【明日から使える!】部下を優秀にする教育方法を8つご紹介!

「どんな方法で部下を教育すれば優秀になるかな?」と悩んでいませんか?あなたの指導方法で部下が優秀な人材になれるか、使えない部下になってしまうかが決まります。

部下が使えないからといって放置してしまうと、ストレスを抱え退職に繋がる恐れがあります。そこで本記事では、部下を優秀にする教育方法を8つご紹介します。

これから部下を教育していくのに悩んでいる方や、なかなか部下が成長しないなと感じている方にオススメの記事なので、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/スタートアップ-会議-594091/

スポンサーリンク

部下を優秀にする教育法の8つのポイント

この見出しでは、部下を優秀にする教育法のポイントを8つご紹介します。入社したての部下だけでなく、あなたが今「使えない部下だな。」と感じてる社員にも良い方法なので、ぜひ参考にしてくださいね。

優秀な部下にする教育法の8つのポイント
  1. 自分自身の教育方法の見直し
  2. 自分が部下の立場になった時を考える
  3. 自分自身の感情をコントロールする
  4. 部下に嫌われることを考えない
  5. 普段の接し方を見直す
  6. 冷静に部下の意見を聞く
  7. 部下は使えなくて当たり前
  8. 報連相(ホウレンソウ)待ちはNG

優秀な部下にするためのポイントは上記の8つです。次の見出しからは、8つの優秀な部下にする教育方法を一つひとつ詳しく解説しているので、最後まで読み進めてくださいね。

部下を優秀にする教育法①自分自身の教育方法の見直し

https://pixabay.com/ja/photos/オフィス-ビジネス-同僚-会議-1209640/

1つ目は「自分自身の教育方法の見直し」です。あなたは、「私の教育方法は正しい!」と胸を張って言えますか?教育方法がすばらしいと判断するのはあくまで部下や周りの社員です。

部下が「〜で分からないのですが…。」とあなたに聞いてきたら、自分の仕事で手一杯で「教えるのがめんどくさいな。」と思いませんか?

部下の仕事が遅いから、自分がやって見せて終わり!という教育法は、部下が1番成長できない教育法なのでNGです。まずは「自分自身の教育方法の見直し」をしてから、部下への教育とは何なのかを考えましょう。

次の見出しでは、部下の立場になった時を考える内容をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

部下を優秀にする教育法②自分が部下の立場になった時を考える

出典
https://www.photo-ac.com/main/detail/2110894?title=%E3%82%84%E3%82%8B%E6%B0%97%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

2つ目は「自分が部下の立場になった時を考える」です。2つ目の見出しでお話しした内容と一緒に考えてみましょう。

あなたが仕事のことで分からないことがあり、上司に「〜で分からないのですが…。」と話した時に「他の人に聞いて」や「なら違う〜の件の仕事をやっておいて頂戴。」と言われたらどうでしょう。

自分の悩みをさらっと流され、この会社に必要とされてない人間なんだと感じてしまうのではないでしょうか。また責任感が強い人なら、任された仕事を最後までやりきれなかった罪悪感も湧くことでしょう。

「自分もはじめたては困ってたなぁ…。」と入社したての自分を思い出し、部下の立場になって教育をしましょう。

部下を優秀にする教育法③自分自身の感情をコントロールする

https://unsplash.com/photos/12yvdCiLaVE

3つ目は「自分自身の感情をコントロールする」です。部下がミスをした時、1番やってはいけない教育法が「怒る」ということです。どうしてもイライラしてしまう時は、少し深呼吸して心を落ち着かせましょう。

「部下の少しのミスも許せない」「部下が何度も同じミスを繰り返している」からといって説教していませんか?何度も説教をしている状況だと、部下は以下の5つような感情を抱きます。

怒る上司に部下が思うこと
  1. 怒りっぽい上司だな…。
  2. 昔のミスを今言わなくても良いじゃん。
  3. 自分の方が大きいミスをしているのに理不尽だ。
  4. この上司について行きたくないな
  5. 仕事を辞めたい。

怒る上司には強がる特徴があります。「部下になめられたくない!」や「これ以上自分の評価を下げてはいけない!」と自分勝手な考えが気持ちが全面的にあらわれます。

今紹介した特徴に当てはまる人は、周りを見る事ができないので部下への教育も下手です。また、「上司がうるさいから、ミスを隠そう!」と考える部下が出る事にもなるので、気をつけましょう。

部下を優秀にする教育法④部下に嫌われることを考えない

https://www.pexels.com/photo/sad-mature-businessman-thinking-about-problems-in-living-room-3772618/

4つ目は「部下に嫌われることを考えない」です。ひとつ前の見出しでは「自分自身の感情をコントロールする」ということで、怒る上司にはなってはいけないとお話ししました。

「部下に怒りっぽい上司だと思われたくない!」や「心を許してなんでも相談してほしい!」と優しい上司を演じようとしていませんか?

しかし部下がミスを起こした時は親身になって対応し、強く伝えなければいけない時もあります。部下に嫌われるからと思って叱るのを躊躇する必要はありません。

具体的にダメな箇所を説明することで、納得してくれる事もあります。自分の欠点まで見てくれている上司の方が、優秀な部下を生み出す良い上司ですよ!

部下を優秀にする教育法⑤普段の接し方を見直す

https://pixabay.com/ja/photos/ラップトップ-オフィス-手-3196481/

5つ目は「普段の接し方を見直す」です。あなたは部下が仕事で疲れている時や、仕事で悩んでいる時に気付いてあげられてますか?

部下との接し方を見直すことで、悩みや愚痴を話してくれるほどあなたに心を開いてくれることがあります。そんな部下に心を開いてもらう事で得られることは大きく分けて3つあります。

部下に心を開いてもらう事で得られる3つのこと
  1. 相談しやすい上司だと思ってもらえる。
  2. プライベートの悩みもついつい話してしまう関係になれる。
  3. 仕事のことで悩んだら聞きやすく、頼れる上司だと思ってもらえる。

部下に心を開いてもらえると、話しやすい上司や優しくて頼れる上司だと思われます。部下がプライベートの悩みや、仕事などで直面している悩みを話してくれるのは嬉しいですよね!

その関係性が後に仕事でも良好な関係になり、将来にはあなたの信頼できるパートナーになるかもしれませんよ!部下への接し方を見直して見てはいかがでしょうか?

部下を優秀にする教育法⑥冷静に部下の意見を聞く

https://www.photo-ac.com/main/detail/1586515?title=%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%99%E3%82%8B%E7%99%BD%E8%A1%A3%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%A8%E7%94%B7%E6%80%A7

6つ目は「冷静に部下の意見を聞く」です。あなたは、部下の意見や疑問に思っていることを最後まで聞いていますか?部下の話を最後までしっかりと聞くことが、1番効率の良い教育法なんですよ!

部下の意見に共感しながら話を聞いてあげると、部下の納得・信頼を得ることが出来るからです。

仕事で部下がミスをしてしまうと、ミスということに大きく注目してしまいがちですが、なぜミスが起きてしまったのかを冷静に聞きましょう。もしかしたらあなたの教育方法が問題になっているかもしれません。

仕事のことやプライベートの話を部下から相談された時は、最後までしっかりと話を聞いてあげましょう。部下の意見を冷静に聞くことで、優秀な部下を育てることができます。

部下を優秀にする教育法⑦部下は使えなくて当たり前と割り切る事

https://pixabay.com/ja/photos/スタートアップ-ホワイト-ボード-3267505/

7つ目は「部下は使えなくて当たり前と割り切る事」です。部下に仕事を頼りすぎてはいませんか?部下はあなたより勤務年数が少ないので、こなせる仕事量が限られています。

もしかすると部下は、あなたが押しつけている膨大な仕事量や一方的な教育法に疲れているかもしれません。膨大な量の仕事を与え続けると部下にストレスを与え、最悪の場合退職に繋がります。

あなたが膨大な仕事量だと認識していなくても、部下にとってはかなりの負担になっているかもしれません。

部下に仕事をお願いするのは良いことですが、部下に「この仕事できそう?」などのコミニュケーションを取り、部下に寄り添った心がけましょう。

部下を優秀にする教育法⑧報連相(ホウレンソウ)待ちはNG

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E8%80%B3-%E8%80%B3%E4%BB%8B-%E8%81%9E%E3%81%8F-%E8%80%B3%E3%82%92%E5%82%BE%E3%81%91%E3%82%8B-2973126/

8つ目は「報連相(ホウレンソウ)待ちはNG」です。あなたは、部下が報告・連絡・相談することを当たり前だと思っていませんか?例えばあなたが部下に厳しく注意したとします。

「厳しく注意指導をしたくらいで、いつまでもひきづるなよ。」と思うかもしれません。しかし部下の立場になって考えると、厳しく注意された事であなたに苦手意識を抱き、「関わりづらい上司」と認識するでしょう。

あなたは「報告・連絡・相談できて当たり前!」と思っていませんか?

あなたの部下は報連相(ホウレンソウ)の重要性を知らない可能性があります。知らないことに対していきなり怒られると、「なんで怒鳴ってくるんだろう。」と感じてしまいます。

もしかすると部下の心の中では怒鳴られたことを引きずり、あなたが怖い上司・すぐ怒鳴る上司だと怯えている可能性があります。

なので、あなたから「〜の件は報告してね。分からないことはトラブルになる前に連絡・相談してね。」の一言があるだけで、部下は安心します。ぜひコミニュケーションをとってみてくださいね。

まとめ

今回は部下を優秀にするための教育法を8つご紹介しました。最後に本記事の内容をまとめます。

部下を優秀にするための8つの教育法
  1. 自分自身の教育方法の見直し
  2. 自分が部下の立場になった時を考える
  3. 自分自身の感情をコントロールする
  4. 部下に嫌われることを考えない
  5. 普段の接し方を見直す
  6. 冷静に部下の意見を聞く
  7. 部下は使えなくて当たり前
  8. 報連相(ホウレンソウ)待ちはNG

優秀な部下を育てる教育法を紹介しましたが、人と人の関係を深めることは簡単ではありません。仕事をしているとあなたも部下も様々な感情を抱くことがこれから多々あるでしょう。

ですがコミニュケーションをしっかり取ることによって、仕事の効率や生産性が上がる可能性があり、あなたが1番信頼できるパートナーになる事もあります。

ぜひ本記事を参考にし、部下への教育・指導を見直すきっかけになればと思います。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

SHIONAです!よろしくお願いします。 今現在は療養しながら自宅で過ごしているニートです。 しかしフリーランスになって1人でも多くの人に読まれる記事を作って本業にしたいと思い奮闘しています!頑張ります!