40代の管理職がヘッドハンティングを成功させる秘訣とは?

「40代に到達し管理職として勤務しているが、業務内容の割に給料が安い…。可能であれば、ヘッドハンティングされて年収を上げたい。」

現在、会社で管理職として勤めている方の中には、今の年収に不満を持っている方が多いと思います。

実際、人材教育の事業を展開している「インバスケット研究所」のアンケート調査でも、現状の待遇に不満を持つ管理職が多いという結果が出ています。

本調査によると、、2人に1人の割合で、40代における管理職の方が現状の業務や待遇に満足していないと回答しているのです。

(出典:https://www.inbasket.co.jp/pdf/press_release/pdf/2020/0127.pdf)

ただ、待遇に不満だからといって転職へ一歩踏み出そうとしても、40代の管理職にとっては人生を左右する決断なのでためらってしまいますよね。

そこで今回は40代の転職事情を解説しながら、40代の管理職がヘッドハンティングされて転職を成功させる秘訣を紹介します。

この記事を読むことで、あなたも希望する待遇で転職できる可能性が広がります。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

40代の転職事情について

転職

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2-%E7%94%B7-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%97%E3%81%94-111932/

40代の管理職が転職活動をためらっている一番の理由として、やはり年齢の問題が挙げられます。確かに40代の転職は、20代や30代の転職と比べると厳しい現実が待ち構えています。

企業の立場で考えても、仕事の適応力や将来のポテンシャルが高いと考えられる20代、30代を採用するのが一般的です。

一方でニーズは少ないですが、経験豊富な40代を即戦力で迎えたい企業が存在するのも確かです。

特に社歴が少ない中小企業や、新規プロジェクトを立ち上げたい企業では、管理部門での実務を経験した人材が不足しているため、すぐに活躍できる40代の管理職を求める傾向があります。

やけゆう

まずは「40代だから転職は厳しい」といった先入観をなくし、「40代は即戦力で活躍できる世代だ」と思考を切り替える必要がありますね。

また、経験豊富な40代を採用したい企業は、積極的にヘッドハンティングを行って人材を確保しています。

次の項目では、ヘッドハンティングされやすい40代の特徴を解説しますね。

ヘッドハンティングされやすい40代の特徴

ビジネス

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3-%E7%94%B7%E6%80%A7-%E4%BA%BA-42691/

ヘッドハンティングされやすい40代の特徴として、まず管理部門でのマネジメント経験が豊富な点が挙げられます。

特に、人事や経理といった経営陣に近い部門で実務を経験したり、経営者目線でものを考えたりできる人材が、ヘッドハンティングの対象者に共通する特徴です。

また、社内において部下の教育を行った経験や、チームを組んで新規事業を立ち上げた業績も、ヘッドハンティングされる上で重要な実績となります。

加えて、あなたが現在携わっている仕事の専門性を高め、この分野についてはスペシャリストだと言えるくらいの実力をつければ、ヘッドハンティングされる可能性はかなり高くなるでしょう。

やけゆう

ヘッドハンティングされる人材になるには、やはり管理職を経験して会社の経営に携わり、社内で実績を積み上げることが大切ですね。

次の項目では、40代の管理職がヘッドハンティングを成功させる秘訣を解説します。

40代の管理職がヘッドハンティングを成功させる秘訣

ビジネス

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB-%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99-3367965/

40代の管理職がヘッドハンティングを成功させるためには、まずやりたい仕事を探すことを優先するのではなく、あなたが今まで会社で積み上げてきた業務経験を棚卸しする必要があります。

特に業務経験を棚卸しする際は、今の会社だけでなく他社でも通用するであろう業務経験を、箇条書きでもいいので書き出すと良いです。

業務経験の棚卸しを行わずにヘッドハンティングのオファーを受け、入社後に企業が求める業務内容とのミスマッチが起きた場合、あなたは「こんなはずではなかったのに…。」と感じ、後悔することになります。

ここで再び転職活動を始めて転職回数を増やしてしまうと、企業からマイナス評価を下される可能性が高まりますので、40代における転職活動はしっかりと準備をした上で始めましょう。

やけゆう

ちなみに、転職活動を一人で始めてしまうと客観的に自己分析ができず、企業とのミスマッチが起きやすいです。

ヘッドハンティングを成功させるには、やはり客観的な目線でアドバイスを貰える「ヘッドハンティング会社」を活用するのが一番ですね。

ヘッドハンティング会社に登録すると、求人の紹介だけでなく人材紹介のプロであるコンサルタントから、履歴書の添削といった転職サポートを受けることが可能です。

そこで次の項目からは、40代向けのおすすめヘッドハンティング会社を6つ紹介していきます。

40代向けおすすめヘッドハンティング会社①

転職サービス

出典:https://careercarver.jp/

まず初めに紹介するヘッドハンティング会社は「キャリアカーバー」です。

キャリアカーバーは、転職業界において国内最大手のリクルートが運営しており、主に40代の管理職を対象にした年収800万円を超えるハイクラス求人を数多く扱っています。

キャリアカーバーの一番の特徴は、何と言っても担当コンサルタントを自分で選ぶことができるという点でしょう。

一般的なヘッドハンティング会社では、登録すると一方的に担当コンサルタントをつけられるのですが、キャリアカーバーでは所属する約600名の中から、あなたが相談したいコンサルタントを指名することができます。

やけゆう

キャリアカーバーは国内企業に向けた転職サポートも充実しており、相性の良い担当コンサルタントを指名することで、転職活動が初めての方でも安心して転職活動を進めることができますね。

40代向けおすすめヘッドハンティング会社②

転職エージェント

出典:https://www.randstad.co.jp/

続いて紹介するヘッドハンティング会社は「ランスタッド」です。

ランスタッドは1960年にオランダで設立され、世界39ヶ国4,700以上の地域に拠点を持つ外資系ヘッドハンティング会社です。

ランスタッドでは、主に40代のエグゼクティブ向けの求人を取り扱っており、ランスタッドが保有している求人の約8割が年収800万円以上の案件です。

またランスタッドは、転職支援サービスをグローバル展開していることから、外資系求人を数多く保有しています。

やけゆう

外資系企業への転職を検討している方にとって、ランスタッドは必ず登録しておくべきヘッドハンティング会社と言えるでしょう。

40代向けおすすめヘッドハンティング会社③

転職エージェント

出典:http://www.jomon.co.jp/

3つ目に紹介するヘドハンティング会社は「縄文アソシエイツ」です。

縄文アソシエイツは1996年の創業以来、日本におけるエグゼクティブサーチの草分け的存在として、転職サービス事業を展開しています。ちなみにエグゼクティブサーチとは、下記の通りです。

エグゼクティブサーチ(英: Executive search)は、役員などの経営幹部または特定の専門的なスキルを持った人材を、外部からスカウトする業務を指す。ヘッドハンティングとも。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

また、縄文アソシエイツは「真のリーダー」の発掘と育成を支援することを公言しており、経営者を育成する「縄文塾」というサービスを利用者向けに提供しています。

この「縄文塾」では、著名な経営者から経営哲学を聞くことができ、特に管理職を経験した40代の方に向けて、経営陣に求められるリーダー像を指導しています。

40代向けおすすめヘッドハンティング会社④

転職エージェント

出典:https://www.kandc.com/

4つ目のヘッドハンティング会社は「クライス&カンパニー」です。

クライス&カンパニーは、特にコンサルティング力を強みにしており、在籍しているコンサルタントが全てキャリアコンサルタントに関する国家資格を保有しています。

なのでクライス&カンパニーでは、プロの視点から転職に関わる助言や指導を受けることができます。

また、クライス&カンパニーでは採用企業の目線で、履歴書などの書類添削や面接サポートを受けることができるので、転職が初めての40代の方でも安心して転職活動が行なえます。

40代向けおすすめヘッドハンティング会社⑤

転職エージェント

出典:https://www.raynos.co.jp/

5つ目に紹介する40代におすすめのヘッドハンティング会社は「レイノス」です。

レイノスは圧倒的なスカウトネットワークを強みにしており、日本では唯一100名を超えるヘッドハンターを自社で抱えています。

またレイノスは、上場企業や優良企業の役員経験者を顧問エージェントとして契約しているので、経営者との太いパイプを持っています。

なのでレイノスに登録すると、担当コンサルタントを介して経営者から直接スカウトが届き、会食などを重ねながらヘッドハンティングの交渉が進みます。

やけゆう

レイノスでは、事前に経営者の人柄や会社の経営方針をしっかり把握できるので、40代の方が心配する転職後のミスマッチを防ぐことができますね。

40代向けおすすめヘッドハンティング会社⑥

転職エージェント

出典:https://www.bizreach.jp/

最後に紹介する40代向けおすすめヘッドハンティング会社は「ビズリーチ」です。

ビズリーチは年収1,000万円以上の求人を数多く保有している、国内でも有数のハイクラス求人に特化したヘッドハンティング会社です。

これまで紹介しましたヘッドハンティング会社では、登録に費用はかかりませんが、ビズリーチには有料プランが存在し、有料会員登録で対象者を絞り込むことで質の高い転職サービスを展開しています。

またビズリーチの有料会員であれば、ヘッドハンターのみが保有する条件の良い求人に応募できるなど、ビズリーチを利用することで転職活動の幅が広がります。

やけゆう

盤石の体制で年収1,000万円を目指したい40代の方にとって、ビズリーチの有料会員は利用する価値がありますね。

まとめ

今回は40代の転職事情を解説しながら、40代におすすめのヘッドハンティング会社を紹介しました。要約すると以下の通りです。

40代がヘッドハンティングを成功させる秘訣
  • 管理職を経験して実績を積む
  • 客観的な目線で職務経験を棚卸しする
  • ヘッドハンティング会社に登録する

また、今回紹介しましたヘッドハンティング会社の特徴は下記の通りです。

40代におすすめのヘッドハンティング会社

一般的にヘッドハンティングで転職を狙うには、複数の会社に登録して選択肢を増やすことが推奨されています。

なので、本気でヘッドハンティングをされたいなら、ここで紹介した会社を一通り登録しておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

やけゆう

沖繩出身・地元の上場企業で管理職として10年勤務。 現在は、転職系メディア「Executive Navi」、金融系メディア「DEBIT INSIDER」でライティング記事を執筆しながら、Twitter・ブログで情報発信中です。 ライティングスキルを身につけ、時間・場所に縛られずに生きることが目標。