適切な部下の教育計画を立てるには?育成のコツをわかりやすく解説

部下の教育計画をどのように立てたら良いのかわからないと、お悩みではありませんか?教育計画とは、部下を仕事のできる人材に育てるためのプランのことです。

適切な教育計画を立てるには、「なぜ必要なのか」ということを理解することから始めましょう。この記事では、教育計画の必要性とともに、適切な計画を立てるために考慮したい5つのポイントについて解説します。

記事を読むことで、教育計画の作業の進め方が分かるようになるでしょう。部下の教育計画を立てる際の参考にしてください。

スポンサーリンク

部下の教育計画を立てる必要性とは

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E4%BC%9A%E8%AD%B0-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-1453895/

最初に結論からお伝えします。部下の教育計画を立てるべき理由は、理想の部下に成長させるための具体的な行動を明確にするためです。

目標と行動を明確にすることで、部下と上司は、人材育成に必要な情報を共有できます。情報を共有すると、部下は行動しやすくなり、上司は指導しやすくなのです。

例えば、計画書に「部下が自発的に企画・提案できる」という目標と、「企画に使えそうなネタを1日5個見つける」という行動を書き込むと、部下と上司は、何のためにどう行動するかを常に把握できるようになります。

部下の教育計画書は、部下を育てるガイドライン的な存在と言えるでしょう。次の章では、適切な計画を立てるための5つのポイントについて解説します。

部下の適切な教育計画を立てるための5つのポイント

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%96%B6%E6%A5%AD%E4%BC%9A%E8%AD%B0-%E4%BC%9A%E8%AD%B0-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-5395567/

部下の教育計画書を作成するには、以下の5つのポイントを考慮することが大切です。

  1. 経営理念を考慮したゴールを設定する
  2. 部下の現状を把握する
  3. ゴールと現状のギャップを把握する
  4. 部下と話し合いながら内容を決める
  5. 部下がステップアップできるように目標を設定する

計画は、部下を育てるために必要ですが、究極の目的は、会社の発展に貢献する点にあります。計画の内容は達成可能であると同時に、目標達成が会社の発展につながるものであることが理想です。

経営理念を考慮することで、計画の目標と会社の方向性がつながります。さらに、理想と部下の現状のギャップを把握することで、必要なスキルが見えてきます。

このように、5つのポイントに沿って作業を進めると、理にかなった計画書の作成が可能です。次の章から、各ポイントについて詳しく解説します。

教育計画のポイント1:経営理念を考慮したゴールを設定する

教育計画のポイント1つ目は、経営理念を考慮したゴールを設定することです。なぜなら、人材を育てるのは、企業の発展に貢献するためだからです。

経営理念を理解すると、企業のゴールから教育の目標設定が可能になります。例えば「国境を超えた経営のサポート」を掲げている会社の場合、経営戦略から必要な行動が、以下のように導き出されるでしょう。

  • 日本を拠点に中国に向けてサービスを強化する(経営戦略)
  • 中国語でビジネス商談できる人材が必要(理想の人物像)
  • ビジネス中国語検定上級に合格する(目標に到達するための行動)

このように、経営理念から導かれたゴールは、会社の発展につながります。部下の育成方針を決める時は、経営理念を必ず念頭に置くようにしましょう。

教育計画のポイント2:部下の現状を把握する

教育計画のポイント2つ目は、部下の現状を把握することです。なぜなら、部下の現状を無視して計画を立てると、失敗に終わる可能性が高くなるからです。

たとえば中国語がほとんどわからない部下に対して、ビジネス中国語検定上級取得という目標は、ハードルが高すぎます。部下の現状を無視して目標を決めると、現実離れした内容になってしまいます。

部下の現状を把握していれば、的外れの目標ということに気づき、目標そのものを変更するか、目標と現状の間に小さな目標を設けるか、適切な方法を選択するでしょう。

達成が難しい目標は、部下のモチベーションを下げます。部下の現状をできるだけ正確に把握することは、適切な教育計画の作成に不可欠です。

教育計画のポイント3:ゴールと現状のギャップを把握する

https://pixabay.com/ja/photos/%E8%A8%88%E7%94%BB-%E7%9B%AE%E7%9A%84-%E6%88%A6%E7%95%A5-%E7%9B%AE%E6%A8%99-2372176/

教育計画のポイント3つ目は、ゴールと現状のギャップを把握することです。理想の人物像と部下の現状のギャップを把握することで、ギャップを埋めるために必要なスキルを洗い出すことが可能になります。

例えば「中国語でビジネス商談ができる人材」が理想で、部下の現状は「片言の中国語が話せる程度」のレベルだとします。

理想と現実のギャップを把握すると、「中国語で挨拶を覚える」など獲得すべきスキルが見えてくるでしょう。

部下の教育計画を練る際は、理想と現実のギャップをできるだけ正確に把握することが大切です。ギャップを正確に把握することで、部下のレベルに合わせた計画内容となり、上司も指導しやすくなります。

教育計画のポイント4:部下と話し合いながら内容を決める

教育計画のポイント4つ目は、部下と話し合いながら内容を決めることです。

なぜなら、教育計画を実践するのは部下であり、部下が成長のために必要と感じている点を聞き出すことで、良い案が生まれる可能性が出てくるからです。

ゴールと現実のギャップから、必要と思われるスキルをいくつか洗い出したら、部下を集めて「他にアイデアがあったら教えて欲しい」と、話し合ってみましょう。

部下と納得の行くまで話し合って決めた教育計画なら、部下は「自分で立てた目標だから」と、より意欲的に仕事に取り組むようになります。

教育計画のポイント5:部下がステップアップする目標を設定する

https://pixabay.com/ja/photos/%E8%B5%B7%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A2-%E8%83%BD%E5%8A%9B-1340649/

教育計画のポイント5つ目は、部下がステップアップできるように目標を設定することです。簡単なことから順番に設定すると、部下は達成感を得やすく、最終ゴールまでモチベーションを維持できるようになります。

たとえば、「6ヶ月後に100万円の売上目標を達成する」というゴールを設定したとします。そして、ゴールを達成するために、以下の案が出ました。

  • 訪問企業先を月7件増やす
  • 新規開拓で新しい訪問先を月5件増やす
  • 月の契約数を4件増やす

できそうな案から「小さな目標」として設定すると、部下は小さな目標をクリアするたびに、「最終目標に近づいていく」と、喜びを感じるようになるでしょう。

このように、部下が段階的にスキルアップできるように目標を設定することは、無理なく目標を達成する近道になります。

教育計画は一覧表にまとめる

部下の教育計画を立てたら、それを一覧表にまとめましょう。一覧表にすることで、進捗状況や次の目標を容易に確認できるようになります。

一覧表の作成に決まりはありませんが、「6ヶ月後に100万円の売上目標を達成する」ために、「期限」「目標達成に必要なスキル」「スキルを得るための行動」の3つの項目を以下のようにまとめてみました。

期限 目標達成に必要なスキル スキルを得るための行動
2ヶ月後 訪問企業先を月7件増やす ルートセールスのやり方をいくつか試してみる
4ヶ月後 新規開拓で新しい訪問先を月5件増やす 営業エリアを拡大する
5ヶ月後 月の契約数を4件増やす 契約に結びつきそうな営業先を優先して訪問する

たとえシンプルなものであっても、教育計画を一覧表にすることで、必要な情報が明確になります。部下はするべきことを確認しやすく、上司は進捗状況を確認しやすくなるでしょう。

作成した部下の教育計画は経営側に確認してもらう

作成した教育計画を経営側に確認してもらうことは、大事な作業の一つです。

経営側は、計画の内容について、事業計画や経営戦略など、会社全体の視点から適切であるかどうかを、客観的に判断するからです。

ベテランの管理職や人事担当者に作成した計画書を見てもらい、意見を聞きます。アドバイスに応じて企業目標達成に必要なスキルを追加するなど、必要箇所を修正し、完成させていきましょう。

多くの人の意見を聞きながら修正していくことで、教育計画は精度を増します。経営陣に最終チェックしてもらうことは、作成した教育計画が、会社の目標にかなっているかどうか確認する上でとても大切です。

まとめ

部下を育てる教育計画の立て方について紹介しました。部下の教育計画は、部下を理想の人材に育てるために不可欠で、適切に作成することが求められます。

教育計画を立てるには、以下の5つのポイントを考慮する必要があります。

  1. 経営理念を考慮したゴールを設定する
  2. 部下の現状を把握する
  3. ゴールと現状のギャップを把握する
  4. 部下と話し合いながら内容を決める
  5. 部下がステップアップできるように目標を設定する

適切な教育計画書を作成し、会社の発展に貢献する部下に育てていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。