エグゼクティブ転職する為の準備・注意点・オススメサイトを3つ紹介!

エグゼクティブ転職について書いているこの記事を読んでいるということは、あなたは転職して自分のスキルアップをしたい、今より給料が高い会社に転職したいと思っているのではないですか?

この記事では、エグゼクティブ転職について簡単に説明した後、「エグゼクティブ転職を円滑進めるためには何をすればよいのか?」、「どのような転職サイトを利用すれば良いか?」について説明していきます。

最後までこの記事を読んで頂ければ、エグゼクティブ転職を円滑に進めることが出来るようになります。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

エグゼクティブ転職とは?

https://unsplash.com/photos/MYbhN8KaaEc

「エグゼクティブ」とは、「(企業の)役員・管理職者・経営者」という意味があります。

つまり、「エグゼクティブ転職」とは会社の重要なポジション(役員など)に転職するということです。エグゼクティブ層の転職理由で多いのは下記の4つです。

エグゼクティブ層の転職理由
  1. キャリアアップを目指すため
  2. 今の職場に物足りなさを感じた
  3. 今の職場での目標をやり遂げた
  4. 転職会社から自分にぴったりの会社を紹介してもらった

このように、現在の会社でのキャリアアップに限界を感じ、別の企業に転職して更なるキャリアアップを目指す方が多いです。

エグゼクティブ転職者の年齢層

「エグゼクティブ」=「役員・管理職者・経営者」という意味から、想像できる方が多いと思いますが、エグゼクティブ職は経験豊富な人材、信頼や実績も求められるので、募集される年齢層は高めです。

主に30~50代の求人が多く、30~40代では管理責任者、50代では経営陣に関わる職務の募集も多くなります。

つまり、エグゼクティブ転職者は、ただ年齢層が高いのではなく高いスキルを持った人材が多いです。

エグゼクティブ転職を成功させる方法

https://unsplash.com/photos/AndE50aaHn4

結論から言うと、「35歳までに実績を積んでおくこと!」です。なぜなら、エグゼクティブ転職に成功している人は、30代の内に前職で年収700~800万を稼いでいる人が多くいるからです。

まずは、30歳になるまでには自分に合った仕事を見つけましょう。そして、35歳までに自分に合った仕事で実績を積み上げていくことで、エグゼクティブ転職を成功させる可能性はかなり上がるでしょう。

エゼクティブ転職する3つの方法

エグゼクティブへの転職を考えている方は、下記のような3つの方法があります。

エグゼクティブ転職する3つの方法
  1. 自分から企業に声をかける。
  2. 優秀な人で他の企業からヘッドハンティングされる。
  3. 転職エージェントを利用する。

自分自身に適した転職方法を選択することがベストですが、効率よく転職がしたいという方は、3つ目の転職エージェントを活用すると良いです。

ヘッドハンティングとは・・・企業に勤めている人材を、その能力を求める別の企業が引き抜くことを言います。

2パターンの転職エージェントを活用する

https://unsplash.com/photos/tQagUWpAx5k

「総合転職エージェント」

総合転職エージェントとは、あなた専門のコンサルタントが付き、あなたに合った案件を探し提示してくれる形式です。

メリットは、案件の数が膨大なため、自分に合った案件と出会いやすいこと。一方デメリットとしては、エグゼクティブ職が少ないことです。

「ヘッドハンティング型」

ヘッドハンティング型とは、専任のコンサルタントが付かず、あなたの条件に合わせてコンサルタントから連絡が来る形式です。

メリットは、厳選されたエグゼクティブ職求人があること。一方デメリットとしては、長期になり転職を諦める人がいることです。

エグゼクティブ転職の注意点

エグゼクティブ転職をする前に「注意すべきこと3つ」について、お話ししていきます。

エグゼクティブ転職をする前に「注意すべきこと3つ
  1. 今の会社を辞めない
  2. 自分で何とかしようとせず、転職エージェントを活用する
  3. 自分自身は何ができるのかを明確にする。

1つ目は当然のことですが、会社を辞めて転職活動するのはリスクが高すぎます。エグゼクティブ転職は数多くの求人があるわけでもないので、容易に採用とはなりません。仕事をしながら転職活動することがベストです。

2つ目の転職エージェントとは、あなたがスムーズに転職できるようにサポートをしてくれます。転職エージェントは採用企業から信頼を得ているので、活用すればあなたをうまく企業に売り込んでくれます。

最後の項目ですが、企業がエグゼクティブ採用をする理由は、自社が抱えてる課題を解決するためです。つまり、その課題に対して何が出来きるか、なぜそれが出来るのかを、実績も話しながら説明することが必要です。

ここまでの内容を踏まえて、おすすめのエグゼクティブ転職サイトをいくつかご紹介します。

【今すぐにでも転職したい人向け】エグゼクティブ転職サイト

https://www.jac-recruitment.jp/lp/k01/

「JACリクルートメント」は、約25000社の企業と取引があり、多数の求人を預かっています。そして、各業界や職種に特化した総勢650名のコンサルタントが所属しているサイトです。

また、各業界出身のコンサルタントも多いため、あなたの経験や能力について正しく理解し、あなたに合った企業をすぐに提案してくれるので、スムーズに転職することができます。

「JACリクルートメント」はグローバル転職にも強いため、海外で働きたいと考えている方にもオススメです。

もっと詳しく知りたいという方は、「JACリクルートメント」の公式サイトをご覧ください。

【中期的にじっくり転職したい人向け】エグゼクティブ転職サイト

https://www.bizreach.jp/content/landing/questionnaire/

「今すぐ転職したい」というわけではないが、自分のスキルアップのために、今後転職しようと考えている方も多いので、中期的にじっくり転職したい人向けのサイトもご紹介致します。

「ビズリーチ」は優良企業や一流ヘッドハンターからスカウトが届く、ハイクラスなエグゼクティブ転職サイトです。

約17000名のヘッドハンターが登録をしており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的に首位となっています。

求人の質で言うと、年収600万以上の高収入案件を中心に取り扱っており、創業社長の後継者や、上場企業の役員クラスなどの役員案件を数多く保有しています。

もっと詳しく知りたいという方は、「ビズリーチ」の公式サイトをご覧ください。

【年収800万以上を狙いたい人向け】エグゼクティブ転職サイト

https://careercarver.jp/

https://careercarver.jp/

「キャリアカーバー」は国内最大手のリクルートが運営する転職支援サービスで、年収800万~2000万の求人を多数預かっております。

レベルの高いヘッドハンターを選んで相談することもできれば、登録して好条件のスカウトを待つこともできます。

年収600万以上で、良い条件の求人があれば転職したいけど、今は現職が忙しいという方にオススメのサービスです。

ただし、急いで転職したい方や転職市場での価値が低い人には、向かないサービスとなっております。

もっと詳しく知りたいという方は、「キャキアカーバー」の公式サイトをご覧ください。

まとめ

エグゼクティブ転職をスムーズに進めるためには、事前準備が重要です。一般的な転職活動のように、他の企業の面接を受けて転職できるというようなものではありません。

エグゼクティブ採用をしている企業に、自分はどのようなメリットを及ぼすことが出来るのかを明確にしなければいけません。

なので、エグゼクティブ採用している企業は、どのような人材を欲しがっているのかを早い段階で理解し、自分には何が足りていないのかを知ることが重要となります。