転職を成功させよう!失敗しない面接での志望動機の答え方

転職の面接で志望動機を聞かれた場合、どう答えて良いのかわからないと悩む人も多いのではないでしょうか。

「転職を繰り返したくないので、次の面接では落ちたくない」と決心すればするほど、不安になってしまうことも珍しくありません。

志望動機の答え方で大切なことは、質問の意図を理解し、自分の思いを伝えることです。

ここでは、「志望動機は何ですか」と聞かれた時の答え方について、順を追って説明します。この記事を読んで、転職を成功させる際の参考にしてください。

スポンサーリンク

志望動機で何を伝える?

https://www.photo-ac.com/main/detail/2233685?title=%E8%85%95%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3

志望動機とは簡単に言うと、「その会社に就職を志望する理由」のことです。「志望動機は何ですか」と聞かれたら、会社を選んだ理由を伝えるのが、適切な答え方になります。

具体的には「前職を退職した理由」を含めた志望理由で、さらにその会社を志望する熱意も面接官に伝えることがポイントです。

「なぜその会社でなければダメなのか」という質問に答えることが、面接で内定を勝ち取るための志望動機にふさわしいと言えます。

転職の面接で志望動機を聞かれる理由

面接官が志望動機について質問するのには、入社を志望する度合いを確認したいという理由があるからです。その裏には仕事に貢献し、継続して働いてくれる人材かどうか見極めるという目的が隠されています。

企業が求めているのは、仕事に貢献し、継続して働いてくれる人材で、志望度合いは一つの指標になります。

転職に終止符を打ち、この会社に腰を据える覚悟や、どうしても入社したい熱意を語れば、その思いは必ず面接官に伝わるでしょう。志望動機の答え方で採否が決まると言っても過言ではありません。

志望動機を考えるために事前準備をしよう

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%81%BF-%E4%BA%BA-%E6%9B%B8%E9%A1%9E-%E7%B4%99-828911/

転職の面接を成功させるには、事前準備が必要です。なぜ事前準備が必要かと言うと、面接官の心を動かす志望動機を作るには、それなりに時間がかかるというのが理由になります。

たとえば「なぜその会社でなければならないのか」という問いに対し、「興味があるから」のように、自分の気持ちだけで説明するのは、説得力に欠ける答え方です。

志望動機に説得力を持たせるには、企業研究業界研究をして、転職を志望する企業や業界について十分理解する必要があります。

こうした過程を経て、はじめて面接官の心を動かす志望動機ができます。時間に余裕を持って事前準備に取りかかりましょう。

志望動機を考えるための3つのステップ

この章では、志望動機を考えるための3つのステップについて紹介します。志望動機は次の3つのステップで考えましょう。

  1. その会社であるべき理由を考える
  2. 企業の特徴や企業の求める人材を確認する
  3. 自分の気持ちや強みと企業の特徴と人材をすり合わせる

なぜその会社でなければならないのか、まずはその理由をはっきりさせます。納得の行く理由を見つけるまで、「なぜ?」を繰り返していくことがポイントです。

次に企業の特徴や求めている人材について確認します。転職先の会社のサイト人材募集ページ会社パンフレットなどを見て社訓社風仕事内容を確認し、特徴と求められる人材を確認しましょう。

異業種や異業界への転職を考えている場合は、事前に企業や業界について十分理解を深めておきましょう。

最後に自分の気持ちや強みと、企業の特徴や求めている人材をすり合わせます。自分の気持ちと企業の求めている人材に共通点を見つけ、それを強みとして志望動機に盛り込みましょう。

面接で伝わりやすい転職の志望動機答え方

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4-%E8%AA%BF%E6%95%B4-%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%94%B7-690084/

面接官が知りたいことに対し簡潔に伝えることが、答え方のポイントです。

面接官は志望動機を通して入社志望の度合い・転職する理由・人柄などを知ろうとします。そのため志望動機には、相手が知りたいことを盛り込み、それが伝わるように、答え方を工夫する必要があります。

答え方は「志望する意思」「志望する理由」「入社することでどうなりたいか」の順に言うのが基本です。この流れを参考に、伝えるべき情報を盛り込むようにしましょう。

転職の面接で志望動機を質問された時の回答例1

同じ業界に転職する場合、すでに身につけたスキルや経験が強みになります。キャリアアップをしたい、前職ではできないことに挑戦したいなどが、前向きな理由になります。

解答例1

「御社を志望した理由は、グローバルな視野で事業を展開している姿勢に興味を持ち、私も世界を相手にした仕事がしたいと考えたからです。

前職は国内事業がほとんどで、自分の思うように仕事の幅を広げられませんでした。

しかし御社のホームページを拝見し、他の同業者よりもいち早く海外市場の開拓に乗り出したことを知り、感銘を受けました。入社後は必要な外国語をマスターし、御社の海外事業の発展に貢献したいと考えております」

転職の面接で志望動機を質問された時の回答例2

これまで経験したことのない異業界に転職する場合、転職を志望するきっかけや、仕事に対する興味の度合いをアピールすると良いでしょう。

解答例2

「今回御社に応募しましたのは、アプリ開発という事業に携わりたいと考えたからです。前職は金融業界で金融商品を顧客に紹介する営業の仕事をしていて、アプリ開発は趣味の領域でした。

ですが、開発したアプリがダウンロードされ、誰かの役に立てることに喜びを覚え、仕事として続けていきたいと思うようになりました。

ある日御社が開発したアプリに出会い、自分が目指すスキルの取得は、御社以外考えられないと思うほどの感動を受けました。内定をいただけましたら、人々の生活向上につながるアプリを開発したいと考えております」

面接の場を設定して転職の志望動機の答え方を繰り返し練習しよう

志望動機を作成したら、面接で答える練習をしましょう。繰り返し練習することで、聞かれたらどう答えるかが自然に身につき、本番で緊張しにくくなります

また、聞き取りやすいようにゆっくり話す時間内に話せるように調節できるなど、志望動機をより良く伝えられるようになります。

練習する際、面接の場を想定し、面接官が目の前に座っているつもりで答えるとより効果的です。想定することが難しければ、知人や身内に面接官になってもらい、練習するというのも良いでしょう。

面接で志望動機に与えられる時間は、1~3分ほどです。人が1分間に話す文字数は、300~350文字程度と言われていますので、これを目安に長さを調節しましょう。

いよいよ転職の面接当日!志望動機をうまく伝えるには?

https://www.photo-ac.com/main/detail/3300120?title=%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9%E8%A1%97%E3%82%92%E9%A2%AF%E7%88%BD%E3%81%A8%E6%AD%A9%E3%81%8F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3

面接当日は、リラックスすることが一番です。面接官を目の前にリラックスすることは至難の業かもしれませんが、緊張しすぎると頭が真っ白になり、話し方や態度がぎこちなくなってしまいます。

ほとんどの面接官は、面接で応募者が緊張するのは当たり前と理解を示し、完璧さを求めていません。面接官が知りたいのは、入社を志望する熱意がどのくらいあるかどうかです。

もし緊張して準備したことが頭に入りにくいという場合は、伝えるべきポイントだけ覚え、面接に臨むようにしましょう。

まとめ

企業にとって志望動機は、応募者の入社を志望する度合いを知る大切な質問事項です。

応募者にとっても、採否に直接影響しますので、志望動機は真剣に作成することが望まれます。今回紹介した志望動機の答え方を参考にしながら、面接官の心に届く志望動機を作成してみてください。

志望動機を作成したら、実際に面接で聞かれるのと同じ状況を想定し、練習することをおすすめします。

練習はリハーサルの役割も果たしますので、やって損はありません。十分に準備した上で面接に臨み、内定を勝ち取りましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。