転職エージェント

リクルートダイレクトスカウトのスカウトとは?転職活動に有効な活用法も解説

リクルートダイレクトスカウトを利用するにあたり、上手く活用したいのが「スカウト」。おすすめの求人の紹介や可能性を広げるような提案をしてくれるとても便利なサービスです。

今回は、で利用できる3種類のスカウトについて解説していきます。この記事を読んでいただければ、スカウトの特長を把握でき、あなたの転職活動に活かすことができるでしょう。

また、スカウトの有効的な活用法も紹介するので、転職を成功させるためにもぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/photos/businessman-finger-touch-turn-on-2956974/#content)

リクルートダイレクトスカウトの「スカウト」とは?

出典:https://pixabay.com/photos/businessman-consulting-business-2606509/#content

リクルートダイレクトスカウトの「スカウト」とは、あなたが登録したレジュメ(職務経歴)を見て、興味を持った企業やヘッドハンターからメッセージが届くサービスのことです。

リクルートダイレクトスカウトには3種類のスカウトがあり、そのうち2種類(通常スカウト以外)は他社にはない独自のサービスとなります。

リクルートダイレクトスカウトのスカウトの種類
  • 通常スカウト
  • 一球入魂スカウト
  • 顧問求人スカウト

次の章からは、各スカウトについて解説していくので、それぞれの特徴を把握して転職活動に活かしてみてください。

リクルートダイレクトスカウトのスカウトサービス①通常スカウト

通常スカウトは、他の転職エージェントと同様に、おすすめの求人情報を届けてくれる一般的なサービスです。

企業やヘッドハンターからスカウトが届き、あなたの経験やスキルを活かせたり、年収アップやキャリアアップを見込めたりする求人を紹介してくれます。

送信する企業やヘッドハンターの数が多いので、様々な求人に幅広く触れることができます

ただ、レジュメを深く読み込んでいないため、マッチングの精度が低くなるのが欠点です。

リクルートダイレクトスカウトのスカウトサービス②一球入魂スカウト

一球入魂スカウトは、限られた人材のみに送られるプレミアムなスカウトです。

あなたのレジュメを見たヘッドハンターが「紹介したい企業がある」「職務経歴を見て非常に興味を持った」という場合にメッセージが届きます。

ですので、一球入魂スカウトが届いたと言うことは、あなたの市場価値が高い証拠と言えます。

マッチングの精度が高く、ヘッドハンターも熱心に動いてくれるので、希望の転職に繋がりやすいのが特長です。

リクルートダイレクトスカウトのスカウトサービス③顧問求人スカウト

顧問求人スカウトは、顧問として働いてほしい方に届ける特別なスカウトです。

豊富な知識と経験を持つシニア層がメインですが、若手・中堅のハイキャリア層の方にも業務委託としてスカウトが届くこともあります。

業務委託で複業顧問になれば、副収入を得ながらキャリアアップを図ることが可能です。

顧問求人スカウトは、設定画面から利用するか選択できるので、必要な方はスカウトを受信できるように設定しておきましょう。

リクルートダイレクトスカウトでスカウトを利用するメリット

出典:https://unsplash.com/photos/Ws4wd-vJ9M0

スカウトは、転職活動を効率的に進める上で様々なメリットがあります。主なメリットとしては、以下の5つのポイントが挙げられます。

スカウトのメリット
  • 求人を探す手間が省ける
  • 非公開求人のスカウトが届く場合がある
  • 意外な求人と出会える可能性がある
  • 面談や面接依頼のスカウトもある
  • 転職市場のニーズや自分の市場価値を確認できる

スカウトを利用すれば、自ら求人を探す手間が省けるので、効率良く転職活動を進めることができます。

また、リクルートダイレクトスカウトは「非公開求人が豊富」「在籍するヘッドハンターが多い(約2,500名)」などの特徴から、意外な求人と出会える可能性が高いと言えます。

なので、「中々良い求人が見当たらない」「キャリアの可能性を広げたい」という方は、ぜひスカウトの利用を検討してみると良いでしょう。

スムーズに転職活動を進められるスカウトの上手な活用法

出典:https://pixabay.com/photos/telephone-mobile-call-samsung-586268/#content

スムーズに転職活動を進めるためには、スカウトについて理解し、上手に活用するのが有効です。

以下の3つのポイントを押さえておけば、最大限にスカウトを転職活動に活かせるでしょう。

スカウトの上手な活用法
  • レジュメをしっかりと記入する
  • スカウト設定・ブロック設定を活用する
  • 定期的にログイン・更新する

この3つのポイントを意識するだけで、スカウトが届く確率が高まり、魅力的な求人と出会える可能性も上がります

次の章からは、それぞれのポイントについて解説していくので、ぜひスカウトを活用するときに役立ててみてください。

スカウトの上手な活用法①レジュメをしっかりと記入する

リクルートダイレクトスカウトでスカウトを利用するにあたり、レジュメをしっかりと記入することが大前提です。

企業やヘッドハンターは、あなたのレジュメを見た上でスカウトを送るか判断するので「情報が少ない」「分かりにくい」という内容では選ばれにくくなってしまいます。

必要な項目やアピールしたい情報を明記しておけば、あなたの希望にマッチしたスカウトを受け取ることができるでしょう。

特に「職務内容」の項目は、企業やヘッドハンターにとって大きな判断基準となります。なので、職種・業種・業務内容などは分かりやすく正確に記入するようにしてください。

スカウトの上手な活用法②スカウト設定・ブロック設定を活用する

スカウトは、便利なサービスである一方で「ミスマッチの求人が届く」「多くのメッセージが送られてくる」ということもよくあります。

これら1つ1つを確認・管理するのは相当な手間がかかるので、余計なスカウトを受けるのはなるべく避けたいところです。

リクルートダイレクトスカウトでは、企業または特定のヘッドハンターからのスカウトを受信拒否することができます。

スカウトの設定を工夫して届くメッセージを絞り込めば、より効率良く転職活動を進められるでしょう。

スカウトの設定の詳細はこちら

スカウトの上手な活用法③定期的にログイン・更新する

リクルートダイレクトスカウトは短期的な転職には向いていませんが、転職意欲が高い方は定期的にログイン・更新することをおすすめします。

何故かと言うと、ログインした日付が新しいと“転職活動を行っている可能性が高い”と判断され、スカウトが届きやすくなるからです。

スカウトが届かなければ、自分で求人を探す手間が増え、転職活動の進め方にも影響が出てきてしまいます。

明確な利用頻度の基準はありませんが、仕事の休憩時間や移動の合間に利用するのも1つの手です。

転職活動に役立つリクルートダイレクトスカウトのスカウトまとめ

今回は、リクルートダイレクトスカウトのスカウトについて紹介しました。スカウトには「求人を探す手間が省ける」というメリットがあるので、効率良く転職活動を進めることができます。

更にリクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターは“質が良い”と評判なので、きっと魅力的な求人と出会うことができるでしょう。

スカウトを利用する際は、出来るだけ良い案件を紹介してもらうためにも、レジュメの方はしっかりと記載するようにしてください。

なお、リクルートダイレクトスカウトのスカウトは、無料の会員登録するだけで誰でも利用できます。まだ登録していない方も、ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか?

成功する人は知っている。転職を考える「前」から転職エージェントを使うべき理由

なぜ、転職を考える「前」から転職エージェントを使うべきなのか?

もしあなたが今以上のキャリアアップを考えているのであれば、たとえ今すぐに転職をする気がなくても、転職エージェントに登録しておくことをお勧めします。

なぜなら、転職を考え始めてから転職エージェントに登録しても、スタートダッシュが遅れて転職活動が長引いてしまう可能性が高いからです。

多くの場合、転職を考え始めるきっかけは以下の2つのタイミングです。

転職を考え始めるタイミング

  • 今の職場ではこれ以上成長できないと感じた時
  • 今の職場の雇用条件に不満を感じた時

ちなみに、一般的に、転職活動を始めてから実際に転職するまでの平均期間は「3ヶ月〜6ヶ月」と言われています。

転職を考え始めてから慌てて行動するのは手遅れ

つまり、このように「転職を考え始めたタイミング」で、あわてて転職活動を始めてもすぐに転職できるとは限らないのです。

せっかくキャリアアップを考えても、転職の準備をしていないと3ヶ月〜6ヶ月は、不満のある職場で仕事を続けなければならなかったり、成長のない仕事を延々とこなさなければなりません。

これって、かなり「キャリアアップにとって無駄な時間」だと思いませんか?

だからこそ、転職を考え始めるよりも『前』のタイミングから、コツコツと転職活動の準備をしておくことが大切なのです。

「今すぐに」転職エージェントを利用するメリット

早い段階で転職エージェントを利用することで、自分のキャリアの棚卸しができたり、挑戦してみたい業種の転職先リストを作ったりすることができます。

こうして事前に転職の準備をしておけば、いざその時が来たタイミングでスムーズに転職することができるのです。

また、いつでも転職できる準備をしておけば、精神的にも余裕を持てるようになり、今の職場でも今以上に大きな成果を出せるようになるでしょう。

転職の予定がないのに転職エージェントに登録していいの?

中には「転職する予定がないのに転職エージェントに登録するのって迷惑なのでは?」と心配になる方もいることでしょう。

ですが結論から言うと、全く問題ありません。実際、転職エージェントの方でも「今すぐの転職を考えていない方も利用OKですよ」と謳っているところも多いです。

転職エージェント側としても、長く付き合いのある人ほどその人の望むキャリアを把握できるので、高確率で転職活動を成功させられるというメリットもあります。

また、転職エージェントを「情報収集先の一つ」として利用している方も多いです。決して今すぐ転職する人しか利用できないというわけではないのです。

転職エージェントは『無料』で利用できる

ここまで、早めに転職エージェントを利用するべき理由についてご紹介してきました。

そして、転職エージェントは基本的に「全て無料」で利用することができます。なぜなら、転職に成功すると、採用した企業から転職エージェントに紹介料が支払われる仕組みだからです。

転職エージェントは企業からもらえる紹介料で売上を立てているため、転職をする側は「無料」でサポートを受けられる仕組みなのです。

ノーリスクで利用することができる上に、いざ転職を考え始めた時にスピーディーに転職を成功させるためにも、ぜひ今のうちから転職エージェントを利用しましょう。

数ある転職エージェントの中でも特におすすめのサービスを以下の記事で紹介しているので、ピンときた転職エージェントにさっそく登録してみてはいかがでしょうか?

※転職成功者は一人当たり2.5社の転職サイト、エージェントを利用しています。
※複数の転職エージェントを利用することで、より多角的なサポート、アドバイスを受けることができます。

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。