採用率アップ!会計事務所の志望動機を作る4つの問い【例文あり】

会計事務所へ転職する際、志望動機をどう作ったらいいかわからないと、お困りではありませんか?

上手に書くには、「会計事務所が求める人材は?」など、4つの問いに答えることがポイントです。

志望動機は、入社を志望する本気度や転身する理由などを、人事担当者に伝えることを目的としています。4つの問いに答えることで、たとえ会計業界未経験でも、採用に近づく志望動機を作成できるでしょう。

この記事では、転職を成功させる会計事務所への志望動機を作るために必要な、4つの問いと、その答え方について解説します。例文も紹介していますので、書く時の参考にしてください。

スポンサーリンク

会計事務所の志望動機を作るための4つの問いを解説

この章では、会計事務所の志望動機を書くための4つの問いについて、解説していきます。会計事務所の志望動機を書くための問い4つは、以下の通りです。

  1. その会計事務所が必要とする人物像は?
  2. 会計業界で働きたい理由は?
  3. その会計事務所に転職したい理由は?
  4. 自分を採用する会計事務所のメリットは?

会計事務所で働くための志望動機には、会計事務所が必要とする人物像を明らかにして、人物像にマッチしていることを書きましょう。

また、会計業界で働きたい理由入所したい会計事務所に転職したい理由を書くことで、あなたの熱意が伝わり志望動機の信憑性が増します。

さらに、あなたを採用するメリットを書くことで、志望動機の信憑性がさらに増し、あなたを採用する確率は向上します。

次の章から、会計事務所の志望動機を書くための4つの問いについてそれぞれ解説していきます。

会計事務所の志望動機を作るための問い①【求める人材】

https://pixabay.com/ja/photos/%E7%94%B7-%E4%BB%95%E4%BA%8B-%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-597178/

会計事務所の志望動機を書くための問い1つ目は、「その会計事務所が必要とする人物像は?」です。会計事務所への転職では、求める人材を明らかにしてから志望動機を作る必要があります。

なぜなら、会計事務所での業務内容は、顧客の種類や専門分野によって、必要とされる能力やスキルが異なるからです。

たとえば、顧客に不動産関連の企業が多いという会計事務所は、不動産業に関連した税務の知識が必要になりますし、外資系の企業を相手にしている場合は、高い英語力が求められます。

もし、会計事務所が望む人材についてよく調べずに志望動機を書くと、的外れなものになる恐れがあります。適性でないと判断されると書類選考で落とされてしまうので、書く前は必ず人物像を確認しましょう。

会計事務所が求める人材を確認するには

その会計事務所が望む人材を知るには、求人案件をチェックし、さらに会計事務所について理解を深めることです。

会計事務所は、そのポジションに必要なスキルや知識を持っているかどうかだけでなく、社風に合う人物かどうかも基準にして採否を決める傾向があります。

会計事務所について理解を深めるには、会計事務所のホームページから、社風事業内容顧客の傾向事務所の歴史などについて詳しく調べると良いでしょう。

人物像を正しく描けば描くほど、的を射た志望動機になります。「貴事務所が望む人材に当てはまる」ことを伝えるには、必要な情報を十分に収集してから、志望動機を書くことが大切です。

会計事務所の志望動機を作るための問い②【会計業界を選ぶ理由】

https://pixabay.com/ja/photos/%E7%94%B7-%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-4190930/

会計事務所の志望動機を書くための問い2つ目は「会計業界で働きたい理由は?」です。「会計業界を選択する理由」は、志望動機には欠かせない要素で、必ずと言って良いほど織り交ぜる必要があります。

人事担当者は、なぜ前職と異なる会計業界に興味を持ったのか、その理由を志望動機から得ようと考えます。もし転職理由が志望動機から伝わってこなければ、書類選考で落とされてしまうかもしれません。

たとえば、「会計業界が会社経営に大きく影響を与える仕事だと知り、税理士試験を目指すようになった」というふうに、人事担当者が納得するような理由を作成することがポイントです。

会計業界で働きたい理由を志望動機に織り交ぜることで、転職したい本気度を、採用担当者に伝えられるようになります。志望動機を書く時は、相手が「なるほど」と納得することを意識すると良いでしょう。

会計業界で働きたい理由の見つけ方

会計業界に転職する理由を見つけるには、「なぜ業界に興味を持ったのか」という理由を明らかにすることです。

もし会計業界を選択した理由がはっきりしないという場合は、興味を持ったきっかけを忘れている可能性があります。

たとえば知り合いに、会計事務所でいきいきと働いている人がいる、税理士試験に合格した時に進む道は会計業界しかないと確信したなど、これまでの体験を振り返ると、きっかけを思い出しやすくなります。

会計業界に興味を持ち、転職を決めたきっかけは、過去の体験やイベントである場合がほとんどです。こうした個人のエピソードは、納得感のある志望動機を作るのに役立ちますので、活用しましょう。

会計事務所の志望動機を作るための問い③【事務所を選ぶ理由】

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E7%84%A1-2313804/

会計事務所の志望動機を書くための問い3つ目は、「その会計事務所に転職したい理由は?」です。その会計事務所を転職先に決めた理由は、志望動機では不可欠な要素と言っても過言ではありません。

なぜなら、ほとんどの会計事務所は、「なぜうちに就職を志望するのか?」という疑問を持ち、面接では必ずと言って良いほど質問されるからです。

たとえば「他の会計事務所よりもコーチングに長けていて、自分のポテンシャルを引き出せる環境が整っているから」というふうに、その会計事務所だけが持つ特長を、志望動機にすることがポイントになります。

その会計事務所を選ぶ理由は、転職を志望する本気度のバロメーターにもなりますので、志望動機に盛り込むことを忘れないようにましょう。

その会計事務所を選ぶ理由の見つけ方

会計事務所で働きたい決定的な理由が思い浮かばないことも少なくありません。その場合は、他の会計事務所と比較して、その会計事務所しか持っていない魅力を明らかにすることです。

働きたい理由は、「他の会計事務所ではなく貴事務所」がわかるものでなければ、人事担当者の心を動かすことは難しいでしょう。適切な理由を作るには、その会計事務所しかない魅力を明らかにすることが必要です。

複数の会計事務所を選び、ホームページ等から社風や働いているスタッフの傾向などについて調べ、志望する会計事務所と徹底的に比較しましょう。比較することで、その会計事務所特有の魅力が見つかるはずです。

その会計事務所が持つ魅力は、一つでかまいません。そこに自分の気持を織り交ぜて志望動機を作成すると、人事担当者に転職を志望する本気度が伝わり、次の面接に進むチャンスが飛躍的に高まります。

会計事務所の志望動機を作るための問い④【採用するメリット】

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84-2874597/

会計事務所の志望動機を書くための問い4つ目は、「自分を採用する会計事務所のメリットは?」です。採用するメリットを入れることで、説得力のある志望動機の作成が可能になります。

その理由は、会計事務所は、貢献してくれる人物像応募者とがマッチするかどうか、志望動機を通して知ろうとするからです。あなたが採用するメリットを示すことで、マッチングが容易になります。

採用のメリットを提示するには、たとえば「英語力を活かし、顧客との円滑なコミュニケーションに貢献したい」というふうに、具体的にアピールすることがポイントです。

採用するメリットについて具体的に示すと、人事担当者は転職後のあなたがオフィスで活躍する姿をイメージし、会計事務所の発展に大きく貢献してくれると考えるかもしれません。

自分の強みをメリットに絡め会計事務所の志望動機に書く

採用するメリットを見つけるには、自分の強みを明らかにすることです。自分の強みを絡めると、「あなたを採用することのメリット」に説得力が増し、人事担当者を納得させることにつながります。

自分の強みは、性格や能力、資格、夢中になったことなど、さまざまな面から発見できます。「その強みによって転職後、会計事務所にどう貢献できるか」を意識しながら探すと良いでしょう。

採用することのメリットを志望動機に書いたら、自分の強みと結びついているかどうか、本当に会計事務所にとってメリットになるのか、を確認します。

メリットが上手く伝わるかどうかで採否が左右されることもありますので、ここは慎重に行いましょう。次の章では、「4つの問い」の答えを基に、作成した例文をご紹介します。

会計事務所に転職する志望動機例文【未経験の方向け】

https://pixabay.com/ja/vectors/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC-%E8%A9%95%E4%BE%A1-%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF-3643025/

この章では、実際に前述した4つの質問を使った志望動機の作成例をご紹介します。

  1. その会計事務所が必要とする人物像は? 答え:地域に密着して仕事をする社員
  2. 会計業界で働きたい理由は? 答え:簿記の勉強が楽しく、税理士資格を取得した
  3. その会計事務所に転職したい理由は? 答え:経験の有無がなく前職様々な人材が働く
  4. 自分を採用する会計事務所のメリットは? 答え:税理士資格と細かい作業が得意

これで志望動機を作る際の重要な要素は揃ったことになります。では次に、これらの要素を組み合わせて、実際の志望動機を作ってみます。

志望動機作成のポイントは、会計業界での実務経験がないという弱みをカバーするため、入所する本気度や、自分の強みが、「事務所の発展にどのようにつながるのか」に重点を置いてアピールすることです。

未経験の方向け例文

私は簿記の知識を必要とする会計業界への転職を志望します。簿記の勉強を楽しめたことから、会計業界に向いているかもしれないと税理士資格を取得、転職を本気で考えるようになりました。

貴事務所はどこよりも地域に密着した事業を展開し、実務経験の有無に関わらず、前職の異なるスタッフが活躍しています。私もその一員として、働きたいと強く思ったのが、貴事務所を志望する理由です。

前職は食品業界で品質管理の仕事を担当し、細かい作業には慣れており、ミスを出さない自信もあります。貴事務所に転職後は、誠意を持って経理処理をこなし、顧客の信頼を獲得する所存です

まとめ

今回は、会計事務所に転職を志望する人向けに志望動機の書き方について解説しました。最後にまとめて4つの問いを紹介します。

志望動機を書くための4つの問い
  1. 会計事務所が必要とする人物像は?
  2. 会計業界で働きたい理由は?
  3. その会計事務所に転職したい理由は?
  4. 自分を採用する会計事務所のメリットは?

その会計事務所が望む人材」「会計業界・会計事務所を選ぶ理由」「採用することで得られるメリット」についてしっかりと答えるだけで、志望動機に必要な材料は、ほぼ揃います。

会計事務所に転職を成功させるには、志望動機に転職を望む本気度や、採用することで得られるメリットなどを織り交ぜることが大切です。

あとはその材料と自分の気持ちを織り交ぜながら、志望動機を書き進めていくだけです。

4つの問いに対する答えを基に志望動機を書き、人事担当者の心に残るものに仕上げましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。