【業界別】年収UPに繋がるおすすめヘッドハンティング会社6選

「このまま現在の業界で働き続けて、年収は今よりも上がるのだろうか?可能であれば、ヘッドハンティングされて年収アップしたい。」

今の年収に不満を持つあなたは、きっとヘッドハンティングに高い関心を持っていることでしょう。また企業側としても、あなたのように管理職クラスとして活躍されている方は、すぐにでも欲しい人材です。

ただ、企業が求める人材は業界によって異なるので、あなたがもし自分の適正に合わない業界へ転職してしまうと、本来の能力を発揮できない事態に陥ってしまいます。

やけゆう

結果的に年収が下がってしまうケースもあるので、ヘッドハンティング会社は慎重に吟味する必要がありますね。

現在では、業界別に特化したヘッドハンティング会社が目立ち始め、あなたの所属している業界に応じて最適な転職サービスを選択することができます。

今回は、ヘッドハンティング業界の現状について解説しながら、業界別に特化したヘッドハンティング会社を紹介します。

スポンサーリンク

ヘッドハンティング業界の現状

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4-%E8%AA%BF%E6%95%B4-%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%94%B7-690084/

そもそもヘッドハンティングとは、別の企業に勤めている優秀な人材をスカウトし、自社に引き入れることを言います。

既に企業で活躍している人をヘッドハンティングで引き抜くと、確実に優秀な人材を確保することが可能なので、通常の求人を出して人材を採用するよりも合理的です。

従来、ヘッドハンティングは外資系企業で多く行われていましたが、人手不足が続く日系企業でも取り入れているところが増えています。

やけゆう

終身雇用の崩壊が人材の流動化を引き起こし、結果的にヘッドハンティングも活発に行われる様になりましたね。

スポンサーリンク

企業がヘッドハンティングで取りたい人材とは?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E9%9B%87%E7%94%A8-%E5%8B%9F%E9%9B%86-%E4%BB%95%E4%BA%8B-%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB-1977803/

他の企業からヘッドハンティングされる人材とは、一体どの様な人材なのでしょうか?

まず、システムエンジニアといった専門性の高い職種は、ヘッドハンティングされる確率が高いです。

また、営業などの母数が多い職種でも、マネジメントといった組織をまとめる経験を積むことで、他の企業からヘッドハンティングされる可能性が高くなります。

さらに海外での業務経験を持っている人材は、グローバル企業にとって非常に魅力的なので、ヘッドハンティングの対象となる人材です。

やけゆう

特に希少価値の高い人材が、企業からヘッドハンティングされる傾向にありますね。

ヘッドハンティング会社に登録するのがおすすめ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BA%BA%E3%80%85-%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84-%E4%BB%95%E4%BA%8B-1979261/

それでは、転職を希望するあなたが実際にヘッドハンティングされるには、一体何から始めればよいのでしょうか。

年収を上げるための第一歩として、まずヘッドハンティング会社に登録するのがおすすめです。

ヘッドハンティング会社に登録すると、担当コンサルタントが経歴に見合った案件を紹介しますので、あなたの市場価値を第三者の目線で確認できます。

また、初めに自分の適性年収を把握することで、他の企業から提示された年収が妥当かどうかを判断することができ、条件のいい案件を見極めることが可能です。

やけゆう

ヘッドハンティングされる前に、まず自分の市場価値を把握し、理想の年収へ近づけましょう。

それでは、次の項目より業界別に特化したヘッドハンティング会社を6つ紹介していきます。

スポンサーリンク

ベンチャー企業に特化型ヘッドハンティング会社

出典:https://www.procommit.co.jp/

最初に紹介するヘッドハンティング会社は「プロコミット」です。主にベンチャー企業スタートアップ企業への転職を支援しています。

プロコミットの強みは、常に優良なベンチャー企業からの求人依頼が絶えないことです。例えば「メルカリ」や「LINE」など、日本を代表するベンチャー企業から求人依頼を抱えています。

また在職中の転職活動や、退職に関する手続きまでサポートしていますので、安心して利用することができますね。

IT業界に特化したヘッドハンティング会社

出典:http://www.d-ark.co.jp/

次に紹介するヘッドハンティング会社は「ARK」です。主にIT業界への転職を支援しています。

ARKには、IT業界でWeb・スマートフォンのアプリ開発等を経験したスタッフが多数在籍しており、独自のコネクションによるピンポイントでの人材調査を得意としています。

また、IT関係では最大手とも言える「マイクロソフト」や「AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)」との契約を持っていますので、多くのエンジニアが羨む企業の紹介も受けることが可能です。

スポンサーリンク

金融業界に特化したヘッドハンティング会社

出典:http://kanae-associates.com/

次に紹介するヘッドハンティング会社は「KANAEアソシエイツ」です。主に20代から40代までの幅広い人材をターゲットにしています。

特に銀行・証券会社の実務経験者、保険会社の人材コンサルタント経験者など、金融系のスペシャリストを揃えているのが特徴です。

また2010年の設立以来、500名以上の転職希望者を成功に導き、金融系のヘッドハンティング業界において国内トップクラスの実績を持っています。

やけゆう

金融業界でヘッドハンティングを希望するなら、まず「KANAEアソシエイツ」に登録ですね。

製造業界に特化したヘッドハンティング会社

出典:http://www.jomon.co.jp/

次に紹介するヘッドハンティング会社は「縄文アソシエイツ」です。日本でいち早く設立されたヘッドハンティング会社で、主に製造業の求人案件を取り扱っています。

この縄文アソシエイツは、通常のマッチングサービスの他に人材育成も同時に行っている点が特徴的です。

例えば縄文アソシエイツは、顧客である企業に人材を紹介するまでに、独自のプログラムである「縄文塾」を開講し、リーダー格の人材を育てています。

企業が求めるリーダー格の人材は、会社の中で育成することも難しいので、よりスキルアップしたいあなたにとって縄文アソシエイツは最適な転職エージェントですね。

小売流通業界に特化したヘッドハンティング会社

出典:https://www.e-board.jp/

続いて紹介するヘッドハンティング会社は「株式会社エグゼクティブ・ボード」です。主に小売流通業食品メーカー等の上場企業へ人材を紹介しています。

このエグゼクティブ・ボードの特徴は、社長・取締役といった部長クラス以上の案件が全体の80%以上を占め、残りのポジションも幹部候補の案件が多いため、実質ほぼ全ての案件がエグゼクティブ案件という点です。

また、エグゼクティブ・ボードは中国北米にもグループ会社を展開しており、日本と連携して様々なグローバル案件も取り扱っています。

日系企業に属しながら海外で活躍したい方にとって、魅力的なヘッドハンティング会社ですね。

コンサルティング業界に特化したヘッドハンティング会社

出典:https://www.movin.co.jp/

最後に紹介するヘッドハンティング会社は「ムービン」です。主にコンサルティング業界への転職支援を行っています。

ムービン国内初のコンサルタント業界専門のエージェントとして、20年以上にわたり実績を残してきました。なのでムービンが持っているコンサル業界の情報量は、他のヘッドハンティング会社を圧倒してます。

そもそもコンサルティング業界へ転職するには、非常に専門性の高い知識を要求され、難易度がかなり高いです。

ムービンでは圧倒的な情報量を元に、経験豊富なキャリアコンサルタントが難易度の高いコンサル業界への転職をサポートしてくれます。

まとめ

ここまでヘッドハンティング業界の解説を交えて、おすすめのヘッドハンティング会社を6つ紹介してきました。要約すると、以下の通りです。

業界別おすすめヘッドハンティング会社

ヘッドハンティング会社によって得意分野が異なりますので、あなたが現在活躍している業界によって、最適なサービスを選択するのが大切です。

また、ヘッドハンティング会社への登録は無料で行えますので、まずは自分の市場価値を確認し、今後の転職活動を有利に進めていきましょう。

この記事で紹介しましたヘッドハンティング会社を参考に、あなたも満足のいく転職活動ができると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

やけゆう

ビジネス系Webライター。上場企業で管理職として10年勤務し、マネジメント業務全般に携わる。 退職後、地元である沖縄でフリーランスとして独立。 【実績】 転職系メディア「Executive Navi」金融系メディア「DEBIT INSIDER」「高級家具.com」で合計70記事を執筆。 また「クラウドワークス」「ランサーズ」でも受注し、累計100本以上のライティング記事が公開中。 転職・小売業界・仮想通貨・クレジットカードなど、幅広い知識を持つ。