市場価値

30代でもIT業界に転職できる?成功のポイントや必須スキルを解説!

キャリアの分岐点とも言える30代。転職が当たり前となっている今、市場規模が拡大している「IT業界」への転職を目指す方はとても多いです。

あなたもIT業界への転職を検討しているかと思いますが、“30代”という年齢に不安を感じているのではないでしょうか。中にはITスキルに自信がないことから、なかなか転職に踏み切れない方もいるでしょう。

そこで今回は、30代でIT業界に転職できるのかどうか、そして転職を成功に導くポイントについて解説します。また、未経験からITエンジニアを目指す方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/コンピュータ-ラップトップ-技術-4795762/)

30代でIT業界へ転職するのは厳しい?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e4%bb%95%e4%ba%8b-%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9-%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0-5382501/

結論から言うと、30代でもIT業界へ転職するのは可能です。しかし、30代の人材は“即戦力”として期待されるため、専門的なスキルや知識を持っていないと転職するのは厳しいでしょう。

また、IT業界は成長産業であることから、転職の競争率がとても高いです。あなたが目指すレベルにもよりますが、ライバルに差を付けられる専門性がなければ、希望する企業に転職するのは難しいでしょう。

とは言え、IT業界は市場規模が拡大している反面、人材不足が続いていることから採用ニーズは高いです。

経済産業省が発表している『IT人材育成の状況等について』を見てみると、2030年までにIT人材の不足が約79万人にまで拡大すると予測されています。

(参考:https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/daiyoji_sangyo_skill/pdf/001_s03_00.pdf)

転職のハードルが高いことに変わりはないですが、慢性的な人材不足から転職できるチャンスがあることも確かです。

30代でIT業界への転職を成功させやすい人の特徴

前章では、”30代でIT業界に転職するのは厳しい”と解説しましたが、実際に転職を成功させている方は少なくありません。

では、どのような人がIT業界への転職を成功させているのでしょうか。成功者によく見られる特徴として、以下の3つの点が挙げられます。

30代でIT業界への転職を成功させやすい人の特徴
  • 高度なITスキルを持っている人
  • 前職の経験を活かせる人
  • 変化に対応し続けられる人

高度なITスキルを持っている人

専門性が重視されるIT業界では、高度なITスキルを持っていると転職を成功させやすいです。

入社後の活躍に期待でき、教育にかかるコストや労力を減らせることから、企業にとって能力が高い人材は採用するメリットが大きいと言えます。

前述したように、30代の中途採用は“即戦力”として期待されています。ですから、“専門性が高いほど転職が有利になる”と考えておくと良いでしょう。

前職の経験を活かせる人

ある程度の社会人経験があり、即戦力として期待される30代は、前職での経験が評価されやすい傾向にあります。

そのため、IT業界でも活かせる経験(専門知識を使った営業やマネジメント経験など)を積んでいる人は、転職を成功させやすいです。

変化に対応し続けられる人

IT業界は、非常に変化が激しい業界です。次々に新しい技術やツールが出てくるため、企業は常にキャッチアップできる人材を求めています。

また、変化が激しい業界の中で生き残っていくために、会社の戦略が変更されることも多いです。会社の戦略が変われば、自身の仕事内容も変わるため、柔軟に対応していく必要があります。

つまり、柔軟性がなければ活躍するのが難しい業界のため、変化に対応し続けられる人が転職に成功しやすいと言えるのです。

30代でIT業界への転職を成功させる4つのポイント

出典https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%af-%e6%89%8b-%e3%83%a2%e3%83%8b%e3%82%bf%e3%83%bc-3962172/

この章では、 30代でIT業界への転職を成功させる4つのポイントを紹介します。

30代でIT業界への転職を成功させるポイント
  • ITの基礎知識を身に付ける
  • スキルやキャリアの棚卸しをする
  • 柔軟性をアピールする
  • 中小企業を狙う

ITの基礎知識を身に付ける

30代でIT業界への転職を目指すなら、ITの基礎知識を身に付けておくことが重要です。

20代の頃とは違い、30代はポテンシャルが評価されにくいので、少しでも知識を習得して“即戦力”になれることをアピールする必要があります。

尚、一口に“IT業界”と言っても、プログラマーやシステムエンジニアなど仕事は多岐にわたります。ですので、まずは自分が目指す分野についてリサーチし、必要な知識を身に付けていくことが大切です。

スキルやキャリアを棚卸しする

即戦力として期待される30代にとって、スキルやキャリアの棚卸しは必須です。具体的な能力や実績を示すことができれば、競争率が高いIT業界への転職も有利になります。

例えば、ITエンジニアに関する資格はもちろん、IT業界でも活かせるマネジメント経験をアピールするのも良いでしょう。

また、個人的にプログラミングなどを学んでいる方は、自身で作ったサービスなどをポートフォリオに載せることで、企業に実力を示すことができます。

尚、市場規模が大きいIT業界には、多種多様な企業が存在します。より好印象を与えるためには、しっかりと企業研究を行い、会社が求める人材像を把握することが大切です。

柔軟性をアピールする

常に新しいモノや技術が出てくるIT業界では、変化に強い“柔軟性のある人材”が求められます。

しかし、ある程度のキャリアを積んでいる30代は、企業から「考えが凝り固まっていないだろうか」「市場の変化に対応できるだろうか」と懸念されがちです。

そのイメージを払拭するためにも、選考では柔軟性をアピールすることが重要なのです。

例えば、常に業界の動向をリサーチしていることや、仕事上のトラブルに対応した経験などを伝えれば、柔軟に対応できる人材だと評価してもらえるでしょう。

中小企業を狙う

安定性を考えると大手企業に目が行きがちですが、狙い目は中小企業と言えるでしょう。と言うのも、大手企業には多くの応募者が集まるため、採用を勝ち取ることが難しいからです。

更に高い専門性が求められるので、相応のスキルや知識がない方は、大手企業の選考を通過するのは厳しいでしょう。

その点、中小企業は大手企業よりも応募者が少なく、採用基準が低い傾向にあります。ですので、現段階でITスキルに自信がない方は、中小企業を狙った方が転職を成功させやすいと言えます。

30代でIT業界へ転職する際に頭に入れておきたいこと

30代でIT業界へ転職する場合、ある程度のITスキルがなければ、会社の選り好みはできません。そのため、前職よりも年収が下がる可能性を考慮しておく必要があります。

また、希望年収の最低ラインを決めておくことは重要ですが、高く設定すると転職先の選択肢を狭めてしまうので注意が必要です。

とは言え、IT業界は“成長性のある業界”なので、将来的な年収アップは望めます。ですので、目先の年収に捉われず、企業の将来性や評価制度を確認してキャリアプランを考えると良いでしょう。

30代の未経験者でもITエンジニアになれる?

出典:https://unsplash.com/photos/npxXWgQ33ZQ

今後も市場規模の拡大が見込まれるIT業界。成長性のある業界で安定を得るために、30代からITエンジニアを目指す方も少なくありません。

しかし、専門的なスキルや知識が必要になるため、「未経験からITエンジニアになるのは厳しいのでは?」と考える方も多いです。

確かに容易なことではないですが、未経験者歓迎の求人も見受けられるため、現時点で経験がなくても諦める必要はないでしょう。

ただITエンジニアの求人における「未経験可」とは、一定のスキルや知識を求められることが多いです。そのため、転職活動をする際は“どの程度のITスキルが求められるのか”を見定める必要があります。

ITエンジニアに求められるスキルと性質とは?

前章では、“未経験からITエンジニアになるのは可能”と解説しました。では、実際にITエンジになるためには、どのような能力が必要になるのでしょうか。

ITエンジニアには様々な種類がありますが、共通して求められるスキルや性質として、以下の4つが挙げられます。

ITエンジニアに求められるスキルと性質
  • 基礎的なITスキル
  • コミニケーション能力
  • マネジメント能力
  • 変化に対する適応力

基礎的なITスキル

基本的にIT業界・エンジニアに転職する際は、基礎的なITスキルが求められます。

例えば、ユーザーが操作する画面の設計・構築を行う「フロントエンジニア」の場合、HTML・CSS・JavaScriptなどの知識が必要です。

まずは自分が目指すエンジニアの業務内容を確認し、必要なITスキルについて学んでおきましょう。

コミニケーション能力

ITエンジニアと聞いたとき、1人で作業をこなすイメージを持つ方もいるでしょう。しかし、実際にはチームを組んでプロジェクトを進めていくことが多いです。

相手の考えを理解し、自分の考えを明確に伝えられなければ、質の高いシステムを構築することができません。

また、クライアントの要望を深く理解するためにも、コミュニケーション能力は必須と言えます。

つまり、ITエンジニアはスムーズに仕事をこなせるよう、高いコミュニケーション能力が求められるのです。

マネジメント能力

ITエンジニアは、プロジェクトを管理するリーダーだけでなく、個々のマネジメント能力も必要とされます。

ITエンジニアの仕事では、期限内に質の高い成果物を仕上げることが求められます。つまり、計画的に業務を遂行するための、徹底したスケジュール管理が必要になるのです。

更に20代よりもキャリアが長い30代は、高い管理能力が求められる傾向にあります。ですので、30代でITエンジニアを目指すのに、マネジメント能力は欠かせない要素と言えるでしょう。

変化に対する適応力

IT業界は、今も止まることなく技術が進歩しています。そのため、より長くITエンジニアとして活躍したいのなら、変化に対する適応力が必要不可欠になります。

企業側も変化に強い人材を求めているので、面接では学ぶのが苦ではないこと、そしてすぐにキャッチアップできる人材であることをアピールしたいところです。

未経験からITエンジニアのスキル・知識を学ぶ方法

出典:https://unsplash.com/photos/DHq8C54g6Bs

未経験からITエンジニアを目指すにあたり、最も苦労するのがスキル・知識の習得です。

では、これからITエンジニアを目指す方は、どのように学習すれば良いのでしょうか。IT関連のスキルや知識を学ぶ方法として、主に以下の2つが挙げられます。

IT関連のスキルや知識を学ぶ方法
  • 専門書やWebサイトで独学する
  • プログラミングスクールに通う

専門書やWebサイトで独学する

ITに関する知識については、専門書やWebサイトを利用して学ぶことが可能です。

最近では、無料で提供されているプログラミング学習サイトもあり、基礎的なスキルや知識を学ぶこともできます。progatepaizaなど)

ただ独学の場合、実践レベルのITスキルを身に付けるのに、相当な労力と根気が必要になります。より効率良く学習するのなら、次に紹介するプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

プログラミングスクールに通う

専門のプログラミングスクールに通えば、講師から直接学ぶことができるため、効率良くスキルや知識を習得できます。

オンラインスクールの場合、「時間の都合を合わせやすい」「どこでも講義を受けられる」などのメリットがあるので、仕事をこなしながらでも学びやすいでしょう。

尚、プログラミングスクールの中には、無料カウンセリングやレッスンを行っているところもあります。TECH CAMPTechAcademyなど)

カリキュラムの内容や金銭面も確認し、自分に適したスクールで学習してみると良いでしょう。

未経験からITエンジニアに転職するための方法

30代の未経験者がITエンジニアになるのは可能ですが、高い専門性が求められることもあり、簡単に転職できるとは言えません。

では、どうすれば未経験からITエンジニアに転職できるのでしょうか。具体的な方法として、以下の3つが挙げられます。

未経験からITエンジニアに転職する方法
  • 未経験者歓迎の求人を探す
  • 派遣社員から正社員を目指す
  • ある程度のITスキルを習得してから転職活動を始める

未経験者歓迎の求人を探す

人材不足に悩まされているIT業界では、新たな人材を確保するために「未経験可」の求人を出している企業も多いです。

上記のような企業では、入社後に研修を受けられ、仕事をしながらITエンジニアとしてのキャリアを積むことができます。

更に未経験可の求人は“採用基準が低い”ので、他の企業よりも転職しやすいと言えるでしょう。

派遣社員から正社員を目指す

派遣社員としてITエンジニアの職に就き、経験を積んでから正社員を目指すのも1つの方法です。

実際に業務に携わることで、専門的なスキルや知識を習得でき、その実務経験からキャリアアップが有利になります。

ある程度のITスキルを習得してから転職活動を始める

前述したように、ITエンジニアの「未経験可」の求人は、ある程度のITスキルが求められるケースがほとんどです。

そのため、PCスキルやプログラミング言語の知識が乏しい場合、転職活動がスムーズに進まないかもしれません。

確実にITエンジニアヘの転職を成功させるのなら、まずはスキルや知識の習得に力を入れるのが賢明でしょう。

ITエンジニアとしての知見が広がれば、転職先の選択肢が増えますし、採用される確率も飛躍的に高まります。

30代でIT業界を狙うなら転職エージェントに相談すべき

出典:https://pixabay.com/photos/businessman-consulting-business-2606509/#content

30代でIT業界・エンジニアへの転職を目指すなら、転職エージェントを利用するのが有効です。

転職エージェントには、業界を熟知しているキャリアアドバイザーが在籍しており、あなたにとって最適な企業や転職ルートを提案してくれます。

更にIT業界の動向や各企業についての内情、そして未経験からのアピール方法も教えてくれるので、より有利に転職活動を進めることが可能です。

尚、転職エージェントのサービスは“無料”で利用できるので、積極的に利用してみることをおすすめします。

サービス選びに迷った際は、求人数No.1の「リクルートエージェント」や、IT業界・エンジニアの転職に特化した「レバテックキャリア」を活用してみると良いでしょう。

まとめ:30代からのIT業界への転職は不可能ではない

今回は、IT業界を目指す30代の転職事情について解説しました。改めて記事の内容を簡単にまとめてみます。

記事の内容まとめ
  • 30代のIT業界への転職は、基礎的なスキル・知識がないと難しい
  • IT業界は人材不足であるため、転職できるチャンスはある
  • 未経験でもITエンジニアを目指すことは可能
  • 転職エージェントを活用すれば、転職が有利になりやすい

30代でIT業界に転職することはできますが、そのためにはある程度のITスキルが必要になります。

必要なスキルや転職のポイントを把握したあなたなら、ハードルが高いIT業界への転職を成功させられるでしょう。

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。