管理職のためのコラム

優秀な部下を育てるマネジメントとは?管理職なら知っておきたい5つのコツ

「最近部長に昇進したが、部下の育成に悩んでいる…。マネジメントのコツを教えてほしい。」

管理職として部下を持つ立場になると、自分の業務だけでなく人の管理まで任され、特に部下の育成で悩む場面が多くなることでしょう。

そこで今回は、企業で求められる管理職の役割について解説しながら、優秀な部下を育てる秘訣をお伝えします。

この記事を読むことで、マネジメントのコツが理解でき業務がはかどるので、ぜひ最後までご覧ください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%94%B7-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E7%B5%8C%E6%B8%88-162951/)

企業で求められる管理職の役割とは?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%94%B7-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E7%B5%8C%E6%B8%88-1079245/

企業に勤めている管理職には、「部下の育成」という重要な役割が求められています。

会社が目指している事業の成功へ向けて、管理職はリーダーシップを持って部下を引っ張り、成果を出さなければなりません。

またある程度年数が経過した会社員は、業務経験を通して得たスキルを部下へと還元し、マネジメントする立場へ移行するのが一般的です。

組織の管理責任者として優秀な部下を育て、会社を成長させることで、結果的に事業の成功へとつながります。

Executive Navi 編集部
Executive Navi 編集部

次の項目からは、優秀な部下を育てる5つのコツを紹介していきますね。

優秀な部下を育てるマネジメントのコツ①モチベーション

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E5%80%8B%E4%BA%BA-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E7%94%B7-95714/

優秀な部下を育てるマネジメントの1つ目のコツは、「部下のモチベーションを上げること」です。

部下の能力を上げるには、仕事に対する意欲を引き出すことが必須で、能力を発揮できる環境づくりが大切です。

特に管理職は、部下がチーム内で活躍し前向きに仕事に取り組めるよう、厳しい道程でも楽しみを感じる工夫をしなければなりません。

例えば部下が成果を出したときに声をかけ、チーム内で褒め合う環境を作り、モチベーションを上げる手法があります。

優秀な部下を育てるマネジメントのコツ②目標設定

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%9B%AE%E6%A8%99%E8%A8%AD%E5%AE%9A-%E7%9B%AE%E6%A8%99-dart-1955806/

2つ目のマネジメントのコツは、部下に対して「目標を的確に設定すること」です。

管理職は部下に仕事を任せる際、迷いなく行動できるよう具体的に指示を出して、業務を円滑に進める必要があります。

方向性を定めて仕事を進めることで、部下はどこに向かえば良いのか理解し、実力を発揮できることでしょう。

また管理職が育成目標を設定し、部下の特性に適した仕事を与え、成長の機会を与えることも大切です。

Executive Navi 編集部
Executive Navi 編集部

短期的な課題ばかりにとらわれず、5年後・10年後の成長を見据え、将来の可能性をイメージするのがコツですね。

優秀な部下を育てるマネジメントのコツ③質問力を養う

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E5%90%8C%E5%83%9A-%E4%BC%9A%E8%AD%B0-1209640/

3つ目の優秀な部下を育てるマネジメントのコツは、「部下への質問力を上げること」です。

管理職は部下の仕事内容を常に把握しなければならず、進捗確認の際にもっとも質問力が問われます。

例えば部下に指示したタスクを確認する場合、下記のように質問すると良いでしょう。

「〇〇のタスクは終わった?」「まだ終わってないんだね。何が問題点だったと思う?」

「どうしたら上手くいくと思う?」「それなら今週中に終わりそうだ!俺もサポートするから頑張ろう」

上記のケースでは、部下に指示したはずのタスクは終了していませんが、本人に原因・解決策を考えさせることで、自発性を促しています。

自分の行動を振り返ることで、部下は自ら課題を解決する方向に向かいますので、結果的に優秀な人材へと育ちます。

仕事内容を把握した上で、さらに管理職が自らお手本を見せてサポートし、精神的にバックアップしてあげる体制を整えることも重要です。

優秀な部下を育てるマネジメントのコツ④フィードバック

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%A2%BA%E8%AA%8D-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-1825515/

4つ目のマネジメントのコツは、部下が進めている仕事を「定期的にフィードバックすること」です。

仕事の悩みや今後の目標を部下にアウトプットさせ、定期的にフィードバックすると本人の成長が早まります。

実際にビジネスの場面では、部下が育たない理由として「インプットが多すぎる」という点が挙げられており、部下のアウトプット能力を向上させることが本人の成長に直結します。

上司からのフィードバックがあれば部下のモチベーションが格段に上がる、という研究もあり、部下の成長にはアウトプットを意識した指導が必要不可欠です。

優秀な部下を育てるマネジメントのコツ⑤傾聴力

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E8%80%B3-%E8%80%B3%E4%BB%8B-%E8%81%9E%E3%81%8F-%E8%80%B3%E3%82%92%E5%82%BE%E3%81%91%E3%82%8B-2973126/

5つ目の優秀な部下を育てるマネジメントのコツは、「傾聴力を意識すること」です。

「傾聴力」とは相手の意見に耳を傾ける力のことで、自然に音が耳に入る「聞く」とは異なり、「ひたすら相手の話を聴く力」という意味で使われます。

仕事上では部下に指示を与えるだけでではなく、時には傾聴力を意識し部下からの意見も取り入れることで、本人の自己肯定感が上がり成長が早くなります。

管理職になると、業務上のコミュニケーションが指示のみになりがちなので、特に注意が必要です。

Executive Navi 編集部
Executive Navi 編集部

次の項目では、管理職が取るべきではない行動を紹介します。部下の成長につながらないので、反面教師として参考にしてくださいね。

管理職が取るべきではない行動とは?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/robbinhiggins-%E8%85%B9-2763643/

管理職が部下を育成する上で取るべきではない行動は、主に下記の5つです。

  • 大勢の前で叱る
  • 他の人と比べる
  • 自分の意見だけ言う
  • 指示がわかりにくい
  • 部下の功績を認めない

組織を管理する立場の管理職になると、部下の失敗に対して感情的になり、大勢の前で叱る場面が出てくるでしょう。

しかし「人前で叱ることは効果がない」と心理学者からも指摘されており、本人のモチベーションが下がるだけで、結果的に成長が遅くなります。

また他の優秀な社員と比べることも、部下の良いところが見えなくなり、本人の成長につながらないので控えるべきです。

Executive Navi 編集部
Executive Navi 編集部

ちなみに上記の行動は、あるスキルを身につけることで自然と抑制されます。マネジメントの中で最も重要なスキルなので、次の項目で解説しますね。

部下の育成で求められるマネジメント能力とは?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%97-%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0-1245776/

部下の育成で求められる最も大切なスキルは、「コミュニケーション力」です。

前述したマネジメントの5つのコツに直結し、部下の成長を促す上で必要不可欠なスキルです。

コミュニケーション力がないと、部下に仕事を上手く任せきれなかったり、自分のビジョンや方針を部下に納得させられなかったりと、仕事を進める中で支障をきたしてしまいます。

ただ実際には、コミュニケーションスキルの習得が困難だと感じている管理職が多く、マネジメントに集中できずに悩んでいるケースも見られます。

最近ではスキルを身につけたい管理職向けに、「マネジメントスクール」と呼ばれるスクールも出てきました。

ビジネスの場面で必要とされる基本的な考え方が学べるサービスとして、マネジメントスクールは管理職の間で注目されています。

そこで次の項目では、コミュニケーションスキルを習得したい管理職にオススメのスクールを紹介しますね。

部下の育成で悩んでいる方におすすめのマネジメントスクール

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%81%BF-%E3%83%9A%E3%83%B3-%E7%94%B7-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF-1149962/

スキルを身につけたい管理職におすすめのサービスとして、「リクルートマネジメントスクール」を紹介します。

国内最大手の人材会社リクルートが運営している「リクルートマネジメントスクール」では、管理職に必要なマネジメント能力が身につけられる「管理職・マネジメント研修」を実施しています。

部下の成長につながるコーチングの実践方法や、コミュニケーション力を強化できる研修として、幅広い新任管理職の方に人気です。

無料でWebセミナーや説明会を実施しているので、気になった方は下記の公式ページを覗いてみると良いでしょう。

リクルートマネジメントスクールの公式ページはこちら

優秀な部下を育てるマネジメントとは?【まとめ】

今回は、部下を育てるマネジメントについて解説しました。要約すると下記の通りです。

部下を育てるマネジメントのコツ
  • モチベーションを上げる
  • 目標を明確に設定する
  • 質問力を養う
  • 定期的にフィードバックする
  • 傾聴力を高める

会社組織を管理する重要な立場の管理職は、自分のビジョンをしっかりと持った上で部下を育成しなければなりません。

また部下を指導する管理職には、リーダーシップや傾聴力といった、高いコミュニケーション力が求められます。

この記事で紹介したマネジメントのコツを習得し、あなたも管理職としてステップアップできるよう願っています。

リクルートマネジメントスクールの公式ページはこちら

ABOUT ME
やけゆう
沖縄生まれ・沖縄在住の30代。地元の上場企業で10年勤務し、マネジメント業務全般に携わりました。 【実績】 転職系メディア「Executive Navi」金融系メディア「DEBIT INSIDER」「高級家具.com」で合計70記事を執筆。 また「クラウドワークス」「ランサーズ」でもライティング案件を受注。2020年8月〜認定ランサーとなりました。 現在はお金の知識を蓄えるべく、簿記1級を勉強中。Twitterで日々の積み上げを発信しています。
【お得情報!】成功する人は知っている。転職を考える「前」から転職エージェントを使うべき理由

なぜ、転職を考える「前」から転職エージェントを使うべきなのか?

もしあなたが今以上のキャリアアップを考えているのであれば、たとえ今すぐに転職をする気がなくても、転職エージェントに登録しておくことをお勧めします。

なぜなら、転職を考え始めてから転職エージェントに登録しても、スタートダッシュが遅れて転職活動が長引いてしまう可能性が高いからです。

多くの場合、転職を考え始めるきっかけは以下の2つのタイミングです。

転職を考え始めるタイミング
  • 今の職場ではこれ以上成長できないと感じた時
  • 今の職場の雇用条件に不満を感じた時

ちなみに、一般的に、転職活動を始めてから実際に転職するまでの平均期間は「3ヶ月〜6ヶ月」と言われています。

転職を考え始めてから慌てて行動するのは手遅れ

つまり、このように「転職を考え始めたタイミング」で、あわてて転職活動を始めてもすぐに転職できるとは限らないのです。

せっかくキャリアアップを考えても、転職の準備をしていないと3ヶ月〜6ヶ月は、不満のある職場で仕事を続けなければならなかったり、成長のない仕事を延々とこなさなければなりません。

これって、かなり「キャリアアップにとって無駄な時間」だと思いませんか?

だからこそ、転職を考え始めるよりも『前』のタイミングから、コツコツと転職活動の準備をしておくことが大切なのです。

「今すぐに」転職エージェントを利用するメリット

早い段階で転職エージェントを利用することで、自分のキャリアの棚卸しができたり、挑戦してみたい業種の転職先リストを作ったりすることができます。

こうして事前に転職の準備をしておけば、いざその時が来たタイミングでスムーズに転職することができるのです。

また、いつでも転職できる準備をしておけば、精神的にも余裕を持てるようになり、今の職場でも今以上に大きな成果を出せるようになるでしょう。

転職の予定がないのに転職エージェントに登録していいの?

中には「転職する予定がないのに転職エージェントに登録するのって迷惑なのでは?」と心配になる方もいることでしょう。

ですが結論から言うと、全く問題ありません。実際、転職エージェントの方でも「今すぐの転職を考えていない方も利用OKですよ」と謳っているところも多いです。

転職エージェント側としても、長く付き合いのある人ほどその人の望むキャリアを把握できるので、高確率で転職活動を成功させられるというメリットもあります。

また、転職エージェントを「情報収集先の一つ」として利用している方も多いです。決して今すぐ転職する人しか利用できないというわけではないのです。

転職エージェントは『無料』で利用できる

ここまで、早めに転職エージェントを利用するべき理由についてご紹介してきました。

そして、転職エージェントは基本的に「全て無料」で利用することができます。なぜなら、転職に成功すると、採用した企業から転職エージェントに紹介料が支払われる仕組みだからです。

転職エージェントは企業からもらえる紹介料で売上を立てているため、転職をする側は「無料」でサポートを受けられる仕組みなのです。

ノーリスクで利用することができる上に、いざ転職を考え始めた時にスピーディーに転職を成功させるためにも、ぜひ今のうちから転職エージェントを利用しましょう。

数ある転職エージェントの中でも特におすすめのサービスを以下に紹介するので、ピンときた転職エージェントにさっそく登録してみてはいかがでしょうか?

※転職成功者は一人当たり2.5社の転職サイト、エージェントを利用しています。
※複数の転職エージェントを利用することで、より多角的なサポート、アドバイスを受けることができます。

絶対に登録しておくべき「必須」転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職者の8割が利用している「必須級」の転職エージェントです。

求人数は数ある転職エージェントの中でも断トツのNo.1だから、あなたにぴったりの転職先が必ず見つかりますよ!

採用決定率No.1の実績もあり。本気で転職を考えるなら、必ず利用すべき転職エージェントです。

おすすめ度
特徴 ・求人数No.1
・採用決定数No.1
・転職者の8割が利用!
求人数(概算) 公開求人数:13万件
非公開求人数:18万件
対応地域 全国
こんな人におすすめ 転職を考えたら、必ず登録すべき転職エージェント

詳細・口コミを見る公式ページを見る

doda(ドゥーダ)

dodaは、求人数10万件以上を誇る国内最大級の転職エージェントです。

求人数、採用決定数こそ、上記のリクルートエージェントに劣るNo.2ですが、転職者の顧客満足度はNo.1となっています。

応募書類のアドバイスから、面接前後のフォローなど、安心して転職活動に取り組みメルサポートも充実しているので、初めて転職をする方は絶対に利用すべきエージェントです。

おすすめ度
特徴 ・転職者の顧客満足度No.1
・求人数、採用決定率No.2
・転職サイトとしてもエージェントとしても利用可能
求人数 10万件以上
対応地域 全国
こんな人におすすめ 初めて転職をする方
実績のある転職エージェントを利用したい方

ビズリーチ

ビズリーチは、年収1,000万円以上の求人が1/3を占める、ハイクラス向けの転職エージェントです。

また、転職エージェントの他に、転職サイト・スカウトサービスとしての側面もあり、自分にあった転職方法が選べるのもポイント!

転職エージェントサービスとしては珍しく、一部有料のサービスがある分、求人の質は担保されていると言えますね。

ハイクラスの年収、キャリアを目指す人に特におすすめの転職エージェントとなっています。

おすすめ度
特徴 ・求人の1/3が年収1,000万円以上案件
・ハイクラス向けの求人数No.1
・ハイクラス系だが、20代から登録可能
求人数(概算) 公開求人数:12万件
対応地域 全国
こんな人におすすめ ハイクラスの求人を探している方
質の高いサポートを求めている方

詳細・口コミを見る公式ページを見る

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラスの求人に特化した転職エージェントです。

特に、外資系や海外進出企業の求人といったグローバル系に強く、英文レジュメのサポートなどにも対応しています。

ハイクラス向けということもあり、30代〜40代層。年収500万円以上の人におすすめの転職サービスと言えますね。

「自分の市場価値の向上を目指している」「現時点でスキルやキャリアがある」といった方にぴったりの転職エージェントです。

おすすめ度
特徴 ・キャリアアップや高年収を狙える求人が多い
・グローバル系の求人案件多数
・キャリアの棚卸し、内定後の条件交渉サポート等もあり
求人数(概算) 公開求人数:12,000件以上
対応地域 全国、海外
こんな人におすすめ ハイクラスを目指している方
外資系、グローバルの求人をお探しの方

詳細・口コミを見る公式ページを見る

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手求人に強みを持つ人気の転職エージェントです。

特に20代〜30代の転職者の利用が多く、「20代に信頼されている転職エージェント1位」にも選ばれています。

求人数こそ、他の転職エージェントに一歩劣るものの、各業界に特化したエージェントのサポートに強みがあるので、職種を絞っている方におすすめのエージェントと言えます。

また、女性の転職サポートにも積極的なため、女性の方にもお勧めのサービスですよ!

おすすめ度
特徴 ・大手の求人が豊富
・20代〜30代に人気の転職エージェント
・女性の転職サポートにも積極的に取り組んでいる
求人数(概算) 公開求人数:3万件以上
対応地域 全国
こんな人におすすめ 20代〜30代で転職を考えている方
希望職種がある程度決まっている人