【知って安心】管理職になれる年齢は?男女別、企業別の差も併せて紹介!

あなたは年齢が同じ同期が管理職になり始めて焦っていませんか。自分は出世ルートから外れたのではないかと不安に感じる方もいると思います。

世間では平均的にどのぐらいの年齢で管理職になっているのかを知る機会ってなかなかないですよね。

そこで今回は、管理職になる平均年齢について紹介します。合わせて、どんな人が管理職に選ばれやすいのかも解説しているので読んでみてください。

この記事を読めば一般的に管理職になれる年齢の平均がわかり、自分がまだ管理職になれる年齢なのかどうか判断できます。是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

管理職の平均年齢は係長33歳・課長39歳・部長47歳

労務行政研究所「役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向」によると、管理職になれる平均は以下の通りです。

■大学新卒入社者の制度上の昇進年齢
「最短」は係長29.5歳・課長33.9歳・部長40.1歳,「標準」は係長32.7歳・課長39.4歳・部長47.0歳

■5年前と比較した役職への“実際”の昇進スピード

「変わらない」が約6割を占める一方,「早くなっている」も3割近くみられる

■役職(課長)への昇進スピードの個人差

「昇進までの年数の個人差が大きくなった(早い者と遅い者との差が広がった)」が43.9%

(出典:https://www.rosei.or.jp/research/25432.pdf)

以上の結果から、若くても管理職になれる可能性が高まっているのがわかります。なので、自分の上司の年齢を基準にしないで、自分の同期や後輩と比べて管理職になるのが遅いか早いか判断した方が良いですね。

では次に、男女で管理職になる年齢に差が生まれるのかについて解説しますね。

男女で管理職になる年齢の差はない

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B9-%E5%B9%B3%E7%AD%89-%E6%A9%9F%E4%BC%9A%E5%9D%87%E7%AD%89-%E8%A7%A3%E8%84%B1-3335767/

独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査によると、男女の管理職の年齢にほとんど差はありません

管理職については、平均年齢はおおよそどちらの規模でも男女とも、課長が 47 歳、部長が 49~52 歳であり、男女で大きな差は見られない。ただし、部長については 300 人以上の企業で男性 52 歳、女性 49 歳、100~299 人の企業で男性 51 歳、女性 50 歳と若干女性のほ
うが若い傾向がある。年齢区分の分布を見ると、「55 歳以上」の部長の割合は女性のほうが低く、それが主な要因である。

(出典:https://www.jil.go.jp/institute/research/2014/documents/0119_01.pdf)

以上のように男女で出世スピードに差は見られません。男女で管理職の割合や年収には大きな差がありますが、管理職になる年齢に関しては同じのようですね。

出産や育児で休んでしまう分、昇進のスピードも遅れてしまうイメージがありまよね。しかし、現実の女性管理職は結婚や出産をしていない人が大半を占めていることがわかっています。

女性管理職は、男性に比して「未婚」の割合がかなり高く、さらに「有配偶・子なし」、「離死別」の割合も高い。有配偶で子どものいる女性管理職は約3割に過ぎない(男性7~8割)。管理職の労働時間は男女とも同じくらいであるが、夫婦ともに正社員で、小学生以下の子どものいる女性管理職は、夫婦間の家事育児分担60%以上(女性のほうがより多く分担している)が7~9割程度と高い割合を占める

(出典:https://www.jil.go.jp/institute/research/2014/119.html)

組織の形態によって管理職になれる年齢は違う

組織の種類によって管理職になれる年齢は異なります。具体的には年功序列で昇進が決まるかか実力主義で昇進が決まるかの違いですね。

年功序列で昇進が決まる傾向がある組織と実力主義で昇進が決まる傾向のある組織には次のようなものがあります。

年功序列で昇進が決まる傾向がある組織
  • 大手メディア業界
  • インフラ業界
  • 製造業界
  • 公務員
実力主義で昇進が決まる傾向のある組織
  • 外資系企業
  • IT業界

日本の会社では歴史の古い会社ほど、年功序列で昇進が決まりやすいです。逆に、急成長している会社や海外から進出してきた会社では、実力主義の人事が採用される傾向がありますね。

年齢が若くても管理職になりやすい企業

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%AD-%E4%B8%89%E9%87%8C%E5%B1%AF-%E5%8C%97%E4%BA%AC-%E7%8F%BE%E4%BB%A3-617616/

では、具体的にどんな企業が年齢が若くても管理職になりやすいのか紹介していきますね。具体的な企業としては次のような企業がありますよ。

年齢が若くても管理職になりやすい企業
  • ユニクロ
  • ソフトバンク
  • PPIH

ユニクロでは、2020年から新しい人事制度が始まり、実績を残すことができれば入社3年目でも経営幹部となって報酬が数千万円になるそうです。

ソフトバンクでは、人事評価が実力主義となっており、20代でも実力があれば管理職になれますよ。

PPIH(旧ドンキホーテホールディングス)では、「全員が常に挑戦を続ける実力主義」を掲げており、年齢や性別に関係なくキャリアアップが可能です。

年功序列企業の特徴

次に、自分の属している会社が年功序列が強いかどうかを確認して、昇進できない理由が会社にあるのか、自分の能力にあるのか確認しましょう。年功序列企業の特徴としては以下のものがあります。

年功序列企業の特徴
  • 有能で向上心が強い人が辞めやすい
  • 現状維持を目指す人が多い
  • 昇進の順番が年齢順になっている

1つでも当てはまるならば、年功序列を重視している会社の可能性が高いです。また、全てあてはまっていて、管理職に強くなりたいという思いがあるのならば、転職を考えた方が良いでしょう。

平均年齢より早く管理職になるためにやるべきこと

業界の違い以外で、平均年齢より早く管理職になるためにやるべきことを紹介していきますね。平均年齢より早く管理職になるためにやるべきことは3つあります。

平均年齢より早く管理職になるためにやるべきこと
  • 仕事ができるようになる
  • 上司に好かれるようにになる
  • 視野を広く保てるようになる

それでは、平均年齢より早く管理職になりやすい人の特徴を1つずつ確認していきましょう。同じ年齢の同期がどんどん出世しており、自分も管理職になりたくて焦っているなら、1つずつチェックして実践してください

特徴①仕事ができるようになる

平均年齢より早く管理職になるためにやるべきこと1つ目は、仕事ができるようになることです。具体的には、職場の誰よりも上司からの仕事を早く処理できるようにしましょう。

なぜなら、管理職になれば管理職になる前よりも仕事は多くなるので、元の仕事量すらこなせない人に管理職の仕事を任せられないからです。

管理職になれば、自分の仕事に加えて、部下の仕事の進捗の確認や上司からの指示への対応など仕事量がかなり増えるでしょう。

管理職になる前から仕事ができていない人に管理職を任せようとするわけがないですよね。

特徴②上司に好かれている

平均年齢より早く管理職になるためにやるべきこと2つ目は、上司に好かれるようになることです。具体的には、上司の話をしっかり聞いて、相談もこまめにするようにしましょう。

なぜなら、昇進するかどうかの判断を下すのは、基本的に上司だからです。

上司も人間なので、自分の好き嫌いが人事に影響しないとは言い切れませんよね。普段から上司をたてるような態度をとる部下の方が、能力があっても反発ばかりしてくる部下よりも自分の直属におきたくなるでしょう。

上司との関係が良好でないのならば、上司との関係を改善することですぐに管理職になれる可能性がありますよ。

特徴③視野を広く保てる

https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BC%9A%E8%AD%B0-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%AE%B6-2284501/

平均年齢より早く管理職になるためにやるべきこと3つ目は、視野を広く保てるようになることです。具体的には、自分の反対の意見を持つ人と話したり、未経験のことに挑戦したりすると良いでしょう。

管理職は部下の面倒を見たり、上司からの指示を受けたりと様々なタスクを同時並行で進める必要があるからです。

例えば、1つの物事に集中して成果をあげる能力があったとしても、上司として組織を動かしていくことはできないですよね。

なので、成果を出しているのに管理職になれていない場合は、もう少し視野を広く保って仕事をすると良いでしょう。

管理職になる年齢【まとめ】

今回の記事では管理職になる年齢と管理職の年齢に関係する要素について紹介しました。

今回の記事で特におすすめしたいのは「すぐに管理職になりたいのなら、実力主義の企業に転職を考える」ことと「上司に好かれているかを確認する」ことです。

なぜなら今のまま、年功序列を重視する会社にいても実力だけで管理職になるのは難しいからです。また上司に好まれるかどうかは実力主義の企業でも管理職になるためのポイントとなるので意識しておいて欲しいです。

今回の記事が自分がもう管理職になれる年齢なのかどうか判断できないという悩みを解決することを願っています。