退職代行EXITの評判を実際にサービスを利用した筆者目線で解説

この記事は「退職代行EXITの評判ってどうなんだろう?本当に退職できるのか知りたい」という方向けに書かれています。

会社を辞めたいと考えているけど、退職代行って本当に辞められるのか心配ですよね。私も退職代行を使ったことがありますが、最初は退職代行に関して不安がありました。

この記事では、「退職代行EXITの評判や口コミ」と「退職代行を使うメリット、気を付けること」について退職代行を使った筆者の視点で解説していきます。

この記事を最後まで読んで、退職代行を使う際の参考にしてください。

スポンサーリンク

退職代行EXITはどんなサービスか

退職代行EXITは、電話やメール、ラインで申し込みをして、あなたの勤めている会社に退職の意思を代わりに伝えてくれるサービスです。

ただし、弁護士が会社と交渉してくれるサービスではないので、有給休暇の交渉や未払い賃金、退職金の交渉は代わりに行ってくれません。

正社員やパートアルバイトもサービスを利用することができます。

正社員がEXITを使う際の料金は5万円パートアルバイトの方は3万円となっており、支払いは指定の口座へ、振り込みかクレジットカードで決済できます。

退職代行EXITの良い評判は?

実際に退職代行EXITのサービスを使ったことで、救われたという方もいるようです。

実際に私が退職代行を使った時も、助けられました。当時はかなり追い詰められていて、すぐにでも辞めないとメンタルがだめになっていたかもしれない状態だったと思います。

退職代行を使うことに関して「卑怯だ」という方もたまにいるのですが、労働契約を「代行」によって解消しているだけなので、何も問題はありません。世間の目は気にせず「退職代行EXIT」を使ってみましょう。

退職代行EXITの悪い評判は?

退職代行EXITのサービスを実際に使った方の中には、対応が悪かったという口コミがあったり、そもそも退職代行のことを良く思っていない方もいるようです。

私が退職代行を使った時は、チャットアプリの「LINE」で問い合わせをしたので、特に対応が悪いといった印象は受けませんでした。

しかし、申し込んだ当日に、会社に退職届を配達証明付きで郵送したり、会社の備品を郵送したりしなければならなかったので、忙しかったです。その上、郵便代が4千円ぐらいかかりました。

退職代行EXITを使うメリットとその評判は?

退職代行EXITの大まかな評判を見てきましたが、EXITを使うメリットと「メリットは本当なのか」評判が気になりますよね。

実際に退職代行を使った私が、退職代行EXITを使うメリットを体験談とともに解説していきます。退職代行EXITを使うメリットは大きく2つあります。

退職代行を使うメリット
  1. 即日で辞められる
  2. 会社に連絡しなくていい

退職代行というだけあって、実際に即日で辞められましたし、会社に”辞める”連絡は一切しませんでした。

退職代行EXITのメリット①【即日で辞めれたと評判】

私は退職代行に夜の8時に連絡して、次の日には辞めることができました。使った感想としては、「え、こんな簡単に仕事辞められたんだ」というものでした。

退職代行で仕事を辞める流れ
  1. LINEで問い合わせ
  2. 内容を聞いてクレジットで決済
  3. 業者の指示に従って、「退職届」「引き継ぎ書」を作成し、受取証明付きレターパックでコンビニで郵送
  4. 次の日10時に退職が受理されたことについて業者から連絡があり。
  5. 会社から貸与されている備品を郵送で返却
  6. 会社から「離職票」などが届く

退職代行を使う場合は、退職届を「受取証明付き」で郵送するほか、備品の返却を郵送で行うため、退職代行とは別に4千円かかることは、覚えておきましょう。

退職代行EXITのメリット②【会社に連絡しなくていいと評判】

退職代行を使うと「会社に連絡せず」に会社を辞められました。会社から、意思確認の連絡もなかったので、本当にあっさりと仕事を辞めることができました。

しかし、退職するにあたっての書類のやり取りについての連絡は、会社とメールで行っていました。

退職代行業者は、「離職票や社会保険資格喪失証明書の郵送について、退職届に書いておいてください」とアドバイスするだけで、書類に関しては交渉してくれませんでした。

失業手当を受給する際に必要な書類転職時に必要な「退職証明書」などは、メールで自分で交渉しなければならないことは覚えておきましょう。

退職代行EXITのデメリットと評判は?

私は退職代行を使っていて、デメリットだと感じたことは、特にありませんでした。しかし、中には退職代行EXITの悪い評判を訴える人もいるようです。

この章から、ツイッターで見つけた「退職代行EXIT」のデメリットと評判について解説していきます。退職代行を使うデメリットは2つあります。

退職代行を使うデメリット
  1. 弁護士がおらず会社との交渉ができない
  2. 対応が良くない

退職代行はあくまでも「退職します」という意思を会社に代わりに伝えてくれるだけなので、未払い賃金の交渉や有給休暇の交渉は行うことができません。

また、担当者によっては対応が悪い場合があるので、対応が悪い担当者に当たった場合は、担当変更を求めると良いでしょう。

退職代行EXITのデメリット①【会社と交渉できないと評判】

退職代行EXITは、有給休暇の交渉や退職金の交渉を行うことはできません。なぜなら、「非弁行為」といって、弁護士のみが会社と交渉できるという法律で決まっているからです。

そのため、弁護士のいない退職代行EXITが行ってくれるのは、「会社を辞めます」と代わりに伝えてくれるところまでです。有給休暇の交渉や退職金の交渉は、自分で行っていくしかありません。

「有給休暇の交渉や退職金の交渉をしてほしい」という方は、弁護士が間に入ってくれる業者に退職代行の依頼をしましょう。

  • 退職代行サービスNEXT」:退職代行専門の弁護士が交渉する退職代行サービスです。価格は33,000円です。
  • 弁護士法人みやび」:弁護士法人が行っている退職代行サービスです。価格は55,000円です。

退職代行EXITのデメリット②【対応が悪い評判】

対応が良くない担当者もいるようです。しかし、こちらの情報は2018年の口コミなので、現在はサービスの改善が行われているでしょう。

私が退職代行を使った時は、2019年だったので、世間の「退職代行」に対する認知度が上がっていた年でした。

もし、サービスに対して質問があれば、お金を支払う前に、「退職代行EXIT」へLINEやメールで連絡してみましょう。疑問を全て解決した上で、サービスを利用すると良いです。

退職代行EXITの評判まとめ

退職代行を使うメリット
  1. 即日で辞められる
  2. 会社に連絡しなくていい
退職代行を使うデメリット
  1. 弁護士がおらず会社との交渉ができない
  2. 対応が良くない

退職代行を使えば、会社を簡単に辞めることができます。反対に、退職代行EXITは、退職の意思を伝える代行を行うだけの業者なので、会社と交渉できるわけではないので注意しましょう。

現在のあなたの状況と退職代行のメリットとデメリットをよく考えて、退職代行を使ってみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。