【薬剤師向け】キャリアアップ方法を紹介!ビジョンの立て方も解説!

「薬剤師として仕事をしているけれど、今後キャリアアップしていきたいな」と漠然と考えることがありませんか。

しかし、薬剤師の経験を活かしたキャリアアップ方法といっても、具体的なイメージがわかずなかなか行動に移せていない人も多いでしょう。

今回はそんな人のために、キャリアアップの基本的な内容から、キャリアアップを成功させるための準備・キャリアアップ方法までを紹介していきます。

この記事を読むことで、明確なキャリアアップをイメージでき、行動に移せますよ。ぜひ、最後まで読み進めてくださいね。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/薬局-医学-錠-医療-製薬-4753340/)

スポンサーリンク

そもそもキャリアアップとは

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2125317?title=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8

キャリアアップを簡単に説明すると、ある分野で専門的な知識や技能を身に付け経歴を高めることや、地位や給料アップが見込める転職を行うことを意味します。

キャリアアップに該当する例としては、能力や過去の実績が認められ昇進したり、資格を取得し専門職に就いたりするなど様々です。

一般的に、転職し地位や年収を上げる=キャリアアップと思われがちですが、今の職場で昇進することも立派なキャリアアップとして該当するケースなので知っておきましょう。

キャリアアップすると、仕事の幅や裁量や責任も増えると同時に、自身の成長にもつながります。それだけでなく、自身の市場価値を高められるので、常にキャリアアップは意識しておきましょう。

キャリアアップを成功させるには

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3035502?title=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E2%80%95%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97

何も考えず、いきなりキャリアアップを目指すと失敗してしまう可能性が高くます。キャリアアップをするからには、必ず成功させたいですよね。なので、まず最初はキャリアビジョンを立てましょう

キャリアビジョンとは・・・自分の進む道や理想を具体的にして、なりたい自分を見つけること。

キャリアビジョンを立てると、なりたい自分を見つけられ、取り組むべきことが明確になります。その結果、自分の進む道にブレが無くなり、早くキャリアアップに成功しますよ。

ですが、キャリアビジョンを立てろといわれても、どのように立てれば良いのか分からない人もいますよね。そんな人は、以下のやり方でキャリアビジョンを立てることをおすすめします。

キャリアビジョンの立て方
  1. 現在の自分の状況を書き出す→仕事でどんな実績や資格があるのか、強みや弱みなど、自分の仕事について振り返り整理してみましょう。
  2. 期間を区切って目標を立てる→1年後、3年後など、期間を区切って自分の理想像を考えましょう。仕事のことだけでなく、生活の部分も含めることでより、リアル感のある目標を立てられますよ。(例:3年後、管理薬剤師になって公私ともに信頼される人になる。など)
  3. 目標達成のために取り組むことを考える→自分の理想像が決まったら、そうなるためにやるべきことは何かを考えていきます。上の例の「管理薬剤師になる」が目標の場合、薬事法や関連法規を学習するなどで良いでしょう。

このように、自分のキャリアビジョンを立てていくと良いですよ。キャリアビジョンを立てることは少し手間に思えるかもしれませんが、キャリアアップの成功を手助けしてくれるので、必ず立ててくださいね。

次の章から、薬剤師がキャリアアップする方法を6つ紹介しているので、ぜひ確認してみましょう。

薬剤師がキャリアアップする方法①今の職場で出世する

出典:https://pixabay.com/ja/photos/起業家-アイデア-能力-1340649/

最初に紹介するキャリアアップ方法は、今の職場で出世することです。転職を行わないので、年収ダウンなどのリスクが無くキャリアアップできるため、職種を問わず多くの人が目指すキャリアアップ方法です。

薬剤師だと具体的には、薬剤部主任管理薬剤師など管理職になるケースが多く、薬剤の知識+部下をマネジメントできる力が必要になってきます。

なので今の職場で出世を目指すなら、言われた業務を淡々とこなすだけでなく、認定薬剤師の取得コミュニケーション能力をアップさせることに集中すると良いですね。

ですが、多くの人が目指すキャリアアップ方法なので競争率は高めです。ですから、認定薬剤師の取得・コミュニケーション能力のアップに加え、自分で考えて仕事に取り組む力を身につけると良いでしょう。

薬剤師がキャリアアップする方法②製薬会社へ転職

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4-%E8%AA%BF%E6%95%B4-%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%94%B7-690084/

2つ目に紹介するキャリアアップ方法は、製薬会社へ転職することです。様々な働き方があり、自身の知識や技能を活かしたキャリアアップができます

製薬会社での働き方には、研究や開発・MRなど様々な分野があります。薬剤師に比べ、より専門的な知識が必要となるので、やりがいが格段に上がりますよ。

なので、自身の知識をより専門的に深めて仕事をしていきたい人には、最適なキャリアアップ方法といえます。製薬会社の求人は多めなので、あなたの目指したい分野に精通した企業が見つかるでしょう。

製薬会社の求人数は多めですが、製薬会社での経験者を重視して採用する傾向があります。なので未経験者の場合は、自身の知識の深さや強みをアピールできるように対策するようにしましょう。

薬剤師がキャリアアップする方法③在宅薬剤師

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF-%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97-%E6%8A%80%E8%A1%93-768608/

3つ目に紹介するキャリアアップ方法は、在宅薬剤師になることです。病院薬剤師などの仕事をしていると、医療関係者でありながら、医師や患者さんとの距離が遠いと感じたことがある人もいるでしょう。

在宅薬剤師は直接医療になるので、今より医師や患者さんと関わりあって仕事ができます。なので、薬剤師として医療現場により踏み込みたい人にとって、最適なキャリアアップ方法です。

仕事は、医師と連携を取って在宅の患者さんに薬を届け、患者さんの薬の使用状況や副作用による体調変化などを確認することです。それに加え、家族へのヒアリングや医師に薬の用法・容量を提案することもあります。

そのため、普通の薬剤師として働くより責任は重くなりますが、やりがいも増しますよ。薬の発展で今後は、在宅患者がさらに増加するので、より在宅薬剤師が必要とされるでしょう。

薬剤師がキャリアアップする方法④公務員

出典:https://pixabay.com/ja/photos/大人-機関-武装-戦い-警官-2893847/

4つ目に紹介するキャリアアップ方法は、薬剤師から自衛隊薬剤師・麻薬取締官といった公務員になることです。薬剤師として経験したことをもとに、別職種へキャリアアップできる数少ない方法ですよ。

薬剤師の経験を活かしつつ、国の安全や平和を守る仕事になるので、自身の正義感を活かしたい人におすすめです。

状況などに応じて、災害現場や事件現場に赴くこともあるので、危険もありますが普通の薬剤師には無いやりがいを感じられます

しかし、薬剤師だから必ず自衛隊薬剤師や麻薬取締官になれるわけではなく、国家公務員試験を受けないといけません。また、年齢制限があるので他のキャリアアップ方法に比べ難しいことを知っておきましょう。

自衛隊薬剤師の場合は、24歳~27歳まで、麻薬取締官は、30歳未満しか受験資格がないので注意しましょう。

自衛隊薬剤師や麻薬取締官になるには難しいことですが、仕事のやりがいはどのキャリアアップ方法にも勝るので、受験資格がある人にはおすすめなキャリアアップ方法ですよ。

薬剤師がキャリアアップする方法⑤海外で薬剤師を行う

出典:https://pixabay.com/ja/photos/人々-従業員-スーツ-仕事-1979261/

5つ目に紹介するキャリアアップ方法は、海外で薬剤師になることです。海外の薬剤師は日本に比べ地位が高く、裁量が大きいので、より高度なキャリアアップを目指したい人には最適な方法ですよ。

海外の例を出すと、アメリカの薬剤師は国民からの信頼度も高いですし、日本では認められていない依存型処方権があるので、より専門的な知識を活かした仕事ができます。

依存型処方権とは・・・医師からの委任があれば、薬剤師自身が処方を書ける権利のこと。

海外で薬剤師になるには、その国の薬学系の大学へ編入したり、語学勉強をしたりしないといけないので、ハードルは高いですが、高度な技術を持った薬剤師になりたい人に、おすすめのキャリアアップ方法です。

薬剤師がキャリアアップする方法⑥薬局のオーナーになる

出典:https://pixabay.com/ja/photos/人々-従業員-スーツ-仕事-1979261/

6つ目に紹介するキャリアアップ方法は、薬局のオーナーになることです。薬剤の知識+マーケティング力も必要になるので、独立志向が強い人におすすめなキャリアアップ方法になります。

個人で薬局を開業する方法もありますが、銀行が融資してくれない可能性があるので、初めはフランチャイズ展開をしている薬局のオーナーになるのがおすすめです。

開業時に立地選定や資金調達のアドバイスをしてもらえるので、個人で1から開業するよりも、始めやすいですよ。なので最初は、フランチャイズ店で薬局オーナーを経験すると良いしょう。

それ以外にも、後継者のいない薬局を買い取って独立する方法もあります。いずれにせよ、責任やリスクは大きくなりますが、軌道に乗れば大幅な年収アップや働く時間の調節もできるので良いですよ。

将来を見据えキャリアアップは早めに考えよう

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-3267505/

キャリアアップを考えているのであれば、将来を見据えて早めに行うようにしましょう。

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、薬剤師は将来的には余った状態になると予想されています。なので薬剤師とはいえ、キャリアアップをしないと仕事が無くなってしまう可能性があるのです。

薬剤師の人口 有効求人倍率
平成26年 288,151人 7.00
平成28年 301,323人 6.25
平成30年 311,289人 4.59

(薬剤師人口データ参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/33-20c.html)

(有効求人倍率データ参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/114-1b.html)

上記の表を見てもらうと分かる通り、薬剤師の人口が年々増える一方で、有効求人倍率が下がっているのが分かりますよね。

今と同じ働き方では、今後若手に仕事を取られてしまう可能性があるので、早めに将来を見据えてキャリアアップを考えるようにしましょう。

【薬剤師のキャリアアップ】まとめ

今回は、薬剤師のキャリアアップ方法についてまとめてきました。この記事でおさえておいて欲しいポイントは、以下の通りです。

薬剤師のキャリアアップ方法まとめ
  • キャリアアップとは、専門的な知識や技能を身に付け経歴を高めること。
  • キャリアアップを成功させるために最初は、キャリアビジョンを立てる。
  • 薬剤師のキャリアアップ方法は他の職種に比べると多い(主に6つある)。
  • 薬剤師は、将来的に余った状態になると予想されているので、キャリアアップを早めに考える。

キャリアアップは、自身の知識や技能を身に付けて職歴を高める事なので、今すぐにできることではありません。しかし、キャリアビジョンを明確にし突き進むことで必ずキャリアアップできますよ。

キャリアアップを考えた時に、この記事で紹介しているキャリアビジョンの立て方や、キャリアアップ方法を参考にしてもらえると嬉しいです。

この記事を活用することで、あなたのキャリアアップが成功することを願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

ヤード

サラリーマン・ブロガー・ライターと3足で生きる。 自由に行きたいが故にブロガー&ライターに着手! が、自由とは程遠い生活に・・・ 1つの目標は脱サラを視野にしてる24歳 野球大好きアイドルヲタ。仕事はサボってなんぼ! 仕事・野球を中心とした「ヤードブログ」運営中!