転職ノウハウ

親の反対を押し切って転職したい!3つの対処法と説得する際のポイント

親に転職を反対されているあなたは「どうすれば納得してもらえるのかな」「なるべく穏便に話を進めたい」と考えているのではないでしょうか。

親に納得してもらうためには、親の気持ちに寄り添いつつ、自分の考えを伝えることが大切です。この記事を読んでもらえれば、円満に話を進められ、親に納得してもらえる可能性が高まるでしょう。

今回は、親が転職を反対する主な理由や、反対されたときの対処法を3つ紹介します。また、説得する際のポイントも3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/photos/suit-clothes-man-fashion-4165752/)

親が転職を反対する主な理由とは?

出典:https://unsplash.com/photos/9emAQvCJQ4c

「親に転職のことを相談したら猛反対された…」という経験を持つ方は、意外と多いものです。

なぜ転職を反対してしまう親が多いのでしょうか。親が転職を反対する主な理由として、以下の3つが挙げられます。

親が転職を反対する主な理由
  • 本人(転職する人のこと)を心配している
  • 転職に抵抗がある
  • 自分(親が自身)を心配している

本人(転職する人のこと)を心配している

いくらあなたが「転職しても問題ない」と考えていても、何かと心配してしまうのが親というものです。

「社会的に評価が低くならないか」「いきなり一人暮らしを始めて大丈夫なのか」と心配事が増えていき、転職に反対してしまう親もいます。

また、転職したい理由を聞いてネガティブな印象を受けた親も、転職を反対してしまうことがあります。

転職に抵抗がある

転職を反対する親の中には、転職そのものに抵抗感を持っている方も少なくありません。

と言うのも、親世代は「終身雇用制度」や「年功序列制度」がポピュラーなため、“転職=リスクがある”と考えてしまうからです。

過ごしてきた時代が異なるため、どうしても転職が良いと思えず、反対してしまう親も多いようです。

自分(親が自身)を心配している

息子・娘が転職することで「自分への負担が大きくなるかもしれない」と考えてしまい、転職を反対してしまう親もいます。

例えば、転職に伴い一人暮らしが必要になる場合、「費用を負担しないといけないのでは…」と考える親もいるでしょう。

他にも「孫の面倒を押し付けられるのではないのか」「老後は誰が自分の面倒を見てくれるのか」と不安が募り、転職を反対する親もいるようです。

ここまで親が反対する3つの理由を紹介しましたが、一体どのように対処すれば良いのでしょうか。次の章からは、それぞれの理由に関する対処法を解説していきます。

親に反対されたときの対処法①本人を心配している場合

親があなたのことを心配して転職を反対したときは、とにかく親を安心させることに注力しましょう。親が持つ懸念材料を減らすことができれば、転職を認めてもらえる可能性が高まります。

話し合いをする際に、ただ「転職しても問題はない」と伝えても、親を納得させることは難しいでしょう。心配している親を説得するためには、それなりの根拠を見せる必要があります。

例えば、親が転職先を不安視している場合は、企業の業績や業務内容を説明すると良いでしょう。親が“何に対して不安を抱いているのか”を考え、納得させられる材料を用意するのががポイントです。

親に反対されたときの対処法②転職に抵抗がある場合

転職そのものに抵抗感を持っている親に対しては、昨今の転職事情について説明することが大切です。現代の転職事情について理解を深めてもらえれば、親も寛容な対応をしてくれるでしょう。

とは言え、単に「昔と今では転職に対する考えが違う」と伝えても、親の理解が深まることはありません。

ですので、現代では転職する人が増えていること、転職をキャリアアップと捉えている流れがあることを、客観的な情報を示しながら説明していくと良いでしょう。

それでも納得してもらえないようであれば、転職経験のある先輩や友人など、第三者の力を借りながら説得してみるのが得策です。

親に反対されたときの対処法③自分を心配している場合

親があなたのことではなく、自分のことを心配している場合は、親の不安を解消するための具体案を提示しましょう。少しでも不安を取り除くことができれば、転職を認めてくれる可能性が高まります。

例えば、一人暮らしにかかる費用負担を心配している場合、親に「金銭面で迷惑をかけることはない」と伝えると良いでしょう。更に転職先での収入など、具体的な根拠を示すことで、より説得力のある説明ができます。

ただ「自分の子供に会えなくなる」「老後の生活が不安」といった心配事に関しては、どれだけ説得したとしても、親の考えが変わらない可能性が高いです。

どうしても親の了承が得られない場合は、「自分の人生は自分で決める」という強い意思を持ち、親の反対を押し切ることが必要になるでしょう。

親の了承を得られないまま転職をすると、一時的に関係が悪くなったり、疎遠になったりするかもしれません。

ただあなたの頑張る姿や活躍を見てもらえれば、少しずつ理解を示してくれる可能性があることも事実です。

親に転職を反対されたときに説得する際のポイント

https://www.photo-ac.com/main/detail/4119847?title=ビジネスマンの分かりやすいスピーチ

ここまで具体的な対処法を3つ紹介しましたが、「出来るだけ円満に解決したい」というのがあなたの本音かと思います。

円満に話を進めていくためには、しっかりと事前準備を行い、具体的な説明をしていくことが大切です。

特に押さえておきたいポイントとしては、以下の3つの点が挙げられます。

親を説得する際のポイント
  • 転職のメリット・デメリットを整理しておく
  • 転職したい企業・業界について調べておく
  • 自分の中でぶれない軸を持っておく

上記のポイントを押さえておけば、より説得力のある説明ができ、親も転職に対して考えを改めてくれるでしょう。

紹介した3つの点は、親を説得する際の重要なポイントになるので、次の章からは詳しく解説していきます。

ポイント①転職のメリット・デメリットを整理しておく

事前準備としてやっておきたいのが、転職のメリット・デメリットを整理しておくことです。親は“転職するリスク”に対してとても敏感なので、メリットを説明することでネガティブな印象を払拭できます。

また、転職のデメリットについても整理しておくことが大切です。メリットばかり伝えてしまうと、自分本位な意見になりやすく、説得力が薄れてしまう可能性があります。

デメリットも併せて伝えれば、話に厚みが出るだけでなく、「良いことばかりではないけれど、それでも転職したい」という真剣さが伝わりやすくなります。

転職に対するネガティブなイメージを緩和でき、あなたの熱意を伝えることができれば、親も転職を後押ししてくれるでしょう。

ポイント②転職したい企業・業界について調べておく

親が転職を反対するとき、何かしらの理由をつけて反対してくることが多いです。特に息子・娘が転職したい企業や業界に対して、意見する親が多く見られます。

ですので、親と転職について話し合う際は、転職したい企業や業界の動向を調べておくのが賢明です。具体的なデータを示すことができれば、親は反論しづらくなります。

また、転職したい企業や業界について調べておくと、あなたの転職に対する本気度も伝わりやすくなります。転職に対する熱意も伝えることができれば、親もあなたの考えを受け入れてくれるでしょう。

ポイント③自分の中でぶれない軸を持っておく

親の理解を得るためには、自分の意見をしっかり持つことが大切です。当たり前のように思えますが、親に意見を反対されたとき、気持ちが揺らいでしまう人も少なくありません。

転職に対して何か意見されたとき、すぐに気持ちが揺らいでしまうようでは、親を納得させるのは難しいでしょう。

親からしてみても、軸が定まっていない息子・娘の姿を見てしまうと、余計に不安が出てくるかもしれません。

ですので、どのようなキャリアを送りたいのか、どういった生活をしていきたいのか、自分の中でぶれない軸を持っておきましょう。

親に転職を反対されたときは一旦受け止めることも大切

ここまで転職を反対されたときの対処法や、説得する際のポイントを解説してきましたが、親の意見を一旦受け止めることも大切です。

転職の話に限りませんが、自分の意見を反対されると、つい反発したくなるものです。ですが、すぐに親の意見に反論してしまうと、親も聞く耳を持ってくれないかもしれません。

少しでも親の気持ちに寄り添うことができれば、少しずつあなたの意見に耳を傾けてくれるでしょう。

基本的に親が転職を反対するのは、あなたのことを大切に考えているからです。親に理解を求めるのであれば、あなた自身も親の気持ちを汲み取るように努めることが大切です。

最終的に転職するかどうかは自分次第

https://www.photo-ac.com/main/detail/4043966?title=%E8%A1%97%E3%82%92%E6%AD%A9%E3%81%8F%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3&searchId=2832116025

どんなに丁寧な説明をしたとしても、場合によっては「転職に理解を示してくれない」「聞く耳を持ってくれない」ということもあります。

そのような場合は、自分の考えを貫いて転職するしかありません。親の理解を得た上で転職するのがベストかもしれませんが、最終的に転職するかどうかはあなた次第です。

親の意見を受け止めて「転職しない」という判断を下すこともできますが、自分が決めた道を歩んだ方が後悔は少ないでしょう。

必ずしも親の賛同を得られるとは限らないので、自分の意思を貫いて転職する覚悟も持っておくようにしてください。

まとめ:本当に転職したいなら自分の意思を強く持とう

今回は、親に転職を反対されたときの対処法や、説得する際のポイントについて解説しました。改めて記事の内容を簡単にまとめてみます。

記事の内容まとめ
  • 親を納得させられる説得材料を用意する(転職するメリットなど)
  • 昨今の転職事情を説明し、転職に対するイメージを改めてもらう
  • どれだけ親に反対されても、自分の中でぶれない軸を持っておく
  • 自分の考えを伝えるだけでなく、親の気持ちを汲み取ることも大切

紹介した対処法やポイントを意識すれば、きっとあなたの親も転職を認めてくれるでしょう。

先程も述べたように、転職をするかどうかはあなた次第で決まります。どれだけ親に反対されても、自分の考えをしっかりと持っておきましょう。

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。