市場価値

【女性必見】キャリアアップを目指すならこれだけは実践するべし!

現在女性が会社で働くことが当たり前の日本。しかし女性のキャリアアップに関しては欧米諸国よりかなり遅れをとっていると言われています。

日本全体が、今より女性がもっと働きやすくなるように変わってほしいものですが、それと同時に私たち女性もキャリアアップについてもっと貪欲になる必要があります。

今回は将来的にキャリアアップを目指しているあなたのために、これだけは実践してほしい事柄を全部で6つまとめました。きっとお役に立つので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

(アイキャッチ出典画像:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A8%E3%82%B0%E3%82%BC%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E9%87%91%E8%9E%8D-3461929/#content)

そもそもキャリアアップとは何か

「キャリアアップ」とは簡単にいうと、特定の分野に関して今よりもさらに専門的な知識や実務経験を経て、自分の市場価値を高めることです。昇進もキャリアアップのうちの1つです。

キャリアアップをすると仕事量や責任が増える代わりに、自分の裁量で決められることも増えます。

また少し前まで、キャリアアップは働いている会社の中で習熟することと捉えられていましたが、最近では今の会社を退職して新しい仕事にチャレンジする、いわば転職に近い言葉で使われることもあります。

会社に残って成長することも、転職してできる仕事を増やしていくのも立派なキャリアアップといえるでしょう。

キャリアアップの前に、まずキャリアプランを作成しよう

キャリアアップを目指す前に、まずするべきことは、キャリアプランを組むことです。終身雇用制度が崩壊している今、これから先どのように働いていくのかというのはとても重要な課題となってきます。

キャリアプランとは、自身の仕事などにおける目標を達成するための計画を指します。

人生は予想外の連続ですが、自分がどのようにキャリアアップしていきたいかを考えるためにも、事前にプランを練っておきましょう。難しく考えず、わくわくした気分で練るのがいいですよ。

キャリアプランの決め方
  1. 現状を書きだしたら、先に目標を決める
    →ふわっとした目標ではなく、できるだけ数値化するなど具体的な目標にしましょう。仕事はもちろん、お金やライフイベント(結婚や出産)の目標も重要です。
  2. 目標を達成するための行動を考える
    →「目標と現実のギャップを埋めるためにどんな行動をすればいいのか」という案をたくさん出しましょう。
  3. その行動を具体的な期日に落とし込む
    →人間は具体的な期日がないと行動に移せない生き物です。また、実際に期日に落とし込むことで、計画が現実的かどうかがわかります。
  4. 定期的に見直す
    →行動していく中で、目標が変わることもあるでしょうし、達成できなかった目標も出てくるはずです。その場合は軌道修正が必要となります。定期的に目標と計画は見直していくべきでしょう。

とはいってもなかなか自分では何を書いていいのかわからないと思うので、こちらで例を用意しました。よければ参考にしてください。

キャリアプランの例
  • 現状…24歳、会社員、彼氏あり(同棲中)、年収270万円
  • 目標
    ①来年に今の仕事から転職して、年収400万円にする。
    ②彼氏と再来年に結婚する。
    ③35歳までに出産して、産後は職場復帰する。
  • 行動
    ①転職するために来月から△△転職エージェントに相談する。
    ②彼氏とこれからのライフプランについて定期的に話し合う。
    ②結婚資金のために食費を2人で月3万円以内に収める。
    ③転職の際に産休や女性の働き方に理解のある職場かどうか見極める。

次はいよいよ今の職場内でキャリアアップを目指したい人がやっておくべき3つのことをご紹介します。

女性が現職でキャリアアップを目指すならやるべきこと①

まず女性がキャリアアップするためにやらなければならないことは、「どんなスタイルでキャリアアップするのか模索すること」です。

女性の場合、結婚や出産をきっかけに仕事を辞めていく人が多いので、男女を比較した場合、女性の方が圧倒的に管理職の数が少ないです。

そのためお手本となる上司が不在で、昇格するためにどうすればいいのかわからなくなってしまいます。そんな時は、男性管理職も含め周囲からヒントを見つけ、独自のスタイルを築くことが大切です。

例えば、男性管理職からはリーダーシップについて学び、それに対して女性ならではの「気遣い」を取り入れることで、唯一無二のマネジメントに強いスタイルを目指すこともおすすめですよ。

女性が現職でキャリアアップを目指すならやるべきこと②

2つ目にやるべきことは、「大事な場面において必ずその場にいるようにすること」です。男女問わず自分の知らないところで重要な事柄が決まってしまっていた…なんてことはよくある話です。

そんな人がいる一方で、大事な局面で必ず姿を見せる人もいます。「一緒に物事を決め、進めていく人」と自分の存在を他者に知らしめるスキルは、キャリアアップするのに非常に大切です。

こういった人になるためには、社内の情報通である必要があります。方法としては、上司だけではなく、さらに上の役職の人たちのスケジュールを把握するのが良いでしょう。

人のスケジュールを見るのは良くないことと思うかもしれませんが、社内のネットワークで共有している情報なのですから、盗み見しているわけではありません。秘書から教えてもらえる情報も同様です。本当に極秘であれば秘書も口外しないでしょうし、そもそも社内で共有されないでしょう。

集めた情報から、社内でどんなことが議論されているのか、自分が関わる方法はないか、さらにその意思決定に参加する方法はないかを考え、とにかく行動していきます。

そうすることで、重要な場面において必ず「いる」ことができるようになるのです。

女性が現職でキャリアアップを目指すならやるべきこと③

3つ目にやるべきことは、「物事を確実にこなす人になる」ことです。会社にとって大切な人材とは、仕事を必ず実行する人です。

ですが、どんな人でもすべてのことに全力を出し切ることは不可能です。ここで大事なことは、なんでも実行することではなく、重要なことを必ず成功させることなのです

ですから絶対外せないプロジェクトが回ってきた時のために、自分の時間と体力を残しておく必要があります。

「この人はいざという時に必ずやり遂げるという実績と評判を作ることは、あなたのキャリアアップを助けてくれるでしょう。

女性がキャリアアップをするためには転職もアリ

女性がキャリアアップする方法は、出世だけではありません。転職という手段もあることを覚えておきましょう。

あなたが今の職場に対して、自分の能力を活かせる環境にないと感じている場合、あなたの能力を最大限に発揮できる会社へ転職することをおすすめします。

ただ転職をした結果、年収が下がってしまったり、なんだか思ってたのと違うと感じたりする可能性も大いにありえるのです。

そうならないためにも、次に転職でキャリアアップを目指すなら、これだけはやっておくべきことを2つ紹介します。

女性が転職でキャリアアップを目指すならやるべきこと①

まず転職をする際にやるべきこと、それは「転職エージェントを活用すること」です。女性が活躍しやすく、あなたのスキルや経験を活かせる会社を見つけるためには転職エージェントを活用しない手はないでしょう。

今回筆者がおすすめする転職エージェントは「パソナキャリア」です。パソナキャリアは男女ともにキャリアコンサルタントがとても親身に接してくれると、女性の利用者からの評判が非常に高いです。

しかも大手ですので、案件の数や企業とのつながりに関しては圧倒的に信頼できる実績を持っています。また業界では「女性の転職はパソナ」という声を耳にすることが多いです。

というのも、パソナグループ自体が女性活躍を大々的に推し進めているのです。実際に女性向けの転職の分野で数々の表彰も受けていますし、社内の管理職も半数が女性というところも女性としては好印象です。

パソナキャリア公式サイトはこちら

あなたがもし転職エージェントを利用する際には、ぜひパソナキャリアを利用してみてくださいね。

女性が転職でキャリアアップを目指すならやるべきこと②

次にやるべきことは、「転職したい会社が、女性が活躍できる会社かどうかを自分でも見極める」ことです。注目するポイントとしては、女性管理職の登用実績が挙げられます。

会社全体で、管理職の女性の割合が何割ぐらいあるのかを、その会社の採用担当者に確認するなり、自分でリサーチするなりしましょう。

また、厚生労働省が公表している「女性の活躍推進企業データベース」でも女性の管理職の割合がわかりますし、採用した女性の割合や育児休暇取得率といった様々なデータを確認することができます。

さらに女性向けの研修や育成プログラムがあるかなどに注目してみましょう。自分の転職したい会社について、様々な方法で入念な情報収集をし、見極めることが大切です。

女性がもっと仕事をしやすくなる2つの方法

最後に、女性がもっと仕事をしやすくなるための方法を2つご紹介します。

女性がもっと仕事をしやすくなるための2つの方法
  1. マイナスの感情をリカバリーすること
  2. 優先順位をはっきりさせること

マイナスの感情をリカバリーすること

マイナスの感情を仕事に持ち込むのは誰だって嫌ですよね?その感情を持ち越さないために、いくつかの発散方法を知っておくといいでしょう。ここでは3つの例をご紹介します。

マイナス感情の発散方法の例
  1. 友だちに10分限定で話を聞いてもらう
  2. 頭の中でものすごくパワフルな歌を歌う(カラオケで歌ってもよし)
  3. 90秒間深呼吸する

などです。人の上に立つ人は、ポジティブに1日を始められる人です。たとえ危機的状況においてもなお、そのポジティブな雰囲気をつくり出せたらもう言うことナシです。

優先順位をはっきりさせる

2つ目は優先順位をはっきりさせることです。優先順位を決めることって意外と難しいですが、仕事において優先順位がふらふらしていると、自分をコントロールできない人だと評価されてしまいます。

まずキャリアや自分の人生が大きな転換期を迎える時は、必ず家族やパートナーに相談しましょう。こうした転換は、家族やパートナーに影響を少なからず与えるからです。

そして話し合いの中で、お互いに「自分がやりたいこと、やりたくないこと」「妥協できること、できないこと」を挙げていきます。それを踏まえて自分たちがどういう風に生きていくのかを決めていくのです。

部下や上司に対しても同じで、意見を交わすことでその人の軸を明確にしていく必要があります。そうすれば、周囲に自分が何を元に行動しているのかが伝わるので、無駄な不安を抱かせずに済みます。

まとめ

今回は女性がキャリアアップを目指すのなら、これだけはやっておいてほしいことを6つご紹介しました。

女性がキャリアアップを目指すのなら、やっておくべきこと
  1. キャリアプランを考える
  2. 現職でキャリアアップする場合
    ①自分がどんなスタイルでキャリアアップしていきたいのかを想像する
    ②大事な場面において、必ず「いる」ようにする
    ③物事を確実にこなす人になる
  3. 転職でキャリアアップする場合
    ①自分の転職したい会社が、女性が活躍できる会社かを見極める
    ②女性向けの転職エージェントを活用する

今の時代、女性がキャリアアップするにはたくさんの障壁が存在します。特に結婚や出産に理解をしてくれない会社だと、キャリアアップするのはとても難しいでしょう。

ですからこの機会に自分のキャリアプランを考え、自分は今のままで本当に良いのかどうか、まずそこから考えていく必要があります。

あなたには「女性である」という強みを活かして、これからのキャリアライフを歩んでいってほしいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
三國鈴香
2019年からライター開始。現在200本以上の記事執筆を手掛ける。得意ジャンルはWebマーケティング・DX・金融。

絶対に登録しておくべき「必須」転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職者の8割が利用している「必須級」の転職エージェントです。

求人数は数ある転職エージェントの中でも断トツのNo.1だから、あなたにぴったりの転職先が必ず見つかりますよ!

採用決定率No.1の実績もあり。本気で転職を考えるなら、必ず利用すべき転職エージェントです。

おすすめ度
特徴 ・求人数No.1
・採用決定数No.1
・転職者の8割が利用!
求人数(概算) 公開求人数:13万件
非公開求人数:18万件
対応地域 全国
こんな人におすすめ 転職を考えたら、必ず登録すべき転職エージェント

詳細・口コミを見る公式ページを見る

doda(ドゥーダ)

dodaは、求人数10万件以上を誇る国内最大級の転職エージェントです。

求人数、採用決定数こそ、上記のリクルートエージェントに劣るNo.2ですが、転職者の顧客満足度はNo.1となっています。

応募書類のアドバイスから、面接前後のフォローなど、安心して転職活動に取り組みメルサポートも充実しているので、初めて転職をする方は絶対に利用すべきエージェントです。

おすすめ度
特徴 ・転職者の顧客満足度No.1
・求人数、採用決定率No.2
・転職サイトとしてもエージェントとしても利用可能
求人数 10万件以上
対応地域 全国
こんな人におすすめ 初めて転職をする方
実績のある転職エージェントを利用したい方

ビズリーチ

ビズリーチは、年収1,000万円以上の求人が1/3を占める、ハイクラス向けの転職エージェントです。

また、転職エージェントの他に、転職サイト・スカウトサービスとしての側面もあり、自分にあった転職方法が選べるのもポイント!

転職エージェントサービスとしては珍しく、一部有料のサービスがある分、求人の質は担保されていると言えますね。

ハイクラスの年収、キャリアを目指す人に特におすすめの転職エージェントとなっています。

おすすめ度
特徴 ・求人の1/3が年収1,000万円以上案件
・ハイクラス向けの求人数No.1
・ハイクラス系だが、20代から登録可能
求人数(概算) 公開求人数:12万件
対応地域 全国
こんな人におすすめ ハイクラスの求人を探している方
質の高いサポートを求めている方

詳細・口コミを見る公式ページを見る

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラスの求人に特化した転職エージェントです。

特に、外資系や海外進出企業の求人といったグローバル系に強く、英文レジュメのサポートなどにも対応しています。

ハイクラス向けということもあり、30代〜40代層。年収500万円以上の人におすすめの転職サービスと言えますね。

「自分の市場価値の向上を目指している」「現時点でスキルやキャリアがある」といった方にぴったりの転職エージェントです。

おすすめ度
特徴 ・キャリアアップや高年収を狙える求人が多い
・グローバル系の求人案件多数
・キャリアの棚卸し、内定後の条件交渉サポート等もあり
求人数(概算) 公開求人数:12,000件以上
対応地域 全国、海外
こんな人におすすめ ハイクラスを目指している方
外資系、グローバルの求人をお探しの方

詳細・口コミを見る公式ページを見る

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手求人に強みを持つ人気の転職エージェントです。

特に20代〜30代の転職者の利用が多く、「20代に信頼されている転職エージェント1位」にも選ばれています。

求人数こそ、他の転職エージェントに一歩劣るものの、各業界に特化したエージェントのサポートに強みがあるので、職種を絞っている方におすすめのエージェントと言えます。

また、女性の転職サポートにも積極的なため、女性の方にもお勧めのサービスですよ!

おすすめ度
特徴 ・大手の求人が豊富
・20代〜30代に人気の転職エージェント
・女性の転職サポートにも積極的に取り組んでいる
求人数(概算) 公開求人数:3万件以上
対応地域 全国
こんな人におすすめ 20代〜30代で転職を考えている方
希望職種がある程度決まっている人