があります。

まとめ:転職の面接では具体的なビジョンを提示しよう

今回は、転職の面接でよく聞かれる“将来のビジョン”に関する質問について解説しました。改めて記事の内容を簡単にまとめてみます。

記事の内容まとめ
  • 将来のビジョンの質問では“応募者との相性”を見ている
  • 企業の方針・条件に合うキャリアプランを提示することが大切
  • 目標だけでなく、実現するまでのプロセスも伝えることが重要
  • 将来に向けての取り組みは高評価に繋がりやすい

転職の面接では、高い確率で将来のビジョンについて聞かれます。この質問には、企業と応募者の相性を確認する意図があるので、適切な回答をしてアピールしたいところです。

面接官に好印象を与えるためにも、しっかりと企業研究を行い、具体的なビジョンを提示できるように準備しておきましょう。

 

 

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。