日経が運営する転職支援エグゼクティブサイトの特徴について解説。

「日経が運営しているエグゼクティブ転職サイトがあると聞いたことがある。どんなサービスなんだろうか。」

日経が提供している、次世代リーダーのためのヘッドハンティング転職サイトが、「エグゼクティブ転職」です。

他社サービスと比較してマイナーなものの、無料で利用できるうえに、課長や部長クラスのポジション付き求人を多く取り扱っています。

そこでこの記事では、日経が運営する「エグゼクティブ転職」の特徴について解説していきます。

エグゼクティブナビ編集部

この記事を読んで、「エグゼクティブ転職」を利用するうえでの判断材料として役立ててください。

アイキャッチ画像出典:https://tenshoku.nikkei.co.jp/

スポンサーリンク

日経が運営する「エグゼクティブ転職」

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%8F%A4%E3%81%84%E6%96%B0%E8%81%9E-%E6%96%B0%E8%81%9E-%E3%83%AC%E3%83%88%E3%83%AD-%E3%82%BB%E3%83%94%E3%82%A2-350376/

ビジネスマンなら誰もが「日経新聞」という名前を聞いたことがあるでしょう。そんな、大手新聞会社が提供しているエグゼクティブ転職向けサイトが「エグゼクティブ転職」です。

厳密に言えば、「日経新聞」の関連会社である「株式会社日経HR」と共同運営のサイトとなっています。

ちなみに、「株式会社日経HR」は他にも以下のサービスを提供しています。

日経「エグゼクティブ転職」は登録型のヘッドハンティング

https://pixabay.com/ja/photos/twitter-%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2-1522890/

日経が運営している「エグゼクティブ転職」は、いわゆる「登録型」にあたるヘッドハンティングサービスです。

ヘッドハンティングの種類は、主に「サーチ型」「登録型」と呼ばれる2種類の採用方法に分かれています。それぞれの特徴を説明すると、以下の通りです。

2種類の採用方法
  • 【サーチ型】ヘッドハンティング会社自らが、候補者を探し出してスカウトする方法。
  • 【登録型】依頼された企業の希望に合う人材を、自社のサイトに登録している人材から見つけ出しマッチングする方法。

「エグゼクティブ転職」は、利用者自身がサイトに登録したうえで採用を進めていく方式です。

日経「エグゼクティブ転職」が取り扱う求人の特徴

https://www.pakutaso.com/20140250033post-3768.html

日経が運営する「エグゼクティブ転職」が取り扱う求人内容は、経営層や事業部長といった管理職に属する、役職付きの求人が多いです。

「エグゼクティブ転職」は、「次世代リーダー」のためのヘッドハンティング転職サイトという主旨でハイクラス求人を取り扱っています。そのため、重要なポジションが任せられる求人が多いのです。

他にも、システムエンジニアやプログラマー、メーカーの部品開発や設計といった技術職の求人も取り扱っています。

日経「エグゼクティブ転職」が取り扱う求人の種類

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E9%81%B8%E6%8A%9E-%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF-1765641/

日経が運営する「エグゼクティブ転職」が取り扱う求人は、主に6種類に分かれています。それぞれの求人の種類を例に挙げると、以下の通りです。

6種類の求人
種類 求人内容の一例
経営幹部・役員
  • 国内営業統括役員
  • 新規事業企画
海外勤務
  • 開発総括エンジニア
  • 電動化車両技術専門家
年収1,500万円以上
  • ゲームページデザイナー
  • OEM事業責任者
スタートアップ 成長企業
  • 基幹システム刷新
  • 生産管理(課長クラス)
スペシャリスト
  • 研究開発リーダー
  • ネットワークエンジニア(主任・課長代理)
外資系企業
  • 制御統括エンジニア
  • データ戦略リーダー

年収1,500万円以上の高年収を狙える求人や、今後の成長が期待されるスタートアップ企業へのエグゼクティブ転職が狙える求人を取り揃えています。

自分がどのようなエグゼクティブ転職を狙いたいかを検討しながら、求人を選べますよ。

エグゼクティブナビ編集部

次の項目から、「エグゼクティブ転職」の4つのメリットをそれぞれ紹介していきます。

日経「エグゼクティブ転職」のメリット①年齢制限なし

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E8%87%AA%E7%94%B1-%E5%B9%B8%E3%81%9B-591576/

日経が運営する「エグゼクティブ転職」の最初に紹介するメリットは、年齢制限がない点です。

エグゼクティブ転職サイトでは、30代から40代のミドル層向けに特化したサービスが多いため、20代や50代以上といった年齢層が利用しにくい場合があります。

一方で、「エグゼクティブ転職」は年齢制限を設けていないため、能力実績さえあれば年齢関係なく利用できるのです。年齢のハンデを気にせず求人に応募できる点は、大きいですね。

日経「エグゼクティブ転職」のメリット②自分で求人を探せる

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF-%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3-1185626/

日経が運営する「エグゼクティブ転職」には、自分で求人を探して検索できるメリットもあるのです。

他社のヘッドハンティングサイトには、自分で登録した後で、ヘッドハンターからのスカウトメールを待たないといけない場合もあります。

最悪、登録完了のあいさつメール以降、いつまで経ってもスカウトメールが送られてこない可能性があります。

一方で、「エグゼクティブ転職」は自分で求人を検索できるため、ヘッドハンターからのスカウトメールを待たずに応募ができるうえに、求人について専属のヘッドハンターに相談ができますよ。

日経「エグゼクティブ転職」のメリット③充実のサポート

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-2817567/

日経が運営する「エグゼクティブ転職」の次に紹介するメリットは、ヘッドハンターが応募者をサポートしてくれることです。

「エグゼクティブ転職」に登録後、段階を進めていくとヘッドハンターとの面談が行われます。面談では応募者の能力を考慮しながら、公開されている求人から非公開求人も含めてキャリアを提案してくれるのです。

また、プロのヘッドハンターが応募書類や面接に関するノウハウを伝授してくれます。さらに、転職先の条件交渉や入社日程の調整、勤務している会社の退職交渉までもサポートしてくれるのです。

まさに、「エグゼクティブ転職」には充実したサポート体制が整っていると言ってもいいでしょう。

日経「エグゼクティブ転職」のメリット④診断テストが受けられる

https://tenshoku.nikkei.co.jp/contents/diagnosis/

日経が運営する「エグゼクティブ転職」には、「エグゼクティブ力診断テスト」(監修:市場価値測定研究所/企業変革創造)という5分の簡単な診断テストが無料でできるメリットもあります。

「エグゼクティブ力診断テスト」を受けると、今の自分の市場価値や、エグゼクティブ転職をするうえで必要な強み弱みを把握できます。

自分がエグゼクティブ転職をするために必要な力があるのか、自分の市場価値を分析して転職に役立てたいと考えている人にはおすすめです。

「エグゼクティブ診断力テスト」を受けてみたい人は、以下のリンクから診断を受けてみてください。

エグゼクティブナビ編集部

次の項目は少し視点を変えて、「エグゼクティブ転職」のデメリットに関して紹介していきます。

日経「エグゼクティブ転職」のデメリット

https://www.pakutaso.com/20190631175ab-1.html

日経が運営する「エグゼクティブ転職」には、前述した4つのメリットがある一方で、以下のデメリットもあります。

デメリット
  • 在籍しているヘッドハンターの数が不明
  • サービス利用者の成約数が不明
  • 年収400万円といった低年収の求人もある

他社のヘッドハンティングサイトでは、ヘッドハンターの在籍数や人物紹介、サービス利用者の成約数が掲載されていますが、「エグゼクティブ転職」では掲載されていません。

また、「エグゼクティブ転職」では高年収な求人を取り扱っている一方で、年収400万円台といった低年収な求人もあります。

これらのデメリットを踏まえたうえで、サービスを有効活用していきましょう。

まとめ

ここまで、日経が運営している「エグゼクティブ転職」の特徴について解説していきました。内容をまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • 「日本経済新聞」と「株式会社日経HR」が共同運営しているサイト
  • 「登録型」のヘッドハンティング
  • 経営層や部長クラスの求人が多い
  • 年収1,500万円以上やスタートアップ企業など6種類の求人がある
メリットとデメリット
メリット デメリット
  • 年齢制限なしで利用可能
  • 自分で求人を検索して応募できる
  • ヘッドハンターのサポートが充実
  • 無料診断テストが受けられる
  • ヘッドハンターの在籍数が不明
  • サービス利用者の成約数が不明
  • 低年収の求人もある

「エグゼクティブ転職」は能力と実績さえあれば、年齢関係なく求人に応募できる点が魅力です。一方で、実績が公開されていないので、確実に転職を成功できるかが気になりますね。

エグゼクティブナビ編集部

日経が運営している「エグゼクティブ転職」を利用して、さらなるキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

「エグゼクティブ転職」を利用してキャリアアップを目指したい方は、以下のリンクからアクセスしてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ふぉむ

介護職員(6年目)兼、「ふぉむウェブメディア」の個人事業主として活動中です。 出勤前、帰宅後、休日の時間に月10記事から20記事をメドに(1記事あたり文字数平均3,000~4,000字)納品しています。得意なことは①SEOライティング②納期厳守③ジャンルに合わせた記事執筆です。以下は記事を掲載しているメディアです。 ①Cuterest(芸能) ②やすたび(観光) ③DEBIT INSIDER(金融) ④ルアナ占い(占い) ⑤高級家具.com(インテリア) ⑥エグゼクティブナビ(転職) 水族館の情報サイト「ふぉむすい」を運営中です。 Google検索上位表示の記事多数。 水族館とwebライティングをこよなく愛するお魚さん。