プロジェクトリーダーへの転職に必要なスキルを徹底解説!【SEの方必見です】

「プロジェクトリーダーとして転職し年収を上げたい…。どんなスキルが必要なのか教えてほしい。」

現在プログラマーやSEとして働いている人の中には、年収を上げるためにプロジェクトリーダーへの転職を狙っている方が大勢います。

そこで今回は、プロジェクトリーダーに求められる役割を解説しながら、身につけるべきスキルを紹介します。

この記事を読むことで、年収が上がる理想の転職へと近づきますので、ぜひ最後までご覧ください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%97-%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0-1245776/)

スポンサーリンク

プロジェクトリーダーの役割とは?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97-%E4%BE%8B-%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC-913043/

プロジェクトリーダーは、主に「現場責任者」としての役割が求められます。

システムエンジニアの上位職種として、ソフトウェア開発の現場で指揮をとりながら、プロジェクトの進捗を管理する大切な役割を担っています。

またプロジェクトリーダーは、統括している案件を成功へと導ければ、高い充実感を得られるやりがいのある職種です。

ちなみに転職エージェントの「マイナビエージェント」によると、プロジェクトリーダーの平均年収は20代で468万円、30代だと622万円です。

同年代のSE・プログラマーと比べて高水準で、多くのIT系エンジニアが目標にしています。

ただ一人前の現場責任者として認められ、プロジェクトリーダーへの転職を成功させるには、さまざまなスキルが必要です。次の項目で解説しますね。

プロジェクトリーダーとして転職するには?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB-%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99-3371153/

プロジェクトリーダーへの転職を成功させるには、下記の5つのスキルが必要です。

  1. コミュニケーションスキル
  2. マネジメント能力
  3. 問題解決能力
  4. タスク管理能力
  5. エンジニアとしての技術力

開発現場ではプロジェクトの要件定義を把握し、メンバー同士で「正しいシステム構築ができているのか」といった意思疎通が求められます。

また納期を厳守するためのマネジメント力が試され、トラブルの発生時にメンバーをフォローできる技術力も必要です。

Executive Navi 編集部

次の項目からは、5つのスキルについて一つひとつ詳しく解説していきます。

プロジェクトリーダー転職で必要なスキル①コミュニケーション力

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E4%BC%9A%E8%AD%B0-594091/

プロジェクトリーダーとして転職するには、まず「高いコミュニケーション力」が必要です。

現場ではチームリーダーとして周囲への気配りが求められ、メンバーの士気を上げながら、質の高い製品を作り出さなければなりません。

また社外との交渉力も必要で、顧客へのヒアリングから最適な機能を考え、チーム内で共有する能力も求められます。

プロジェクトリーダーとして円滑に業務を進めるには、高いコミュニケーション力が必須条件ですね。

プロジェクトリーダー転職で必要なスキル②マネジメント能力

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC-%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-454866/

続いて、プロジェクトリーダーへの転職で必要なスキルとして、「マネジメント能力」が挙げられます。

経営的な思考が求められるプロジェクトリーダーは、単なる作業人としてではなく、会社の利益を上げるための判断が要求されます。

また進捗を常に把握し、プロジェクトが最後まで適切に遂行できるのか、遅れているところがあれば課題を拾い上げて解決する力も必要です。

Executive Navi 編集部

プロジェクトリーダーは現場責任者として、高いマネジメント能力が求められますね。

プロジェクトリーダー転職で必要なスキル③問題解決能力

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E8%A7%A3%E6%B1%BA-%E3%82%B8%E3%82%B0%E3%82%BD%E3%83%BC-%E3%83%91%E3%82%BA%E3%83%AB-%E5%95%8F%E9%A1%8C-2636254/

そしてプロジェクトリーダーとして転職するには、「問題解決能力」も持ち合わせなければなりません。

ソフトウェア開発の現場では、システムエラーといった予測できない問題が発生するので、イレギュラーへの臨機応変な対応が求められます。

特にプロジェクトリーダーは、マニュアル通りの判断ではなく、全体を俯瞰した目線で決断できるスキルが必要です。

また社外との関わりが発生する案件では、高いコミュニケーション能力とともに柔軟な対応力が求められます。

プロジェクトリーダー転職で必要なスキル④タスク管理能力

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF-1402461/

さらに、プロジェクトリーダーへの転職で必要になるスキルとして「高いタスク管理能力」が挙げられます。

納期の厳守が常に求められる現場では、管理者として業務の優先順位をつけながら、プロジェクトを進める必要があります。

また無理のないスケジュール管理も必要で、チーム内に不満が出ないよう人員を配置し、タスクを遂行しなければなりません。

Executive Navi 編集部

チームのメンバーへ的確にタスク配分を行い、業務の取捨選択ができる人材が、プロジェクトリーダーへの転職時に有利ですね。

プロジェクトリーダー転職で必要なスキル⑤技術力

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-%E8%A8%88%E7%AE%97%E6%A9%9F%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-1833058/

最後に、プロジェクトリーダーとして転職するには「エンジニアとしての高い技術力」が必要です。

プロジェクトリーダーになると、実際の開発に携わる場面は減りますが、プレイングマネージャーとしていつでも開発できる技術力が求められます。

高い技術力があればイレギュラー発生時にも冷静に対応でき、チーム全体の士気を下げずに、プロジェクトの完成まで進むでしょう。

また転職の際は、次の項目で挙げる資格を持っていると、面接官へ技術力の高さをアピールできます。

プロジェクトリーダーへの転職で有利になる資格

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%E8%A8%BC%E6%98%8E%E6%9B%B8-%E8%A8%BC%E6%98%8E-%E8%B3%87%E6%A0%BC%E6%83%85%E5%A0%B1-31872/

プロジェクトリーダーへの転職で有利になる資格として、「情報処理技術者試験」で獲得できる資格が挙げられます。

国家試験である情報処理技術者試験は、主に下記の9つの区分に分かれています。

  • ITストラテジスト試験
  • システムアーキテクト試験
  • プロジェクトマネージャ試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • データベーススペシャリスト試験
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験
  • ITサービスマネージャ試験
  • システム監査技術者試験
  • 情報処理安全確保支援士試験

特にプロジェクトマネージャ試験は、情報処理技術者系の試験において最上位のスキルレベルで、合格するとプロジェクトリーダーへの転職が近づきます。

下記の公式ページより情報処理技術者試験の詳しい内容が確認できるので、転職活動の前にご覧になると良いでしょう。

次の項目では、プロジェクトリーダーへの転職でオススメのサービスを紹介しますね。

プロジェクトリーダー転職でおすすめのサービス

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/949605?title=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E6%8F%A1%E6%89%8B

プロジェクトリーダーへの転職でオススメのサービスとして、「レバテックキャリア」を紹介します。

レバテックキャリアでは、IT業界の技術情報に精通したキャリアアドバイザーが担当につき、転職活動をサポートしてくれます。

一般公開されていない大手企業や、優良企業の非公開求人を多数保有しており、プロジェクトリーダーに関する求人も豊富です。

登録からサポートまで無料で利用できるので、気になった方は下記の公式ページをご覧になると良いでしょう。

プロジェクトリーダーへの転職に必要なスキル 【まとめ】

今回は、プロジェクトリーダーとして転職するためのポイントを解説しました。要約すると、下記の通りです。

プロジェクトリーダーへの転職で必要なスキル
  • コミュニケーション力
  • マネジメント能力
  • 問題解決能力
  • タスク管理能力
  • エンジニアとしての技術力

平均的な年収を得ているSE・プログラマーでも、プロジェクトリーダーになれば、同年代と比べて高い水準の年収が見込めます。

上記のように高度なスキルが求められますが、やりがいのある仕事としてエンジニアからの人気が高く、プロジェクトリーダーは目指す価値のある職種です。

この記事で紹介しましたスキルを身に付け、あなたもプロジェクトリーダーへの転職に成功できることを祈っています。

ABOUTこの記事をかいた人

やけゆう

ビジネス系Webライター。上場企業で管理職として10年勤務し、マネジメント業務全般に携わる。 退職後、地元である沖縄でフリーランスとして独立。 【実績】 転職系メディア「Executive Navi」金融系メディア「DEBIT INSIDER」「高級家具.com」で合計70記事を執筆。 また「クラウドワークス」「ランサーズ」でも受注し、累計100本以上のライティング記事が公開中。 転職・小売業界・仮想通貨・クレジットカードなど、幅広い知識を持つ。