転職エージェント

マイナビエージェントの評判は?利用者の口コミから分かる特徴も紹介!

テレビCMや広告などで目にすることも多い「マイナビエージェント」。有名な転職エージェントの1つですが、実際の評判はどうなのか気になるところかと思います。

そこで今回は、マイナビエージェントの口コミ・評判を徹底調査してみました。この記事を読んでいただければ、利用すべきサービスなのか判断できるでしょう。

また、マイナビエージェントのメリット・デメリットも併せて紹介するので、転職を考えている方は参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc-%e6%84%8f%e8%a6%8b-%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af-5207277/)

マイナビエージェントの基本情報

出典:https://pixabay.com/photos/blockchain-businessman-tablet-3641641/#content

まずはマイナビエージェントの基本情報を紹介します。既にリサーチ済みという方も、改めて基本的な情報を確認しておきましょう。

運営会社 株式会社マイナビ
求人数 公開求人:約3万件、非公開求人:約3万件(2021年11月時点)
対象地域 全国、海外
料金 無料

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する総合型の転職エージェントです

マイナビならではの大手・優良企業とのパイプを活かし、営業職・IT業界・バックオフィスなど幅広い領域における求人を紹介しています。

20・30代のサポート実績が豊富で「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に選ばれるほど若者から高い支持を得ています。

また、各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、より相談者にマッチした求人を紹介してくれるのが魅力です。

マイナビエージェントの口コミ・評判はどう?

出典:https://pixabay.com/photos/telephone-mobile-call-samsung-586268/#content

実際に口コミを見てみたところ、多くの方が“担当者によってサービスの質が変わる”と評価していました。

マイナビエージェントは、幅広い求人や丁寧なサポートに定評がありますが、中には「対応が酷かった」と感じた方もいるようです。

担当者の合う・合わないは人によっても異なりますが、口コミ・評判を参考にしながら利用すべきサービスなのか判断したいところです。

次の章からは、サービスを利用した方の口コミ・評判を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

マイナビエージェントの悪い口コミ・評判

まずはマイナビエージェントの悪い口コミ・評判を紹介していきます。

おそらくハズレの担当者を引いてしまいました。
まずオンライン面談の詳細メールが事前に送られてこなくて、開始時間になって謝罪と案内の電話が。そして15分遅れでスタート。

希望を伝えると「いくらでもあるので安心してください!」と言われたのに、数分後には「コロナの影響で○○さんのご希望の求人は本当に少ないんですよ」と言われました。さっきはいくらでもあるって言ったのに?先に喜んでしまった分、一気に不安になりました。
逆にこれは嫌だという条件はあるか聞かれた際、はっきりとこの業種は避けたいと答えたのに、なぜかその業種を強く推されました。しかも複数。
また、紹介された求人の中には企業の提示する条件をこちらが満たしていないものがいくつもあり、担当者さんには不信感が高まるばかりでした。
担当が多くて忙しいのかな。残念ですが、求職者に真摯に向き合う姿勢は感じられませんでした。

出典:https://minhyo.jp/mynavi-agent

初めての転職で使用していました。
大量の求人について応募と辞退の仕分けをされますが、はっきり言って自分のキャリアは無視した採用内容を進めてきています。中には興味のある企業を募集しましたが、当然書類選考で不採用となりました。

〜中略〜

一番ひどかったのは、面接を受けているときに面接官と話の齟齬が発生したことから、初めて自分が応募したはずの内容と実際に受けている内容が違うことが発覚したことです。
求人内容と、実際に応募された内容が全く異なる状況でした。職種は同じであるものの、ポジションも勤務地も異なる場所も違いました。面接は合格したものの、希望内容とは異なっていたことから、入りたかった企業ですが断りました。
単純に内定を増やして転職させようという気がするため、自分の市場価値をしっかり考えたい人にはお勧めできません。

出典:https://minhyo.jp/mynavi-agent

はじめて転職した時に利用しました。面談では担当者が10分程遅れてきましたが、すみませんも何もなしで驚きました。色々親身になって聞いてくれましたが、こちらの希望よりも確実に選考が進みそうな求人ばかりを進めてきました。(私はキャリアチェンジを希望していました。)良し悪しは担当者によるかと思いますが、面談した時の受付の人の対応も悪く、マイナビ自体にいい印象がありません。

出典:https://minhyo.jp/mynavi-agent

悪い口コミでは「担当者の対応が酷かった」「希望に沿った求人を紹介してくれなかった」という評判が見られました。

良い口コミとは正反対の意見になりますが、利用した方の中には「求職者と真摯に向き合っていない」と感じた方もいるようです。

もし期待していたサポートを受けられない場合は、今後の転職活動のためにも担当者の変更を申し出ると良いでしょう。

マイナビエージェントの良い口コミ・評判

続いて、マイナビエージェントの良い口コミ・評判を紹介していきます。

私はリクルート、doda、 JAC、マイナビエージェントの4社を利用しましたが、一番自分にあった求人を紹介してくれたのはマイナビエージェントでした。

〜中略〜

私がマイナビエージェントを利用したときに感じた特徴は、
・サポートに熱意があって丁寧
・中小企業を中心として求人量が多い
・第二新卒のための求人を多数保有している
・30代以上やハイキャリアの求人は物足りない
・連絡が密すぎて窮屈だと感じる場合がある

マイナビエージェントは、第二新卒や20代は登録して間違いのない転職エージェントだと思います。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12207884767?__ysp=44Oe44Kk44OK44OT44Ko44O844K444Kn44Oz44OI44CA6KmV5Yik

良い口コミでは「担当者が話しやすくて良かった」「サポートに熱意があって丁寧だった」という評判が見られました。

このような口コミを見る限り、親身になって対応してくれる方も少なくないようです。

また、「中小企業を中心として求人量が多い」「第二新卒向けの求人が豊富」という意見も多かったです。

マイナビエージェントは“大手ならではの情報量”に強みがあるので、選択肢を増やすためにも登録しておいて損はないでしょう。

評判から分かるマイナビエージェントのデメリット

この章からは、これまでの内容も踏まえながら、マイナビエージェントのデメリット・メリットを紹介していきます。

まずはデメリットの方ですが、気になるポイントとしては以下の3つが挙げられます。

マイナビエージェントのデメリット
  • 担当者によって当たり外れがある
  • 40代以上やハイキャリアの求人が少ない
  • 連絡が多すぎて窮屈に感じる場合がある

担当者によって当たり外れがある

マイナビエージェントに限ったことではないですが、転職エージェントは担当者によってサービスの質が大きく変わります

多くの利用者が“担当者に当たり外れがある”と評価していたので、その点は十分に理解しておきたいところです。

前述したように、もし期待していたサービスを受けられなかった場合は、他の担当者に変更してもらうと良いでしょう。

30代後半以上やハイキャリアの求人が少ない

マイナビエージェントは、他の転職エージェントと比べると30代後半以上やハイキャリアの求人が少ないです

紹介できる求人が限られてしまうので、ミドル層の方やキャリアアップを目指している方には強くおすすめできません。

連絡が多すぎて窮屈に感じる場合がある

マイナビエージェントを利用した方の中には、担当者からの連絡が多すぎて窮屈に感じた」「押し売り感があったと感じた方もいるようです

担当者との相性にもよりますが、条件にマッチする企業が多いと連絡への対応に追われてしまうかもしれません。

とは言え、無料登録しておけば「転職サポートを受けられる」「自分の市場価値を確認できる」といったメリットがあるので、1度利用してみる価値はあるかと思います。

評判から分かるマイナビエージェントのメリット

デメリットを紹介したところで、マイナビエージェントのメリットを3つ紹介します。

マイナビエージェントのメリット
  • 求人情報が豊富
  • 各業界に精通したアドバイザーからサポートを受けられる
  • 転職活動をトータルサポートしてくれる

求人情報が豊富

マイナビエージェントは、中小企業を中心とした転職サービスですが、大手企業やベンチャー企業の求人も多く取り扱っています。

また、非公開求人も豊富で、他のサービスにはない優良案件を紹介してくれることもあります。

新たな選択肢を増やせる可能性が高いので、いろんな求人を比較検討したい方は、マイナビエージェントに登録するのがおすすめです。

各業界に精通したアドバイザーからサポートを受けられる

マイナビエージェントでは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが専任制でサポートしてくれます。

各業界の転職市場に詳しい方が担当に就くので、専門的な悩みも相談しやすいでしょう。

また、キャリアアドバイザーとは別に、企業への営業を行うリクルーティングアドバイザーも在籍しています。

社内の雰囲気や働く⼈の様⼦なども⼊念にリサーチしてくれるので、入社後のミスマッチを防ぐことができます

転職活動をトータルサポートしてくれる

マイナビエージェントでは、キャリアの棚卸し書類添削面接対策など総合的に転職活動をサポートしてくれます

特に転職経験の少ない20・30代にとっては、心強いサービスと言えるでしょう。

また、企業への応募交渉手続きやスケジュール管理も行ってくれるので、転職活動に不安がある方はマイナビエージェントの利用がおすすめです。

マイナビエージェントはこんな人におすすめ

出典:https://pixabay.com/photos/businessman-suit-button-up-classy-4914044/#content

サービスの特徴を紹介したところで、マイナビエージェントがどのような方におすすめなのか紹介します。

マイナビエージェントを利用すべき人の特徴
  • 20・30代の転職希望者
  • 中小企業の転職を考えている人
  • 初めて転職をする人
  • トータル的に転職サポートを受けたい人

マイナビエージェントは、若年層がメインターゲットになるので、20・30代の転職希望者におすすめと言えます。

特に中小企業への転職を考えている方にとっては、利用しやすい転職エージェントと言えるでしょう。

また、マイナビエージェントに登録すれば、無料で転職サポートを受けられます。

求人紹介はもちろん、書類・面接対策や年収交渉も行ってくれるので、初めての方も安心して転職活動を進められるでしょう。

マイナビエージェントの利用の流れ

この章では、マイナビエージェントの利用の流れを紹介します。大まかなサービスの流れは以下の通りです。

マイナビエージェントの利用の流れ
  1. 公式サイトから転職支援サービスの申し込みをする
  2. 対面またはWEB上で面談を行う
  3. 条件に合った求人を紹介してもらう
  4. 求人に応募する(書類添削可能)
  5. 面接を受ける(面接対策可能)
  6. 内定・入社

他の転職エージェントと同様に、利用の流れはとてもシンプルです。

また、転職活動中のサポートから内定後のバックアップ(年収交渉や入社日調整など)もしてくれるので、初めて転職する方も安心して利用できるでしょう。

マイナビエージェントは他サービスとの併用もおすすめ

出典:https://pixabay.com/photos/internet-cyber-network-finger-3563638/#content

マイナビエージェントを利用する際は、他の転職サービスと併用するのもおすすめです。

併用をおすすめする理由としては、以下の2つの点が挙げられます。

併用をおすすめする理由
  • 求人紹介を待つ間、時間を有効活用できる
  • 希望通りの求人に出会える可能性が高まる

マイナビエージェントは“求人紹介を待つ形”となるので、他のサービスと併用した方が効率良く転職活動を進められます

別のサービスで求人を探したり、他のコンサルタントに相談したりすることで、希望通りの求人と出会いやすくなるでしょう。

どの転職サービスと併用しても良いですが、求人数を重視するなら「リクルートエージェント」がおすすめです。

各サービスごとに強みやターゲット層が異なるので、自分に適したサービスと併用してみてください。

マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ

今回は、マイナビエージェントのリアルな口コミを紹介しました。様々な評判がありましたが、良い口コミでは「サポートが丁寧だった」という意見が見られました。

マイナビエージェントでは、あなたの強みや価値観を第三者視点で確認し、適した企業や業界を紹介してくれます。

更に職務経歴書のブラッシュアップや模擬⾯接も行ってくれるので、より自信を持って転職活動に臨めるでしょう。

なお、これらの転職支援サービスは無料で受けられます。1人での転職活動に不安がある方は、マイナビエージェントの利用も検討してみてください。

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。