世界中の人材をサーチ!MRI Networkについて詳しく解説!

突然ですが、あなたはMRI Networkという会社を知っていますか?

MRI Networkは世界中で活躍するグローバル人材をサーチ、紹介することに特化した人材サーチ会社です。

今回は、MRI Networkとはどんな会社なのか、特徴などを詳しく解説します。

こ記事を読めは、グローバルな人材探しや転職活動の役に立つこと間違いなしです。是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

MRI Networkはどんな会社?

ニューヨーク

出典 https://pixabay.com/photos/new-york-chrysler-building-nyc-438391/

MRI Networkは、国内と海外の様々な人材のヘッドハンティング、人材サーチをしてくれる会社です。

MRI Networkの拠点は、世界40ヶ国に600ヶ所以上あり、国内から海外・海外から国内と紹介パターンも多いです。

人材サーチ業界で50年以上ビジネスを行ってきたノウハウを使い、世界で活躍する人材を企業に紹介します。

主にエグゼクティブクラスのグローバルな人材を紹介することに特化しています。

MRI Networkの特徴

オフィス

出典 https://pixabay.com/photos/office-business-colleagues-meeting-1209640/

MRI Networkは、グローバル人材の紹介パターンが4つあり、企業の状況にあわせて最適な紹介ができる特徴があります。

国内から国内へ人材紹介

  • 国内で経験豊富なグローバル人材が欲しい
  • 海外経験豊富な人材を国際事業の責任者に採用したい

国内から海外へ人材紹介

  • 現地での事業を拡大したい
  • 海外支社を設立するため現地で働ける人材を探したい
  • ローカルマネジメントができる人材が欲しい

海外から国内へ人材紹介

  • 海外の拠点と橋渡しができる人材が欲しい
  • 日本のマーケットを理解している海外の人材を探している

海外から海外へ人材紹介

  • 事業の拡大に伴い、現地の経営人材が欲しい
  • 優秀な人材を現地で採用したい

そのほかにも、転職活動をしていない人材、特定の人材の採用オファー(特定指名人材)にも対応しています。

MRI Networkが提供する5つのサービス

サービス

出典 https://pixabay.com/illustrations/service-reception-official-business-1019821/

MRI Networkの人材紹介サービスには、5つの提供形態があります。

独占契約コンティンジェンシーサーチ(成果報酬型)

一定期間の間、MRI Networkのコンサルタントが、採用活動を独占的に行うサービスです。

一般のコンティンジェンシーサーチに比べて、企業の求める人材を的確に採用できます。

コンティンジェンシーサーチ(成果報酬型)

一般的な人材紹介サービスで、主に転職希望者をターゲットにしています。

MRI Networkは転職希望者の中でもグローバルに活躍できる人材に特化しています。

リテインサーチ(コンサルティング型)

最初に着手金をいただき、現職者も対象にサーチ活動を行います。

依頼した企業とパートナーシップを結び一緒に採用活動をします。

重要なポストの人材、特定の人材を探す場合に効果的で、企業のニーズに最大限応えます。

グローバルサーチ

MRI Networkは、世界40カ国に600の拠点をもったネットワークを活かし、海外の拠点と連携しながら人材サーチをします。海外進出や海外事業強化の際に利用すると効果的です。

指名候補者サーチ

指名した人材にMRI Networkがピンポイントでアプローチします。指名された人材の転職意欲などを確認して、企業との面談に導きます。

人材紹介から入社までの流れ

人材

出典 https://pixabay.com/illustrations/career-resume-hiring-job-interview-3478983/

MRI Networkは人材を探す際に、丁寧に手順を踏みながら、より企業の求める人材に近い候補者を探しています。

実際に企業から依頼され人材を紹介し、紹介された人材が入社するまでの流れは、以下の6ステップです。

1.人材ニーズのヒアリング

MRI Networkのコンサルタントが企業に的確な人材を紹介するために、必要な人材の詳細を聞きます。

2.人材を探す

MRI Networkのコンサルタントが、企業に合う人材をあらゆる手段を講じて探します。

3.候補者面談

MRI Networkのコンサルタントが候補者と面談して、スキルや経験、人柄などを確認します。

4.企業での面接

企業と候補者に面接をしてもらい、求める役割などを説明します。

事前にコンサルタントが企業に面接するときのアドバイスもします。

5.条件提示

採用することが決まったら、採用条件をコンサルタントが候補者に伝えます。必要に応じて条件の再調整もします。

6.入社

MRI Networkのコンサルタントが、入社するまでしっかりとフォローします。

MRI Networkがターゲットにする人材とは?

人材

出典 https://pixabay.com/photos/business-staff-2584713/

MRI Networkがターゲットにする人材は主に「CEO」「COO」「CTO」「CFO」といった経営者層

事業部門の責任者や部長職、課長職までのミドル層人材をターゲットにしています。

経営者層からミドル層のなかでも、グローバルに活躍できる人材を紹介することに特化しています。

「CEO」や「COO」とは、企業の最高責任者クラスの役職名の英語を略したものです。

  • CEO「最高経営責任者」
  • COO「最高執行責任者」
  • CTO「最高技術責任者」
  • CFO「最高財務責任者」

 

MRI Networkの実績

実績

出典 https://pixabay.com/photos/team-boss-staff-business-leader-4817006/

MRI Networkの実績を、紹介パターン別に紹介します。

  • 国内から国内への実績
勤務先 年収
移籍前 外資系コンサルティングファーム パートナー 3500万円
移籍後 外資系コンサルティングファーム パートナー 4000万円
  • 国内から海外への実績
勤務先 年収
移籍前 外資系自動車部品メーカー  日本法人社長 1800万円
移籍後 外資系自動車部品メーカー 中国現地法人社長 2200万円
  • 海外から国内への実績
勤務先 年収
移籍前 日本総合電機メーカー 1600万円
移籍後 外資系インターネット企業 1800万円
  • 海外から海外への実績
勤務先 年収
移籍前 日系消費財メーカー 営業責任者 1200万円
移籍後 日系消費財メーカー シンガポール現地法人責任者 1500万円

実績を見てみると、紹介された人材の年収は数百万円あがり、移籍前と移籍後の企業も同じ業種が多いです。

企業にとって一番欲しい業務の人材が紹介され、企業と紹介された人材、お互いにとって良い結果になっています。

ここで紹介した実績はほんの一部で、MRI Networkは世界中で毎年45,000人以上の人材を紹介しています。

MRI Networkに在籍する人材サーチプロフェッショナル

プロフェッショナル

出典 https://pixabay.com/illustrations/team-spirit-teamwork-euro-207319/

MRI Networkに在籍している、人材サーチのプロフェッショナルを紹介します。

ここで紹介するコンサルタントは、MRIジャパン(MRI Networkの日本拠点)に在籍する方たちです。

取締役/田崎 正倫

  • 経歴

マスコミ関連企業を中心にセールス&マーケティング、新規ビジネス企画立案などの活動をした経歴をもつ

主な担当分野

プロフェッショナルサービス・製造業・消費財・リテール・IT・インターネット業界のエグゼクティブクラス、ミドルクラスの人材

ディレクター/飯島 隆義

  • 経歴

国内コンサルティングファームに10年勤務、組織・人事コンサルティング業務で活躍した経歴をもつ

主な担当分野

消費財・小売・IT・インターネット業界・金融業界のエグゼクティブ、ミドルクラスの人材

ディレクター/米山 由美子

  • 経歴

外資系インターネットによるベンチャー育成会社の人事・総務ディレクターを務めた経歴をもつ

主な担当分野

製造業、流通業、ヘルスケア分野のシニアレベル以上(CXOクラス)の人材

ディレクター/新井 仁

  • 経歴

大手人材派遣会社国際事業部に20年勤務し、欧米を中心としたコンフィデンシャルサーチで活躍した経歴をもつ

主な担当分野

クロスボーダー人材における、各業界のエグゼクティブレイヤー全般

上記4名を中心とした、人材サーチのプロフェッショナルが在籍しています。

コンサルタントは実績と実力のある方たちなので、企業は安心して人材サーチを依頼できますね。

MRI Networkに依頼するメリット・デメリット

疑問

出典:https://pixabay.com/illustrations/doubts-yes-no-business-mistake-3747362/

MRI Networkに人材紹介、個人の転職希望を依頼するメリットとデメリットについて解説します。

メリット

  • 世界最大級の人材ネットワークを使い、グローバルな人材が見つかります
  • 履歴書・職務経歴書のアドバイスだけでなく、英文レジェメの添削など、個人のサポートも充実しています

デメリット

  • じっくり人材を調査するので、入社までの時間が少しスローペースで、早く結果が欲しい企業や個人の転職希望者は少しもどかしく感じるかもしれません。

個人の転職活動もサポート!

サポート

出典 https://pixabay.com/photos/support-letters-scrabble-help-2355701/

MRI Networkは企業への人材紹介だけではなく、個人の転職希望者もサポートします。

公式サイトから必要事項を記入してエントリーし、条件に合う企業が見つかれば、先に解説した「人材紹介の流れから入社までの流れ」に沿って紹介されます。

次項では、MRI Networkから企業を紹介してもらうために出来ることを紹介します。

MRI Networkから企業を紹介されるための準備

MRI Networkのエントリーページに記入する項目のひとつに、語学力という項目があります。

この項目には、英語力の目安として自分のTOEICの点数を記入することができます。

記入欄は、上級・中級・初級と分かれているので下記を参考に記入してください。

  • 上級〜TOEIC800点以上/ビジネスレベル
  • 中級〜TOEIC700点以上/日常レベル

必須項目ではないですが、TOEICを受けたことがあるなら記入しておきましょう。

受けたことがなければ、エントリーする前に受けておくとMRI Networkに語学力があることがアピールできます。

英語の他にも、読み書きできる外国語があれば記入することができます。

余裕があれば、英語だけでなく中国語やフランス語など、色々な語学を覚えておけば対象企業の幅が広がります。

MRI Networkまとめ

世界

出典 https://pixabay.com/illustrations/map-of-the-world-background-paper-2401458/

今回は、MRI Networkの事業内容と特徴、在籍するコンサルタントを紹介しました。

MRI Networkは世界40カ国に600カ所の拠点をもち、業界最大級のネットワークを誇る人材紹介会社です。

主にエグゼクティブ、ミドルクラスのグローバル人材を調査、紹介することに特化しています。個人の転職活動においては、主に外資系企業に転職したい人にオススメです。

この記事が、人材探しや転職活動のお役に立てれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

狸

23歳/会社員 プラモデル作り、ゲームが趣味です! ゲームの攻略やホビー関係の事をブログにて発信しています。 よろしくお願いします!