優秀な部下を育てるマネジメントとは?管理職なら知っておきたい5つのコツ

「最近部長に昇進したが、部下の育成に悩んでいる…。マネジメントのコツを教えてほしい。」

管理職として部下を持つ立場になると、自分の業務だけでなく人の管理まで任され、特に部下の育成で悩む場面が多くなることでしょう。

そこで今回は、企業で求められる管理職の役割について解説しながら、優秀な部下を育てる秘訣をお伝えします。

この記事を読むことで、マネジメントのコツが理解でき業務がはかどるので、ぜひ最後までご覧ください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%94%B7-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E7%B5%8C%E6%B8%88-162951/)

スポンサーリンク

企業で求められる管理職の役割とは?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%94%B7-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E7%B5%8C%E6%B8%88-1079245/

企業に勤めている管理職には、「部下の育成」という重要な役割が求められています。

会社が目指している事業の成功へ向けて、管理職はリーダーシップを持って部下を引っ張り、成果を出さなければなりません。

またある程度年数が経過した会社員は、業務経験を通して得たスキルを部下へと還元し、マネジメントする立場へ移行するのが一般的です。

組織の管理責任者として優秀な部下を育て、会社を成長させることで、結果的に事業の成功へとつながります。

Executive Navi 編集部

次の項目からは、優秀な部下を育てる5つのコツを紹介していきますね。

優秀な部下を育てるマネジメントのコツ①モチベーション

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E5%80%8B%E4%BA%BA-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E7%94%B7-95714/

優秀な部下を育てるマネジメントの1つ目のコツは、「部下のモチベーションを上げること」です。

部下の能力を上げるには、仕事に対する意欲を引き出すことが必須で、能力を発揮できる環境づくりが大切です。

特に管理職は、部下がチーム内で活躍し前向きに仕事に取り組めるよう、厳しい道程でも楽しみを感じる工夫をしなければなりません。

例えば部下が成果を出したときに声をかけ、チーム内で褒め合う環境を作り、モチベーションを上げる手法があります。

優秀な部下を育てるマネジメントのコツ②目標設定

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%9B%AE%E6%A8%99%E8%A8%AD%E5%AE%9A-%E7%9B%AE%E6%A8%99-dart-1955806/

2つ目のマネジメントのコツは、部下に対して「目標を的確に設定すること」です。

管理職は部下に仕事を任せる際、迷いなく行動できるよう具体的に指示を出して、業務を円滑に進める必要があります。

方向性を定めて仕事を進めることで、部下はどこに向かえば良いのか理解し、実力を発揮できることでしょう。

また管理職が育成目標を設定し、部下の特性に適した仕事を与え、成長の機会を与えることも大切です。

Executive Navi 編集部

短期的な課題ばかりにとらわれず、5年後・10年後の成長を見据え、将来の可能性をイメージするのがコツですね。

優秀な部下を育てるマネジメントのコツ③質問力を養う

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E5%90%8C%E5%83%9A-%E4%BC%9A%E8%AD%B0-1209640/

3つ目の優秀な部下を育てるマネジメントのコツは、「部下への質問力を上げること」です。

管理職は部下の仕事内容を常に把握しなければならず、進捗確認の際にもっとも質問力が問われます。

例えば部下に指示したタスクを確認する場合、下記のように質問すると良いでしょう。

「〇〇のタスクは終わった?」「まだ終わってないんだね。何が問題点だったと思う?」

「どうしたら上手くいくと思う?」「それなら今週中に終わりそうだ!俺もサポートするから頑張ろう」

上記のケースでは、部下に指示したはずのタスクは終了していませんが、本人に原因・解決策を考えさせることで、自発性を促しています。

自分の行動を振り返ることで、部下は自ら課題を解決する方向に向かいますので、結果的に優秀な人材へと育ちます。

仕事内容を把握した上で、さらに管理職が自らお手本を見せてサポートし、精神的にバックアップしてあげる体制を整えることも重要です。

優秀な部下を育てるマネジメントのコツ④フィードバック

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%A2%BA%E8%AA%8D-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-1825515/

4つ目のマネジメントのコツは、部下が進めている仕事を「定期的にフィードバックすること」です。

仕事の悩みや今後の目標を部下にアウトプットさせ、定期的にフィードバックすると本人の成長が早まります。

実際にビジネスの場面では、部下が育たない理由として「インプットが多すぎる」という点が挙げられており、部下のアウトプット能力を向上させることが本人の成長に直結します。

上司からのフィードバックがあれば部下のモチベーションが格段に上がる、という研究もあり、部下の成長にはアウトプットを意識した指導が必要不可欠です。

優秀な部下を育てるマネジメントのコツ⑤傾聴力

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E8%80%B3-%E8%80%B3%E4%BB%8B-%E8%81%9E%E3%81%8F-%E8%80%B3%E3%82%92%E5%82%BE%E3%81%91%E3%82%8B-2973126/

5つ目の優秀な部下を育てるマネジメントのコツは、「傾聴力を意識すること」です。

「傾聴力」とは相手の意見に耳を傾ける力のことで、自然に音が耳に入る「聞く」とは異なり、「ひたすら相手の話を聴く力」という意味で使われます。

仕事上では部下に指示を与えるだけでではなく、時には傾聴力を意識し部下からの意見も取り入れることで、本人の自己肯定感が上がり成長が早くなります。

管理職になると、業務上のコミュニケーションが指示のみになりがちなので、特に注意が必要です。

Executive Navi 編集部

次の項目では、管理職が取るべきではない行動を紹介します。部下の成長につながらないので、反面教師として参考にしてくださいね。

管理職が取るべきではない行動とは?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/robbinhiggins-%E8%85%B9-2763643/

管理職が部下を育成する上で取るべきではない行動は、主に下記の5つです。

  • 大勢の前で叱る
  • 他の人と比べる
  • 自分の意見だけ言う
  • 指示がわかりにくい
  • 部下の功績を認めない

組織を管理する立場の管理職になると、部下の失敗に対して感情的になり、大勢の前で叱る場面が出てくるでしょう。

しかし「人前で叱ることは効果がない」と心理学者からも指摘されており、本人のモチベーションが下がるだけで、結果的に成長が遅くなります。

また他の優秀な社員と比べることも、部下の良いところが見えなくなり、本人の成長につながらないので控えるべきです。

Executive Navi 編集部

ちなみに上記の行動は、あるスキルを身につけることで自然と抑制されます。マネジメントの中で最も重要なスキルなので、次の項目で解説しますね。

部下の育成で求められるマネジメント能力とは?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%97-%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0-1245776/

部下の育成で求められる最も大切なスキルは、「コミュニケーション力」です。

前述したマネジメントの5つのコツに直結し、部下の成長を促す上で必要不可欠なスキルです。

コミュニケーション力がないと、部下に仕事を上手く任せきれなかったり、自分のビジョンや方針を部下に納得させられなかったりと、仕事を進める中で支障をきたしてしまいます。

ただ実際には、コミュニケーションスキルの習得が困難だと感じている管理職が多く、マネジメントに集中できずに悩んでいるケースも見られます。

最近ではスキルを身につけたい管理職向けに、「マネジメントスクール」と呼ばれるスクールも出てきました。

ビジネスの場面で必要とされる基本的な考え方が学べるサービスとして、マネジメントスクールは管理職の間で注目されています。

そこで次の項目では、コミュニケーションスキルを習得したい管理職にオススメのスクールを紹介しますね。

部下の育成で悩んでいる方におすすめのマネジメントスクール

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%81%BF-%E3%83%9A%E3%83%B3-%E7%94%B7-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF-1149962/

スキルを身につけたい管理職におすすめのサービスとして、「リクルートマネジメントスクール」を紹介します。

国内最大手の人材会社リクルートが運営している「リクルートマネジメントスクール」では、管理職に必要なマネジメント能力が身につけられる「管理職・マネジメント研修」を実施しています。

部下の成長につながるコーチングの実践方法や、コミュニケーション力を強化できる研修として、幅広い新任管理職の方に人気です。

無料でWebセミナーや説明会を実施しているので、気になった方は下記の公式ページを覗いてみると良いでしょう。

優秀な部下を育てるマネジメントとは?【まとめ】

今回は、部下を育てるマネジメントについて解説しました。要約すると下記の通りです。

部下を育てるマネジメントのコツ
  • モチベーションを上げる
  • 目標を明確に設定する
  • 質問力を養う
  • 定期的にフィードバックする
  • 傾聴力を高める

会社組織を管理する重要な立場の管理職は、自分のビジョンをしっかりと持った上で部下を育成しなければなりません。

また部下を指導する管理職には、リーダーシップや傾聴力といった、高いコミュニケーション力が求められます。

この記事で紹介したマネジメントのコツを習得し、あなたも管理職としてステップアップできるよう願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

やけゆう

ビジネス系Webライター。上場企業で管理職として10年勤務し、マネジメント業務全般に携わる。 退職後、地元である沖縄でフリーランスとして独立。 【実績】 転職系メディア「Executive Navi」金融系メディア「DEBIT INSIDER」「高級家具.com」で合計70記事を執筆。 また「クラウドワークス」「ランサーズ」でも受注し、累計100本以上のライティング記事が公開中。 転職・小売業界・仮想通貨・クレジットカードなど、幅広い知識を持つ。