市場価値 PR

社会保険労務士の資格は4つの転職先ならお勧め!取得のポイントも解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

社会保険労務士は、転職活動において有利に進めることが出来る資格です。ただし、一概に全ての職種で有利なわけではありません。

この記事では、社会保険労務士の資格で転職を有利に進められる職種や、資格取得のためのポイントを解説しております。

あなたにとって、社会保険労務士の資格を取得するべきか、判断できるようになりますので、是非最後までチェックしてみてください。

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%95%99%e8%82%b2-%e5%ad%a6%e3%81%b6-%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0-4796952/

社会保険労務士の資格は転職でおすすめ?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97-%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89-2557468/

社会保険労務士の資格は、活かせる職種が転職で求めるキャリアと合致するなら、取得することをおすすめします。

しかし一方で、資格を活かせる職種が、転職で自分の求めるキャリアと合致しない場合は、資格取得のための勉強はあまりおすすめしません。

なぜかというと、社会保険労務士の資格は取得が困難な国家資格だからです。

社会保険労務士の資格が、どの転職先への就職を有利に進めることができ、仕事内容に活かせるかは次の章で解説します。

社会保険労務士の資格を活かせる4つの転職先

社会保険労務士の資格の取得で、転職を有利に進められて、また仕事内容で活かすことができる転職先は、下記の4つになります。

社会保険労務士の資格を活かせる4つの転職先
  • 社会保険労務士事務所
  • その他の士業事務所
  • 人事・労務コンサルティング会社
  • 一般企業の人事・労務

これら4つの転職先が、自分の求めるキャリアと合致する場合は、転職前に社会保険労務士の資格を取得できるように、勉強を進めましょう。

逆に4つ以外の転職先を検討している場合は、資格取得に対する労力と、転職活動に対する有利さがあまり見合っていません。

次の章からは、社会保険労務士の資格を活かせる4つの転職先について、詳しく解説していきます。

転職先①社会保険労務士事務所

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a3-%e8%b6%85%e9%ab%98%e5%b1%a4%e3%83%93%e3%83%ab-2256489/

まず一つ目に挙げられる資格を活かせる転職先は、社会保険労務士事務所です。

社会保険労務士事務所は、有資格者を求めることが多く、資格取得後に多くの人が転職します。

社会保険労務士事務所では、人事・労務のスペシャリストとして、コンサルティング業務などを行います。

実務経験のある方は、そのまま担当顧客を割り振られる場合もありますが、未経験の場合は補助事務員として、計算業務を任せられることもあります。

転職先②その他の士業事務所

次に挙げることが出来るのが、税理士事務所や会計士事務所といった、社会保険労務士事務所以外の士業事務所です。

士業事務所は、給与計算など分野が被っている部分があるため、社会保険労務士のニーズが高いといえます。

また、会計士や税理士の顧客先から、社会保険労務士の独占業務を依頼されることがあります。

ただ、社会保険労務士事務所以外の士業事務所は、実務経験を求められる場合が多いため、社会保険労務士のファーストキャリアとしては転職が難しいです。

転職先③人事・労務コンサルティング会社

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80-%e4%ba%8b%e6%a5%ad-%e4%bc%9a%e7%a4%be-2360063/

三つ目に挙げられる、社会保険労務士の資格を活かせる転職先は、人事・労務コンサルティングの会社です。

業務内容としては、顧客企業の人事や労務の実務管理などの分野で、第三者の目線からアドバイスを行います。

士業事務所が社会保険労務士の転職先のイメージになりがちですが、このような企業でも資格を活かすことができ、社会保険労務士としての専門性を磨くことが出来ます。

募集企業数は少ないですが、高い年収も見込めることから、社会保険労務士の転職先としてお勧めです。

転職先④一般企業の人事・労務

最後に転職先として挙げられるのが、一般企業の人事・労務です。

社会保険労務士の専門である人事・労務関連業務は、どんな企業でも必ず生じるものであり、民間企業の人事・総務部などで、資格を活かすことができます。

そのため、人事・総務部であれば中小企業から大企業まで、幅広い企業を転職先として考えることが出来ます。

ただし、実務経験を求められることも多いため、事前に必要なスキルは何かチェックするようにしましょう。

社会保険労務士は未経験でも転職できる?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%8f%a1%e6%89%8b-%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%af-%e6%89%8b-3091906/

社会保険労務士の資格を持っている場合、実務経験がなくても転職することは可能です。

しかしながら、上記した4つの中でも実務経験がない場合は、転職先として選べる企業の幅は狭まります。

例えば、社会保険労務士事務所の場合は未経験でも採用されることはありますが、その他の士業事務所の場合、即戦力として実務経験を求められることが多いです。

そのため、いきなり自分の求めるキャリアに転職しようとするのではなく、実務経験を蓄積して長期的にキャリアを築いていくことが現実的です。

社会保険労務士の試験は難しい?勉強時間はどのくらい?

厚生労働省の「社会保険労務士試験の結果について」を参照すると、合格率は6%~8%ほどであり、社会保険労務士試験は難しいことが分かります。

また、社会保険労務士試験は合格まで1,000時間ほどが必要であるといわれています。

これは、毎日2時間勉強する場合だと500日もかかり、祝日に4時間勉強するならば1年ほど勉強する計算です。

合格までに必要な勉強時間は個人差がありますが、長期的なスケジュールを立てなければなりません。

転職前に社会保険労務士の資格を取得するための勉強方法

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%9c%ac-%e5%8b%89%e5%bc%b7%e3%81%99%e3%82%8b-%e6%96%87%e5%ad%a6-%e5%ad%a6%e3%81%b6%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab-2158737/

社会保険労務士試験の勉強は、通信講座やスクールに通って効率的に勉強することがおすすめです。

独学で合格することは不可能でありませんが、長期間継続して勉強しなければならないため、モチベーション維持が困難です。

直接講師に聞きたいならスクールを、時間に縛られたくないならば通信講座を選ぶと良いでしょう。

一概にどれが正解とは言えないので、自分に合った勉強法を見つけることが重要です。

<まとめ>社会保険労務士の資格で転職を有利に進めよう!

社会保険労務士の資格は、下記の4つの転職先が自分の求めるキャリアの場合、転職で有利になるのでお勧めです。

社会保険労務士の資格を活かせる4つの転職先
  • 社会保険労務士事務所
  • その他の士業事務所
  • 人事・労務コンサルティング会社
  • 一般企業の人事・労務

社会保険労務士は未経験でも転職することはできますが、企業の幅は狭まるため、長期的にみてキャリアを築いていきましょう。

資格を効率的に取得するには、独学では難しいため、通信講座やスクールを活用する必要があります。

社会保険労務士の資格を取得して、自身の求める企業への転職活動を有利に進めましょう!

ABOUT ME
ゆうま
社会人1年目のWEBライターです。 転職やペット、通信など幅広いジャンル記事を執筆。 音楽が大好きで暇さえあれば歌ってます。