【エグゼクティブ向け】転職エージェントの選び方と活用法を徹底解説!

「エグゼクティブ向けの転職エージェントは、敷居が高くて利用したことがない。一体どんなサービスなのか気になる。」

会社に長く勤めていると、重要なポジションを任されることが多くなります。その中で、自分の実力が他の会社でも通用するのか、もしかしたら転職することで年収が上がるのでは?と感じることもあるでしょう。

そんなあなたに、今回はエグゼクティブ向けの転職エージェントについて、解説していきます。

この記事を読むことで、転職エージェントを初めて利用する際の不安が払拭されることでしょう。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4-%E9%9D%92-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84-4782653/)

スポンサーリンク

転職市場におけるエグゼクティブ採用の現状

 

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BA%BA%E3%80%85-%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84-%E4%BB%95%E4%BA%8B-1979261/

現在の日本国内における転職市場では、エグゼクティブ採用が増加傾向です。その理由として、ベンチャー企業の急成長に伴い、エグゼクティブ層が不足している点が挙げられます。

特にIT業界のベンチャー企業では、人材育成が間に合っていないため、大企業で経験を積んだ人材を求められていることが多いです。

また、日本企業の多くが後継者不足に頭を悩ませており、事業存続のために外部から経営者クラスの人材を採用する流れが加速しています。

なので、もしあなたが管理職として勤務していれば、現在の転職市場でエグゼクティブ採用される可能性は高いでしょう。

エグゼクティブが転職エージェントを使うべき理由

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E7%94%B7%E6%80%A7-%E4%BB%95%E4%BA%8B-2879470/

実際にエグゼクティブとして転職活動を始めると、どうやって転職先を見つければ良いのか、あなたは頭を悩ませることでしょう。そこでオススメなのは、転職エージェントの利用です。

なぜ転職エージェントを使うべきなのか、最大の理由は転職の成功率が高いことが挙げられます。

転職エージェントへ登録すると、非公開求人などの様々な求人を見ることができ、転職の可能性が大幅に広がります。

また転職エージェントは、初回登録から希望する企業に転職が完了するまで、履歴書の添削などの手厚いサポートを無料で行ってるので安心です。

やけゆう

転職活動を初めて行うあなたにとって、プロのサポートがあると心強いですね!

転職エージェントは”転職希望期間”に応じて2つの形式から選択

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%81%B8%E6%8A%9E-%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-2692466/

エグゼクティブが使うべき転職エージェントには、総合転職エージェントヘッドハンティング型転職エージェントの2種類が存在します。あなたの転職希望期間に応じて、これら2つのエージェントを選びましょう。

まず、すぐに転職したい方は総合転職エージェントを利用するのが良いです。

総合転職エージェントは、大量の案件の中からあなたの条件にマッチした求人を迅速に探してくれます。なので総合転職エージェントに登録することで、比較的短期間で転職活動を終えることが可能です。

デメリットとしては、ヘッドハンティング型転職エージェントに比べて、ハイクラスな案件が少ないことです。

やけゆう

総合転職エージェントは、より高みを目指したい方にとって少し物足りないかもしれません。

そこで、今の職場よりも高年収を目指したいあなたには、ヘッドハンティング型転職エージェントをオススメします。

ヘッドハンティング型転職エージェントは、非公開中心の数少ない案件から、ヘッドハンターが厳選してあなたへ提示する形式です。そのため、必然的に長期的な転職活動となります。

あなたの希望に合わせて、どちらの形式を選ぶのか決めていきましょう。

エグゼクティブが転職エージェントへ登録した後の流れ

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%BC-%E7%94%B7-%E7%94%B7%E6%80%A7-%E6%8F%A1%E6%89%8B-376211/

もしあなたが総合転職エージェントへ登録した場合、担当コンサルタントから数日以内に電話、もしくはメールで連絡が入ります。

連絡が入った際に担当コンサルタントが行う質問は、主に下記の内容です。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

担当コンサルタントと10分ほど会話を行った後、初回面談の日程調整に入ります。直接担当コンサルタントと面談を行うか、都合が合わなければ電話面談も可能です。

その後、あなたの条件にあった求人を紹介してもらい、応募する企業を決めていきます。そして担当コンサルタントに履歴書・職務経歴書の添削をしてもらい、求人に応募する流れです。

やけゆう

総合転職エージェントは、転職者企業双方の橋渡し的な役割を担っていますね。

一方、ヘッドハンティング型転職エージェントに登録した場合、主に企業から直接スカウトを受けて応募します。

また、転職エージェントのサイト内より自ら求人案件へ応募したり、あなたからヘッドハンターを選択することも可能です。

なのでヘッドハンティング型転職エージェントは、総合転職エージェントとは違い自分から能動的に活動する必要があります。

エグゼクティブが転職エージェントを使う際に注意すべきポイント

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E9%87%8D%E8%A6%81%E3%81%A7%E3%81%99-%E8%89%B2%E9%89%9B%E7%AD%86-%E3%83%9A%E3%83%B3-%E8%B5%A4-2794684/

ここでは、実際にあなたが転職エージェントを利用する際に注意すべき点をお伝えします。

まず転職エージェントに登録したら、2週間に1回の頻度で担当コンサルタントと連絡を取り合いましょう。もし連絡を怠っていると、すでに転職を決めたと判断されるため、案件の紹介連絡が途絶えてしまいます。

やけゆう

休日などの落ち着いた日にメールをチェックし、案件の紹介メールの見落としがないよう注意すべきですね。

また、担当コンサルタントに伝える転職時期は、あなたが転職可能な最短日程を伝えましょう。

転職エージェントのコンサルタントも、売上の目標を達成するため日々の業務に追われています。

あなたが初回面談時に最短可能日程を伝えることで、担当コンサルタントはすぐに売上に繋がると考え、優先順位を上げて対応してくれる事でしょう。

エグゼクティブが転職エージェントを最大限活用する方法

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%86%E3%82%A3-%E8%87%AA%E5%B7%B1-%E8%BB%BD%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B-795864/

転職エージェントを利用する際は、担当コンサルタントとの初回面談前に自己分析を行い、あなた自身についてしっかり伝えることが重要です。

転職エージェントは、日々膨大な求人のデータベースから、転職希望者に最適な求人を選んでいます。もしあなた自身が自分の事を深く理解していないと、転職エージェントはあなたに合った優良求人を紹介できません。

なので面談前にしっかりと自己分析を行い、担当コンサルタントへあなたの強みを伝えることで、最適な求人を紹介してもらえます。

やけゆう

どうやって自己分析をすれば良いのかわからない方は、マイナビ転職の「自己分析シート」を試してみるのがおすすめです!

この自己分析シートは、チェック項目を埋めることで自分の強みを見つけることができるので、面接でも非常に役に立ちます。

また、この自己分析シートは無料で公開されており、気軽にダウンロードすることが可能です。積極的に利用し、あなただけの強みを発見しましょう。

エグゼクティブ向け転職エージェントの選び方

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E9%81%B8%E6%8A%9E-%E7%9F%A2%E5%8D%B0-%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF-3183317/

ここでは、数ある転職エージェントの中からどうやって優良な転職エージェントを探せば良いのか、解説していきます。

優良な転職エージェントを選ぶ基準として、そのエージェントが個人情報保護に積極的かどうかを重視することが大事です。

転職エージェントの様な人材紹介会社は、転職希望者の大切な個人情報を取り扱っています。加えて、会社の重要な立場に立っているエグゼクティブに転職意向があることは、社内外を問わず漏れてはいけません。

そのため、転職エージェントを選ぶ際は、個人情報保護への取り組み姿勢をチェックすることが大事です。特に「プライバシーマーク」を取得している転職エージェントは、優良企業だと判断できます。

プライバシーマークとは

プライバシーマークとは、個人情報保護についての体制・運用が適切であると認定された事業者に付与されるマークのことです。

一般社団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)「プライバシーマーク制度」

転職エージェントを探す際は、そのエージェントがプライバシーパークを取得している企業なのか、必ずチェックしましょう。

エグゼクティブが登録すべき転職エージェント

URL:https://www.bizreach.jp/content/landing/bizreach-07/?trcd=0CAAF0000028_NO_&utm_source=caaf&utm_medium=alliance&utm_campaign=caaf&caadsess=12886_1x3avaq57qdnSVF&caadterm=5184000

エグゼクティブのあなたが登録すべき転職エージェントとして、「ビズリーチ」をご紹介します。

このビズリーチには約1700名のヘッドハンターが登録されており、転職エージェント業界においてヘッドハンターの在籍人数はトップクラスです。

また、このビズリーチでは、管理職などのハイクラス向け求人に特化したサービスを展開しており、年収アップが期待できます。

先程の段落で解説しましたプライバシーマークもしっかりと取得されていますので、安心して利用できますね。

エグゼクティブ転職を成功させるために併用すべき口コミサイト

URL:https://www.vorkers.com/

転職エージェントから希望にあった企業を紹介されても、その企業が本当に優良企業なのか不安ですよね。そんなあなたは、口コミサイトの「オープンワーク」を併用するのがオススメです。

このオープンワークでは、企業のリアルな情報が口コミとして投稿されていますので、社内の実情を把握することが出来ます。

また、労働時間給与などについても詳しく書かれており、さらに直近の書き込みも多いため参考になるサイトです。

やけゆう

ブラック企業に入社することのないよう、しっかりとリサーチを行いましょう。

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E7%94%B7%E6%80%A7-%E4%BB%95%E4%BA%8B-2879489/

ここまで、主にエグゼクティブが転職エージェントを利用するまでの流れを解説しました。要約すると、以下の通りです。

  • 短期での転職は総合転職エージェントを利用
  • ハイクラスの転職はヘッドハンティング型転職エージェントを利用
  • 口コミサイトを併用し、自らリサーチも行う

年収を上げるには、やはり自分の実力を発揮できる職場環境が大切です。

この記事で紹介した方法で転職エージェントを有効活用すれば、あなたもきっと今よりも満足できる働き方が出来ることでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

やけゆう

沖繩出身・地元の上場企業で管理職として10年勤務。 現在は、転職系メディア「Executive Navi」、金融系メディア「DEBIT INSIDER」でライティング記事を執筆しながら、Twitter・ブログで情報発信中です。 ライティングスキルを身につけ、時間・場所に縛られずに生きることが目標。