ヘッドハンティングの丁寧な断り方【知り合いから誘われた人必見!】

この記事は、「知り合いにヘッドハンティングされたけど、関係が悪くならない断り方を知りたい」方向けに書かれています。

知り合いから「新しい会社を作るから、あなたに来てほしい」といきなり言われても困ってしまいますよね。

この記事では、知り合いからヘッドハンティングを受けた場合に断る方法や、断る際に気を付けるポイント断り方の例と一緒に紹介しています。

この記事を最後まで読んでいただくと、知り合いにヘッドハンティングされても、関係にひびが入ることなく断ることができるようになります。

スポンサーリンク

ヘッドハンティングを知り合いから受けても断れるのか

https://www.pakutaso.com/20190837218post-22462.html

結論から言うと、ヘッドハンティングを知り合いから受けても断ることができます。なぜなら、職業を選択することは個人の自由であるからです。

しかし、知り合いからのヘッドハンティングを断ってしまうと、その後の関係が少し悪くなる可能性もあります。

次の章から、少しでも関係が悪くならないように「知り合いからヘッドハンティングを受けた場合の断り方」について詳しく解説していきます。

ヘッドハンティングを知り合いから受けた場合の断り方

https://www.pakutaso.com/20140902261post-4591.html

知り合いからヘッドハンティングを受けた場合は、対面で会って断るのがいいでしょう。電話やメールだと、言葉の受け取り方の違いで、丁寧に断ったと思っていても、相手が不快に思うかもしれません。

互いに会う暇がないぐらい忙しいのであれば、電話やメールで断るのも手段の1つですが、あまりおすすめできません。

対面で断る際におすすめの場所は、ホテルのラウンジなど普段と異なった環境で断ることです。普段と違う環境は、知り合いに緊張感を与え、真剣にあなたの言葉に耳を傾けてくれます。

真剣に耳を傾ける環境を整えることで、あなたの知り合いは、あなたが断る理由を言葉の受け取り違いがないように聞いてくれますよ。

ヘッドハンティングを断る際に気を付けること①【丁寧に】

https://www.photo-ac.com/main/detail/2198236?title=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%20%E6%9C%AC%20%E7%94%B7%E6%80%A7

知り合いからのヘッドハンティングを断る際には、対面で断るといいとお伝えしました。今後の関係性を続けるために、対面で断る際に気を付けておくべきことが3つあります。

ヘッドハンティングを断る際に気を付ける1つ目は、「誘ってくれたに関して、感謝するとともに、なぜ断るのかを真摯に答える」ことです。

なぜなら、理由もなく適当に断ってしまうと、関係にひびが入りかねないからです。ヘッドハンティングされたということは、知り合いは、あなたのことを評価しています。

まずは、知り合いから評価されていることに関して、感謝を伝え、丁寧に断りを入れましょう。

ヘッドハンティングを断る際に気を付けること②【早く】

達成

https://pixabay.com/ja/photos/交流-成長-成功-矢印-2081170/

ヘッドハンティングを断る際に気を付ける2つ目は、「早く断る」ことです。なぜならば、知り合いの人は早く返事が欲しいからです。

ヘッドハンティングをされるということは、需要な役が空いて、すぐにでも役を埋めないといけない状況である場合が想定されます。

知り合いからのヘッドハンティングを断るのなら、早めに断りましょう。いつまでも決断を先延ばしにしていると、知り合いは「レスポンスが遅い」と感じてしまい、関係性が悪くなるでしょう。

ヘッドハンティングを断る際に気を付けること③【嘘をつかない】

https://www.pakutaso.com/20180356082post-15643.html

ヘッドハンティングを断る際に気を付ける3つ目は「断る理由の中で嘘をつかない」ことです。なぜなら、知り合いなので、断る理由の中に嘘を入れてしまうと、後から嘘がばれる可能性があるからです。

知り合いは、あなたのことを評価して、ヘッドハンティングをしてくれています。評価している人から嘘をつかれていたとわかると信頼を失いかねません。

次の章から、丁寧かつ嘘をつかないように「断る」ための例文を掲載しています。断る理由をより丁寧に伝えたい方は、参考にしてみてください。

知り合いにヘッドハンティングされたとき使える断り方例①

https://www.pakutaso.com/20180524145gdpr-1.html

知り合いにヘッドハンティングされた際に使える断り方例1つ目は「今の会社でやり残したことがある、会社に恩返しする」などです。

会社でやり残したことがある、会社で恩返ししたいなどの理由は、ヘッドハンティングを断る理由としては、良いといえます。

なぜなら、知り合いに「仕事熱心である」「義理堅い」という印象を与えながら断ることができるからです。

ポイントとしては、「今の会社でやり残したこととは何か」具体的に伝えることが大切です。具体的な内容を盛り込むことで、知り合いも断る理由を納得してくれます。

知り合いにヘッドハンティングされたとき使える断り方例②

知り合いにヘッドハンティングされた際に使える断り方例2つ目は「今の仕事が好き」という理由です。

「今の仕事が好き」という理由は、知り合いから「仕事熱心だな」という印象を与え、関係性も崩さず断ることができます。

断るポイントとしては、具体的に「仕事のどの部分が好きなのか」について説明しましょう。仕事がどれだけ好きか伝えることで、断る理由に説得力が生まれます。

今の仕事が好きという気持ちを、知り合いに伝えつつ、ヘッドハンティングを断って、関係性を保ちましょう。

知り合いにヘッドハンティングされたとき使える断り方例③

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%88-%E8%A8%88%E7%94%BB-3075835/#content

知り合いにヘッドハンティングされた際に使える断り方例3つ目は「自分の夢を叶えるために、今の仕事をしているから転職できない」という理由です。

この断り方は、知り合いに「将来を考えている」という印象を与えられるため、関係が崩れにくい断り方であるといえます。

具体的に今の仕事から、「どのようなキャリアを積んでいきたいか」について話すと、より説得感が増します。

きちんとキャリアを伝えることで、もしかしたら知り合いに「キャリアアップ」の手伝いをしてもらえるかもしれません。

知り合いにヘッドハンティングされたとき使える断り方例④

知り合いにヘッドハンティングされた際に使える断り方例4つ目は「家族の意向があり転職できない」という理由です。

生活基盤である「収入」や福利厚生などを急激に変えてしまうと、生活が不安定になるのは当たり前です。

自分の意志でなく、家族のことを考えると転職できないという理由は、知り合いもわかってくれるでしょう。

家族のことを理由にする際には、必ず家族に「知り合いからヘッドハンティングをされている」という相談をした方がいいでしょう。

知り合いからのヘッドハンティングの丁寧な断り方まとめ

知り合いからのヘッドハンティングを断るポイント
  1. 丁寧に断る
  2. 早く断る
  3. 断る理由で嘘をつかない
ヘッドハンティングの断り方例
  • 今の会社でやりたい事がある
  • 今の仕事が好き
  • 自分の夢をかなえるために、今の仕事を続けたい
  • 家族が反対しているので難しい

ヘッドハンティングを知り合いから誘われた場合の断り方は、対面で丁寧に嘘のない理由で断りましょう。

対面で断る際には、普段とは違う環境で、必ずヘッドハンティングをしてくれたことに関して感謝を伝えましょう。

ヘッドハンティングを受けても知り合いとの関係性が崩れないように断れることを祈っています。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。