キャリア

自分の市場価値を知るには?診断方法や価値を高める方法を紹介

「今の自分の市場価値を知って転職活動を行いたいけど、どうやったら分かるんだろう?」

上記のような悩みや考えを持っている人のために、本記事では以下のような内容を紹介しています。

本記事の内容
  • 自分の市場価値を知るために必要な要素
  • 自分の市場価値を調べる診断方法
  • 自分の市場価値を高める方法

今の自分の市場価値を知りつつ市場価値を高めたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

自分の市場価値を知るために必要な要素

出典:https://unsplash.com/photos/MYbhN8KaaEc

市場価値とは、企業が自分に対してどのような評価をつけるかを決める指標のようなもの。つまり、「自分にどのくらい仕事に対する潜在能力があるのか」という点で市場価値が決まるのです。

このような市場価値を測定するために、企業側は「ヒューマンスキル・テクニカルスキル・コンセプチュアルスキル」の3要素を確認します。

内容
ヒューマンスキル コミュニケーション能力など、人間関係を円滑にするために必要なスキル全般。
テクニカルスキル 業種に必要な専門知識や技術的なスキルのこと。
コンセプチュアルスキル 抽象的な問題点を把握し、最適解を見つけるスキルのこと。

「これらの3要素があればあるほど市場価値は高く、なければないほど市場価値が低い」と見なされます。

自分の市場価値を調べる診断方法

出典:https://unsplash.com/photos/UgA3Xvi3SkA

自分の市場価値を調べるには、主に以下の4つの診断方法を試してみましょう。

自分の市場価値を調べる診断方法
  1. 実際に転職活動をしてみる
  2. スカウト型転職サイトを利用する
  3. 転職エージェントに相談する
  4. 市場価値診断ツールを使う

これらの診断方法を活用すれば、自分の市場価値がどのくらいなのかを把握できます。

診断方法を1つだけ使うよりも、複数使う方が自分の市場価値をより把握しやすくなるので、診断方法は複数使うことをおすすめします。

では、自分の市場価値を調べる診断方法に内容について、順に紹介していきます。

自分の市場価値の診断方法① 実際に転職活動をしてみる

自分の市場価値を手っ取り早く調べるには、実際に転職活動をしてみる方法がおすすめです。

実際に転職活動に行うと、様々な企業で面接を受けることになるでしょう。その面接を振り返ったりフィードバックを受けたりすることで、自分の市場価値を肌で感じることができます。

また、自分が求めている年収やキャリアに設定したうえで転職活動を行えば、自分の市場価値がそのレベルに達しているのかを「合否」という形で確認することも可能です。

自分の市場価値がどのレベルなのか、どのような市場価値が求められてるのかを知るために、一度転職活動に挑戦してみましょう。

自分の市場価値の診断方法② スカウト型転職サイトを利用する

転職サービスには、dadoのような紹介された求人を選ぶ「エージェント型転職サイト」と企業側からスカウトが来るのを待つタイプの「スカウト型転職サイト」があります。

その「スカウト型転職サイト」を利用することで、どのレベルの企業がどの年収で自分をスカウトするのかがはっきり分かります。

スカウト内容を業界年収や同じ年齢層の年収と比較すると、自分の市場価値をより具体的に把握できるでしょう。

自分が求めている内容での転職で全くオファーが来なかった場合は、残念ながらそのレベルの市場価値がない可能性が高いです。市場価値を高めてから再チャレンジしましょう。

自分の市場価値の診断方法③ 転職エージェントに相談する

転職活動を行う勇気が湧かなかったり時間がなかったりする場合は、転職エージェントに相談するのも1つの手です。

転職エージェントを活用してキャリアコンサルタントを受けることで、今の自分の市場価値を客観的に把握できます。

また、診断された自分の市場価値を用いて、今後のキャリアや転職に関するアドバイスを受けることも可能です。

自分を客観的に見てもらうことで、自分では気付かなかった角度から市場価値を把握できるので、転職活動と並行して行うことをおすすめします。

自分の市場価値の診断方法④ 市場価値診断ツールを使う

現在では、様々な転職サービスで市場価値診断ツールがリリースされています。

市場価値診断ツールで質問を回答することで、自分の市場価値を簡単に把握できます。

中でも、人材会社がリリースしている市場価値診断ツールは蓄積した大量のデータをもとに作成しているので、より正確に自分の市場価値を調べられるでしょう。

type』や『doda』、『ミイダス』などの市場価値診断ツールが人気で、多くの人が自分の市場価値を確認するために利用しています。

自分の市場価値を高めるには?

出典:https://unsplash.com/photos/7bMdiIqz_J4

自分の市場価値は、ただむしゃらに行動しても向上させることは難しいです。そのため、まずは上記で紹介した診断方法で、自分が持っているスキルや知識・実績を洗い出して整理してみましょう。

どの要素が足りていないか、またはどのスキルを身に付けたいのかを把握しておけば、自分が今すべきことが明確になります。

明確になった部分を補ったり伸ばしたりすることで、自分の市場価値の向上に繋がりますよ。

では、自分の市場価値を高めるために必要な要素やスキルは、どのように身に付けていけばいいのでしょうか?

自分に足りていない要素を成長させる

先ほど紹介した診断方法を活用して自分の市場価値を把握した結果、足りなかったスキルやもっと伸ばしたいスキルが見えてきたと思います。

普段の仕事やプライベートの時間を使って自分が必要だと感じたスキルを伸ばせば、自分の市場価値を高めることができます。具体的には、以下の通りです。

成長させる方法の例
ヒューマンスキル 積極的に人と会話して、会話の中で相手の気持ちや感情を理解しようとする。
テクニカルスキル どの専門的知識や技術を伸ばすのかを決めて、実践したり他人からフィードバックをもらったりする。
コンセプチュアルスキル 問題点を洗ったり解決策を出したりすることを、日常的に長期的に行う。

とはいえ、自分の市場価値によってすべきことは変わってくるので、転職エージェントに相談するなどして対策しましょう。

実績を作る

自分に足りていない要素を成長させることで、自分の市場価値は上がります。加えて、実績を作流ことができれば企業側が評価しやすくなり、より自分の市場価値を高めることができるでしょう。

実績は、実際に獲得したスキルを使って作成するのが一番簡単です。

例えば、プログラミングであれば簡単なプログラムを作ってみる、Webライティングであればブログに記事を投稿するなど、実績を作るのはさほど難しくありません。

副業が可能な会社にいる場合は、「ランサーズ」や「クラウドワークス」などのサイトを経由して実際に仕事をこなし、実績を作る方法もおすすめです。

実績は自分で作るのもいいですが、ヒューマンスキルなど実績を作るのが難しいスキルだとセミナーを通じて作る方が楽なケースもあります。

まとめ

今回は、自分の市場価値を調べる診断方法や市場価値を高める方法について紹介しました。

本記事で紹介した「自分の市場価値を調べる診断方法」を、ここでおさらいしましょう。

  1. 実際に転職活動をしてみる
  2. スカウト型転職サイトを利用する
  3. 転職エージェントに相談する
  4. 市場価値診断ツールを使う

これらの診断方法を活用すると、自分の市場価値を把握しつつ何が足らないのかが見えてきます。

自分の市場価値を高める方法も活用して、足りないものを補いつつ自分の市場価値を高めていきましょう。

ABOUT ME
ゆりかご
どうも、ゆりかごです! 【4年制大卒→営業マン→広告営業】 ライターとして自由に働くことを目標に活動中。 ゲームとアニメと服が好き。残業が嫌い。 友達からは、「器用貧乏」「八方美人」と言われ続けている人生。 『人あってこその自分』をモットーに人との繋がりの大切さを忘れずに、頑張っていきます!