面接で志望動機を話すポイント4つとよく聞かれる質問を4つご紹介!

「面接で志望動機をうまく伝えるにはどうしたらいいんだろう。」と悩んでいませんか?

緊張して言いたいことが伝えられず、「良い人材だとアピールしないと!」と考えてしまうと、終わってから後悔してしまいますよね…。

本記事では「面接で志望動機を話すポイント4つ」と「面接でよく聞かれる質問4」をご紹介します。

最後には面接官に志望動機を面白く伝えるテクニックも話します。落ち着いて面接するためにも、本記事を最後まで読み、参考にしてくださいね!

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/オフィス-会議-336368/

スポンサーリンク

面接で志望動機を話すポイント

この見出しでは、これからご紹介する面接で志望動機を話す4つのポイントの構成をお話しします。

面接で志望動機を話す際の4つのポイント
  1. 結論から話す
  2. 他社と比較した事を話す
  3. 将来活躍できる事をアピールする
  4. 条件の良さ以外もアピールする

志望動機を話す時は、構成を整理してから話し始めるのがオススメです。構成を意識することによって、面接官が違和感を抱くことなくあなたの話を聞いてくれます。

履歴書やエントリーシートに志望動機を書く際にもオススメの方法なので、参考にしてくださいね。それぞれの原因の詳しい内容については、次の文章から一つひとつ丁寧に紹介していきます。

面接で志望動機を話すポイント①結論から話す

1つ目のポイントは「結論から話す」です。結論から話すと、面接官にあなたの志望した理由がグッと伝わりやすくなります。

一方で、結論から話さず周りくどい話し方だと、「結局、何を言いたいの?」と面接官思ってしまうので気を付けましょう。

結論の後に詳しい内容を話す事で、あなたが本当に伝えたい話が明確になり、面接官も聞き取りやすくなります。なので面接では、結論から話すように意識しましょう。

面接で志望動機を話すポイント②他社と比較した事を話す

https://pixabay.com/ja/photos/コンピュータ-概要-グラフ-767776/

2つ目のポイントは「他社と比較した事を話す」です。面接官があなたに聞きたいことはほとんど決まっており、その1つが「なぜ同業他社がたくさんある中で、うちを選んだの?」です。

事前に自分が志望した会社だけでなく、同業他社と比較して魅力的に感じたことや「御社にしかないのです!」と面接官に伝えることができる強みを見つけましょう。

面接官が聞こうとしている「なぜ?」を志望動機と合わせて話す事で、より説得力のある志望動機になりますよ。

面接で志望動機を話すポイント③将来活躍できる事をアピールする

https://pixabay.com/ja/photos/成功-ビジネス女性-キャリア-2697951/

3つ目のポイントは「将来活躍できる事をアピールする」です。面接とは、あなたがどんな人なのかを見極め、将来活躍してくれそな人材なのかを判断するためにあります。

面接官が「将来、我が社で活躍してくれそうだ!」と魅力を感じることができる存在になれば、あなたが必要な人材だと感じてくれるでしょう。

「前職での経験を活かして活躍することができます!」や「教育体制が整っている御社で、資格取得に励みながら働きたい!」などの意思を面接官に伝えると印象が良くなりますよ。

面接で志望動機を話すポイント④条件の良さ以外もアピールする

4つ目のポイントは「条件の良さ以外もアピールする」です。「給与や休日、福利厚生などの待遇に魅力を感じ、志望しました!」などの意見は聞いていても印象が良くないです。

「条件面だけに魅力を感じているんだな。」や「他の会社で良い条件の場所があれば、すぐ辞めそうだな。」と面接官は思ってしまうので、企業の良さだけでなくメリットも付け加えてみてくださいね。

「将来は〜で会社に貢献したいです。」や「働きながら学び、スキルや知識を付けたい」などのメリットを伝えるといいでしょう。

面接でよく聞かれる質問

次の見出しでは、面接でよく聞かれる質問を4つお話しします。事前に知っておく事で、悩むことなくスムーズに受け答えすることができるので、ぜひ参考にしてくださいね。

面接でよく聞かれる質問
  1. 長所と短所
  2. なぜこの会社なのか
  3. 入社後にどうなりたいか
  4. 何か質問はありませんか?

それぞれの質問に対し、次の見出しでは詳しく解説していきます。面接官に良い印象を持っていただくためにも、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

面接でよく聞かれる質問①長所と短所

https://pixabay.com/ja/photos/女性-チームワーク-チーム-1209678/

この見出しからは面接でよく聞かれる質問を4つお話しします。1つ目は「長所と短所」です。面接で長所を伝える際は、積極性や行動力、計画性があるなどを伝えると良い印象を抱いてもらう事ができます。

面接官に対してたくさんの長所を話してしまうと「あなたの1番の強み」を具体的に伝えることができないので、長所を伝える時は、一つに絞ってから伝えましょう。

続いては短所を伝える際のお話しです。どんなに素晴らしい経歴や才能をもっていても、嘘をつくような人とは働きたくないですよね。

短所を話したからといって「面接官にマイナスなイメージを抱かせてしまった。」と感じる必要はありません。

面接官はあなたが短所を自覚して、どんな行動をして解決したのかを聞き出したいのです。短所をどのように解決したのかを話す事で、あなたの印象を大きく左右させるので、具体的に伝えることを心がけましょう。

面接でよく聞かれる質問②なぜこの会社なのか

2つ目は「なぜこの会社なのか」です。あなたが面接する会社の求人広告やホームページには、社風や経営理念などが書いている場合もあるので、志望する会社にしかないものを探すと話しやすくなりますよ。

面接官は志望者の性格やスキルを分析し、同業他社をリサーチしてから志望したことを伝えましょう。

詳しくリサーチしてから志望理由を伝えると、面接官にも「我が社に興味を持って志望したんだな。」と感じてもらうことができるのでオススメです。

面接でよく聞かれる質問③入社後にどうなりたいか

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4-%E8%AA%BF%E6%95%B4-%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%94%B7-690084/

3つ目は「入社後にどうなりたいか」です。面接官に「入社後にどうなりたいですか?」と聞かれた時にオススメなのは、数字を加えて話すことです。

「入社後は、〜の資格を3〜1級まで取得し、活躍できるスタッフになりたいです。」や「キャリアアップを目指し、10年後には課長になりたいです」など具体的な数字を入れると良いですよ!

未来のことをしっかりと考えているんだなと面接官の中で印象深くあなたの意見が残りますし、具体的な数字は、他の受験者との価値観の差を伝えることができます。

面接でよく聞かれる質問④何か質問はありませんか?

4つ目は「何か質問はありませんか?」です。面接では面接官が質問をしてあなたが答える側なので、逆質問ができるのは自分をアピールする良い機会です。

また逆質問をすることで、面接の堅苦しい空気を一気に軽くすることができます。今から紹介する3つの逆質問を活かし、実践してみてくださいね!

3つの逆質問
  1. 面接官が話していたことを深掘りして質問する。
  2. 面接前にリサーチした商品やサービスの疑問を質問する。
  3. 面接官が言いにくいことを質問する。

面接官が話していたことを深掘りして質問する。

面接官が話していて疑問に思ったことはしっかりと聞き出しましょう。一方で「話を聞いていなかったな。」と思われないように、質問内容には気をつけてから話しましょう。

「仕事内容のことをもっと具体的に知りたい」や「御社で活躍している方の共通点はありますか?」などの質問は、意欲的だと感じてもらえるので好印象になりますよ!

面接前にリサーチした商品やサービスの疑問を質問する。

あなたは面接する前に、会社が売っている商品やサービスを目にしています。会社のことを調べていて疑問に思ったことはどんどん質問しましょう。

「新しく店舗が増えた事について聞きたいのですが」や「御社の〇〇という商品に携わりたいのですが、その商品に関わる仕事に就けるでしょうか?」などの質問をして興味を示しましょう。

面接官が言いにくいことを質問する。

質問内容によっては、面接官がわからない場合もあります。人事担当の人は現場の仕事を把握していないなど、会社の状態をあなたが知ることができます。

「みんなで情報を共有していないんだな」と会社の状況を知ることもできます。他にも「仕事していて1番辛かったことはなんですか?」「1番辛かったことを克服した方法はなんですか?」など聞くのも良いでしょう。

次の見出しでは、面接官に志望動機を面白く伝えるテクニックをご紹介します。面接に訪れたライバル達と大きく差をつけるテクニックなので参考にしてくださいね。

面接官に志望動機を面白く伝えるテクニック

https://pixabay.com/ja/photos/大人-はげ-髭-企業-1868750/

この見出しでは、面接に訪れたライバル達と大きく差をつけるテクニックをお話しします。それは履歴書やエントリーシートと同じ志望動機を話さない事です。ここからは筆者が実際に体験した面接の話をします。

筆者の面接体験談

会社の採用担当者が面接前に「履歴書と全く同じ事を話したら、確実に落ちるからね。」と言いました。

当時は頭が真っ白になりましたが「独自のオリジナリティを伝えて、他の人と差をつけないと!」と思い、履歴書に書いてある内容は覚えていたので、全く違う志望理由を話しました。

面接官に「君は面白いね!」や「履歴書の内容以外にもそんな事を考えていたんだね!」と思ってもらうことができれば、好印象になります。

本記事のまとめ

今回は、面接で志望動機を話すポイント4つとよく聞かれる質問を4つご紹介しました。志望動機を話すには結論から述べることなども大事ですが、1番大切なのはあなたが受ける会社を徹底的に調べることです。

実際に面接官を前にすると緊張してしまいますが、受ける会社をしっかり調べておくと、落ち着いて面接することができますよ!最後に本記事の内容をまとめます。

面接で志望動機を話すポイント4つ
  1. 結論から話す
  2. 他社と比較した事を話す
  3. 将来活躍できる事をアピールする
  4. 条件の良さ以外もアピールする
面接でよく聞かれる質問4つ
  1. 長所と短所
  2. なぜこの会社なのか
  3. 入社後にどうなりたいか
  4. 何か質問はありませんか?
面接官に志望動機を面白く伝えるテクニック

履歴書やエントリーシートと別の志望動機についても話すことで、プラスアルファの価値を生み出そう。

緊張せずにスムーズに話すためにも本記事の内容をもとに、面接時の受け答えの準備をしておきましょう。あなたの面接が成功することを心より願っています。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

SHIONAです!よろしくお願いします。 今現在は療養しながら自宅で過ごしているニートです。 しかしフリーランスになって1人でも多くの人に読まれる記事を作って本業にしたいと思い奮闘しています!頑張ります!