管理職

【オーディオブック】Audible(オーディブル)の料金・特徴・口コミを紹介!

注目

Audibleは『30日間の無料期間』があります。

30日間タダで使えるので、ひと月分の料金1,500円分がお得になりますよ。

 

無料期間中も機能制限はなし!自分にとって使いやすいかどうかを、十分に試すことができるでしょう。

無料期間中に解約すれば料金が発生しないので、ノーリスクで『オーディオブック』を試すことができます。

 

オーディオブックを初めて利用する人は、まずは無料で試せる『Audible』を始めてみましょう。

30日間無料で『Audible』を試してみる!
※無料期間に解約してもOK

「仕事が忙しくて、勉強やスキルアップなど自分の成長につなげるための時間を確保できない…」というお悩みはありませんか?

そんな方におすすめなのが、オーディオブックを使った隙間時間での情報収取です。家事や運動、通勤中の電車でも気軽に読書ができるので、時間を有効活用することができます。

今回は、そんなオーディオブックの中でも人気の高いAmazonの『Audible(オーディブル)』というサービスを紹介します。

普通に買うよりも、ずっとお得に本を購入することもできるので、ぜひこの記事を最後まで読んで、自分のキャリアアップに必要な情報を経済的・効率的に手に入れてください!

Audibleってどんなサービス?

『Audible』は、あのAmazonが運営しているオーディオブックサービスです。

書籍数40万冊以上と、圧倒的な書籍数を誇るのが特徴となっています。

サービス名 Audible(オーディブル)
運営元 Amazon
利用者 約30万人※1
料金体系 月額1,500円
無料お試し期間 30日間
再生機能 0.5倍〜3.5倍速
公式サイト Audible

(※1参考:https://manamina.valuesccg.com/articles/551)

30日間無料で『Audible』を試してみる!
※無料期間に解約してもOK

Audibleは30日間、無料で聴き放題

冒頭でもお伝えしましたが『Audible』は30日間の無料期間があります。最初に好きな本と交換できるコインを1枚もらえるので、1冊無料で入手することができますよ。

なので「オーディオブックってどんなもんなんだろう?」という方は、まずは『Audible』で無料で1冊を手に入れて、実際に聞いてみると良いでしょう。

無料期間中に解約をすれば、一切料金がかからないので、初めてオーディオブックを試す方にピッタリのサービスです。

なお、一度購入した本(無料期間に購入した本も含む)は、Audibleの退会後も継続して聞くことができます。

「月1,500円」で得られる5つの会員特典

『Audible』の料金は「月額1,500円」です。月額料金を支払うと、Audibleの会員になることができ、以下のような特典を得られます。

Audible会員特典
  1. 好きな本と交換できるコインが毎月もらえる
  2. 2冊目以降は30%オフで購入可能
  3. podcast聴き放題
  4. コイン3枚セット(1冊=1,200円)が3,600円で購入できる※1ヶ月以上有料会員でコイン枚数が0~1枚の方のみ
  5. 解約後も購入した本を聴くことができる

毎月好きな本と交換できる1コインプレゼント

Audible会員になると、毎月好きな本と交換できるコインをもらうことができます。

大半のオーディオブックは2,000円〜6,000円(下画像参照)なので、それを1,500円で購入できるのはかなりお得ですね!

画像:Audibleの書籍詳細ページより
画像:Audibleの書籍詳細ページより
画像:Audibleの書籍詳細ページより

2冊目以降は30%オフで購入可能

本と交換できるコインがもらえるのは月に1個ですが、Audible会員なら2冊目以降を「30%off」で購入することができます。

月に1冊以上、本を聴く予定のある人は、Audible会員になった方がお得ですが「もっとたくさん本を聴きたい」という人は、会員になった方がはるかにお得です。

一見、お得にオーディオブックを購入できる『Audible』ですが、実は元々の価格が高めに設定されています…

例えば、前に掲載した3冊の本を老舗のオーディオブックサービス『audiobook.jp』では、以下のような価格で購入することができます。

Audible audiobook.jp
嫌われる勇気 3,000円 1,650円
自分を操る超集中力 2,500円 1,540円
学びを結果に変えるアウトプット大全 3,000円 1,595円

https://audiobook.jp/product/174867

https://audiobook.jp/product/235107
https://audiobook.jp/product/242235

書籍単体で見た場合、『Audible』は『audiobook.jp』の1.5〜2倍の価格設定になっているのです。

なので正直にいうと、月に1冊だけでいいなら1,500円で購入できる『Audible』が良いですが、2冊以上購入する機会がありそうなら最初から『audiobook.jp』の利用をお勧めします。

※ただし後述する「3コインの割引購入」をうまく使えば、1冊1,200円とお得な価格で購入することができますよ!

podcast聴き放題

会員になると、Audibleのポッドキャストが聴き放題になります。ポッドキャストには、以下のようなものがあります。

ポッドキャストのジャンル
  • エンタメ(例:吉本芸人生存確認テレフォン)
  • ビジネス(例:NewsPicksアカデミア)
  • 語学(例:アルク英語チャンネル)
  • 芸能(例:落語チャンネル)

などなど。

ポッドキャストもオーディオブックと同様に、隙間時間で効率的に情報を仕入れることができるので、忙しいビジネスマンにお勧めの特典ですね。

コイン3枚セットの購入できる

Audibleの会員になると、3,600円で「コイン3枚」を購入することができます。

コイン1枚(本1冊)あたり、1,200円で購入できるので、実は一番お得に本を購入するのはこの方法なのです。

ただし、コイン3枚セットを購入するには、以下のような条件があります。

3コインの購入条件
  • 1ヶ月以上有料会員であること。(無料期間は除く)
  • コインの所持枚数が0~1枚であること
  • 休会中でないこと

また、Audibleのコインは翌月への繰越も可能ですが、取得から6ヶ月経つと使えなくなります。お得だからといって、必要以上に買いだめするのはやめましょう。

解約後も購入した本を聴くことができる

Audibleで購入した本は、解約した後も継続して聴くことができます。

聴き放題のようなサービスではなく、購入した書籍は自分の所有物になるイメージですね。

読みたい本を一通り購入し終えたら、一度解約して、また欲しい本が追加されたタイミングで再加入すると、お金の節約になるでしょう。

【比較】人気サービス「audiobook.jp」との違いは?

ここからは、Audibleと並んで人気の高いオーディオブックサービス『audiobook.jp』との比較をご紹介します。

他にも、オーディオブックサービスはたくさんありますが、上記の2サービスがダントツでお勧めなので、まずはこの2つのどちらかを使えば間違いありません。

<基本情報>

Audible audiobook.jp
書籍数
  • 約40万冊
    ※ただし日本語の書籍は「約18,000冊」
  • 約27,000冊
    ※「約1万冊」が聴き放題プラン
料金
  • 月額1,500円
  • 聴き放題プラン:月額750円
  • 月額プラン:月額550円〜33,000円
解約後の対応
  • 購入作品は聴き返し可能
  • 聴き放題プラン:聴き返し不可
  • 月額プラン:購入作品は聴き返し可能
無料期間
  • 30日間(1冊無料)
  •  30日間(聴き放題プラン限定)

『Audible』は一つ一つ本を購入するプランなのに対し『audiobook.jp』は定額の聴き放題プランがあります。

ただし、Audible会員特典の「割引3コイン」を購入すると、1冊あたり1,200円で本を購入できます。

audiobookの方が本の価格が安いですが、それでも1,500円前後のことが多いので、単品で本を購入するなら1,200円で本を購入できる『Audible』の方がお勧めです。

聴き放題に魅力を感じる人は『audiobook.jp』を。一つ一つ本を購入したい人は『Audible』を利用するのがお勧めです。

<機能面>

Audible audiobook.jp
再生速度
  • 0.5倍〜3.5倍速
  • 0.5倍〜4倍速
しおり(ブックマーク機能)
  • あり
  • なし→あり
スキップ・巻き戻し機能
  • 30秒単位
  • 10秒単位
オフライン再生
  • あり
    ※事前のダウンロードは必要
  • あり
    ※事前のダウンロードは必要
書籍のレビュー閲覧
  • あり
  • なし

機能面はどちらも、最低限欲しい機能は備わっているので、あまり違いはありません。

強いて言えば、Audibleは書籍自体のレビューを事前に見ることができるので、本を選ぶ際の利便性に分があります。

ただし、オーディオブックに慣れてくると、速度を上げて効率的に本を聞きたくなる場合があるので、その場合は最大4倍速まで設定できる『audiobook.jp』の方が良いでしょう。

また、オーディオブックは大事な部分を巻き戻して聴くことが意外とあるので、その場合も、細かくスキップ・巻き戻しを調整できる『audiobook.jp』の方が便利です。

総評

ここまでの比較内容を踏まえて、両者のサービスの総評を紹介します。

  • 書籍数:単純な書籍数は、圧倒的に『Audible』の方が多い。ただし、和書に関しては意外と数が少ないので、日本の書籍に限って言えば『audiobook.jp』の方が選択肢が多い。
  • 料金:「とにかく定額でたくさんの本を読みたい」という人は、聴き放題プランのある『audiobook.jp』がお勧め。ただし、書籍を購入して読む場合は、特典を使うと本1冊を1,200円で購入できる『Audible』の方がお得。
  • 機能面:どちらも、必要最低限の機能は備えている。ただし、使い倒すなら「倍速速度」や「細かいスキップ・巻き戻し」が使える『audiobook.jp』の方が使いやすい。

最終的な結論としては「たくさんの本を読みたい・使いやすいオーディオブックが良い」という人は『audiobook.jp』がお勧めです。

一方で「自分の読みたい本をお得に購入したい」という人は『Audible』がお勧めですよ!

Audibleの口コミ・評判を紹介!

ここからは『Audible』の口コミや評判をご紹介します。オーディオブックサービスを利用する際のイメージとして参考にしてください。

公式サイトに掲載のある口コミ

仕事柄外回りが多く、運転中によく聴いています。自分の中にいい考えが刷り込まれて、仕事の成績も上がりました。
(30代 男性 会社員)

皿洗いや洗濯をしながら聴いています。
家事の合間に知識を得られるので生活必需品になっています。
(40代 男性 プログラマー)

もともと5000冊の蔵書を持つ読書家でしたが、読書体験を変えるきっかけになりました。
(40代 男性 コンサルタント フリーランス)

もはや生活必需品です。
最近ではテレビの代わりにAudibleを流しています。
(50代 女性 会社員)

(引用:https://www.audible.co.jp/ep/audiobook?source_code=GPSSRCHALLW0710150001&gclid=Cj0KCQjwraqHBhDsARIsAKuGZeGahi3L2opLrlDLpVt8tjrngRXEIALx2sDuka6XGBqU2CcdCzn7BZkaAtagEALw_wcB&gclsrc=aw.ds)

Twitterで見つけた良い口コミ

続いて、Twitterで見つけたAudibleの口コミをご紹介します。

https://twitter.com/HOONFUNDA/status/1412733079311982597?s=20

Audible会員の特典や、朗読する人の読み方の上手さ、短時間で読書ができるなど、色々な方向からの評価が見られました。

「この部分が良い」というよりは、サービスや機能面など全体を通して、満足度が高いことが分かります。

人によって、どの部分に魅力を感じるかはバラバラなので、ぜひあなた自身でAudibleを試してみてほしいと思います。

Twitterで見つけた悪い口コミ

Audibleに関するネガティブな口コミも見つかったので、あわせて紹介します。

良い点もある反面、使い勝手が悪い・ビジネス書には向いていないといった意見も見られました。

人によって感じ方は違いますが、ジャンルによって文字の方が良い/オーディオブックの方が良いという向き不向きがあるようですね。

また、僕自身も一番惜しいと感じる部分なのですが、同じAmazonが運営しているKindleとの互換性があまりない点は残念です。

せっかくなら、KindleとAudibleを連動させて「本を読みながらその内容を聴く」的なことができたら、英語の勉強などに役立ちそうなんですけどね。

Audible会員になるための手順

ここからは『Audible会員』になるための流れをご説明します。

前述したように、Audibleは30日間無料で使えるので、とりあえず登録して「本を聴く体験」をしてみましょう。ちょっと自分に合わないなと思ったら、無料期間中に解約すれば、1円も支払わなくて済みます。

Audibleの解約方法も後述するので、安心してお試し登録してみてください。

Audibleへの登録手順
  1. Amazonの公式サイトへ移動し「Amazonのアカウント」を作成→ログイン。
    (既に持っている人は次へ進む。)
  2. 『Audible』のサイトへ移動し「最初の一冊は無料。今すぐ聴こう」とあるボタンをクリック
  3. 移動したページにある「30日間の無料体験を試す」というボタンをクリック
  4. 移動したページ右上の「無料体験を試す」をクリック。
    ※いつでも簡単に解約することができます。

以下のように、30日間無料で使えることが明確に分かるので、安心して登録することができますね。

Audible申し込みページより

30日間無料で『Audible』を試してみる!
※無料期間に解約してもOK

Audibleの使い方を紹介

Audibleに登録した後の、本の探し方〜購入方法をご紹介します。

まずはAudibleのメインページに移動して、上部にある「コンテンツ」から、探したい本のジャンルを選びましょう。

https://www.audible.co.jp/

また、画面右上にある検索バーから直接、書籍名を検索することも可能です。

読みたい本を見つけたら、右側にある「無料体験で購入する」をクリックして、書籍を購入。その後、ダウンロードすればいつでも聴くことができるようになります。

Audible 嫌われる勇気 詳細ページより

購入した本を聴くには「Audible専用アプリ」が必要

前述の手順で購入した本を聴くためには、専用のアプリが必要になります。

アプリ内でもおすすめの本などの紹介が出てきますが、購入はAudibleのサイトで行う必要があります。アプリから直接本の購入ができないのは、ちょっと不便ですね。

とはいえ、他のオーディオブックサービスも、Audible同様に「公式サイトで本を購入→ダウンロードした後にアプリで再生」という形式なので、そういうものだと割り切るしかありません。

Audibleの解約方法

最後にAudibleの解約方法をご紹介します。カスタマーサポートに直接問い合わせる方法もありますが、一番簡単なのは公式ページから退会申請をする方法です。

Audible公式ページにある「退会方法を教えてください」を見れば、誰でも簡単に退会手続きを行うことができるでしょう。

ただし、退会すると所有しているコインは消滅します。余っているコインがある場合は、あらかじめ本と交換した上で退会しましょう。

一時的にAudibleの利用を停止したい場合は「休会制度」を活用すると良いでしょう。休会ならば、所持しているコインをキープできます。(ただし、使用期限は取得日より6ヶ月です。)

オーディオブック『Audible』 まとめ

今回はAmazonが提供しているオーディオブックサービス『Audible(オーディブル)』の紹介をしました。

キャリアアップにつながる情報収集はもちろん、洋書の扱いも多いので、英語の勉強などもできるのが、Audibleの強みですね。

ただ、Audible一番の特徴はやはり、オーディオブックという新しい読書体験を、30日間無料で試せることでしょう。

またオーディオブックを使ったことがない人は、ぜひ無料で始められるAudibleで試してみてください!

30日間無料で『Audible』を試してみる!
※無料期間に解約してもOK

注目

Audibleは『30日間の無料期間』があります。

30日間タダで使えるので、ひと月分の料金1,500円分がお得になりますよ。

 

無料期間中も機能制限はなし!自分にとって使いやすいかどうかを、十分に試すことができるでしょう。

無料期間中に解約すれば料金が発生しないので、ノーリスクで『オーディオブック』を試すことができます。

 

オーディオブックを初めて利用する人は、まずは無料で試せる『Audible』を始めてみましょう。

30日間無料で『Audible』を試してみる!
※無料期間に解約してもOK

ABOUT ME
伊津大輝(イヅダイキ)
活動歴4年のSEOライター。検索上位記事を多数執筆。自社が運営する2つのメディアの編集長として活動しつつ、web+に参加されたライターへSEOライティングの指導、添削などを行っています。実はSEOライティングよりもセールスコピーライティングが得意で、コピーライター歴は約6年。大学では心理学を専攻していました。