【上司必見】仕事で部下が泣く、上司の適切な4つの対処方法を解説

仕事で泣く部下を見て、「何故泣いてしまったの?」「どう対処すればいいのか分からない」、と悩んだ経験はありませんか?

「部下が泣く理由が分からず、対処方法を間違えて気まずい思いをした」というように、頭の痛い経験をされている人は多いのではないでしょうか。

この記事を読むことで、仕事で部下が泣く原因や、仕事で部下が泣いたときに上司のすべき適切な対処方法が分かるようになるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

仕事で部下が泣く3つの理由とは

出典
https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BA%BA-%E7%94%B7-%E6%B3%A3%E3%81%8F-%E6%B6%99-%E6%96%B0%E9%83%8E-2566201

仕事で部下が泣くのは、部下の仕事上の悩みや個人の悩みなどで、気持ちがコントロールできずに感情が高ぶってしまうからです。

仕事で気持ちがコントロールできずに、感情が高ぶってしまう部下の原因を見ていきましょう。仕事で部下が泣く理由は、以下の3つです。

  1. 仕事が上手くできない悔しさ
  2. 辛い出来事が続いている悲しさ
  3. 仕事の疲れやストレス

仕事で部下が泣くには、きちんとした理由があります。あなたの部下はどのタイプなのか、確認してみましょう。では次項から順番に解説していきます。

仕事で部下が泣く理由①仕事が上手くできない悔しさ

出典
https://pixabay.com/ja/photos/youtuber-%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%AC%E3%83%BC-%E8%84%9A%E6%9C%AC-2838945/

仕事で部下が泣く、一つ目の理由は「仕事が上手くできない悔しさ」です。部下は、仕事を頑張っているにも関わらず、良い結果がでないことで悔しくて、泣くのかも知れません。

例えば、自分の仕事の要領悪くて結果が出せずに、上司から怒られてしまったこと。また仕事での努力が認められずに、上司からダメ出しをされたことなどです。

この理由で仕事中に泣いてしまった部下は、部下は仕事に対して真剣に取り組んでいたこと。また上司に対して、いくらか心を開いていることが分かります。

ですから「仕事が上手くできない悔しさ」で部下が泣いてしまった時は、部下の話を聞いてあげることで信頼関係を築き、仕事のアドバイスをしてあげましょう。

仕事で部下が泣く理由②辛い出来事が続いている悲しさ

出典
https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A2%93-%E7%A9%BA-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9-%E5%8F%A4%E3%81%84-%E7%9F%B3-674443/

仕事で部下が泣く、2つ目の理由は「辛い出来事か続いている悲しさ」です。プライベートで身内の不幸や病気や事故などが続いて、辛い感情が出てきて、泣くのかも知れません。

「仕事にプライベートは持ち込むのはNG」と言われています。しかし悲しいことが続いて気持ちが落ちこんで、仕事中に思い出してしまい、仕事に集中できずに泣いてしまった可能性があります。

この理由で仕事中に泣いてしまった部下は、誰かと話しをすることで共感してもらい、気持ちを落ち着かせる暇や相手がいなかったので、仕事中に泣いてしまったのでしょう。

そこで「何かあったのかい?俺でよければ話をしてくれないかな。」と優しく伝えて、部下の気持ちが済むまで話をさせてあげましょう。そして部下に寄り添って共感してあげることです。

仕事で部下が泣く理由③仕事の疲れやストレス

出典
https://pixabay.com/ja/photos/%E6%82%B2%E3%81%97%E3%81%84-%E6%84%8F%E6%B0%97%E6%B6%88%E6%B2%88%E3%81%97%E3%81%9F-%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85-505857/

仕事で部下が泣く、理由の3つ目は、「仕事の疲れやストレス」です。部下は疲れやストレスが溜まっていて、心が病んでしまい泣くのかも知れません。

部下本人が気づいていないくらいに、疲れやストレスが溜まっている状態で涙もろくなってしまう、うつ症状になっている可能性もあります。

この理由で仕事中に泣いてしまった部下は、職場環境が悪くストレスや疲れが溜まって、日常の生活で疲れやストレスが取れていないのでしょう。

部下の顔色悪くて体調が悪そうに見える、またいつもと様子が違うかも知れません。なので部下に話を聞き、部下が病院に行けるように早退させてあげたり、休暇を取らせたりしてあげましょう。

仕事で部下が泣く、上司がすべき適切な対処方法とは

出典
https://pixabay.com/ja/photos/%E6%80%9D%E8%80%83-%E6%80%9D%E8%80%83%E4%BD%9C%E6%A5%AD-%E7%94%B7-%E9%A1%94-%E9%BB%92-272677/

ここまでは、仕事で部下が泣く3つの理由について見てきました。ここからは仕事で部下が泣く、上司がすべき適切な対処方法について見ていきましょう。以下の4つです。

  1. 誰もいない別室に誘導する
  2. 落ち着くのを待ってあげる
  3. 部下の話に耳を傾ける
  4. ミスの指摘の方法を変える

仕事で部下が泣く、上司がすべき適切な対処方法を知っておけば、部下に余計な気遣いをしなくても、スムーズに解決できるようにできます。では次項から順番に解説していきます。

仕事で部下が泣く、上司がすべき対処①誰もいない別室に誘導する

出典
https://www.pexels.com/ja-jp/photo/416320/

最初に「誰もいない別室に移動させる」ことです。会社の中で部下が泣いている状況は、他の社員に動揺を与えてしますし、社員から注目されてしまいます。

もしこのままの状況が続いてしまうと、泣いている部下の感情を刺激して、気持ちが落ち着かずに、惨めな気持ちにさせてしまう可能性があります。

ですから誰もいない別室に移動させます。例えば、社員の視線の届かない会議室や休憩室などに、泣いている部下に付き添って、移動させてあげることです。

仕事で部下が泣く、上司がすべき対処②部下が落ち着くのを待つ

出典
https://www.photo-ac.com/main/detail/3422060?title=%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%94%B7%E6%80%A7

次は「落ち着くのを待ってあげる」ことです。自分の気持ちをコントロールできずに、感情が高ぶりによって部下が泣いてしまった場合は、時間が経つことで感情の高ぶりも和らいでくるはずです。

ですがその際に、上司が黙って腕組みをしながら、部下の様子を見ていると、部下は「上司が怒ってイライラしているのではと勘違いして、恐怖を感じて泣くことをぶり返す危険があります。

ですから、そっと優しく肩に手をかけて「気持ちが落ち着いたら、話してくれよ」と穏やかに声をかけて、少し距離をとって、部下に背を向けてあげましょう。

仕事で部下が泣く、上司がすべき対処③部下の話に耳を傾ける

出典
https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4098212/

次に部下が気持ちを取り乱して、泣いてしまった理由について「部下の話に耳を傾ける」ことです。部下の気持ちが落ち着いて何か言いたそうな時は、じっくりと部下の話に耳を傾けて聞いてあげましょう。

話を聞いてあげる注意点としては、「泣いていることを指摘しない」ことです。部下の高ぶった感情の結果として涙が出ています。泣いていることを注意することで、部下のストレスになる可能性もあります。

部下の話に寄り添いながら話が終わるまで、しっかりと話に耳を傾けます。上司が自分の話に耳を傾けてくれている安心感で、部下の高ぶった気持ちが和らいで、平静さを取り戻してくれます。

仕事で部下が泣く、上司がすべき対処④ミスの指摘方法を変える

出典
https://pixabay.com/ja/photos/%E6%89%8B-%E6%8C%87%E3%82%92%E6%8C%87%E3%81%99-%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-1923005

最後は「ミスの指摘方法を変える」ことです。部下が泣いてしまった状況や理由によって違いますが、仕事のミスを指摘して部下が泣いてしまった場合には、感情的に怒らずにミスを指摘してあげましょう。

上司が厳しい口調でミスを指摘してしまうと、部下の感情が再び高ぶってしまいます。ですから部下は落ち着いた回答ができません。

なので「ここの内容は良かったね。でも、ここの内容はこうすれば良かったのではないかな?」と感情的にならずに、怒らないでミスを指摘してあげることです。

泣く部下はメンタルが弱い人です。上司としては愛情をもって、冷静で客観的な視点をもち、部下と接していきましょう。

仕事で部下が泣く、上司のすべき適切な対処方法のまとめ

この記事では、仕事で泣く部下の3つの理由と、仕事で泣く部下への適切な4つの対処方法について解説してきました。改めて解説した内容をまとめてみましょう。

仕事で泣く部下の3つの理由
  1. 仕事が上手くできない悔しさ
  2. 辛い出来事が続いている悲しさ
  3. 仕事の疲れやストレス
仕事で泣く部下への適切な4つの対処方法
  1. 誰もいない別室に移動させる
  2. 落ち着くのを待ってあげる
  3. 部下の話に耳を傾ける
  4. ミスの指摘の方法を変える

仕事で部下が泣く気持ちが分からず、仕事で泣く部下への適切な対応ができなかったため、部下との関係が気まずくなってしまった経験のある上司の方もいるかも知れません。

是非この記事を参考にしてもらい、上司と部下の関係性を悪化させずに、良い関係性を気づいて下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

hayashi koji

初めまして林と申します。プロフィール見て頂き有難う御座います。現在の職業は鈑金業をしております。今迄物作りをしてきましたが、違う物作りの記事を書く事にしました。日々コツコツとライティングをしながらフリ-ランスを目指しています。 趣味は読書、ボ-ドゲーム、銭湯です。食事は毎日サツマイモと柿を食べたいくらいに好きです。飽きたことはありません(笑)。身体の維持のため一日一食、週一日は断食と健康人に関しては人一倍気を配っています。病気とは無縁人生を送り、人に信頼できる人になり、病気に悩む方に役に立つブログを書いたり、人に出会い伝えたり、人を助けて行くのが、自分の生涯のゴール地点です。