管理職が孤独に感じる3つの理由とは?対処方法も一緒に紹介

仕事管理や人材育成などを主な業務としている管理職は、会社には必要不可欠な職業です。

しかし、「管理職は孤独」という雰囲気が強くて、あまり良いイメージがないこともまた事実。

本記事では、そんな「管理職」をテーマにして、以下のような内容を紹介しています。

本記事の内容
  • 管理職が孤独に感じる理由
  • 孤独を感じないようにする対処方法

管理職が孤独に感じる理由を知りたい人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

管理職は孤独に感じやすい理由

管理職は、仕事内容などの関係で結構孤独に感じやすい職種です。

管理職が孤独に感じる理由として、主に以下の3つが挙げられます。

管理職が孤独に感じる理由
  • 責任感のある仕事だから
  • 管理している部下全員に気を遣う必要があるから
  • 「できて当然」と思われるから

なので、「孤独を感じやすい仕事はしたくない!」という人はあまり管理職は向いていないと言えます。

それでは、管理職が孤独に感じやすい理由について、1つずつ説明していきます。

管理職が孤独な理由① 責任感のある仕事だから

管理職が孤独に感じやすい理由として最も多いのが、「責任感のある仕事だから」です。

管理職は、責任感のある仕事が多いからこそ会社にとって必要不可欠な存在。そのせいで管理職は、常にプレッシャーを感じ続けながら仕事をしなければいけません。

プレッシャーが強い仕事は疎外感を感じやすいので、孤独を覚えやすいのです。

お昼ご飯や軽い休憩などでも仕事のことを忘れられないので、プレッシャーに弱い人ほど孤独感を覚えやすいでしょう。

管理職が孤独な理由② メンバー全員に気を遣う必要があるから

管理職は、上司であっても部下であってもメンバー全員に気を遣いながら話をする必要があります。

なぜなら、管理職は中間的な立ち位置だから。この立ち位置の人が1人の人間のみ甘く接していると、不信感を覚える人が増えていきます。

そうならないためにも、管理職はメンバー全員に気を遣いながら話をしなければなりません。

常に気を遣いながら話をすると、相手との距離が遠く感じてしまい、孤独に感じてしまうのです。

管理職が孤独な理由③ 仕事を「できて当然」と思われるから

管理職は責任の多く難しい仕事ですが、経験していない人からすれば「管理職の仕事はできて当然」と思われていることが多いです。

具体的には、部下から「管理するだけの簡単な仕事なら私でもできる!」というような感じ。

このように、管理職を経験しているかしていないかで仕事の難易度に関するギャップが生まれてしまいます。

上司からも部下からも無意識のうちの圧力をかけられてしまうことで、管理職で働いている人は疎外感や孤独感を覚えてしまうのです。

孤独を感じないようにするための対処方法

上記の内容で、管理職が孤独に感じやすい3つの理由が分かったかと思います。

そこで、以下のような3つの方法を試すことで、管理職で孤独を感じにくくなりますよ。

孤独を感じにくくする方法
  • 管理職の友だちを作る
  • 同じ立場の人と繋がる
  • 管理職の悩みを聞いてもらう

孤独感から解放されれば、今まであまり楽しくなかった仕事も充実するでしょう。

それでは、孤独を感じにくくする方法について、1つずつ説明していきます。

孤独に対する対処方法① 管理職の友だちを作る

孤独に対する対処方法の中でも一番手っ取り早いのが、管理職の友だちを作ることです。

ここで言う友だちは、主に以下のような関係になった人のことを指しています。

友だちと呼べる関係
  • 一緒に昼ご飯を食べる
  • 仕事を助け合える
  • 2人きりでも気まずくない

要するに、「仕事仲間として信頼できて気軽に話せる人」ということです。

管理職で友だちを作ってしまえば、孤独感を覚えることなく楽しく仕事に取り組むことができます。

ただ、管理職以外で友だちを作ってしまうとあまり関われないので、孤独感から解放されることは難しいでしょう。

孤独に対する対処方法② 同じ立場の人と繋がる

管理職内で友だちを作る他にも、別の場所で同じ立場の人と繋がって孤独感から解放される方法もあります。

今の時代、以下のような様々な場所で同じ立場の人と繋がることができます。

同じ立場の人と繋がれる場所
  • Twitter
  • Instagram
  • ネットのサイト

上記のようなSNSやwebを活用すれば、簡単にあなたと同じ立場の人が見つかります。

この対処方法と『対処方法①』の違うところは、より近い境遇の人と気軽に繋がれること。

この方法は、「管理職に話しやすい友だちが作れない!」という人におすすめですよ。

孤独に対する対処方法③ 管理職の悩みを聞いてもらう

他にも、管理職の悩みを聞いてもらうことで孤独感から解放される方法もあります。

あなたの周りには、以下のような管理職の悩みを聞いてくれる人がいるはずです。

管理職の悩みを聞いてくれる人
  • 家族
  • 友だち
  • 社内の上司

悩みを聞いてくれる人に話せば、今まで管理職で募っていた孤独感も薄れていきます。

ついでにあなたの仕事に関する課題も見つけるかもしれないので、まさに一石二鳥です。

「周りに管理職のことを話したくない!」という人は、プロのカウンセラーに頼るのもいいでしょう。

性格によっては管理職でも孤独感を覚えにくい

先ほど、「管理職は孤独を感じやすい」と説明しましたが、それはあくまで一部の人間に限った話。

性格によっては、管理職で働いていようとも孤独感を覚えにくいことがあります。

孤独感を覚えないような人は、基本的に以下のような性格を持っています。

孤独感を覚えないような人の性格
  • 他人に無関心な性格
  • 趣味に没頭したい性格
  • マイペースな性格

つまり、「とにかく他人より自分が大好きな人」は孤独感を覚えにくいのです。

それでも多少の孤独感は覚えるので、性格的に大丈夫だとしても油断しないようにしましょう。

まとめ

今回は、「管理職が孤独に感じる理由」をテーマに紹介していきました。

本記事の内容で紹介した「管理職が孤独に感じる理由」は、以下の3つでした。

管理職が孤独に感じる理由
  • 責任感のある仕事だから
  • 管理している部下全員に気を遣う必要があるから
  • 「できて当然」と思われるから

ただ、あなたの性格によっては、管理職で働いたとしても孤独に感じにくいこともあります。

本記事の内容を参考にして、管理職で感じる孤独に上手く対応しながら働いていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ゆっちゃん

どうも、ゆっちゃんです! 【4年制大卒→営業マン→広告営業】 ライターとして自由に働くことを目標に活動中。 ゲームとアニメと服が好き。残業が嫌い。 友達からは、「器用貧乏」「八方美人」と言われ続けている人生。 『人あってこその自分』をモットーに人との繋がりの大切さを忘れずに、頑張っていきます!