働き方

リクルートエージェントのサービス内容と上手な活用方法を2つ紹介!

転職を考えているあなたは「リクルートエージェントって有名だけど、どんなサービスを受けられるんだろう」と気になっているのではないでしょうか?

リクルートエージェントでは、キャリア相談から内定後の条件交渉まで一貫したサポートを受けられます。転職に不安を抱えている方にとって、心強い味方になってくれるでしょう。

この記事では、リクルートエージェントのサービスについて詳しく解説していきます。上手に活用するためのポイントも2つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4191254?)

リクルートエージェントで受けられるサービスの内容

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4191375?title=%E9%9D%A2%E6%8E%A5%E3%83%BB%E6%89%93%E3%81%A1%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%A2%A8%E6%99%AF&searchId=535532935

リクルートエージェントは、国内における転職支援実績No.1の転職エージェントです。

転職サービスに申し込むと、以下のようなサービスを受けることができます。

リクルートエージェントで受けられるサービスの内容
  • キャリア面談
  • 求人紹介
  • 転職サポート(書類添削など)
  • 内定後の条件交渉(年収交渉など)

リクルートエージェントでは、ただ求人紹介をするだけでなく、キャリアの棚卸しや選考対策にも対応してくれます。

更に内定後の条件交渉も代行してくれるので、不安が多い転職活動をスムーズに進めていけるでしょう。

次の章からは、4つのサービスについて詳しく解説していきます。

リクルートエージェントのサービス①キャリア面談

リクルートエージェントに登録して、まず行うのが「キャリア面談」です。(面談は対面または電話形式)

キャリア面談では、担当のキャリアアドバイザーと共に、これまでの経験からどのような知識・スキルが身に付いているのか整理していきます。

客観的に“キャリアの棚卸し”をすることで、自分では気付かないような強みや可能性を発見できるでしょう。

また、キャリアの棚卸しと併せて、希望条件や転職時期なども確認していきます。もし転職において譲れない条件(年収や勤務地など)がある場合は、面談のときに伝えておきましょう。

リクルートエージェントのサービス②求人紹介

面談により方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している「求人企業の紹介」が始まります。

リクルートエージェントには、各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、あなたに合った求人を紹介してくれます。

また、リクルートエージェントは、業界最多となる求人を保有しているのが魅力です。(公開求人:約14.6万件、非公開求人:21万件 ※2021年11月時点)

優良な求人と出会える可能性が高いので、とりあえず登録しておいて損はないでしょう。

リクルートエージェントでは、求人企業の風土や職場環境などの情報も提供してくれます。

企業の内情が分かれば、入社後のミスマッチを防ぎやすくなります。

リクルートエージェントのサービス③転職サポート

リクルートエージェントに登録すると、書類添削や面接対策など「転職サポート」を受けられます。

思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれるので、より自信を持って求人企業に応募できるでしょう。

ちなみに「職務経歴書エディター」というツールを使うと、ガイドに沿って入力していくだけで、職務経歴書を作成することが可能です。

また、面接テクニックのアドバイスに加え、面接成功のノウハウが詰まった「面接力向上セミナー」も受けられます。プロのサポートを受ければ、企業にしっかり自分をアピールでき、採用される確率が高まるでしょう。

リクルートエージェントは、面接日や内定時期の調整もしてくれるので、求職者は書類選考や面接だけに集中することができます。

リクルートエージェントのサービス④内定後の条件交渉

リクルートエージェントでは、 1人で対応するのが面倒な「内定後の条件交渉」を任せることができます。

例えば、採用担当者には言い出しづらい「年収」や「待遇」の交渉、更に「入社日の調整」もキャリアアドバイザーが代行してくれます。

また、退職に伴う手続きや関係者への挨拶、内定後に必要な手続きについてもサポートしてくれるので安心です。

入社や退職にあたり、何か困ったことがあるときは、遠慮なくキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

リクルートエージェントのサービスは無料で利用可能

ここまで主なサービス内容を紹介しましたが、リクルートエージェントのサービスは全て無料で利用できます。

リクルートエージェントは、求人掲載企業から受け取る「紹介手数料」で成り立っているため、登録者に料金を請求することはありません。

求人数が豊富な上、無料でトータルサポートを受けられる”と考えると、非常に魅力的なサービスと言えるのではないでしょうか。

また、企業への応募は必須ではないので「とりあえず転職について相談したい」「自分の市場価値を確かめてみたい」という方にも、リクルートエージェントはおすすめです。

リクルートエージェントを上手に活用する2つのコツ

出典:https://pixabay.com/photos/turn-on-turn-off-energy-power-2914934/#content

サービス内容を把握したところで、リクルートエージェントの上手な活用方法を解説していきます。

以下の2つのポイントを意識すれば、より効率良く転職活動を進められるでしょう。

リクルートエージェントを上手に活用するコツ
  • 転職意欲をアピールして優先度を上げる
  • 他の転職サービスと併用する

転職意欲をアピールして優先度を上げる

リクルートエージェントは多くの利用者がいるため、1人のキャリアアドバイザーが複数人の求職者を担当しています。

また、内定者を出すことで紹介手数料を受け取れることから、転職意欲がある人を優先して支援する可能性が高いです。

優先的にサポートしてもらうためには、担当者に転職意欲があることをアピールするのが得策と言えます。

早く転職先を決めたい方は「担当者への返信を早くする」「“出来るだけ早く転職したい”と伝える」など、転職の意思があることを伝えるようにしましょう。

他の転職サービスと併用する

業界最大手でとても頼りになるリクルートエージェントですが、他のサービスと併用することでより良い求人と出会える可能性が高くなります。

と言うのも、各サービスごとに保有している求人は異なるため、複数のエージェントに相談した方が良い求人と出会える確率が高まります。

尚、リクルートエージェントは“求人紹介を待つ形”になるので、他のサービスとも併用しやすいでしょう。

「出来る限り希望に近い求人を見つけたい」という方は、ぜひ併用も検討してみてください。

ミドル・ハイクラス向けの転職なら「JACリクルートメント」、専門職(IT系など)を探すなら「doda」がおすすめです。

各サービスによりターゲット層が異なるので、自分に合っているもの選択してみてください。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ

出典:https://pixabay.com/photos/businessman-suit-button-up-classy-4914044/#content

この章では、リクルートエージェントがどのような人におすすめなのか紹介します。

リクルートエージェントを利用すべき人の特徴
  • 初めて転職する人
  • 多くの求人を比較検討したい人
  • 自分の強みや市場価値を知りたい人
  • 短期的な転職を考えている人

初めて転職する人

リクルートエージェントは、キャリア相談から内定後の条件交渉まで、総合的なサポートを受けられるのが魅力です。

最初から最後までしっかりとサポートしてくれるので、初めて転職をする方にとって心強いサービスと言えるでしょう。

多くの求人を比較検討したい人

リクルートエージェントは、他の転職サービスと比べても圧倒的に求人数が多いです。

求人数が多い「doda」と比べても、リクルートエージェントの方が20万件以上も求人を多く保有しています。(doda:約14.6万件、リクルートエージェント:約35.5万件 ※2021年11月時点)

幅広い業種・職種を網羅しているので、「いろんな求人を比較してみたい」「転職の幅を広げたい」という方は、まずリクルートエージェントを登録するのがおすすめです。

自分の強みや市場価値を知りたい人

リクルートエージェントに登録すれば、キャリアアドバイザーが客観的にあなたの強み・弱みを整理してくれます。

また、求人紹介を受けることで、転職市場における自分の価値を確認できます。

「今すぐ転職はしないけど、自分の強みや市場価値を確かめたい」という方にも、リクルートエージェントはおすすめと言えるでしょう。

短期的な転職を考えている人

リクルートエージェントの転職支援サービスは、提供期間の目安が約3ヶ月となっています。(長期的な転職にも対応可能)

多くの利用者が3ヶ月程度で転職先を決定しているため、支援期間の目安を3ヶ月に設定しているようです。

短期間で手厚いサポートを受けられるので、早く転職先を見つけたい方は登録しておくのがおすすめです。

リクルートエージェントの利用の流れ

最後に、リクルートエージェントの利用の流れを紹介します。大まかなサービスの流れは以下の通りです。

リクルートエージェントの利用の流れ
  1. 公式サイトから「転職支援サービス」に申し込む
  2. サービス利用開始の連絡を待つ(申し込みから7日以内に連絡)
  3. キャリアアドバイザーと面談(対面または電話)
  4. 応募・書類選考(希望者は面接対策を受ける)

まずは公式サイトの申し込みページから「転職希望時期」や「希望勤務地」など必要事項を入力していきます。

申し込みが完了すると7日以内に連絡が届き、対面または電話にてキャリアアドバイザーとの面談が行われます。

その後、面談結果をもとに求人紹介が始まり、志望する企業へ応募する流れとなります。

無料で気軽に使えるサービスなので、まずは転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェントのサービス内容まとめ

今回は、リクルートエージェントのサービス内容について紹介しました。改めて記事の内容を簡単にまとめてみます。

リクルートエージェントのサービス内容まとめ
  • キャリア相談から企業との交渉まで一貫したサポートを受けられる
  • 求人数は他の転職サービスよりも圧倒的に多い
  • 全てのサービスを無料で利用できる

リクルートエージェントは「求人数の多さ」と「サポートの手厚さ」が魅力です。

転職のプロが最後までしっかりサポートしてくれるので、不安が多い転職活動もスムーズに進めていけるでしょう。

多くの方から支持される人気のサービスなので、あなたの転職活動でも活用してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。