【未経験職種・業界への転職】志望動機の書き方とポイントを徹底解説!

「未経験の職種や業界でも転職はできるのか?」「志望動機はどんなふうに書けば良いのか?」

転職しようとする人が増えている昨今、このような疑問を持っている人は、多いのではないでしょうか。

本記事では、未経験の職種や業界へ転職するための志望動機の書き方やポイントを解説していきます。

この記事を読むことによって、志望動機の具体的な書き方が理解でき、採用担当者に伝わる、明確な志望動機が書けるようになります。ぜひ、参考にしてみてください。

トップ画像引用:https://unsplash.com/photos/kOuCX7fh50U

スポンサーリンク

未経験の職種や業界に転職はできるのか?

https://www.photo-ac.com/main/detail/420996?title=疑問に思うビジネスマン-白背景

転職サイトなどで「未経験可」「未経験歓迎」と書いてある企業の求人票をよく見かけることがあります。

今後ニーズが高まっていく成長産業や、人材が不足している業界では、未経験者を積極的に採用しています。

たとえば、「医療・福祉」「IT」「建設」「運送」などの業界では、未経験者を募集している企業は多いです。

したがって、未経験職種・業界に転職することは、十分可能なのです。

スポンサーリンク

企業が未経験の転職者を求める理由

https://unsplash.com/photos/KdeqA3aTnBY

企業が未経験者を募集する理由は、様々に考えられますが、大きくは次の3つです。

企業が未経験者を求める3つの理由
  • 人材が不足している
  • 初心者でも始めやすい
  • 柔軟性や斬新な発想を求めている

人材が不足している

業界全体として経験者が不足している場合は、未経験者まで募集することがあります。企業側としては、未経験者でも教育することによって、専門的な仕事ができる人材に育成することが狙いです。

初心者でも始めやすい

単純作業や簡単な事務仕事など、特別な専門知識やスキルがなくてもできる職種である場合は、未経験者を募集しています。

柔軟性や斬新な発想を求めている

新しい環境に柔軟に対応できる柔軟性や未経験だからこそ生まれる斬新な発想を求めて、あえて未経験者を募集する企業もあります。

未経験者の種類

「未経験歓迎」と一口に言っても、主に3つの種類があることを押さえておきましょう。

企業によって求めている未経験者の定義は、異なっている場合があるので、注意が必要です。

未経験者の種類
  • 業界未経験者
  • 職種未経験者
  • 完全未経験者

業界未経験者

応募しようとしている職種で働いた経験はあるが、その企業の業界で働いた経験がないという人は「業界未経験者」と言われます。

たとえば、自動車メーカーの営業職に就いていた人が、商社の営業職への転職を考えている場合がこれにあたります。

職種未経験者

応募しようとしている企業の業界で働いた経験はあるが、その職種で働いた経験がないという人は「職種未経験者」と言われます。

たとえば、金融業の営業をやっていた人が、同じ金融業の経理への転職を考えている場合がこれにあたります。

完全未経験者

業界と職種の両方とも経験がない人は、「完全未経験者」と言われます。新卒者やフリーターはここにも含まれない場合が多いです。

スポンサーリンク

未経験転職は何より志望動機が大切

業界・職種・完全未経験を問わず、未経験の分野へ転職するなら、何よりも「志望動機」が大切になります。

企業は未経験の応募者を、様々な視点で評価するために、志望動機をよく見ているからです。

そのため、「志望動機」をしっかり考えられるかが、未経験転職を成功させるカギになります。

次の3つのポイントを押えて、具体的な志望動機を書いていきましょう。

志望動機を書くポイント
  1. 志望動機を明確に
  2. 学ぶ姿勢をアピール
  3. 活かせる経験やスキルはあるか

志望動機を書くポイント①:志望動機を明確に

https://unsplash.com/photos/avFAINgEOQ0

企業が未経験者に求めていることを考え、自分がなぜ未経験の仕事に応募するのかを明確にしましょう。

企業側からすると、経験のある転職者と比べ、未経験者の志望動機は、より関心のあるポイントになります。

「この会社でなければならない理由」「入社してから何がやりたいのか」などを、応募する企業の「業務内容」「商品」「経営理念」などの観点から、具体的な志望理由を書き出していきましょう。

スポンサーリンク

志望動機を書くポイント②:学ぶ姿勢をアピール

https://unsplash.com/photos/KdeqA3aTnBY

未経験の分野に挑戦しようと思っていても、行動がともなっていなければ評価されません。

資格取得のために勉強していることや、業界研究を行っていることなどをアピールしましょう。

入社後に研修プログラムなどが用意されている企業もあるかもしれませんが、「入社後に頑張ります」だと印象は悪いですよね。

未経験であるという「マイナス面」を補うために、学ぶ姿勢を示すことで、意欲の高さを採用担当者に伝えることができます。

志望動機を書くポイント③:活かせる経験やスキルはあるか

https://unsplash.com/photos/5QgIuuBxKwM

たとえ、未経験の分野であっても、前職の経験やスキルを活かせる共通項はあるはずです。

たとえば「コミュニケーション」は、基本的にどのような職種であっても必要になるものです。

前職で、「コミュニケーション」によって、業務を円滑に遂行できた経験があれば、それをアピールしましょう。

このように、前職で培った経験が活かせることを採用担当者に伝えることで「育成すれば、かなりの戦力になりそう」と思ってもらえるでしょう。

未経験転職するための志望動機:例文紹介

ここでは、具体的な志望動機の例文を紹介します。以下の例は、事務職として働いていた人が営業職への転職を希望する場合を想定して書かれたものです。

現職では、2年間事務職を担当しています。事務職では、資料や書類作成に加えてお客様からの電話対応やクレーム対応などもおこなっていました。電話対応や来客訪問の際にはお客様の目線にたったコミュニケーションを第一に取り組みました。

お客様対応の経験を活かして、今後は自分の頑張りが直接数字に表れる営業職に挑戦したいと考えました。貴社では、幅広い業界のお客様を担当できる点や、研修のロープレを含め、社員全員でも成功事例や体験談を共有するなどサポートが充実している点に魅力を感じ志望いたしました。未経験ではありますが、事務職で培った、お客様対応でのコミュニケーションスキルを活かして、積極的に営業ノウハウを吸収し、貴社に貢献していきたいと考えています

引用:https://re-katsu.jp/career/knowhow/khw_contents.aspx?c1=/tenshokuguide-shoruijunbi/shibodouki#midashi12

この例文のポイントは、まず「幅広い業界のお客様を担当できる」「サポートが充実している」など、志望理由が明確に示されていることです。

そして、自身のスキル(コミュニケーション能力)を、次の仕事で活かせることをアピールし、積極的に営業ノウハウを吸収するという、「学ぶ姿勢」も示されています。

このように、ポイントを押えることで、未経験であっても自分が魅力的な人材であることを企業側に伝えることができるのです。

未経験転職するための志望動機:NG表現

https://www.photo-ac.com/main/detail/3212016?title=バツのポーズをする男性

未経験で転職するための志望理由で、避けるべきNGな書き方が2つあります。

NGな志望動機の書き方
  • やる気や情熱だけをアピール
  • マイナスな印象を与える表現

やる気や情熱だけをアピール

やる気や情熱だけを伝えても、行動が伴わなければ、あまり信用してもらえないでしょう。口先だけに聞こえてしまっては、企業からの印象は悪くなってしまいます。

そんなときは、すでに行動を開始していて、やる気があることをアピールしましょう。たとえば、「〇〇の資格を取るために勉強中である」「□□のスクールに通って実践的に学んでいる」などです。

マイナスな印象を与える表現

「前職では残業が辛かった」「人間関係で悩んでいた」など、企業にマイナスな印象を与える表現は避けた方がいいです。

企業側から「この人は入社したら、また同じように考えるかもしれない」と思われるからです。

このような場合は、前向きな表現に変えることで、印象も良くなります。

たとえば、「前職では残業が辛かった」「効率を重視して仕事をしていきたい」という表現に変えるだけで、だいぶポジティブな印象を与えることができます。

 

未経験で転職するための志望動機:まとめ

未経験職種・業界への転職するための志望動機の書き方とポイントについて解説してきました。この記事で押えて欲しいポイントは以下の通りです。

志望動機を書くときのポイント
  • 志望動機を明確に
  • 学ぶ姿勢をアピール
  • 活かせる経験やスキルはあるか

未経験の職種や業界への転職は、とても勇気が必要になることだと思いますが、今回紹介したポイントを押えていれば問題はありません。

自信を持って、自分がやりたいことに向かって進んでいってください。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

こすけ

場所や時間にとらわれない自由な働き方を目指しています。 【経歴】 自動車部品メーカーのエンジニア→ブロガー/ライター 【趣味】 ピアノ、読書