転職エージェント「サーチファームジャパン」について徹底解説!

「転職活動をしていく中で、サーチファームジャパンという転職エージェントが気になった。ただ、転職活動が初めてなので、詳しいサービス内容がよくわからない…。」

現在、日本には数多くの転職エージェントが存在しますが、その中でもサーチファームジャパンは、国内最大手の転職エージェントです。

とはいえ、転職活動が初めての方にとっては、サーチファームジャパンがどんな会社なのかよくわからず、登録するのをためらってしまいますよね。

そこで今回は、サーチファームジャパンの特徴や口コミについて詳しく解説していきます。この記事を読むことで、今後のキャリアアップに役立ちますので、ぜひご覧ください。

(アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%BB%BA%E7%89%A9-%E5%A4%96%E8%A6%B3-%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80%E3%83%93%E3%83%AB-1210022/)

スポンサーリンク

転職エージェント「サーチファームジャパン」とは?

出典:https://www.search-firm.co.jp/

サーチファームジャパンは、管理職や経営層を対象に転職サービスを展開しており、主にエグゼクティブサーチと呼ばれる手法で人材を確保しています。

エグゼクティブサーチはヘッドハンティングとも呼ばれ、企業の希望する人材をヘッドハンターがピンポイントで発掘し、人材と企業をマッチングさせる方法です。

またサーチファームジャパンは、2003年の創業以来、一貫してエグゼクティブサーチという採用手法を取り入れながら、企業の人材獲得に対する支援事業を継続中です。

そのためサーチファームジャパンは、日本国内においてエグゼクティブサーチ業界No.1の実績を収め、ヘッドハンティングで優秀な人材を探している企業からの信頼を得ています。

それでは次の項目から、サーチファームジャパンの特徴を3つ紹介しますね。

サーチファームジャパンの特徴①広範囲なネットワーク

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%A5%AD%E7%95%8C-%E7%94%A3%E6%A5%AD4-%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96-3087393/

サーチファームジャパンの1つ目の特徴は、転職業界において幅広いネットワークを持っている、という点です。

サーチファームジャパンでは、企業から依頼を受けた際、国内外に在籍する約600名のカンパニーフェローと呼ばれる情報提供者が、その案件に関する人材や業界の周辺情報を収集しています。

また、サーチファームジャパンに在籍する情報提供者は、さまざまな業界の専門知識を持ち、転職市場における豊富な人脈も持ち合わせています。

なのでサーチファームジャパンでは、最新の業界トレンドや技術の情報などを社内ネットワークで共有することが可能です。

やけゆう

このような社内ネットワークを持っている企業は他にはなく、転職業界における幅広いネットワークは、サーチファームジャパンの特徴の1つとなっています。

サーチファームジャパンの特徴②両面型のサポート体制

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF-%E8%A6%B3%E7%82%B9-%E5%8D%94%E5%8A%9B-2009195/

サーチファームジャパンの2つ目の特徴として、1人のヘッドハンターが企業と求職者を同時にサポートする体制を取っている点が挙げられます。

一般の人材紹介会社では「分業型」と呼ばれるスタイルが多いですが、サーチファームジャパンは、営業から人材紹介まで一人のヘッドハンターが対応する「両面型」を採用しています。

ちなみに「分業型」と「両面型」の違いは、主に下記の通りです。

  • 分業型:企業側の担当者と求職者側の担当者それぞれ別々の人が担当する体制
  • 両面型:企業側と求職者側の両方を同じ人が担当する体制

上記のように「両面型」は、企業側と求職者側を同じヘッドハンターが担当するので、求職者は企業の情報をダイレクトで把握することができます。

なのでサーチファームジャパンでは、「分業型」で起こりがちな企業とのミスマッチを防ぐことができ、求職者に対して手厚い転職サポートを提供することが可能です。

サーチファームジャパンの特徴③蓄積された膨大なデータ

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF-%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF-3808485/

サーチファームジャパンの3つ目の特徴として、創業当初から蓄積された転職に関する膨大なデータが挙げられます。

サーチファームジャパンのヘッドハンターは、企業・候補者を含め毎月約100名前後の人と会いながら、各ヘッドハンターが保有する転職に関する情報を蓄積し、データベースとしてまとめています。

サーチファームジャパンでは、その蓄積された情報と転職市場の現状を比較することで、企業の潜在的なニーズを先行して把握し、最適な人材を発掘することが可能です。

また、サーチファームジャパンでの転職成功率は約90%と高水準となっているので、サーチファームジャパンは企業と人材ともに満足度の高い転職サービスと言えますね。

サーチファームジャパンは、質の高い転職エージェントなのは分かりました。では、実際に転職するにはどういった手順を踏めばよいのでしょうか?

次の項目からは、サーチファームジャパンで転職するまでの流れを解説していきます。

サーチファームジャパンの転職までのプロセス

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC-%E6%89%8B-%E6%9B%B8%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99-516279/

サーチファームジャパンで転職が完了するまでの流れは、主に下記の過程になります。

ヘッドハンティングの連絡から転職までの流れ
  1. ヘッドハンターから候補者へ面談の申し入れ
  2. 候補者の経歴や実績をヘッドハンターがヒアリング
  3. 条件が合致した候補者と紹介企業のマッチング
  4. 候補者へ転職の意思確認
  5. 紹介先企業との就業合意

サーチファームジャパンのヘッドハンターは、まず企業から希望する人材の条件をヒアリングし、業績・実績・キャリア等の情報をもとにヘッドハンティングの候補者を選定。

その後ヘッドハンターは、条件に合致した人材へ手紙メール等で面談の連絡を入れ、候補者と数回の面談を行いながら、採用先の企業と面談の日程調整などを行います。

ちなみに、ヘッドハンターから候補者として選定された場合、向こうから突然連絡が来ますので、人材の候補者は初めに登録することなく転職サービスの利用が可能です。

そして企業と候補者との意向が一致し、候補者が転職に前向きになると、ヘッドハンターは企業と就業条件などのすり合わせを行い、候補者の承諾を経て転職が完了します。

やけゆう

サーチファームジャパンのヘッドハンターは、企業と転職者との仲介役として転職サポートを行っているんですね。

次の項目では、サーチファームジャパンの転職実績を紹介していきます。

サーチファームジャパンの転職実績

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E5%88%A9%E7%9B%8A-%E5%A3%B2%E3%82%8A%E4%B8%8A%E3%81%92%E9%AB%98-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-1953616/

サーチファームジャパンでは、前述しました独自のネットワークで優秀な人材を発掘し、役員や部長といったハイクラス層の転職実績を数多く残しています。

特にサーチファームジャパンは、特殊技術や先端分野の希少人材、あるいは狭い業界・地域で活躍する人材をリサーチしながら、潜在的に転職意思のある人材を発掘するのが得意です。

またサーチファームジャパンは、営業・マーケティング系管理職から、専門コンサルタント職、技術系スペシャリストなど、幅広い分野の転職でも実績を残しています。

ちなみに年齢別での転職実績は、40代が最も多く全体の54%、続いて50代21%30代19%です。

サーチファームジャパンで転職した方の口コミ

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%AE%E7%B5%8C%E9%A8%93-%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%B8%E3%82%93%E8%89%AF%E3%81%84-3024488/

続いて、サーチファームジャパンの口コミを紹介します。実際に利用した方の印象は、自分が利用する上での判断材料となるので、確認しておきましょう。

良い口コミ

42才・男・人材サービス

最近はレイノスのように(特に子会社のキーネットワークの評判が悪い)、手当たり次第に声をかけるヘッドハンティング会社が増えているが、それは本当の意味でのスカウトを行っているとは言えない。サーチファームジャパンに関しては、最初にメールや手紙が届くが、ここは日系の数少ないエグゼクティブサーチとして、現在(2019年6月時点)も機能している数少ない会社と言えるだろう。つまりここからオファーが届くということは、本当にその業界で一定の知名度があると言える。またエグゼクティブサーチはどこも、その時点では転職する意思がなくても登録できる。自身の評価を聞くために会ってみるのも良いと思う。それで断っても全く問題ないし、その後転職しようと思った時にネットワークを繋げる効果もある。

出典:https://tenshokuwalk.com/oyakudachi/head_hunting.html

39才・男・IT企業(管理職)

今のようにヘッドハンティング会社として独立した形ではなく、キャプラン時代に利用した感想ですが、年配のコンサルタントの方が多いですが、とても物腰がやわらかで良い印象しかありません。また平日の21時過ぎや土日の面談にも対応してくれましたし、プロ意識を感じる方でした。ヘッドハンターとしてどうなのかという評価はこの人しか知らないので難しいのですが、信頼できる方が在籍している人材紹介会社である事は間違いありません。

出典:https://tenshokuwalk.com/oyakudachi/head_hunting.html

上記の口コミから、サーチファームジャパンのヘッドハンターは質が高い、との評価が伺えますね。

一般的なヘッドハンティング会社は、利益を上げるために営業がしつこくなるケースが多いですが、サーチファームジャパンは顧客重視のコンサルタントが多い印象です。

悪い口コミ

51才・男・メーカー管理職

伊藤忠から独立したヘッドハンティング会社で、規模と実績は十分にあると思うのですが、最近のIT技術の発展についていっているとは思えず、コンサルタントの高齢化も進んでいます。どちからといえば商社系やモノづくり企業など、重厚長大産業の転職仲介に強く、ITやゲーム業界などの新興産業の転職仲介には弱いと思って間違いないと思います。組織としてはしっかりしていると思うのですが、変革しなければ今後生き残っているのは難しいかもしれません。

出典:https://tenshokuwalk.com/oyakudachi/head_hunting.html

上記の口コミでは、サーチファームジャパンの古い体質がデメリットとなっている印象です。

また、サーチファームジャパンは日系の大企業に強いが、IT企業などの新興企業には弱い、という声も挙がっています。

これまで紹介しました口コミから伺えるように、サーチファームジャパンは良い評判もあれば悪い評判も存在します。

次の項目からは、サーチファームジャパンで転職するデメリットを紹介しながら、併用すべき転職エージェントを紹介しますね。

サーチファームジャパンで転職するデメリット

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%94%B7%E6%80%A7-%E4%B8%89%E6%AC%A1%E5%85%83%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-%E5%AD%A4%E7%AB%8B%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F-2339843/

サーチファームジャパンで転職するデメリットとして、主に外資系企業の求人が弱い、という点が挙げられます。

サーチファームジャパンは、前述した通り日系の大企業に強みを持っていますが、他の大手転職エージェントと比べ、外資系企業の求人は豊富とは言えません。

サーチファームジャパンはこれまで、「和製エグゼクティブサーチ」のリーディングカンパニーとして、国内の転職市場を中心に事業展開してきました。

なので外資系の求人にも目を向けたい場合、外資系求人に強みを持つ他の大手転職エージェントを併用するのが良いでしょう。

やけゆう

次の項目では、サーチファームジャパンと併用すべき転職エージェントを紹介しますね。

サーチファームジャパンと併用すべき転職エージェント

出典:http://www.jac-recruitment.jp/

サーチファームジャパンと併用すべき転職エージェントは「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントは、サーチファームジャパンと同じくエグゼクティブ層向けの転職エージェントで、外資系企業の求人を数多く保有しています。

特にJACリクルートメントは、他の転職エージェントとの差別化として、昔から外資系企業への転職支援を得意にしており、海外で仕事をしたい求職者の方にオススメの転職エージェントです。

また、JACリクルートメントを利用する求職者の転職活動期間は、一般の平均期間よりも短いため、早期に転職活動を終わらせたい多くの転職希望者にも選ばれています。

まとめ

今回は、転職エージェント「サーチファームジャパン」について紹介しました。サーチファームジャパンの特徴は、主に下記の通りとなります。

サーチファームジャパンの特徴
  • 国内の転職市場において最大手の転職エージェント
  • 40代の管理職層がターゲット
  • 外資系の求人は不得意

この記事で解説しましたサーチファームジャパンの特徴を把握し、転職エージェントを有効活用することで、キャリアアップの可能性が広がります。

サーチファームジャパンに興味が湧いたあなたはぜひサーチファームジャパンの公式ページを確認してみて下さい!

ABOUTこの記事をかいた人

やけゆう

沖繩出身・地元の上場企業で管理職として10年勤務。 現在は、転職系メディア「Executive Navi」、金融系メディア「DEBIT INSIDER」でライティング記事を執筆しながら、Twitter・ブログで情報発信中です。 ライティングスキルを身につけ、時間・場所に縛られずに生きることが目標。