信用される上司になる!部下と信頼関係を築く方法5選【注意点も解説】

この記事は、部下と信頼関係を築く方法を知りたい方、部下からもっと信頼される上司になりたい方に向けて書かれています。

職場のチーム内で団結力を高めて、仕事の生産性を上げていくために、部下と信頼関係を築くのは必須です。

しかし、入社歴が浅い部下や、今まで関わりが薄かった部下と信頼関係を構築するのは、なかなか難しいですよね。

これから、部下と信頼関係を築く方法5選部下と信頼関係を築く上での3つの注意点について解説していきます。本記事を読むと、部下と理想的な信頼関係を築くことができるようになりますよ。

スポンサーリンク

部下と信頼関係を築くための行動5選

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%8F%A1%E6%89%8B-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF-%E6%89%8B-3091906/

まずは職場で部下と信頼関係を作っていくためには、どのような行動をすれば良いのかについて解説していきます。部下との信頼関係を築くために、あなたがすべき行動は以下の5つです。

部下との信頼関係を築く方法5選
  1. 公平に接する
  2. 接する機会を増やす
  3. 誠実な態度を見せる
  4. 日頃から感謝を伝える
  5. 部下を信じて仕事を任せる

それでは、部下との信頼関係を築く方法5選を、一つひとつ丁寧に解説していきます。すぐに実践できる行動を紹介しているので、是非参考にしてみてくださいね。

部下と信頼関係を築くための行動①公平に接する

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3153198/

最初に紹介する部下と信頼関係を築くための行動は、「公平に接する」です。あなたが特定の部下を特別扱いし、エコひいきしていると、不公平を感じた部下からの信頼を失います。

不公平を感じた部下たちは、仕事を頑張っても意味がないと考えるようになるので、意欲が低下するでしょう。

また、不公平に扱われていると感じた部下たちは、自分はあなたに好かれていないと考え、あなたを信頼しようとは思わなくなってしまいます。そのため、公平に接するように日頃から心がけてください。

例えば、部下を褒めるときは「君はすごいね」などと、部下個人を抽象的に褒めるのではなく、「業績を3倍に上げてすごいね」などと部下が出した結果に対して、具体的に褒めるとエコひいきだと思われにくいでしょう。

部下と信頼関係を築くための行動②接する機会を増やす

出典:https://unsplash.com/photos/W3Jl3jREpDY

2番目に紹介する部下と信頼関係を築くための行動は、「接する機会を増やす」です。信頼関係を構築するためには、日々の業務の中で、意識的に部下と接する回数を増やしていくことが大切です。

接する機会を積極的に増やしていくと、自然に部下と打ち解けることができ、信頼されるようになるでしょう。

例えば、自分から積極的に挨拶しにいき、仕事の近況や日頃の心配事などを聞き出すと良いですよ。

部下は、目上の上司に、自分のことを気にかけてもらえると嬉くなり、やがてあなたを信用するようになるでしょう。

部下と信頼関係を築くための行動③誠実な態度を見せる

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A4%A7%E4%BA%BA-%E3%81%AF%E3%81%92-%E9%AB%AD-%E4%BC%81%E6%A5%AD-1868750/

3番目に紹介する部下と信頼関係を築くための行動は、「誠実な態度を見せる」です。誠実な態度を見せるためには、部下に対して嘘をつかずに何事も正直に話し、約束をしっかりと守ることが重要です。

部下に嘘をついて、もし嘘がバレたら、部下との信頼関係を失うことに繋がるでしょう。そのため、「わからないことは、わからない」「できないことは、できない」と正直に言うと良いでしょう。

上司の立場になると、どうしてもプライドが高くなってしまいがちですが、嘘をつかずに、部下へ素直に話すようにしましょう。

また、守れない約束はしてはいけません。約束を守れないことが多いと、部下からの信頼を失ってしまいます。

部下と信頼関係を築くための行動④日頃から感謝を伝える

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/653429/

4番目に紹介する部下と信頼関係を築くための行動は、「日頃から感謝を伝える」です。あなたは、部下に対して日頃から感謝の気持ちを伝えていますか?

部下は「この前は、〇〇してくれて、ありがとう!」「いつも〇〇してくれて、助かっているよ!」のような感謝の言葉を、目上のあなたから言ってもらえると、嬉しいものです。

部下が上司の指示を聞くのは「当たり前」と考えて、日頃の感謝を伝えることを疎かにしてはいけません。

感謝を伝える際には、部下が貢献してくれている細かな点に注目して感謝してあげると、部下は自分のことをしっかり評価してもらえていると感じ、あなたのことを信頼するようになるでしょう。

部下と信頼関係を築くための行動⑤部下を信じて仕事を任せる

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/949605?title=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E6%8F%A1%E6%89%8B

5番目に紹介する部下と信頼関係を築くための行動は、「部下を信じて仕事を任せる」です。部下から信頼されたいならば、まずは、あなたが部下を信頼しなくてはいけません。

部下の現時点で持っている知識やスキルで、少し背伸びをすればできるような仕事があった時には、積極的に部下へ仕事を任せてあげると良いでしょう。

能力より少し上の業務を任されることで、部下は自分を信じて仕事を任せてくれていると感じます。そして、仕事に対する意欲を高め、いつも以上の能力を発揮することができます。

部下の能力より少し上の業務を任せる際には、なぜその仕事を頼むのか、理由や目的をしっかりと説明した上で任せることが大切です。また、一度仕事を任せたら、細かいことに口を出してはいけません。

部下と信頼関係を築く上での3つの注意点

https://www.photo-ac.com/main/detail/3212016?title=バツのポーズをする男性

部下との信頼関係を築く方法5選を踏まえた上で、これから紹介する注意点を押さえていきましょう。ここからは、部下と信頼関係を築く上での3つの注意点を紹介していきます。注意点は以下の3つです。

部下と信頼関係を築く上での3つの注意点
  1. 威圧的な態度をとらない
  2. 職場以外で干渉しすぎない
  3. 常に完璧な上司でなくて良い

それでは、部下と信頼関係を築く上での3つの注意点を、1つずつ詳しく解説していきます。是非参考にしてみてください。

部下と信頼関係を築く上での注意点①威圧的な態度をとらない

出典:https://unsplash.com/photos/m0oSTE_MjsI

1つ目の注意点は、「威圧的な態度を取らない」です。部下を教育する際に、つい威圧的な態度をとってしまうことはありませんか?

時には叱ることも重要ですが、部下を厳しく育てようとするあまり、威圧的な態度をとってはいけません。

部下は上司から何度も否定されたり、異論を受け付けない態度を取られたりすると「もうこの人に何を言っても無駄だ」と諦めてしまい、やがてあなたを信頼しなくなります。

そのため、部下の意見をしっかり聞き入れるようにして、威圧的な態度を取らないように気を付けましょう。

部下と信頼関係を築く上での注意点②職場以外で干渉しすぎない

出典:https://www.pakutaso.com/20190849219post-22528.html

2つ目の注意点は、部下に「職場以外で干渉しすぎない」ことです。部下と仲良くなるために、少しでも接する機会を増やしたいと考える気持ちはわかりますが、職場以外で干渉しすぎるのは止めてください。

例えば、労働時間外に、酒の席や食事への誘いをすると、部下からは強制参加の飲み会と受け止められる可能性があります。また、性別が違えば、異性として好意を持たれていると誤解される可能性もあります。

そのため、信頼関係を作ろうとして職場以外で部下へ干渉しすぎると、逆に信頼を失う可能性があります。

どうしてもプロジェクトの打ち上げなどで、労働時間外に飲み会に誘いたいときは、都合が悪い場合は断っても問題ないと、前置きをすると良いでしょう。

部下と信頼関係を築く上での注意点③常に完璧な上司でなくて良い

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/macbook-842567/

最後に紹介する注意点は、「常に完璧な上司でなくて良い」ということです。

ここまで部下と信頼関係を築く上での様々なノウハウを紹介してきましたが、部下のお手本にならなければと常に気を張って、完璧な上司を演じていると、ストレスが溜まってしまいます。

人との信頼関係が構築されていくときに、相手の苦手な部分を見て、距離が縮まった経験はありませんか?上司という立場でも、仕事でミスや失敗をすることは当然あります。

上司が部下を信頼している姿勢を常に見せていれば、ミスや失敗をしたときに、部下からの信頼を失うことには繋がりません。むしろ、人間味を感じて部下の緊張感がほぐれる場合もあります。

まとめ

本記事では、部下と信頼関係を築く方法5選部下と信頼関係を築く上での3つの注意点を紹介しました。最後にもう一度、おさらいしましょう。

部下との信頼関係を築く方法5選
  1. 公平に接する
  2. 接する機会を増やす
  3. 誠実な態度を見せる
  4. 日頃から感謝を伝える
  5. 部下を信じて仕事を任せる
部下と信頼関係を築く上での3つの注意点
  1. 威圧的な態度をとらない
  2. 職場以外で干渉しすぎない
  3. 常に完璧な上司でなくて良い

信頼関係を構築するのは、時間がかかるので、今回紹介した方法を「根気よく・継続的に 」実践していきましょう。

あなたが部下と、理想的な信頼関係を築けることを心より願っています。最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

やいて

東証一部上場企業 → ベンチャー企業の副社長 → ECサイトの店長 →フリーライター(予定)。千葉県出身の24歳。 2020年6月からwebライターとして活動を始めました。 ベンチャー企業の副社長をしていた際に、「1日16時間×365日労働」をした経験があるので、体力には自信があります。 「時間と場所に縛られない生活」を送ることが将来の目標です!