転職ノウハウ

転職活動を始めるベストな時期は?年齢別の市場価値や注意点も紹介!

転職について考えると「転職活動を始めるベストなタイミングは?」「そもそも転職しやすい時期ってあるのかな?」と気になるのではないでしょうか。

昨今は転職市場が不安定なこともあり、スムーズに転職活動を進めるためにも“最適な時期”を見極めたいところでしょう。

そこで今回は、転職活動を始める時期について詳しく解説していきます。この記事を読めば、あなたにとってベストな時期を把握できるので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/photos/suit-clothes-man-fashion-4165752/)

転職活動を始める時期は「3ヶ月前」が1つの目安

https://www.photo-ac.com/main/detail/4539641?title=%E4%B8%AD%E5%B9%B4%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%80%E6%82%A9%E3%82%80&searchId=3271737324

一般的に転職活動を始める時期は、次の企業に入社しようと考えている「3ヶ月前」が目安とされています。

と言うのも、転職成功者の多くが「3ヶ月程」で内定を得ることが多いからです。ですので、基本的には“次の会社に移る予定の3ヶ月前”を目安に、転職活動を始めると良いでしょう。

尚、早い人は「1ヶ月程」で転職先が決まりますが、上手く活動が進まない場合は「6ヶ月以上」かかるケースもあります。

あくまで「3ヶ月前」は1つの目安なので、転職に不安を感じている方は、早めに活動を始めた方が良いかもしれません。

転職活動を始める最適な時期は「2〜3月」「8〜9月」

https://www.photo-ac.com/main/detail/1247725?title=面接イメージ

これから転職活動を始めるにあたり、1年の中でどの時期が“転職に適しているのか”と気になるところでしょう。

実は転職にも「旬」と呼ばれる時期があり、採用活動が活発化する「2〜3月」と「8〜9月」は“転職に最適な時期”と言われることが多いです。

「2〜3月」に採用活動が活発化する理由

「2〜3月」は、1年の中で最も求人数が多くなる時期となります。

2〜3月に求人数が増えるのは「新年度に備えて体制を整えたい」「新卒社員と同じ時期に入社させて教育コストを抑えたい」という企業が多いからです。

求人数が増えれば、より条件の良い求人を見つけやすくなるので、転職活動を始めるの最適な時期と言えます。

「8〜9月」に採用活動が活発化する理由

1年の中で「2〜3月」に続いて、求人数が多くなるのが「8〜9月」です。

8〜9月に求人数が増えるのは、下半期に向けての採用に力を入れる企業が多くなるからです。

これまで空きがなかったポジションを募集するケースも多く、珍しい求人や条件の良い案件が見つかりやすいメリットがあります。

求人数が増える「2〜3月」「8〜9月」は、多くの転職者が活動を開始するため、“競争率が上がる”という難点があります。

自分のアピールポイントが少なく、ライバルとの差別化を図りにくい方は、活動の時期をずらすことも検討しておいた方が良いでしょう。

第二新卒枠の転職時期は「4月入社」がおすすめ

前章では、一般的な転職の最適な時期を紹介しましたが、「第二新卒枠」の転職であれば「4月入社」を目指すのがおすすめです。

4月に入社できれば、新卒社員と同じ研修を受けることができますし、年齢の近い同期の仲間と関係性も築きやすいでしょう。

尚、企業や情報サイトにより「第二新卒」の定義は異なりますが、一般的には「新卒で入社して3年未満の求職者(25歳以下)」を指すことが多いようです。

転職活動を始める前に知っておきたい年齢別の転職事情

出典:https://pixabay.com/photos/people-business-man-formal-wall-2557584/#content

ここまで転職時期の目安について解説しましたが、転職者の年齢によってもベストなタイミングは異なります。

この章では、年齢別の転職事情を紹介していくので、あなたに当てはまる内容を参考にしてみてください。

紹介する年齢別の転職事情
  • 「20代前半」の転職事情
  • 「25〜29歳」の転職事情
  • 「30〜34歳」の転職事情
  • 「35〜39歳」の転職事情
  • 「40歳以上」の転職事情

「20代前半」の転職事情

20代前半での転職は、仕事上の能力よりも「ポテンシャル」が重視される傾向にあります。

他の年代よりも転職のハードルが低いので、基本的には「転職したい」と考えたタイミングで活動を始めても問題はないでしょう。

ただ入社してから転職までの期間が短い場合、「忍耐力」が疑問視されることがあるので注意が必要です。

採用を行う企業によって受け取り方は異なりますが、一般的には「3年程」勤続してから転職するのが良いとされています。

「25歳~29歳」の転職事情

25〜29歳の転職は、20代前半と比べると「実力」が重視される傾向にあります。

と言うのも、20代後半の転職者は“ある程度の社会人経験を積んでいる”と判断されやすく、ポテンシャルよりも実力の方が期待されるからです。

まだまだ転職しやすい年齢ですが、競争率が激しい年齢層であるので、何か1つでも実績を出してからの方が転職活動を有利に進めやすいです。

「30歳~34歳」の転職事情

30〜34歳での転職を考えている場合は、なるべく早く転職活動を始めることをおすすめします。

と言うのも、30歳を過ぎると企業の中では“中堅扱い”となり、年齢が上がっていくほど採用基準が高くなってしまうからです。

また、30歳以上の転職者は「即戦力」と期待され、高い専門スキルやマネジメント能力を見られることが多いです。

早く転職活動を始めることをおすすめしますが、“スキルや実績がないと転職が難しくなる”ことも頭に入れておきましょう。

「35歳~39歳」の転職事情

35〜39歳での転職は、より専門性の高いスキルや知識、そしてマネジメント経験が求められる傾向にあります。

30代前半よりも選考の目が厳しくなるので、可能な限り早めに転職活動を始めるのがおすすめです。

企業の採用基準は高くなりますが、「現職で部長に就任している」「多くのマネジメント経験がある」などの確かな実績を残していれば、スムーズに内定が決まることもあります。

「40歳以上」の転職事情

40歳以上での転職は「40代向けの求人が少ない」「管理職から管理職への転職が中心になる」ということから、転職のハードルが高いと言えます。

転職できない訳ではないですが、転職活動が長期化する可能性が高いので、なるべく早めに活動することをおすすめします。

希望条件とマッチする企業を見つけることが大変なので、求人紹介をしてくれる「転職エージェント」を利用するのが賢明です。

転職エージェント選びで悩んだ際は、40代の転職支援に定評がある「JACリクルートメント」を検討してみると良いでしょう。

JACリクルートメントは、約42万件の転職支援実績のうち、40代の割合が「34%」を占めている人気転職サービスです。(2021年4月時点)

転職活動を始める上で時期を過度に意識する必要はない

ここまでの内容で、転職活動を始める時期のポイントについて理解できたかと思います。

ただ紹介した転職時期はあくまで目安の1つで、過剰に意識する必要はありません。転職活動を始める時期は、あなたが「転職したい」と考えたときが“最適なタイミング”と言えるでしょう。

と言うのも、転職活動では「自己分析」「企業研究」「求人探し」などやるべきことが多いです。今すぐに転職しないにしても、事前準備としてやれることはたくさんあります。

早くから準備をしておけば、より効率良く転職活動を進められるので、「転職したい」と考えたときに行動に移していくのが賢明です。

転職活動をする時期は在職中・退職後のどっちが良い?

https://www.photo-ac.com/main/detail/4674886?title=%E3%81%8A%E9%87%91%E3%81%A8%E9%9B%BB%E5%8D%93&searchId=419472744

これから転職活動を始めるにあたり、今の仕事を続けながら活動するのか、退職してから活動した方が良いのか、悩みどころかと思います。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分に合っているタイミングで活動するのがベストと言えるでしょう。

尚、以下の表に「在職中」と「退職後」のメリット・デメリットをまとめてみたので、判断材料として役立ててみてください。

転職活動のタイミング メリット デメリット
在職中
  • 収入を得ながら活動できる
  • 転職が決まらなくても会社に留まることができる
  • ブランクが無いまま次の会社に移れる
  • 転職活動に割ける時間が少ない
  • 面接の日程調整がしづらい
  • 退職する時期も考慮する必要がある
退職後
  • 転職活動に専念できる
  • 内定を貰い次第、即入社できる
  • 休暇を挟んで転職できる
  • 転職先が決まるまで安定した収入を得られない
  • 転職活動が長引くと転職するのが難しくなる

おすすめはリスクが少ない「在職中」の転職活動

転職者の状況にもよりますが、おすすめは「在職中」の転職活動です。今の仕事を続けながら転職活動をすれば、収入が途切れることもないですし、もし転職に失敗したとしても会社に留まることができます。

退職後の活動よりも“リスクが少ない”ので、基本的には「在職中」に活動していくと良いでしょう。ただ転職活動に割ける時間が少ないため、転職するまでに時間がかかる可能性もあります。

効率良く転職活動を進めたい方は「転職エージェント」の利用を検討してみると良いでしょう。転職エージェントでは、あなたの条件に合う求人を紹介してくれるので、仕事が忙しい中でも転職活動を進められます。

また、「面接の日程調整」や「退職手続きのフォロー」もしてくれるので、転職者の負担を大幅に軽減できます。仕事をしながらの転職活動は想像以上に大変なので、積極的にサービスの利用を検討してみましょう。

転職エージェントのサービスは、基本的に「無料」で利用できます。

転職エージェント選びで迷ったときは、転職支援実績No.1の「リクルートエージェント」など、サポートが充実しているサービスを検討してみると良いでしょう。

転職活動を始める際に注意しておきたい3つのこと

https://www.photo-ac.com/main/detail/424018?title=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF&searchId=3071281271

この章では、転職活動を始める際に注意しておきたいポイントを3つ紹介します。

転職活動を始める際に注意しておきたいこと
  • 前職の在職期間が短いと採用に影響しやすい
  • スキルや実績がないと転職しにくい
  • 休職中の転職活動はリスクが大きい

前職の在職期間が短いと採用に影響しやすい

この記事を読んでいる方の中には、前職(または現職)の在職年数が短い人もいるでしょう。その場合、採用で不利になる場合があるので注意が必要です。

転職サービス「ワークポート」の調査によると、「前職の在職期間が1年未満だと採用に影響しますか?」という質問に対し、63%の採用担当者が「影響する」と答えていました。

(参考:https://www.workport.co.jp/recruit_data/detail16.html)

会社都合ややむを得ない理由がない限り、基本的に「1年以上」は在職した方が良いと言えます。もし早期退職する場合は、しっかりと転職に至った理由を説明できるようにしておきましょう。

スキルや実績がないと転職しにくい

転職市場では「即戦力」が求められることが多いです。つまり、十分なスキルや経験を持ち合わせている人ほど“転職に成功しやすい”と考えられます。

もし自分の市場価値を確認したとき、「今のスキル・経験だけでは足りない」と感じた場合は、転職をする時期ではないかもしれません。

特に30代以上の転職は、企業から求められる条件のレベルが高いので、誇れるスキルや経験がなければ転職をするのは難しいです。

なるべく転職成功率を高めたい方は、現職でスキルや経験を積み上げてから、転職活動を始める時期を考えてみると良いでしょう。

休職中の転職活動はリスクが大きい

転職活動は、休職している時期でも行うことができますが、現在の会社とトラブルになる可能性があります。

と言うのも、休職は“復職”を前提にしているため、企業からすれば休職中の転職活動は納得し難いものです。

そのため、人間関係が悪化したり、退職手続きが上手く進まなかったりすることも十分に考えられます。

また、選考時に休職の事実を伝える義務はないですが、もし隠していたことがバレたときは「内定取り消し」や「解雇」になる場合があるので注意が必要です。

転職活動を始めるときに退職時期のことも考えておこう

転職活動を始める時期も大切ですが、退職時期についても考えておくことが大切です。何故かと言うと、退職のことも考えておかないと、損をしてしまう場合があるからです。

特に退職の時期でポイントになるのが「ボーナスの支給日」。転職をする人はかなりの確率で、ボーナスを受給した後に退職しています。

ただ支給日前に退職の意思を伝えると、ボーナスが減額される場合があるので注意が必要です。きっちりとボーナスを貰いたい方は、受給後に退職の意思を伝えるのが賢明でしょう。

また、仕事をしている人であれば、退職するまでに「有給休暇」を使うことができます。使わないのは勿体ないので、退職の時期を考えながら計画的に消化していきましょう。

まとめ:転職活動を始める時期は計画的に考えよう

今回は、転職活動を始める時期について解説しました。改めて記事のポイントを簡単にまとめてみます。

記事のポイントまとめ
  • 転職活動を始める時期は「転職する3ヶ月前」が目安の1つ
  • 採用活動が活発化する「2〜3月」「8〜9月」が転職に最適な時期
  • 転職活動は「在職中」に進めた方がリスクが少ない
  • 転職活動を始めるときに退職時期のことも考えておくと良い

一般的に転職活動を始める時期は「転職する3ヶ月前」が1つの目安とされています。

ぜひこの記事を参考にしていただき、自分に適したタイミングで転職活動を進めてみてください。

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。