上司が部下を可愛がるのはなぜ?好かれる人材の4つの特徴を解説

上司が可愛がる部下になるにはどうしたらいいのかと、悩んでいませんか?上司に可愛がられない理由は、知らないうちに嫌われる態度をとっていたり、単なる思い込みだったりなど、いくつかあります。

自分の行動を振り返り、上司に好かれる部下の特徴を知ることは、上司に可愛がられる部下になる近道です。

さらに上司の性格を把握することで、どのように対応すると喜ばれるか、考えて行動するようになるでしょう。

この記事では、上司に嫌われている行動をとっていないかどうか振り返るとともに、上司から可愛がられる部下の特徴についてご紹介します。上司と良い関係を築くためのヒントにしてください。

スポンサーリンク

上司に嫌われるような態度をとっていませんか?

https://www.photo-ac.com/main/detail/3221994?title=%E6%BF%80%E6%80%92%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3

上司から敬遠されていると感じる場合、知らないうちに嫌われる態度をとっていることが考えられます。なぜなら、無意識に行動したことが、上司に嫌われる直接の原因になることも少なくないからです。

上司から指示された時、露骨に嫌な顔をしていないでしょうか。指示された仕事にケチをつける、提出期限を守らない、間違った意見に真っ向から対抗するといった態度も、上司に嫌われる要因になります。

上司に対して嫌な言動をとってこなかったかどうか、ここでもう一度振り返ってみましょう。もし心当たりがあればそれを改め、次につなげることが大切です。

「好かれていない」と思い込んでいる場合もある

上司に嫌われていると感じたら、本当に嫌われているかどうか、確認するようにしましょう。

嫌われていると感じることは単なる思い込みで、事実でない場合も多いからです。

思い込みをしているかどうか確かめるには、周囲の人に聞くのが一番です。その場合、同僚など、率直に助言してくれる人を選び、現状を正確に把握することがポイントになります。

単なる思い込みであれば、思い込みを捨てて、好かれる部下になるにはどうしたら良いか考えてみましょう。次の章では、上司が部下を可愛がる理由について説明します。

上司が部下を可愛がる理由とは

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3073720?title=%E4%B8%8A%E5%8F%B8%E3%81%A8%E9%83%A8%E4%B8%8B21

上司が部下を可愛がる理由は、その部下に好感を抱いているためです。人は好感を持つ相手に協力したい、良くしてあげたいと思う傾向があります。

たとえば、部下とのコミュニケーションを望んでいる上司に、調べればすぐに分かることでも聞いたり、確認したりすると、上司は「何とかして応えてあげたい」と、親身になってくれるでしょう。

上司が好感を抱く部下の傾向を把握することが、可愛がられる部下になる第一歩です。次の章では、上司に可愛がられる部下の特徴について解説します。

上司が可愛がる部下の4つの特徴

https://unsplash.com/photos/NbtIDoFKGO8

上司に可愛がられる部下には、以下のような4つの特徴があります。

  1. 責任感のある行動
  2. 報連相を徹底する
  3. 気遣いできる
  4. 意見を聞く柔軟性

社会人として当たり前の行動かもしれませんが、4つの特徴はみな、多くの上司が好意的に受け止める部下の行動です。

たとえば、指示した書類の提出期限を守らない部下よりも、常に期限前に提出する部下の方が、上司は良い印象を持つのではないでしょうか。

上司に可愛がられる部下の特徴を把握して行動に移すことが、好かれる部下になる近道と言えるでしょう。次の章からは、各特徴について詳しく説明します。

上司が可愛がる部下の特徴1:責任感のある行動

上司が可愛がる部下の特徴1つ目は、責任感のある行動です。責任感を持つことは、「最後まで仕事をやり遂げる」「どんな結果でも自分の責任として受け止める」という行動を意味します。

責任感を持たずに仕事をすると、上司は部下に対して不信感を抱き、安心して仕事を任せることができなくなるでしょう。

たとえば自分が任された仕事なのに、他人のせいで終わらないと言い訳をしたら、上司はあなたのことを「他人に責任をなすりつける人間」と、烙印を押してしまうかもしれません。

約束したことは、必ずやり遂げるようにしましょう。そうすることで上司はあなたを信頼するようになり、大事な仕事を任せるほど、可愛がるようになるかもしれません。

上司が可愛がる部下の特徴2:報連相を徹底する

上司が可愛がる部下の特徴2つ目は、「報(報告)連(連絡)相(相談)」を徹底することです。

報連相は、社会人なら使えて当たり前と認識されている連絡手段です。報連相が疎かになると、トラブルが発生しやすくなるため、報連相ができない部下は、上司から嫌われる傾向にあります。

仕事中は、片時も報連相を忘れないようにしましょう。些細な情報と思われることでも、念の為上司と共有する慎重さが必要です。

報連相を徹底することは、トラブルを未然に防ぐと同時に、信頼関係を構築する下地を作ります。信頼関係が強くなればなるほど、上司から可愛がられる可能性も高くなります。

上司が可愛がる部下の特徴3:気遣いできる

上司が可愛がる部下の特徴3つ目は、気遣いができることです。相手の気持ちを推し量り、適切な行動に移せる部下は、上司から可愛がられる傾向にあります。

上司が仕事に求めている完成度を察知し、作業を進めましょう。間違いを指摘されたとしても自分のミスであることを認め、再び仕事に取り組むことが大切です。

上司の期待に応えようとする姿勢は、上司に良い印象を残すことなります。上司が「この部下を育てていきたい」と思えば、可愛がられながら成長できるでしょう。

上司が可愛がる部下の特徴4:意見を聞く柔軟性

上司が可愛がる部下の特徴4つ目は、意見を聞く柔軟性があることです。聞く耳を持っているだけでも上司に好印象を与えますが、柔軟に対応することで、仕事に対するやる気も上司に伝わります。

上司の指示を聞く時は、熱心に耳を傾け、メモを取るようにしましょう。話の途中で口を挟まず、上司の話は最後まで聞きます。質問する場合は、話が終わった後がベストです。

上司の指示に耳を傾け、上司の意向を正確に把握し、それにあわせて柔軟に対応すると、上司は「もっと仕事を教えてあげたい」と思うようになるでしょう。

上司の性格を把握し、さらなる好かれ部下を目指そう

出典:https://unsplash.com/photos/-AXDunSs-n4

上司に可愛がられる部下として行動できるようになったら、上司の性格を把握して、より好かれるように自分を変える努力をしてみましょう。

なぜなら、人の好き・嫌いには個人差があり、上司によって部下の好みは異なるからです。たとえば保守的な上司は、変化やリスクを伴う仕事のやり方を嫌い、自分に従順な部下を好みます。

世話好きな上司は、相手の状況を好転させることに喜びを感じ、悩みや相談などを打ち明けてくれ、仕事に積極的に取り組む部下を好ましく思う傾向があります。

このように、上司の性格によって好む部下の特徴はさまざまです。日頃から上司の性格やリアクション、考え方などを観察し、どのように行動するのが良いか考えることが、より好かれる部下になることにつながります。

まとめ

上司に可愛がられる部下の特徴について解説しました。可愛がられる部下の特徴を知ることで、どのように行動したら良いかがわかるようになります。

上司に可愛がられる部下のおもな特徴には、以下の4つありました。

  1. 責任感のある行動
  2. 報連相を徹底する
  3. 気遣いできる
  4. 意見を聞く柔軟性

どの特徴も上司に好印象を与えられますので、できそうな行動から実践してみてはいかがでしょうか。

上司との良好な関係は、努力次第で築けます。上司に可愛がられるよう自分を変え、仕事のチャンスを広げていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。