転職ノウハウ

30代の転職で失敗するパターンとは?後悔しないための7つの対策リストも紹介

30代での転職は、あなたのキャリアにとって非常に重要な意味を持ちます。もしここで転職に失敗してしまうと、年齢的に次の転職は厳しいものになるでしょう。

だからこそ、30代での転職は失敗して後悔しないように、準備をしておく必要があるのです。

そこでこの記事では、30代での転職のよくある失敗パターンやうまくいかない人の特徴、後悔しないためにやっておくべきポイントをまとめてご紹介します。

これらのポイントを押さえておけば、転職が活発になる30代であっても、ライバルに負けずに理想の会社に転職できますよ。ぜひ最後まで読んでみてください。

30代が転職で失敗したと後悔する4つのパターン

まずは30代で転職した人が「失敗した」と感じるパターンを4つご紹介します。

転職してから後悔しないためにも、しっかり準備した上で転職活動をすることが大事ですね。

30代が転職で失敗したと後悔する4つのパターン
  • 転職した会社に馴染めない
  • 最初に聞いていた条件と違う
  • 自分のスキルが通用しない
  • 前の会社の方が自分に合っていた

失敗パターン1:転職した会社に馴染めない

転職した会社に馴染めないことで居心地が悪くなり「転職に失敗した」と感じる人は多いです。

転職した会社に馴染めないケースとしては、以下のようなパターンがあります。

転職した会社に馴染めないケースの具体例
  • 上司、同僚と馬が合わない
  • 体育会系のノリで飲み会などが多い
  • 放任主義で、仕事の疑問点を聞きにくい
  • 社員同士の仲が良く、和に入りづらい

仕事内容や待遇に問題がなくとも、居心地の悪い職場で仕事を続けるのは精神的に辛いものがあります。

失敗パターン2:最初に聞いていた条件と違う

転職を後悔する2つ目のパターンは「最初に聞いていた条件と違う」というもの。

特に、転職前の話と実際の業務で、労働条件や業務内容が違うことから、転職に失敗したと感じる人が多いです。

よくある条件のすれ違い
  • 提示された休日と、実際の休日が違う
  • 基本給と聞いていたが、実は残業代なども込みの金額だった
  • 企画の部署を希望していたのに、転職してすぐに営業部に回された

こちらは、自分が勘違いしていたケースはまだしも、企業側が故意に実際より好条件を提示してくるケースもあります。

このようなトラブルが起こる可能性があることを知っておくだけでも、転職後に「失敗した」と後悔する確率を減らすことができるでしょう。

失敗パターン3:自分のスキルが通用しない

次に紹介する転職の失敗パターンは「自分のスキルが通用しない」というものです。

企業が30代の転職者に期待しているのは、即戦力としての活躍です。

そのため、いざ転職をしたものの思ったより活躍できなかったとなれば、非常に居心地の悪い思いをすることになるでしょう。

失敗パターン4:前の会社の方が自分に合っていた

初めて転職をした人に多い失敗が「転職して初めて、前の会社の良さが分かった」と後悔するパターンです。

例えば「前の職場の給料が低いと思っていたけど、実は業界の平均よりも高かった」などですね。

このケースでは、他のケース以上に転職後の後悔が大きくなります。

転職を考える前はどうしても今の職場の不満点ばかりに目が行きがちですが、あらためて「良い点」についても検討すると、転職での失敗を減らせるでしょう。

30代での転職に失敗する人の特徴

ここまで、30代が転職で失敗したと後悔する4つのパターンを紹介しました。実は、これらのパターンにハマる人にはある特徴があるのです。

これらの特徴を理解して反面教師にすることで、転職に失敗する可能性を減らせます。

30代での転職に失敗する人の特徴
  • 20代の戦略で転職活動をしている
  • 今の職場を辞めることだけを考えている
  • 条件を欲張りすぎている
  • 一人で転職活動をしている

20代の戦略で転職活動をしている

転職で失敗する人は、20代と同じ戦略で転職活動に取り組んでいる場合が多いです。

前述したように、30代の転職は企業にとって「即戦力」としての採用をする場合が多くなります。20代の転職者とは「見られ方」が変わってくるのです。

そのため、20代の新卒や第二新卒気分で転職を行うと、「会社に馴染めない」「自分のスキルが通用しない」といった失敗パターンにはまってしまいます。

今の職場を辞めることだけを考えている

今の職場を辞めることだけを考えて転職をするのはオススメできません。

なぜなら、このような理由での転職は、転職先でもまた同じ不満を抱く可能性が高いからです。

特に30代での転職はあなたのキャリアにとっても大きな意味を持つもの。

しっかり情報収集をした上で自分が納得のいく転職先を探し続けることが大切です。

条件を欲張りすぎている

転職に失敗する人に共通しているのが「条件を欲張りすぎている」という特徴です。

もちろん転職をするからには、今よりも良い条件の会社で働きたいという希望があるでしょう。

ですが、「給料」「休日」「勤務時間」「雰囲気」「やりがい」の全てがプラスに転じる職場を見つけられることはほとんどありません。

そのため、条件を欲張ると転職後も「ここが不満」「あれが辛い」と、後悔する可能性が高くなってしまいます。

一人で転職活動をしている

一人で転職活動をしても、満足のいく転職はなかなかできません。なぜなら、転職活動は企業分析や書類の作成、面接対策などやることが多いからです。

また、今の時代、転職者の多くが転職エージェントなどで専門家のアドバイスを得ながら転職活動をしています。

当然、専門家のアドバイスを受けているライバルの方が有利に会社へのアピールができるので、希望の転職先に就職できる可能性が少なくなってしまいます。

すると、いざ転職をしても不満点ばかりが目につくようになり「こんなはずじゃなかった…」となってしまうのです。

30代の転職で失敗しないための7つの対策リスト

ここからは、前の話を踏まえて「転職で失敗しないための7つの対策」をリスト形式でお伝えします。

これらのポイントを押さえれば、後悔しない希望通りの転職ができるようになりますよ!

30代の転職で失敗しないための7つの対策リスト
  • 自分の市場価値を客観的に測る
  • 転職に求める優先順位を決める
  • 転職をした後に成し遂げたいことを決める
  • 面接官だけでなく、一般社員からも話を聞く
  • 労働条件、待遇をしっかり確認しておく
  • 今の会社と転職希望先の会社の比較をする
  • いつでも転職できる準備をしておく

自分の市場価値を客観的に測る

転職はいわば、自分の市場価値を会社に売り込む活動です。そのため、自分の能力・スキルにどれだけの価値があるのかを正確に捉えておく必要があります。

とはいえ「自分のスキルが社外でも通用するのかどうか」を判断するのは難しいという人も多いことでしょう。

そのため、転職エージェントなどに登録して、自分の市場価値を「客観的」に見てもらうのがオススメです!

30代の方にオススメの転職エージェントは、後ほど詳しくご紹介します。

転職に求める優先順位を決める

前述したように、よくありがちなのが転職をした後に「こんなはずではなかった…」と後悔するパターンです。

このような失敗をしないためにも、あらかじめ転職に求める優先順位を決めておきましょう。

  • 給料:多少、仕事が多くなってもいいから、給料の高い会社に行きたい
  • 休日:給料は今のままでいいから、ちゃんと休日を取れる会社がいい
  • 成長:給料が多少下がってでも、自分の成長につながる会社に行きたい

このように、絶対に譲れないものと、多少妥協しても良いものを明確にしておけば、転職後に「なんか違う」と後悔することは無くなりますよ。

転職をした後に成し遂げたいことを決める

転職は新しい環境で仕事をすることが目的であって、転職自体はゴールではありません。

そのため、転職をした”後”に何をしたいのかをあらかじめ決めておきましょう。

  • この職場でプログラミングのスキルを向上させたい
  • 実力主義の会社に転職をして、管理職を目指す
  • No.1営業マンという名声を手に入れる

目的は人それぞれあると思いますが、なんにせよ転職をした”後”まで考えた上で、転職活動に取り組むことが大切です。

面接官だけでなく、一般社員からも話を聞く

良いなと思う転職先を見つけたら、面接官だけではなく、一般社員からも会社の雰囲気などの話を聞きましょう。

「直接、声をかけるのはちょっと…」という場合は、面接の際に「御社に興味があり、より詳しく御社のことを知りたいのですが、他の社員の方ともお話をさせていただくことは可能でしょうか?」と聞いてみましょう。

この一言は「御社への転職を強く希望している」というアピールにもなります。

曖昧な理由で断られた場合は、面接で聞いた話と実際の現場にズレがあるのかもと考えることもできますね。

労働条件、待遇をしっかり確認しておく

失敗パターンのところでも紹介したように、労働条件や待遇については事前にしっかり確認しておきましょう。

具体的には内定後に必ず「労働条件通知書」を受け取り、説明されていた条件に差異がないかをチェックします。

会社は、内定者に対し「労働条件通知書」を送付する義務があるため、万が一送られてこない場合は、必ず自分から申請しましょう。

ちなみに、万が一労働条件通知書の内容が、事前の説明と違っていた場合、そのタイミングで内定を辞退しても問題ありません。

今の会社と転職希望先の会社の比較をする

転職後に「前の職場の方が良かった」と後悔するのも、転職の失敗パターンの一つです。

転職活動を行っていると、つい「新しい会社の情報」ばかりを集めがちですが、それと同時に今の会社についても改めてリサーチしておくと良いでしょう。

意外と「希望転職先と今の会社の条件を比べたら大した違いはなかった」というケースも多いです。

加えて、転職した後に今までと何が変わるのかも明確になるので、転職後のミスマッチも起こりにくくなります。

いつでも転職できる準備をしておく

転職で失敗しないために一番大事なのが、この「いつでも転職できる準備をしておく」ということです。

一般的に転職は3ヶ月〜6ヶ月かかると言われています。そのため、今の職場に限界が来てから転職活動を始めても遅いのです。

普段からいつでも転職できる準備をしておくことで、いざトラブルが起こった場合に、スムーズに新しい環境に移動することができるようになります。

また、いつでも転職できるという心の余裕があることで、今の職場でも成果を出しやすくなります。

30代の転職で不安を感じている人へのアドバイス

ここまで、30代の転職についてお伝えしてきましたが、中には「30代で転職って遅い?」と不安に感じている人もいることでしょう。

ですが、dodaが24万人を対象に行った調査によると、2020年の転職者の平均年齢は「32歳」となっています。(参考:https://doda.jp/guide/age/)

そのため、30代だからといって転職を諦める必要は全くありません。

ただし、20代と30代では会社が転職者に期待するものが違うのです。そこで、次の章では30代の転職者に会社が何を求めているのかをご紹介します。

会社が30代の転職者に何を求めているのか?

転職の失敗パターンに共通しているのは、転職者の要望と会社の期待のミスマッチです。

逆に言えば、会社が30代の転職者に「何を求めているのか」を正確に把握することができれば、転職後に「思ってたのと違う」と後悔することはなくなります。

そして興味深いことに、会社が転職者に求めるものは30代の前半と後半を境にガラッと変わるのです。

30代前半の転職者に対して、会社が求めるもの

30代前半までは、将来性を見越した「ポテンシャル採用」を考えている会社も多いようです。

ただし、実際の転職者の感想では、未経験職種への転職は難しい、厳しいという意見も多く見られます。

◇年齢的に即戦力としての期待値が大きい。未経験でも実際やってみればできるのかもしれないが、スキルがどの程度あるのかが自己分析しづらく、積極的なPRができない。資格でも持っていればひとつの目安を提示できるのだろうが、無い場合はなおさらだ。(34歳・男性・ビジネスコンサルティング)

引用:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/5029/

◇いくらやる気があっても、即戦力を求められることが多いので、まったくの未経験は厳しかった。逆に半年でも経験があれば、次の転職はスムーズだったのだろうなと思う。(30歳・女性・Webプログラマ)

引用:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/5029/

よって、ある程度「業種経験のある即戦力を採用したい」と考えている会社が多いと言えるでしょう。

30代後半の転職者に対して、会社が求めるもの

転職の業界では「35歳が分岐点」と言われることがあります。30代後半からは、企業も即戦力としての活躍を期待して採用することがほとんどです。

そのため、この年代になると実績や即戦力としてのスキルを持っていないと、現職以上の条件での転職は厳しくなってくるでしょう。

また、30代後半にもなると実務のスキルだけではなく、管理職・マネージャーとしての役割を求められることもあります。

30代の転職で失敗したくないなら、転職エージェントを活用しよう

もしあなたが、絶対に転職で失敗したくないと思っているのであれば「転職エージェント」は必ず利用すべきです。

転職エージェントを利用すると、自分の市場価値を客観的に測ったり、自分が望む条件に合わせて担当者が求人を探したりしてくれます。

さらに、採用されやすい提出書類の書き方や、面接の練習までサポートしてくれるところも多いですよ。

ちなみに、転職に成功した人は平均して「2.5社」の転職エージェントを利用しています。もはや転職時に複数の転職エージェントを掛け持ちするのが当たり前なのです。

 

成功する人は知っている。転職を考える「前」から転職エージェントを使うべき理由

なぜ、転職を考える「前」から転職エージェントを使うべきなのか?

もしあなたが今以上のキャリアアップを考えているのであれば、たとえ今すぐに転職をする気がなくても、転職エージェントに登録しておくことをお勧めします。

なぜなら、転職を考え始めてから転職エージェントに登録しても、スタートダッシュが遅れて転職活動が長引いてしまう可能性が高いからです。

多くの場合、転職を考え始めるきっかけは以下の2つのタイミングです。

転職を考え始めるタイミング

  • 今の職場ではこれ以上成長できないと感じた時
  • 今の職場の雇用条件に不満を感じた時

ちなみに、一般的に、転職活動を始めてから実際に転職するまでの平均期間は「3ヶ月〜6ヶ月」と言われています。

転職を考え始めてから慌てて行動するのは手遅れ

つまり、このように「転職を考え始めたタイミング」で、あわてて転職活動を始めてもすぐに転職できるとは限らないのです。

せっかくキャリアアップを考えても、転職の準備をしていないと3ヶ月〜6ヶ月は、不満のある職場で仕事を続けなければならなかったり、成長のない仕事を延々とこなさなければなりません。

これって、かなり「キャリアアップにとって無駄な時間」だと思いませんか?

だからこそ、転職を考え始めるよりも『前』のタイミングから、コツコツと転職活動の準備をしておくことが大切なのです。

「今すぐに」転職エージェントを利用するメリット

早い段階で転職エージェントを利用することで、自分のキャリアの棚卸しができたり、挑戦してみたい業種の転職先リストを作ったりすることができます。

こうして事前に転職の準備をしておけば、いざその時が来たタイミングでスムーズに転職することができるのです。

また、いつでも転職できる準備をしておけば、精神的にも余裕を持てるようになり、今の職場でも今以上に大きな成果を出せるようになるでしょう。

転職の予定がないのに転職エージェントに登録していいの?

中には「転職する予定がないのに転職エージェントに登録するのって迷惑なのでは?」と心配になる方もいることでしょう。

ですが結論から言うと、全く問題ありません。実際、転職エージェントの方でも「今すぐの転職を考えていない方も利用OKですよ」と謳っているところも多いです。

転職エージェント側としても、長く付き合いのある人ほどその人の望むキャリアを把握できるので、高確率で転職活動を成功させられるというメリットもあります。

また、転職エージェントを「情報収集先の一つ」として利用している方も多いです。決して今すぐ転職する人しか利用できないというわけではないのです。

転職エージェントは『無料』で利用できる

ここまで、早めに転職エージェントを利用するべき理由についてご紹介してきました。

そして、転職エージェントは基本的に「全て無料」で利用することができます。なぜなら、転職に成功すると、採用した企業から転職エージェントに紹介料が支払われる仕組みだからです。

転職エージェントは企業からもらえる紹介料で売上を立てているため、転職をする側は「無料」でサポートを受けられる仕組みなのです。

ノーリスクで利用することができる上に、いざ転職を考え始めた時にスピーディーに転職を成功させるためにも、ぜひ今のうちから転職エージェントを利用しましょう。

数ある転職エージェントの中でも特におすすめのサービスを以下の記事で紹介しているので、ピンときた転職エージェントにさっそく登録してみてはいかがでしょうか?

※転職成功者は一人当たり2.5社の転職サイト、エージェントを利用しています。
※複数の転職エージェントを利用することで、より多角的なサポート、アドバイスを受けることができます。

まとめ:30代の転職で失敗するパターンと7つの対策

今回は、30代で転職に失敗する4つのパターンと、その対策を7つご紹介しました。改めて、ポイントを振り返ってみましょう。

30代が転職で失敗したと後悔する4つのパターン
  • 転職した会社に馴染めない
  • 最初に聞いていた条件と違う
  • 自分のスキルが通用しない
  • 前の会社の方が自分に合っていた
30代の転職で失敗しないための7つの対策リスト
  • 自分の市場価値を客観的に測る
  • 転職に求める優先順位を決める
  • 転職をした後に成し遂げたいことを決める
  • 面接官だけでなく、一般社員からも話を聞く
  • 労働条件、待遇をしっかり確認しておく
  • 今の会社と転職希望先の会社の比較をする
  • いつでも転職できる準備をしておく

この記事の内容を押さえれば、転職に失敗して後悔する可能性を最小限にすることができるでしょう。

また、転職は準備をしておけばおくほど、満足のいく会社に出会える可能性が高くなります。

転職のベストタイミングを逃さないためにも、今のうちから転職エージェントに登録して、準備を整えておきましょう。

 

※転職エージェントは無料で利用できます。

ABOUT ME
伊津大輝(イヅダイキ)
活動歴6年のSEOライター。検索上位記事を多数執筆。自社が運営する2つのメディアの編集長として活動しつつ、web+に参加されたライターへSEOライティングの指導、添削などを行っています。実はSEOライティングよりもセールスコピーライティングが得意で、コピーライター歴は約6年。大学では心理学を専攻していました。