職場で良好な人間関係を築くには?【転職するのもアリ!】

「職場の人間関係が理由で転職しようか悩んでいる」という方は、転職を決断する前に、人間関係を改善する方法と、転職先で良好な人間関係を築く方法がわかる本記事を読むことをおすすめします。

人間関係で悩んでいるからといってすぐに転職していては、転職先でも良好な人間関係を築けず、同じ悩みを繰り返す可能性があります。

人間関係で悩んだらすぐに転職を決断せず、本記事を参考にして、自分にとってベストな決断をできるようにしましょう。

スポンサーリンク

人間関係が理由で転職する人は多い

出典:https://unsplash.com/photos/BuNWp1bL0nc

人間関係が理由で転職する人や、人間関係の悩みを抱えながら仕事を続けている人は非常に多くいます。

マイナビ転職が20~35歳を対象に実施したアンケートで「仕事を辞めたい」と思った理由として一番多かったのは、「給与の低さ」です(※)。「業務量や成果に見合った給与がもらえていない」「同年代に比べて給与が安い」などの理由で、転職を考える人が多いようです。

次に多いのが、「人間関係」、そして「仕事内容」と続きます。

(出典:マイナビ転職

「厳しい上司と仕事をするプレッシャー」「同僚との価値観の不一致」など、職場での人間関係が原因でストレスを感じることがあるでしょう。

人間関係の悩みをそのままにしておくと、ストレスによって体調を崩したり、仕事ができなくなったりしてしまいます。

しかし、人間関係が良くないからと言って、転職を即決するのはおすすめしません。その理由は次章で述べていきます。

人間関係が理由で転職するか悩んでも即決してはいけない

出典:https://unsplash.com/photos/HBABoZYH0yI

人間関係でストレスを感じても、今の職場から逃げ出すように転職を即決してはいけません。

なぜなら、良好な人間関係が築けなかった原因がはっきりしていないからです。原因がわからないまま転職すると、次の職場でも同じように人間関係で繰り返し悩む可能性もあります。

人間関係が理由での転職は即決せず、人間関係が良くないのは何が原因なのか、人間関係を改善することはできないか、まずは考えてみることが大切です。

次の章からは、人間関係を改善するための2つの方法について紹介していきます。転職を決める前に、現状を変える行動をしてみてください。

転職せず人間関係を改善する方法① 自分を見つめなおす

出典:https://unsplash.com/photos/OsC8HauR0e0

「職場になかなか馴染めない」「同僚がなんだか素っ気ない」それは自分にも原因があるかもしれません

人間関係が良くないと感じたら、自分の言動が原因となっていないか、見つめ直してみましょう。

挨拶はできているか、何かしてもらったときに「ありがとう」と言えているかなど、日々の接し方が人間関係を良くも悪くもします。

人間関係で悩んだら、まずは自分自身が「人として当たり前のことをできているか」を見つめ直し、できていないと気付けたのなら改善していくと良いでしょう。

転職せず人間関係を改善する方法② 相談する

出典:https://unsplash.com/photos/W3Jl3jREpDY

上司からのパワハラや嫌がらせなど、本人に直接言うことができないことは、社内の人事部や相談窓口に相談してみましょう。

人事部や相談窓口に相談することで、所属部署を変えてもらうなど、転職をしなくても人間関係をリセットできる可能性があります。

また、第三者に相談をすることで、溜め込んでいたストレスを発散できたり、人間関係を改善するアドバイスがもらえたりと、一人で抱え込むよりは楽になるでしょう。

上司は自分では選べません。明らかにパワハラだと思われる行動をしている上司がいたら、迷わず相談したほうが自分の為になります。

人間関係の問題が解決しない時は転職するのもあり

出典:https://pixabay.com/photos/tie-necktie-adjust-adjusting-man-690084/#content

前述してきた、人間関係を改善する方法を試してみても解決しなかったときは、思い切って転職するのもありです。

解決できない人間関係が原因のストレスを、無理に我慢し続ける必要はありません。

働く場所を変えることで、関わる人も変わり、人間関係を再構築するためのリセットをすることができます。

前述したように、転職を即決するのはおすすめしませんが、解決しない人間関係の不満を我慢し続けても、あなた自身が辛いだけです。

転職する前にやっておくこと

出典:https://unsplash.com/photos/Hcfwew744z4

解決しようとしてもできなかった人間関係が苦になり、転職を決断した場合、仕事を辞める前にやっておくべきことがあります。

当たり前のことですが、自分の仕事の後任への引き継ぎや、残っている仕事など、やるべきことを終えることです。

人間関係でストレスを感じて転職をする場合、一刻も早く職場から逃げ出したくなるかもしれませんが、自分勝手に辞めたり、残っている仕事を投げ出したりしてはいけません。

人間関係が上手くいかず、思い入れのない職場だったとしても、最後まで責任ある行動を忘れないようにしましょう。

人間関係が理由で転職するときの退職理由

出典:https://unsplash.com/photos/u5L8EFY1RT4

転職を決意し、新しい職場を探す際には、面接で前職を退職した理由を聞かれることがよくあります。人間関係が理由で退職した場合、退職理由を素直にそのまま伝えるのは得策ではありません

人間関係が理由で辞めたと答えれば、面接官からは「また同じことを繰り返して辞めるかもしれない」と思われることも。

人間関係での退職は、逆に言えば、「もっと良好なコミュニケーションを取って仕事がしたい」と捉えることもできますよね。

面接官にも、「上司の指示だけでなく、自発的に行動したい」や、「協調性やチームワークが重要となる職場で働きたい」など、ポジティブな表現に変えながら答えてみましょう。

転職すれば必ず解決するわけではない

出典:https://unsplash.com/photos/oMpknr7yi7g

人間関係の悩みがあった職場を退職し、新しい職場を見つけ、人間関係もリセット。これで全て解決と思うかもしれませんが、転職で人間関係が全て解決するとは限りません。

新しい職場でも良好な人間関係を築けず、前の職場と同じ人間関係の悩みを抱えてしまう可能性もあるのです。

転職は、人間関係をリセットし、新しいメンバーで、良好な関係を築くための手段であることには間違いありません。

しかし、転職で人間関係の悩みを解決するには、自ら良好な人間関係を構築していかなければなりません。良好な人間関係を築く具体的な方法は、次章で解説していきます。

転職先で良好な人間関係を築くには

出典:https://unsplash.com/photos/n95VMLxqM2I

転職先で良好な人間関係を築くには、特別難しいことをする必要はありません。

身だしなみが整っていて、挨拶やお礼がしっかりできて、仕事に対するやる気があれば、職場で必要とされ、自然と良い人間関係が構築されていきます。

もしも同僚が、身だしなみに清潔感がなく、挨拶もお礼もできず、やる気も感じられないような人であれば、あなたも仲良くしたいとは思わないでしょう。

良好な人間関係を築くには、あなた自身が、同僚や上司に、一緒に仕事をしていて気持ちがいいと思ってもらえるような人間になることが大切なのです。

まとめ【うまくいかない人間関係は転職でリセット】

出典:https://unsplash.com/photos/6dW3xyQvcYE

どうしても職場の人間関係を改善できない場合は、転職して関わる人を変えるのも一つの手です。

しかし、転職しても自分自身に、人間関係を悪化させる原因があっては解決できません。

人間関係は転職でリセットすることができますが、新しい職場で良好な人間関係を築くには、あなた自身が職場に必要とされる人になれるよう努力する必要があります。

転職は人間関係を改善するための方法ではなく、良好な人間関係を築くためのスタート地点に、再度立たせてくれるものだと考えてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

イツキ

ライティングとブログに目覚めたトマト農家です。 大好きなゲームを我慢しながらライティングの勉強をしています。 冬はトマトが休みなので、ゲームとライティングの両立の日々です。