ヘッドハンティング

ヘッドハンティングを成功させる方法4選&注意すべき交渉法5選!

「ヘッドハンティングで交渉し、優秀な人材が欲しいけどどうすれば…。」と悩んでいませんか?ヘッドハンティングは、優秀な人材を確保するもっとも有効な採用方法です。

ですがヘッドハンティングする際の交渉方法を熟知しておかないと、「どんな口説き方をすれば良いのだろう?」と悩んでしまいます。

本記事では、ヘッドハンティングを成功させる方法4選と注意すべき交渉法を5つ紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/ビジネス-レディ-女性-女の子-3560931/

ヘッドハンティングを成功させる方法①「会話の流れ」

https://pixabay.com/ja/photos/ビジネス-レディ-女性-女の子-3560932/

1つ目に紹介するのは、ヘッドハンティングを成功させるために大切な「会話の流れ」です。

ヘッドハンティングする事に夢中になってしまうと、相手の悩みを聞き流し、優秀な人材を得るチャンスを逃してしまうかもしれません。

「会話の流れ」を事前に準備しておくことでスムーズに話すことができ、相手の悩みや不安を聞き出すことができるでしょう。

会話の流れ
  1. なぜ自社を受けてくれたのか(志望動機を聞く)
  2. 相手の警戒心を解くため不安や悩みなどを聞く
  3. 話したことに共感し、なぜその質問をしたのか聞き返し、興味があることを示す
  4. 自社の情報を教え、メリット・デメリットを明確にする
  5. 最後に質問がないか聞く

このように「会話の流れ」を明確化させることで相手も話しやすい環境になり、短時間で相手のことを聞き出すことができるので参考にしてくださいね。

ヘッドハンティングを成功させる方法②「ニーズを聞き出す」

https://pixabay.com/ja/photos/ビジネス-レディ-女性-女の子-3560916/

2つ目に紹介するのは、ヘッドハンティングを成功させるために大切な「ニーズを聞き出す」ことです。相手が必要としていることを聞き出だすことはとても重要です。

相手が希望していた条件と違った時や聞いていた情報と違ったとなった場合に、優秀な人材はアームハンティングになってしまう事を恐れているので、しっかりと相手のニーズを聞き出しましょう。

アームハンティングとは、単に手足となって働くだけの人材を募集するヘッドハンティングのことを指しています。

引用:https://rebe-career.co.jp/detail/5390/

優秀な人材がせっかく入社したのにも関わらず、「話していたことと違うじゃん!」とすぐに退社してしまうケースに繋がってしまうので、気を付けましょう。

相手のニーズを聞き出すには、5つ目の見出しからお話しするヘッドハンティングで注意すべき交渉法」を参考にしてくださいね。

ヘッドハンティングを成功させる方法③「希望の待遇を聞き出す」

https://pixabay.com/ja/photos/オフィス-会議-336368/

3つ目に紹介するのは、ヘッドハンティングを成功させるために大切な「希望の待遇を聞き出す」ことです。2つ目にお話しした「ニーズを聞き出す」に似ていますが、「希望の待遇を聞き出す」のはとても重要な事です。

転職希望者は、転職後の自分を心配しており「自分はどんなポジションにつけるのか。」「入社後の自分は成長できるのだろうか。」などの様々な疑問を抱いています。

先のことが見えないと誰しも不安になってしまいます。なので優秀な人材を確保したい時は、必ず希望の待遇を聞き出すようにしましょう!

ヘッドハンティングを成功させる方法④「他社との比較を提示」

https://pixabay.com/ja/photos/オフィス-ビジネス-同僚-会議-1209640/

4つ目に紹介するのは、ヘッドハンティングを成功させるために大切な「他者との比較を提示」することです。

たくさんの会社がある中で、相手が興味を持っていただいているわけなので、自社のメリット・デメリットを他者と比較する資料を持っていきましょう。

競合他社と比べ「自社はこのような感じなんですよ!」と話すことで、相手に安心を与えることができます。また資料などを準備することで、将来像をイメージしてもらいやすくなります。

優秀な人材と見込んで話している機会を逃さないためにも、「他者との比較を深掘りする」ことは必ず行いましょう。

ヘッドハンティングで注意すべき交渉法①「情報の共有」

https://pixabay.com/ja/photos/スタートアップ-起動-人-593341/

ここからは話が大きく変わり、注意すべき交渉法をお話しします。1つ目に紹介するのは、ヘッドハンティングで注意すべき交渉法である「情報の共有」です。

優秀な人材はモチベーションが高く、自分が成長できる環境を強く望んでいます。実際に相手と話していて情報をしっかりと共有することができなければ、違和感を感じてしまい早期退職に繋がる可能性があります。

情報共有の例
  • 労働時間
  • 仕事内容
  • 福利厚生

だからこそ初めて話すその瞬間から情報を共有してもらえるかどうかは、相手にじっくり探られています。

その状況に自分が押しつぶされないためにもしっかりとした資料・情報を集め、交渉する際の話し方にも気をつけましょう。

ヘッドハンティングで注意すべき交渉法②「年収」

https://pixabay.com/ja/photos/お金-コイン-投資-ビジネス-2724241/

2つ目に紹介するのは、ヘッドハンティングで注意すべき交渉法である「年収」です。相手に仕事内容や待遇の提示をすることも大切ですが、もっとも重要視されているのが「年収」です。

「以前働いていたところより貰えるのかな?」「ボーナスはどのくらいなのかな?」のように、年収は相手が1番気になっている部分の1つでしょう。

金額を提示しても「仕事内容や待遇について納得したけど、この給与じゃ無理だな…。」と判断する場合もあるので、事前に上司などに相談し、金額提示できるように準備した方が良いですよ!

相手に伝える「年収」を明確にし、しっかりと伝えることができるように準備しておきましょう。

ヘッドハンティングで注意すべき交渉法③「将来の不安」

https://pixabay.com/ja/photos/就職の面接-ネクタイ-スマート-2552411/

3つ目に紹介するのは、ヘッドハンティングで注意すべき交渉法である「将来の不安」です。あなたが確保したいと思っている優秀な人材は「嬉しい!」と思うと同時に、様々な不安を抱いているかも知れません。

「このポジションに就き、やっていけるだろうか?」「自分を引き抜いてくれるのは嬉しいけど、高待遇すぎて不安だな。」と感じさせてしまうかも知れません。

入社後にプレッシャーで早期退職してしまったという状況にならないためにも、相手の将来に対する不安を取り除けるよう、時間をしっかり設けて長期的に見ながら交渉しいていきましょう。

ヘッドハンティングで注意すべき交渉法④「社内環境」

https://pixabay.com/ja/photos/就職の面接-企業-インタビュー-4010991/

4つ目に紹介するのは、ヘッドハンティングで注意すべき交渉法である「社内環境」です。「事前に仕事内容や待遇、給与の話をしたから良いだろう!」と社内環境の話をないがしろにしてはいないでしょうか?

優秀な人材の人たちは、清潔感のある綺麗な職場で切磋琢磨しながら働きたいはずです。自分がこれから働く職場の環境が、整理整頓などされていない状態であれば働きづらく、やめてしまう可能性があります。

なので事前に「会社を見学してもらう」や「実際の会社の雰囲気を見ながら話す」と言った方法が好ましいでしょう。そうすることで、自分がこれから働く姿をイメージしやすくなるのでオススメですよ。

ヘッドハンティングで注意すべき交渉法⑤「良い人材と思わせる」

https://pixabay.com/ja/photos/女性-チームワーク-チーム-1209678/

5つ目に紹介するのは、ヘッドハンティングで注意すべき交渉法である「良い人材と思わせる」ことです。初めて話した相手に対し、「とても魅力を感じました!」と言葉にするだけで相手は嬉しいでしょう。

それと同時に「なぜ相手(ヘッドハンティングのターゲット)が会社に必要なのか」「なぜ相手(ヘッドハンティングのターゲット)のスキルを重要視しているのか」を伝えましょう。

そうすることで相手が、仕事内容や待遇、給与に多少の不満があった場合でも「貴社に貢献したいです!」と強い気持ちを抱くかも知れません。

なので話終わる少し前あたりのタイミングで、「あなたは我が社にとても必要な人材です。」と思った経緯を具体的に伝えましょう!

ヘッドハンティングを成功させる方法&注意すべき交渉方法まとめ

今回は、ヘッドハンティングを成功させる方法4選&注意すべき交渉法5選を紹介しました。今は年代問わず「転職したい!」と強く願う優秀な人が数多くいるんですよ。

ヘッドハンティングを成功させる4つの方法
  1. 「会話の流れ」
  2. 「ニーズを聞き出す」
  3. 「希望の待遇を聞き出す」
  4. 「他者との比較を提示」
ヘッドハンティング で注意すべき交渉法5選
  1. 「情報の共有」
  2. 「年収」
  3. 「将来の不安」
  4. 「社内環境」
  5. 「良い人材と思わせる」

本記事で書いている内容を意識することで、落ち着いて相手と話すことができます。まずは相手の不安や悩み事を聞き、リラックスした状態で話せるような雰囲気で交渉してみてくださいね。

ヘッドハンティングの交渉がうまくいき、優秀な人材とお会いできることを心より願っています。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
SHIONA
SHIONAです!よろしくお願いします。 今現在は療養しながら自宅で過ごしているニートです。 しかしフリーランスになって1人でも多くの人に読まれる記事を作って本業にしたいと思い奮闘しています!頑張ります!

絶対に登録しておくべき「必須」転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職者の8割が利用している「必須級」の転職エージェントです。

求人数は数ある転職エージェントの中でも断トツのNo.1だから、あなたにぴったりの転職先が必ず見つかりますよ!

採用決定率No.1の実績もあり。本気で転職を考えるなら、必ず利用すべき転職エージェントです。

おすすめ度
特徴 ・求人数No.1
・採用決定数No.1
・転職者の8割が利用!
求人数(概算) 公開求人数:13万件
非公開求人数:18万件
対応地域 全国
こんな人におすすめ 転職を考えたら、必ず登録すべき転職エージェント

詳細・口コミを見る公式ページを見る

doda(ドゥーダ)

dodaは、求人数10万件以上を誇る国内最大級の転職エージェントです。

求人数、採用決定数こそ、上記のリクルートエージェントに劣るNo.2ですが、転職者の顧客満足度はNo.1となっています。

応募書類のアドバイスから、面接前後のフォローなど、安心して転職活動に取り組みメルサポートも充実しているので、初めて転職をする方は絶対に利用すべきエージェントです。

おすすめ度
特徴 ・転職者の顧客満足度No.1
・求人数、採用決定率No.2
・転職サイトとしてもエージェントとしても利用可能
求人数 10万件以上
対応地域 全国
こんな人におすすめ 初めて転職をする方
実績のある転職エージェントを利用したい方

ビズリーチ

ビズリーチは、年収1,000万円以上の求人が1/3を占める、ハイクラス向けの転職エージェントです。

また、転職エージェントの他に、転職サイト・スカウトサービスとしての側面もあり、自分にあった転職方法が選べるのもポイント!

転職エージェントサービスとしては珍しく、一部有料のサービスがある分、求人の質は担保されていると言えますね。

ハイクラスの年収、キャリアを目指す人に特におすすめの転職エージェントとなっています。

おすすめ度
特徴 ・求人の1/3が年収1,000万円以上案件
・ハイクラス向けの求人数No.1
・ハイクラス系だが、20代から登録可能
求人数(概算) 公開求人数:12万件
対応地域 全国
こんな人におすすめ ハイクラスの求人を探している方
質の高いサポートを求めている方

詳細・口コミを見る公式ページを見る

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラスの求人に特化した転職エージェントです。

特に、外資系や海外進出企業の求人といったグローバル系に強く、英文レジュメのサポートなどにも対応しています。

ハイクラス向けということもあり、30代〜40代層。年収500万円以上の人におすすめの転職サービスと言えますね。

「自分の市場価値の向上を目指している」「現時点でスキルやキャリアがある」といった方にぴったりの転職エージェントです。

おすすめ度
特徴 ・キャリアアップや高年収を狙える求人が多い
・グローバル系の求人案件多数
・キャリアの棚卸し、内定後の条件交渉サポート等もあり
求人数(概算) 公開求人数:12,000件以上
対応地域 全国、海外
こんな人におすすめ ハイクラスを目指している方
外資系、グローバルの求人をお探しの方

詳細・口コミを見る公式ページを見る

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手求人に強みを持つ人気の転職エージェントです。

特に20代〜30代の転職者の利用が多く、「20代に信頼されている転職エージェント1位」にも選ばれています。

求人数こそ、他の転職エージェントに一歩劣るものの、各業界に特化したエージェントのサポートに強みがあるので、職種を絞っている方におすすめのエージェントと言えます。

また、女性の転職サポートにも積極的なため、女性の方にもお勧めのサービスですよ!

おすすめ度
特徴 ・大手の求人が豊富
・20代〜30代に人気の転職エージェント
・女性の転職サポートにも積極的に取り組んでいる
求人数(概算) 公開求人数:3万件以上
対応地域 全国
こんな人におすすめ 20代〜30代で転職を考えている方
希望職種がある程度決まっている人