転職ノウハウ

転職成功に繋がる「自己分析」のやり方を5つのステップで徹底解説!

本記事では、転職成功の鍵になる「自己分析」のやり方を5つのステップで解説します。

コロナ禍の影響もあり、転職市場が不安定となっている昨今。その中で内定を勝ち取るためには、徹底的に自己分析を行い、自身の魅力をしっかりとアピールすることが重要です。

この記事を読めば、あなたの強みや価値観を徹底的に分析でき、企業に対して好印象を与えられるでしょう。無事に転職を成功させるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/トレーニング-実業家-2874597/)

なぜ転職活動で自己分析をする必要がある?

https://pixabay.com/ja/photos/オフィス-スタートアップ-594132/

転職活動の初めに行うのが「自己分析」ですが、そもそも“自己分析をする意味”とは何でしょうか。

転職をする上で、自己分析が必要な理由としては以下の3つの点が挙げられます。

転職活動に自己分析が必要な理由
  • 最適な転職先を見つけるため
  • 有利に転職活動を進めるため
  • 転職後に後悔しないため

最適な転職先を見つけるため

自己分析を行い、自身の強みや価値観を把握することで、あなたがどのような仕事に向いているのかが分かります。

また、転職する目的がより明確になるため、どの企業に入れば目的を達成できるのかも判断しやすくなります。

つまり、自己分析を行うと「転職の方向性」がはっきりするので、最適な転職先を見つけやすくなるという訳です。

有利に転職活動を進めるため

自己分析をしてスキルやキャリアを整理しておくと、職務経歴書を書く上でアドバンテージとなり、面接では自分の強みをよりアピールできます。

また、アピール材料が多ければ“ライバルとの差別化”を図れるため、採用担当者の目に留まりやすくなります。

自己分析を十分に行い、自身の強みやアピールポイントを確認しておけば、有利に転職活動を進めることが可能です。

転職後に後悔しないため

転職をするにあたり、重要なポイントになるのが“仕事に何を求めているのか”という点です。

自己分析をしないまま、何となく転職活動を進めると、入社後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔してしまう可能性が高いです。

徹底的に自己分析を行えば、あなたの転職の軸が明確になるので、入社後のミスマッチを防ぎやすくなります。

転職の軸:転職先を選ぶときに重視する条件のこと(例:業界、年収、職場環境など)

転職活動の自己分析で押さえておくべき5つのステップ

https://www.photo-ac.com/main/detail/514108?title=ビジネスマン【ステップアップ】

先程の解説で、自己分析の必要性については理解していただけたかと思います。では一体、どのようにして分析を行えば良いのでしょうか。

自己分析のやり方には様々な方法があるので「絶対にこうしなければならない」と堅く考える必要はありません。

今回紹介する5つのステップは、どれも自己分析において重要なポイントになるので、ぜひ参考にしてみてください。

自己分析で押さえておくべき5つのステップ
  1. 転職する理由を確認する
  2. 自分が持つ価値観を分析する
  3. スキル・キャリアを棚卸しする
  4. 仕事以外の得意な部分から棚卸しする
  5. 自己分析で確認できた強みを言語化する

次の章からは、①〜⑤までのステップについて詳しく解説していきます。

ステップ①転職する理由を確認する

自己分析を始めるにあたり、まずは転職する理由を確認してみましょう。改めて転職する理由を確認することで、自分が目指しているキャリア(転職して実現したいこと)がイメージできます。

例えば、転職する理由が「給与が少ない」という場合、「年収◯万円以上は欲しい」「評価が給与に反映される企業で働きたい」と考えられるでしょう。

また、「なぜ収入をアップさせたいのか」「いつまでにどれくらい稼ぎたいのか」というように深く掘り下げていくことで、よりあなたが実現したいことが明確になります。

自己分析をして目指すべき方向性が分かれば、どのような仕事に就けば良いのか、どの企業に入るべきなのかを判断することができます。

ステップ②自分が持つ価値観を分析する

次にあなたが持っている価値観を分析していきましょう。ここで言う「価値観」とは“仕事に対する考えや姿勢”のことを指します。

改めて自身が持つ価値観を見直すことで、より転職の軸を明確にできます。転職の軸は“仕事・企業選びの格”になるものなので、しっかりと分析していきたいところです。

何となく大事にしている価値観を把握できていれば良いですが、手探りで確かめていくのは意外と大変です。ですので、簡単に価値観を分析できる「診断ツール」の利用をおすすめします。

例えば、転職サービス「doda」の自己分析シートでは、40項目に○×を付けていくだけで仕事に対する志向性を客観視できます。効率良く分析を進められるので、ぜひ診断ツールの利用を検討してみましょう。

ステップ③スキル・キャリアを棚卸しする

次に社会人になってから今までの時間を振り返り、スキルやキャリアの棚卸しをしていきましょう。積み上げてきたスキルや実績を整理することで、より自分の魅力を企業側にアピールできます。

特に「専門的な知識や技術」「残してきた功績」は、ライバルとの差別化を図りやすく、大きなアピールポイントになります。(例:専門的なPCスキル、前職で営業実績No.1など)

多くの企業は転職者を“即戦力”として見ているので、自分が活躍できる人材とアピールできるように、スキルや実績をしっかりと整理しておきましょう。

もし「自分の強みが分からない」という場合は、後程紹介する「転職エージェント」を利用してみるのがおすすめです。

ステップ④仕事以外の得意な部分から棚卸しする

もし誇れるようなスキルや実績がない場合、仕事以外の得意な部分に目を向けてみましょう。

仕事以外でのスキル・経験の棚卸しは、これまで気付かなかった強みを発見できたり、キャリアチェンジをする際に役立ったりすることもあります。

具体的には、以下のような観点からスキルや経験などを振り返ってみると良いでしょう。

知識 情熱を持って話せる話題(スポーツ、音楽、資産運用など)
スキル・資格 周りにはできないような特技(英語、手話、PCスキルなど)
人脈 周囲の人にはないような人脈(起業家、海外で働いている友人など)
経験 周りの人がしたことがないような経験(世界一周の旅、起業など)
人間性 今まで周りから褒められたこと(協調性、論理的思考など)

ステップ③・④では「スキル・経験の棚卸し」について解説しましたが、自身の強みやアピールポイントは、自分では気付かないこともよくあります。

第三者の意見を取り入れると、意外な自分の魅力を発見できる場合もあるので、友人や家族に質問してみるのもおすすめです。

ステップ⑤自己分析で確認できた強みを言語化する

ステップ①〜④をこなすことで、あなたの強みや価値観の傾向が見えてくるはずです。

分析結果を整理したら、具体的なエピソードを交えて強みを言語化してみましょう。

簡潔に言語化することで、応募書類や面接での自己PRに活かすことできます。

尚、転職サービス「en転職」では、以下の順番で考えると“強みを整理(言語化)しやすい”と提案しています。

強みを整理(言語化)する手順
  1. 自分の強みや特徴をひとことで言うと?
  2. それを象徴する具体的なエピソードは?
  3. そこから得られた学びや成果は?

(参考:https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/9124/#6)

自己分析で確認できた強みや価値観は、言語化をして初めて転職の場で役に立ちます。

尚、実際の選考では、企業が求める人材像を分析した上で「あなたの強みがどのように活かせるのか」をアピールすることが重要です。

転職活動で自己分析をする際に意識しておきたいこと

https://www.photo-ac.com/main/detail/4715047?title=%E3%81%B2%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8D%E3%82%92%E5%A4%A7%E4%BA%8B%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88&searchId=303973421

この章では、自己分析をする際に意識しておきたいポイントを2つ紹介します。

自己分析をする際に意識しておきたいこと
  • 短所をネガティブに捉えない
  • 強みを言語化する際は凡庸(ぼんよう)な表現を避ける

短所をネガティブに捉えない

自己分析を進めていくにあたり、長所だけでなく「短所」も見えてくるかと思います。

一見「短所」と聞くとネガティブなイメージがありますが、捉え方によっては「長所」に変わることもあるのです。

例えば、「思ったことをすぐに口にしてしまう」のが短所に思える場合、「どんなことでもはっきりと言える」と言い換えられます。

上記のように、短所に思える部分でも視点を変えて考えれば、より自分の可能性を広げることができます。

強みを言語化する際は凡庸な表現を避ける

前述したように、自己分析で確認できた強みは、言語化することで初めて意味を持ちます。ただ凡庸な表現で言語化すると、ライバルとの差別化できず、採用担当者の目に留まりにくくなってしまいます。

ですので、なるべく凡庸な表現は避け、自分の言葉で表現することを意識してみましょう。

例えば、「マネジメント能力があります」ではなく、「◯人の部下を率いて、△の成果を成し挙げた実績があります」というイメージです。

同じ強みでも“自分らしさ”を出すことで、企業側に強い印象を与えることができます。

転職サービスを利用して自己分析をするのもおすすめ

ここまで自己分析のやり方を解説しましたが、「転職エージェント」を利用して分析を進めるのもおすすめです。

転職エージェントには、転職のノウハウを熟知したキャリアアドバイザーが在籍し、あなたのスキルやキャリアを棚卸ししてくれます。

客観的に自分の強みを把握でき、プロの視点で新たな強みも発見してくれるので、より精度の高いを自己分析を行うことが可能です。

尚、転職エージェントのサービスは、基本的に「無料」で利用できます。選考対策のサポートも受けられるので、転職成功率を上げるためにも積極的に活用することをおすすめします。

初めて転職エージェントを利用する方は、転職支援実績No.1の「リクルートエージェント」や転職者満足度No.1の「doda」などを検討してみると良いでしょう。

転職成功の鍵!自己分析のやり方・ステップまとめ

今回は、転職活動で重要となる「自己分析」のやり方について紹介しました。改めてステップ①〜⑤の内容を簡単にまとめてみます。

自己分析のやり方まとめ
  1. 転職理由を深堀し、目指しているキャリアを明確にする
  2. 仕事に対する価値観を分析し、転職の軸を明確にする
  3. スキルやキャリアを整理して、自分の強みを把握する
  4. 自分の可能性を広げるため、仕事以外の得意な部分にも注目してみる
  5. 分析で確認できた強みを“自分の言葉”で言語化する

この記事を読んだあなたなら、自分の強みや価値観を把握でき、ライバルよりも強い印象を与えられるでしょう。

「徹底的に自己分析をしたい」「プロの意見も取り入れたい」という方は、転職エージェントの利用も検討してみてください。

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。